‘イラストレーション’ カテゴリーのアーカイブ

119ヶ月め

2021 年 2 月 11 日 木曜日

今日は2011年3月11日から3,625日
517週と6日
9年11ヶ月
119回目の11日です。

さっき3月8日から開催の個展「東日本」の情報を公開しました。
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=14798

今回で6回目になる「東日本」と名付けた展覧会です。

たとえば、
震災から8ヶ月目の福岡で友人たちに会い今何を思うか聞いて回った中、
少なからずの人が「東日本大震災のことはもういいかな」と、
ある意味苦渋の表情で語るのに出会いました。

たとえば、
2014年2月に開催した2度目の「東日本」では、
少なからずの方から「もうこのテーマはいいんじゃないか」と、
アートのフィールドの見識を元にしたご意見をいただきました。

たろえば、
その年の夏に福岡で開催した「東日本」では、
「わたしはまだ何も出来ていないんです」と、
絞り出すように語る方が少なからずいました。

そうしたことすべては東日本以降の日本の風景として、
自分の価値観で判断することなく受け止めてきたはずです。

そうした上で、
やはり3月11日の夜の暗闇の中で湧いた
「これは10年、20年とかかることだ」
という直感が今も自分を動かしているようです。

そうしている間も、
震災の直接的な被害ではなく、
ある意味「がんばる」ことで失われてしまった人もいます。

10年と言われる今、
ボクにとって「東日本」はアートで語られる記号のようなものでは無く、
荒野を駆ける「生活」や「人生」の無くてはならない窓になっているようです。

その窓から見えるこの9年11ヶ月で出会ってきた人々は、
これからもボクになにを描けば良いのか語り続けてくれるはず、
てか、語り続けられるようこれからもやってゆきますね!

今はコロナの状況で会えない人ばかりですが、
ともかく元気でまた会いましょう!

2021
0211
アミイゴ
PEACE!!


東日本の各地で出会った風景を生かした絵本「はるのひ」の原画展。
会期 2/10 ~ 3/2 で神保町のブックハウスカフェ で開催中であります。
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=14801



あらためて日本列島の絵。
使い道ある方は使ってみてください〜
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=5556

個展「東日本」2021

2021 年 2 月 11 日 木曜日

「東日本」
小池アミイゴ 2011年3月11日からの展覧会
2011年3月8日(月) ~ 17日 (水) _日曜休み

open : 12:00 ~ 19:00 _最終日17:00マデ

space yui (スペース ユイ)
〒107-0062 東京都港区青山3-4-11ハヤカワビル1F
http://spaceyui.com
TEL:03-3479-5889
12:00 ~ 19:00 (Last day ~17:00)
日曜休み _Closed on Sundays

東日本や日本、台湾の客家の美しき風景や花、人の暮らしの記録。

*在廊等の情報は逐次こちらで更新してまいります。

東日本で出会った景色や花や人の暮らし。

東日本に出会ったからこそ見ることの出来た日本。

そうした視線が導いてくれた台湾の客家人の暮らしや文化。

それらの経験が与えてくれる今自分が生きる場所。

答えを求めず歩いた10年は、今はもう次の10年を目指し進んでいます。

その歩みを支えるグイッと踏み込むことの出来る足場のような絵を、
愛しきみなさんと共有出来る展覧会を創れるよう尽力します。

2011年3月11日。
日本遭受了史無前例的災難,稱為“東日本大地震”。


我在“東日本(higashi-nihon)”遇到的風景,鮮花和人們的生活。

自從認識”東日本(higashi-nihon)”以來,我可以看到日本的美麗外觀。

從這次經歷中,我享受了台灣客家人的美好生活和文化。

我意識到“你現在住在哪裡?”

在走了10年而不問答案之後,我的目標是未來10年。

我們希望這個展覽會為您邁向未來十年提供幫助。



「はるのひ」原画展

2021 年 2 月 3 日 水曜日

2021年2月12日徳間書店より刊行される絵本『はるのひ』
ことくんが お父さんと声掛け合いながら春の野を駆ける小さな冒険物語。
その原画展を神保町の絵本専門店ブックハウスカフェ で開催します。
それにあわせて「はるのひ」をめぐる3つのイベントを用意しました。

小池アミイゴ 絵本『はるのひ』原画展
2021.2.10(水)- 3.2(火)
11:00~18:00
ブックハウスカフェ ギャラリー
入場無料、会期中無休

ブックハウスカフェ
〒101-0051
東京都千代田区 神田神保町2丁目5 北沢ビル1F
TEL:03-6261-6177
https://www.bookhousecafe.jp
都営三田線、新宿線、東京メトロ半蔵門線
神保町駅A1出口を出て右方向、徒歩1分

「はるのひ」の3つのイベント

1)はるのひオンラインギャラリー
2021.2.14 (日) 13:00~ (約60分)

『はるのひ』の原画展のようすをライブ配信します。
作者の解説とともにお楽しみください。

参加費無料、だれでも視聴できます!
ブックハウスカフェのインスタグラムにてご参加ください。
https://www.instagram.com/bookhousecafelove/

2)ギャラリートーク『はるのひ』が生まれるまで
小池アミイゴ×茅野由紀(ブックハウスカフェ店長)
2021.2.20 (土) 15:00~ (約60分)

『はるのひ』の制作秘話やこれまで制作してきた絵本について、
お客様を迎え、楽しく語ります。オンラインでの視聴も可能です。

*店舗参加:定員10名 *オンライン参加:定員50名
・店舗での参加:1,000円・店舗での参加絵本付き:2500円
・オンライン参加:1.000円 ・オンライン参加絵本付き:2.500円

