‘イラストレーション’ カテゴリーのアーカイブ

「とうだい」原画展 at 飛騨高山絵本美術館ポレポレハウス

2017 年 7 月 22 日 土曜日


絵本「とうだい」の原画の中から11点を厳選、
岐阜県飛騨高山の絵本美術館”ポレポレハウス”で
7月22日から8月31日まで展示いたします。

小池アミイゴ絵本原画展「とうだい」
7月22日(土)~8月31日(木)
飛騨高山ポレポレハウス
OPEN:10:00~17:00(入館-16:30)
大人:700円・中学生以下:300円 *3歳以下無料

岐阜県高山市清見町夏厩713-23
*東海北陸道 清美IC降りて高山方面へ約5分です
TEL&FAX(0577)67-3347
http://www.porepore-house.com

8月20日にはワークショップ開催。
午後は子供向け、夜は大人向けと予定。

会場は飛騨高山の別の場所になります。
詳細は後ほどお伝えいたしますね〜

飛騨高山に素晴らしい絵本美術館があることを、
先輩イラストレーターのみなさんからうかがっていましたが、
今回、館長さんからの熱烈なラブコールをいただき、
夏休み期間での「とうだい」原画展開催となりました。

暑い夏に飛騨高山で「とうだい」と
涼やかな時を過ごしていただけたら幸いであります。

76ヶ月め

2017 年 7 月 11 日 火曜日


今日は2011年3月11日から2,314日め
6年4ヶ月
76回目の11日です。

先日福岡県や大分県を中心に豪雨が続き、
各所に甚大な被害をもたらしました。

去年の熊本や大分での地震被害の傷跡も癒えぬ中、
被害はさらに拡大する可能性もありますので、
現地に暮らすみなさんにおかれましては、
けっして無理することなく、まずは我が命を守り、
心と体の元気を保たれますよう願うばかりであります。

我々のようなものが現地に飛んで行って出来ることは限られていますが、
逆に長い目でもって、みなさんの痛みに寄り添う存在であろうと思っています。

そう考えていた折、
福岡の友人から「チャリティーに使うビジュアルを描いてくれませんか」とのお声掛け。

もちろんなにか描くつもりでいましたが、
こんな活動を続けてきた先で、信頼を寄せてくれる人の顔が見えてきたこと、
とても心強く感じております。

こんなボクの心強く思う気持ちが、一枚の絵を通してユックリでいいから広がってゆくことが、
今痛みの中にある人の「心強さ」に変わっていってくれたらなと願います。

そんなわけで、
この投稿にアップした絵の使い道を思いつく方は、
自由に使われてみてください。

去年の震災の際に描いたものも再掲載しときます。

あとこの人も

6月30日は代々木の”かぞくのアトリエ”で初めての開催となるイベント「よよぎ絵本」

長野県の茅野市の絵本愛に溢れる今井書店の高村志歩さんをお招きして、
「はじめての絵本」という内容で1時間の講演をしていただきました。

多くの方に参加いただけたお話会ですが、
その内容をザクッと言葉にしてみます。

良い絵本は美しい日本語と
「何色」と呼ぶことの出来ぬ複雑にして美しい色彩に彩らているもの。

子どもは「絵」を読むことが出来るけど、
オトナはその能力を手放してしまっている。

しかし、
親は絵本に綴られた美しい言葉を発語することで心の蓋を開き、
子どもの心の深いところで語り合える。

そんな「物語のある人生」もしくは「甘やかな記憶」を
子どもと親で共有することの豊かさ。

もしくは、
将来いざとなった時に発揮することのできる
しなやかな力の獲得。

高村さんご自身の子育ての経験も交え語られた絵本愛は、
人が人であることの意味にまで触れるようなものでした。

生きている限りなにが起こるかわからない。

そんな今ですが、

たとえば「被災」なんて状況に置かれてしまい、
それでもちょっとでも余裕が見つけられた時に、
お子さんとの時間に絵本1冊を共有するなんてことが出来たらいいなと思いました。

そのためには、
良いもの美しいものに触れ、良いものを判断する目や心を鍛えておかなくちゃだし、

ボクのようなものであれば、
ともかく良いものを創ることに尽力続けなくちゃならないのです。

たかが絵本にこれだけの価値を見つけ、
それ以上のものに育ててくれる街の本屋さん、
ありがとう。

はいいろのねずみ

2017 年 7 月 2 日 日曜日


「毎日こどもしんぶん」で本日7月2日から連載スタート。

9月までの13週間、
“はいいろのねずみ”の毎週日曜日のいろいろな色の冒険、
お楽しみに〜!

