‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

tricolor「うたう日々」

2016 年 4 月 8 日 金曜日

tricolorうたう日々585
tricolorの新しいアルバム「うたう日々」とどきました!

tricolorのアルバムのアートワークはこれで3作連続で務めているけれど、
なんつったって、ひとつひとつの仕事に向かう際のコミュニケーションが
適切だし丁寧なのがトリコロール。

毎回とても気持ち良く創作に向かってゆけ、
毎回とても気持ち良く、彼らの望みを裏切った仕上がりの絵を提供している。

トリコロールとは仕事を超えたところで、
音楽と絵の本物のコラボレーションを実現出来ているはず。

今回のオーダーは「うたう人」をシンプルな線で描き、
色数を抑えた、しかしカラフルな仕上げにしてくれとのこと。

が、
届けられた彼らの音楽や唄を聴いて、
空色の絵の具1色の細い筆を使ったドローイングでのポートレイトを選択。

録音風景が記録されたビデオをコマ送りにして、
一瞬の「うたの表情」を採集し、
彼らのリズムに合わせトレースするようにして描いたって感じ。

彼らが記録してきた唄には、
「そう描くべき」という緻密な設計図も込められていたようで、
もしかしたら、絵というより楽譜みたいな感じのイラストレーションかもね。


デザインは長崎在住の石本夏帆(かはん)さん。

扱いの難しいイラストレーションを思い切って投げてみたら、
そのままトリコロールの唄が聞こえてくるような
美しいジャケットに仕上げてくれました。

そんなトリコロールのホワイトアルバム

このジャケそのものの13の唄と音楽が記録され2700円

生活の中にあって必要にして食い飽きのこない、
ご飯やパンのようなアルバムですよ〜


で!
4月22日(金) Tricolor ニューアルバム「うたう日々」発売記念
スペシャルライブ&トークイベントat青山ヘイデンブックス

http://www.hadenbooks.com
Open 19時 / Start 19時30分
Charge : 予約 3000円 / 当日 3500円(共に1drink order)
guest vocal : 森ゆに、優河
小池アミイゴもこの原画持参でトークショーに参加します。

予約・問い合わせ:店頭、またはお電話、メールにてお申し込みください。
03-6418-5410 / info@hadenbooks.com(HADEN BOOKS)
ご予約の際には【4月22日ライブ予約】と合わせて、
お名前・連絡先(電話番号)・予約人数をお知らせください。

New Albumの発売を記念して、アルバムに参加してくださった
ゲスト ヴォーカルの森ゆにさんと優河さんのおふたりと、
表紙のイラストを描いてくださった小池アミイゴさんをお迎えします!

レコーディングのお話などもしながら、
HADEN BOOKSで気持ち良い音の一夜です。

tricolor(トリコロール)
http://tricolor-web.com

昌福寺さん、ありがとさん。

2013 年 8 月 25 日 日曜日

Exif_JPEG_PICTURE
今年の夏は山梨県南巨摩郡富士川町のお寺さん
昌福寺さんからお誘いを受け個展「東日本」を開催

その前後でなんやかやイベントもあり
不信心者のボクだけど、山梨に足繁く通う中
地域での表現やコミュニケーションのあり方を考える
ありがたいチャンスを得ました。
(さらに…)

