青山yuiで4度目の「東日本」終了


yuiで4度目の開催となった展覧会「東日本」が終わりました。

展覧会明けの今朝、絡まった言葉をほぐすつもりで、代々木公園をユックリ走ってみると、
冷たい空気の上に乗っかった東京の空は、朝日をやわらかくまとった灰色の雲に覆われ、
そこに冬枯れの木々の枝が黒い筆致で複雑な模様を描いていました。

光の変化で刻一刻と変わってゆく風景を愛しいと思い、センチメンタルな気分にも浸り、
結局10kmほど走り続けた2017年1月19日の朝です。

そんな風景に心をを奪われるのは、yuiで出合ったお1人おひとりの言葉に触れたからです。

4度同じタイトルの展覧会を開催し、足を運んでくださる方からいただく言葉の確かさを感じた今回。

昨晩家に帰ると
「作品は観衆がそれを見に来て、自身の解釈を付与して初めて完成する。そして、その芸術作品は、そこに至るまでのグレーの領域を表現しているんだ」そんな言葉に出会いました。
昨年亡くなったデビッド・ボウイが遺した言葉は、ボクが作ったyuiの空間を明快に言い表してくれたはずです。

ボクはなにか描いたけれど、
それを絵に育ててくれたのは、寒い中yuiまで足を運んで下さったお1人おひとり。
そこからまた力をいただいたボクは、次の場所を目指し灰色の荒野を歩けるのだと思っています。

毎回展覧会の最終日には寂しさを感じたものですが、
今回は「次」という気持ちが大きく勝ると共に
「ボクはまだなにも描けていない」という気持ちでもいます。

2011年3月11日の夜に「これは10年、20年とかかる事態だ」と直感したことは、
今も明快にボクの中にあり、
ただこれまでとは違い、心に多くの並走者を得たはずの4度目のyuiの時間。

あらためて、みなさん、寒い中足を運んでくださってありがとう。LOVEです。

今回の展覧会に至る最初の部分で、画家のやまぐちめぐみさんの早逝に出会い、
彼女の遺した作品を整理しタンバリンギャラリーで展覧会を開催するまでの仕事をしました。

彼女の生きた証は、ボクの制作のハードルを思いっきり上げるもので、
なんつーか「負けてられねえ」って気持ちで今回に臨んだこと、最後に記しておきます。

ひとりで見ることの出来るものには限りがあります。

が、しかし、

です。

「東日本」は1月23日から2月4日まで横浜仲町台のyui gardenに巡回。

「とうだい」の原画は、その一部を2月9日から16日まで参宮橋のLIFEsonで展示。
2月12日には子どもも楽しめるイベントをワルダクミ中。

そしてまた「東日本」と「とうだい」を合わせて大阪池田へ。
過去に2度お世話になっているLargoさんで2月18日から3月5日まで展覧会。

3月1日から20日まで「とうだい」の一部を熊本の長崎次郎書店で展示。
その後、きっと長崎諫早のオレンジスパイスに巡回。

4月29日から7月19日まで熊本の”つなぎ美術館”で
さらに作品を加えたボクの展覧会を開催。

7月22日から8月一杯は飛騨高山のポレポレ絵本美術館で「とうだい」の原画展。

その後名古屋へ、さらに、、

詳細は逐次お伝えしてまいりますね〜〜

70ヶ月め

今日は2011年3月11日から2133日め
5年10月
70回目の11日です。

昨日から青山のspace yuiで4度目の開催となる展覧会「東日本」が始まりました。
http://bit.ly/2irg4ZT

昨日の初日を終え、足を運んでくださった多くの方と言葉を交わし、
ひとつ気持ちを落ち着かせて振り返る今朝。

ちゃんと向き合い言葉を交わしてみると、
人の心の中では風化は進んでいない。

しかし、
街ゆく多くの人が考えることを放棄してしまっているんだろう。

そう思えた70ヶ月目の東京青山あたりの人模様。

それをボクは批判的に思うのではなく、
ボクはボクのやるべきことで、人と関わり語り合える、
そんなものを創り続けてゆくだけだろうなと、

この考えは展覧会の会期を通し、
引き続き人と言葉を交わす中で確認してゆこうと思います。

あらためて、

ちゃんと向き合い言葉を交わし続ける限り、
風化なんてことはあり得ない。

が、多くの人が、
たとえばオリンピック、たとえばトランプ、そんな大きな言葉に振り回され、
小さな言葉を見落し、人とちゃんと向き合うきっかけを失ってしまっている。
そんな70ヶ月めの無情を感じています。

去年の7月の終わり、熊本の益城町でコスモスの花を見ました。
住宅地と田んぼとのキワに咲くコスモス。
視線を振れば、地震で甚大な被害を受けた無常の風景が迫ってきます。