アップしたものはテキストの半分を削っています。
オリジナルストーリーで、ボクこそワクワクしているのです。

熊本県のつなぎ美術館で展覧会開催 4/29~7/17

2017 年 6 月 20 日 火曜日


人生初の美術館での展覧会です。
(しばらくこのポストをブログのトップに固定しておきます)

東日本から熊本へ 3月11日から始めたこと 小池アミイゴ展
2017年4月29日(土・祝) – 7月17日(月・祝)
水曜日休館日
熊本県津奈木町“つなぎ美術館”

入場料:一般300円、高・大生200円、小・中生100円
開館時間:10:00 ~ 17:00 (入館は16時30分まで)

=つなぎ美術館=
熊本県芦北郡津奈木町大字岩城494
電話:0966-61-2222
http://www.town.tsunagi.lg.jp/Museum/

東日本大震災の発生した2011年3月11日から考えてきたことは、
風景や花の絵、人の暮らしを描いたドローイング、
絵本「とうだい」の原画などに昇華しました。

今回はこれまで描いてきた作品や絵本の原画、ドローイングによる映像作品など、
88点の作品で会場を構成した展示をいたします。

ボクが3月11日からはじめたこと、そのすべてを語れるわけではありませんが、
風通しの良い絵の空間を創ってお待ちしておりますので、
みなさまぜひ「1枚の絵があるからこその生まれる会話の現場」として、
つなぎ美術館を楽しんでいただけたら幸いに存じます。

アーティストトーク
「ボクが3月11日から始めたこと」

4月29日(土・祝) 13時30分~14時30分
つなぎ美術館1階展示室
定員:50名(事前申し込み不要)
*終了しました。

ワークショップ
「小池アミイゴのだれでも絵が描けるワークショップ」

6月11日(日曜日) 13時30分~15時30分
会場:つなぎ美術館アトリエ
対象:小学生以上(小学生低学年は保護者同伴)
定員:10名(要事前申し込み・先着順)
参加費:無料
*終了しました。


(さらに…)

75ヶ月め

2017 年 6 月 10 日 土曜日


今日は2011年3月11日から2,284日め
6年3ヶ月
75回目の11日です。

アップした絵は以前描いた気仙沼唐桑の鮪立(しびたち)の集落と漁港。
津波で大変な被害を受けた場所ですが、
震災以前に撮影された写真と唐桑で出会った人の思い出話しを参考に描きました。

そんな話をうかがったのが鮪立の民宿「つなかん」

そこで料理人として働いていた竜介くんが、
「つなかん」を営む盛屋水産さんが育てたワカメを
東京の代官山で期間限定で販売する際、
この絵をポストカードにしてワカメに添えてくれてます。

・6月3、4日(土日)8~11 (木〜日)15~18(木〜日)
・14時〜20時
・ballena 代官山 
 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1丁目34−21 クレスト代官山302
 (東横線代官山駅徒歩2分、JR恵比寿駅から徒歩10分、UNITのすぐそばです。)

・主催:今井竜介 
・連絡先 sushi.to.oyster@gmail.com  
・協力:盛屋水産、池田晶紀、小池アミイゴ、鈴木歩、株式会社BambooCut、
・Ballena代官山、仕出し弁当きのこ、つなかんファンの皆様)
・FBページ https://www.facebook.com/events/1723291957969487/?fref=ts

=唐桑御殿つなかんとは=
宮城県気仙沼市唐桑町の小さな入江で、牡蠣の養殖業者が東日本大震災をきっかけに、始めた民宿です。
「御殿」の名前にふさわしい入母屋造りの一軒家。明るく、元気で、魅力的な女将さん。
家族で育てる牡蠣やホタテなどの海産物が食べられる宿でした。
しかし、そんな言葉では言い表せない魅力的な場所でもありました。
そのことが、この展示を通じて少しでも伝わることを願っています。
この3月に海難事故があり、社長含む家族3名がいなくなってしまいました。
それでも、残された女将さんは、再開に向けて動き出そうとしています。
今回、初めて、つなかんのことを知った方も、再開の一報がありましたら、ぜひ、唐桑を訪れてみてください。

http://moriyasuisan.com/

先日ちょっと顔を出して展示を見てきました。
そこに『明るく、元気で、魅力的な女将さん』いちよさんが、
海難事故からしばらく経ってとった行動について書いてありました。

海に生きるということ、強烈に知らしめられたこと。

それはここでボクが言葉にしてしまってはいけないように思います。
ただ、竜介くんが友人であってくれることで知る「人というもののなんたるか」
心に刻んで、これから創るものに反映させてゆこうと思います。


先日は会津へ。

昨年3月に初めて行って歩いた会津。

その際「これは初夏の風景を見ておかねば」と直感し、
今回梅雨入り直前のタイミングで行くことにしました。


前回は郡山から会津に入りましたが、
今回は特急が会津山田まで通った東武日光線を利用。

江戸-日光-会津 という江戸時代の必然を辿る道ですが、
それにしたって昔の人はよくもこんな深い山を抜けていったものだと。

会津山田から第三セクターの会津鉄道に乗り換えてゆくと、
会津は突然その姿を現すというイメージで、広大な会津盆地に出会います。

田植えが始まった季節の会津盆地は水の国。

この土地の豊かさに惹かれた昔の人々の気持ち、わかるな〜
(さらに…)