にじいろチャリティー

2011 年 7 月 28 日 木曜日


2011年7月10日から15日までの6日間
青山CAYでOurSongs「にじいろの花


初日のワークショップ
で生まれた作品はCAYの壁面に展示

今回のフライヤーに使った
今年3月11日以降に行ったワークショップから生まれた作品も展示

希望者があれば1円以上で販売して
東日本大震災のチャリティーに充てることにしました

併せて
2000円のチャージから100円をチャリテーに充てました

これはチャージの5%
政府がもたもたしているの尻目に
民間でやることやっておくには
継続可能なパーセントじゃないかなと思います


で、
実際にイベントが進んで行く中で
チャリティーを呼びかける作業はタイヘンです

このチャリティーは「楽しい」と思って頂けることがなによりで
押しつけにならぬよう説明しなくちゃなんだけど

毎晩のLIVEが素晴らしいくて
どのLIVEも「今大変な状況に置かれた人」に対する
深いイマジネーションを感じるものだったりもして

ボクの貧弱なコトバでチャリティーを呼びかける必然があるのか?
一瞬一瞬で悩むんだよね

きっと一瞬一瞬で悩み続けることこそ
チャリティーの本質だったりするのかもしれないけれど
やはりどうしてももどかしい

それでも
壁面の絵には実に多くの方に興味を持ってもらえたように思います

LIVE出演者でも何組かの方が
ご自身のコトバで絵について説明してくれたりもして
それは特にボクがお願いしたことではなく
やはりお1人おひとりの「楽しい」という気持を
お客様に伝えてくれたことで
「こういうことなんだよな」と教えられてばかり


実際にこの絵も
ボクの日本地図の絵
さらに3名の人の手が加わって完成したもの

それが「楽しい」だったり
発見に溢れたものであることが1番

そうやって興味を持って下さった多くの方が
気に入った絵を購入してくれました

たとえば
「なんか元気になるよね!」と言って
ヒマワリに囲まれた日本の絵をご購入の
日本一のパン屋の店長さん

たとえば
「にじいろ」出演後
未来に向かった高まった気持を届けにきてくれたお2人

この絵は5月にbaobabの森で生まれた作品だから
baobabの盟友でもある2人に受け継がれたこと
何かの縁を感じるし必然も感じるね

そんなこんなでCAYの6日間で集まったお金が62000円
それにボクも絵を1枚購入して合わせて70000円を
郵便局から日本赤十字の東日本大震災支援の義援金として送金

みなさん
ご協力ありがとうございました!

日本赤十字の義援金が未だに被災者に支給されていない問題が
取り上げられていますが

まずは行政の被災認定が速やかに行われることですね

みなさんの貴重なお気持ちをお預かりしましたが
みなさんも引き続き被災者支援の行方を見守ってゆかれますよう
そしてまたみなさんのお気持ちのバトンを手渡してゆけるチャンス
創ってゆかねばです

と言う間もなく
7/10のワークショップに山形からご参加の方に依頼を受け
募金箱制作




どん

山形でガッツリ働いてこいよ〜〜

ついでに
CAYの壁面を飾っていたニホンちず子ちゃんの残りも発送

山形でいい人みつけてくるんだよ〜〜!

次回ボクのワークショップは8月11日に下北沢で
5ヶ月後の東京に花を咲かせるよ〜
詳細は後ほどー

PEACE!!

Red Wing North Gate

2010 年 1 月 28 日 木曜日

R0010014
ボクはUSBOYS
この街で生まれた無敵の魂

水冷SOHC単気筒4バルブ250ccエンジン
赤い翼のスクーター駆ってキミに会いに行く

R0010019
ヤツらの思惑をボクらのあきらめが食い尽くす街

美しく飾り立てられた道の1本裏には必ず
ドロッとした血の流れる静脈のような道が並走し
張巡らされた毛細血管によって
この街のひとりひとりにあきらめが届けられるんだ

R0010018
ボクは立って歩くには低すぎる洞穴のような道を
うつむいたまま駅に向かう

R0010023
R0010024
午後12時35分の街のどこかから
下手な演歌をカラオケで歌うのが聴こえている

R0010025
北口の駅前広場には光が渦巻いていて
「また戻ってくればいいさ」とボクに語りかける

R0010026

無敵のボクから牙を抜く
善良でおせっかいな光

そんな眩しさが息苦しくて
世界を切り裂く武器を手に入れたんだ

水冷SOHC単気筒4バルブ250ccエンジン
赤い翼のスクーター

こいつにまたがりこの街の光を切り裂く時

スクーターはボクであり

ボクは無敵の魂を持つ USBOYS

キミはボクに乗る

R0010027
そして
お互いの鼓動を合わせて生まれた唄をうたう

愛だの恋だのは
そのアトだ

*「荒野の唄」< click here !

おつかれちゃん更新

2010 年 1 月 22 日 金曜日

http://www.orangepage.net/op/otsukare/100122/index.html
よっろしっくね〜!