それでもボクは、真夏の強い陽射しを浴びたコスモスの、
透き通って輝く花びらの後ろ姿を儚くも美しいものだと感じて、
やはりボクが描くものは東日本での経験と同じく「被災」ではなく、
その土地に生きてきた人の暮らしの息遣いだったり誇りなんだと、

人の生活のキワに置かれた色っぽいコスモスの花の後ろ姿から、
益城町で生きてきた人の姿を想像したはずです。

だからって「せっかくだから正面の顔も見てみよう」なんで思ったら、
田んぼだかドブだかに足を突っ込まなきゃならない。

そうやって見たとして、
陽の光は順光で花を照らしてるわけで、
「見えてしまう」ってことで、後ろ姿から感じたものが損なわれてしまわないか?

そもそも自分自身が陽の光を遮る立場になってしまうわけで、
本末転倒なことではないか?

自分にはコスモスちゃんを振り向かせるほどの器量もないしな、、なんて自問。

コスモスの輝ける後ろ姿に心を奪われるも、
身の程に合わぬ欲にイタズラに振り回されるようなことはせず、
この場を静かに後にするだけなんだよな。

こんなことをあらためて言葉にしてみたのは、
昨日の展覧会でボクのフィールドワークでのアプローチの仕方を訪ねてくれた人がいて、

ちょっと答えに窮しつつ、
描いた絵を見渡して再確認。

「なにかを知ろうとしないこと」
「必要なものは勝手に心に飛び込んでくる」
「あとは察すること」

そんな答えを返したはずです。

特に今は「察する」という力が世の中から失われつつあるんじゃないかな。

人の知らなくてもいいことをほじくり返して、
なにか達成したような気分に浸っている。

そこには考えることも想像力なんてものもなく、
ひとつコンプリートしたら、またひとつという欲を呼ぶだけで、

もしかしたら「絆」なんて言葉も、
オリンピックと抱き合わせで使われる「復興」なんて言葉も、
ただただ消費されてゆくだけのものに思えてしまうのです。

去年の年の瀬に、被災地と呼ばれる土地に暮らす方から、
新しい命の誕生のご報告をいただきました。

それが自分の想像以上に嬉しい出来事として感じられたことに、
ちょっと驚いたボクです。

片や、ひとつの喪失から時を止めたままの方、
そんな方がほんとに多く存在することを
心の中に置いたまま暮らしている今でもあります。

ひとつの命の問題に先回りしてなにか語ってしまうことで、
なにかを得る人もあるだろうけど、

ボクは誕生にも喪失にも自分の無力を突きつけられてばかりで、
ただ察し、その時目に入った小さな入江のキラキラ光る水面や
陽に照らされたコスモスなどを心に焼き付け、
しょうがない絵にしておく。

それに触れた方が、自身の心の中になにを見つけるのか?

その部分では思い切って人間を信じてやってゆこうと思います。

思うに「察する」という能力は、
失敗と喪失の繰り返しの中で手にするものじゃないかなと。

ただ、今はひとつの失敗でその人の全てが否定されてしまったり、
喪失を短絡的に絶望に結びつけたり、
そんな発想で人が息苦しさを感じている社会なんだろうなと。

ひとつの失敗を受け止め次を発想出来る社会。

「とうだい」は荒れ狂った海でもがく船に
「おーい おーい あらしにまけるな」
「とうだいは ここに いるぞ」と呼びかけます。

未来とか復興とか、
そんなものであればと願う70回目の11日です。

個展「東日本」2017年1月10日~青山space yui


小池アミイゴ 個展「東日本」
福島、唐桑、東京、熊本。人と灯台をめぐる旅の記録
at 青山space yui
2017年1月10日(火) ~ 1月18日(水)
日曜休み
11:00 ~ 19:00

東日本や熊本で出会った美しい風景や花、人の営みを描いた作品を、
絵本「とうだい」の原画と交え展示いたします。

=space yui=
107-0062 東京都港区南青山3-4-11ハヤカワビル1F
TEL:03-3479-5889
http://spaceyui.com

2011年3月11日から5年10ヶ月、
4度目の開催となる「東日本」と名付けた展覧会を創ります。

「あの日」から今に至る時の中で歩いてきた「東日本」の地。

フィールドワークやコミュニケーションを重ねた先で、
徐々にですが顔の見える関係の「ひとり」を得るようになりました。

地域にあって「その土地に生きる意味」を示してくれる灯台のような1人ひとり。

その存在はボクが出会ってきた風景にさらなる奥行きと美しさを与え、
愛しく思う気持ちを益々深め、
しかし、だからこそ「まだなにも描けていない」という思いに至ってばかりで、