*要予約: ブックハウスカフェのオンラインショップ
https://bookhousecafe.stores.jp/


リンク先に現れる以下の購入フォームから選択出来ます。

上記よりご希望のコースを選び、参加費をお支払いくださいませ。

オンライン参加の方はご予約の際に視聴に必要な情報をご確認ください。
社会情勢に寄っては店舗参加を見合わせる可能性がありますので、
事前の情報確認をよろしくお願いいたします


物語の舞台となった土地をzoomでつなぎ
小池アミイゴの地域愛をお裾分けする時間

3)”はるのひのある場所”
2021.2.28 (日) 14:00~ (約60分)

作画の背景にある風景や人との出会いを作者が語ります。
大分県の山香町や福島県の昭和村などを予定

*要予約 *参加費:無料 *オンライン参加:定員90名

参加希望の方はメール amigosairplane@icloud.comまで、
件名「228はるのひzoom」で、小池宛てにご送信ください。
参加用URLを送ります。定員に達し次第、締め切りになります。


ブックハウスカフェ
〒101-0051
東京都千代田区 神田神保町2丁目5 北沢ビル1F
TEL:03-6261-6177
https://www.bookhousecafe.jp
都営三田線、新宿線、東京メトロ半蔵門線
神保町駅A1出口を出て右方向、徒歩1分
『はるのひ』作/絵 小池アミイゴ
徳間書店刊:本体1,600円(税別)
ISBN 9784198651602

本文・カバーデザイン:城所潤・舘林三恵
編集:高尾健士
印刷:株式会社東京印書館








118ヶ月め

2021 年 1 月 11 日 月曜日

今日は2011年3月11日から3,594日
513週3日
9年10ヶ月
118回めの11日です。

Facebookにアクセスしたら、
2013年1月に撮影した蠟梅の花の写真が上がってきました。

家のキッチンの窓辺に一輪挿しにしていた蠟梅の花の開花。


震災から1年10ヶ月め、
8年前の自分はこの花になにを見たのだろうか?

当時描いた風景や花の絵を見返してみると、
今作っているものと比べて混乱や迷いを感じるものばかり。

そもそも何を見れば良いかの視線が定まっておらず、
しかし、見るものから何かは感じていたんだろうな。

自分の「わからない」には気づいていたはずだけど、
「わからない」は分からないまま、ともかく絵は描いておかなくちゃって、
勢いにまかせ描いた花や風景の絵は、やはり自分らしい弱い顔してる。

ボクはこの蠟梅の花を見たあと、
何度めかとなる東北へのフィールドワークに出るのだけど、
そこで出会った人が「被災」というものの輪郭を明快にしてくれ、
そこからゆっくりと関係性を深めることで、
さらなる人との出会いを手にしてゆけた。


そうすることで少しだけ自分の絵というものが形になり、
そうすると今度は絵が新たな人との繋がりを作ってくれる。

2014年の2月には2度めの開催となる「東日本」という展覧会を作ったけど、
それがスタートラインとなって生まれたことは多く、
それは「あれから10年」と言われる今も続いていることだし、
たとえば、新型コロナの感染拡大などという事態の中での行動の指針にもなってくれている。


8年前に家で見た蠟梅の花は、
なにがあろうと繰り返す命の循環なんてものを確認させてくれたと共に、
ボクに「人に会いにゆけ」ということを伝えてくれたのではないか、
などと思う「あれから10年」と言われる今。


今は人に会いにゆくということがはばかれる状況ですが、
ならば、あの時の自分を振り返り、
あの時は言葉に出来なかったこと、
絵にしきれなかったことなど形にしてゆく時だろうな。

良いものをしっかり作ってゆき、
愛しき人たちとの再会がより美しいものなればいいなと願うのです。



あれから10年。
「被災者」とは「困難を共有出来る友人」であると勝手に思い始めていて、
その考えはここからさらに10年先の未来に続いてゆくイメージでいます。

2021明けましておめでとうございます。

2020 年 12 月 31 日 木曜日

あけましておめでとうございます。

が、
「おめでとう」という言葉が上手く出せない気持ちであります。

「おめでとう」と心から言えるよう、
抗い難い困難に覆われた世界の中で自分の日々はどうあるべきだろうか?
抗い難い困難に負けることなく考え続ける1年にしようと思います。

2月10日に自作の絵本が刊行されます。

3年数ヶ月をかけて作ってきた1冊。

男の子がおとうさんと声をかけあって行う小さな冒険の物語は、
東日本大震災以降出会ってきた美しきものを血肉にし、
2018年春に自身の父を失う経験も挟み、
コロナ禍での生き方なんてことも考え抜き、
しかし、ただただ子どもが居て良い場所として作りました。

2月10日から3月2日まで原画展を神保町のブックハウスカフェで開催します。
その後もこの物語を必要とする人のもとへ、
これまでのように”身近に”ってことは出来ないかもしれないけれど、
1人ひとり手渡しするつもりで届けてゆこうと考えています。

そうすることで生まれる会話にこそ、
こんな時代を生きる力が埋まっているのだと信じています。


3月8日からは6回目の開催になる個展「東日本」を青山のspace yui で開催。

2011年3月11日に考えたこと。
その後に出会ったこと。

それは10年たった今でも表現がまったく追いついておりません。

描けていないものばかりです。

その「出来ていない」を見つめることで、
次の10年を生きる、
10年後をより生きやすいものにする、
そんなことを実現するようなものを作ってゆくための現場にします。

自分の力不足を受け止めつつ。
しかし、やれることをやってゆく2021であろうと考えております。