そんなわけで「東日本」というテーマはボクの中で少しも色あせることなく、
これからも下手クソな恋文のような絵を描き続けてゆくんだと、
ここからさらに5年10年という未来を想像しながら思っています。

今回の展覧会では、
ボクが恋した東日本の風景や花や人の姿と共に、
東日本をめぐる旅の先で生まれた絵本「とうだい」の原画も交え、
より私的な経験としての「東日本」を表現できるよう準備を進めております。

あれから6年の冬、
青山のyuiがみなさんの穏やかな会話の現場であればいいなと、
美しい空間を創りお待ちしております。

*この展覧会は1月23日より横浜仲町台のyui garden で巡回展。
その後作品や規模をを変え巡回を進めてまいりまいる予定ですが、
その辺の詳細情報は追ってお伝えしてゆきますね〜


*絵本「とうだい」について
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=12572

2016


今年5月「立春より」と題した展覧会を那須のSHOZOで開催中、
朝のジョギングで河原を走っていた時見たタンポポです。

那須岳から吹き下ろす強風にさらされ、その茎をグッと傾けています。
花はそんな風から身を守るように地面近くに咲き、
綿毛はその風を利用し種を遠くに飛ばそうと、その茎を伸ばせるだけ伸ばしています。
葉っぱは道ゆく人に踏みつけられ、千切れたり変な方に曲がったりしています。

SHOZOでの展覧会は、那須に咲く花を立春の日より何度か足を運び
実際に見た花を描いた絵の展覧会です。

ボクが望む最良の絵のあり方をSHOZOから提案していただき、
SHOZOで働く若い人たちのマインドを浴びることで見ることの出来たタンポポ。

今年を振り返って一枚と思い、先日描きました。

映画「この世界の片隅に」で象徴的に描かれていたタンポポの印象が、
那須の河原やSHOZOでの生活の記憶につながったみたいです。

この絵は年明け1月10日から青山のspace yuiで開催の展覧会
「東日本」の壁面に咲かせてみようと思います。

SHOZOのギャラリーの壁面を飾った絵の多くは、
今日で無くなってしまう場所、明大前のブックカフェ槐多での展覧会「土の絵」として壁面で咲いていて、
大晦日の今日も多くの方が花の絵の前で語らいの時を持ってくれてました。

ボクは風邪をひき、早々に槐多を後にせざるを得なかっただけど、
ほとんどのことは絵が答えてくれるはずなので、だいじょうぶ。

昨年末、青森まで行って見た山下達郎さんのライブ。
その立ち姿、表現をする喜びの少年っぽさに出会い、
まだまだ表現のアクセルを踏み込まなくちゃと思い、
そうしてきた一年。

それは、必然も偶然もふくめ、出会ってきた人が次に向かうべき場所を教えてくれた1年でした。

秋以降は「とうだい」の灯りがさらに向かうべき場所や人を教えてくれたなあと、
その出会いがさらにボクの表現の裏付けになってくれて今。

ありがとう2016

SMAP


スマップ25周年50曲ベスト、買っちゃうよね〜

個人的SMAPは「がんばりましょう」という日本のニュージャックスィング最高峰でブレークして、

「青いイナズマ」「SHAKE」「ダイナマイト」と渋谷系の雰囲気を蹴散らしてく姿に爽快感を感じ、

「夜空ノムコウ」でズブズブな関係に、

六本木でやってたCLUBイベントで、ハナレグミ前夜の永積くんやclammbonのミトくんたちと並んでカラオケで「夜空ノムコウ」歌ったりしたのがスゲー楽しくて、

そんなんが宇多田ヒカルデビュー前夜まで続いたって感じ。

で、
「らいおんハート」あたりで「?」

2003年の「世界一つだけの花」でなにかひとつ終わった。

2003年の4月に吉祥寺のスターパインズカフェで企画したclammbonとsmall circle of friendのツーマンLIVEでは、
CDの売れなくなった時代にどんなライブ作ったらいいのかってこと表現して、
ドッカンと盛り上がって、
その中のDJで「世界一つだけの花」をかけてみたら、
確かに歌詞の通りの時代になるなと、集まった「良い人たち」の姿を俯瞰し、そう思って。
だったら全部自分で作ってゆかなきゃって、その後の福岡行きからの地方巡りにつながる。

が、気がつけば2016年のボクは
「あれからぼくたちは、何かを信じてこれたかな」なんて口ずさみながら、
冬の風の匂いのする東京の街を歩いている。

スマップというものがこの世から消えても、
このままどこまでも、
日々は続いてゆく、よね?
きっと