‘SOUL’ カテゴリーのアーカイブ

72ヶ月め

2017 年 3 月 11 日 土曜日


今日は2011年3月11日から2,192日め
6年
72回目の11日です。

今日のボクは東京の代々木公園の脇にある”はるのおがわプレーパーク”で
この街に暮らす子どもたちと大きな絵を描いています。
http://harupure.blogspot.jp/2017/03/311.html?spref=fb

時を同じくして気仙沼では6年続けられてきた「3月11日からのヒカリ」という鎮魂のイベントで、
イラストレーションを活用していただける光栄をいただいています。
http://311hikari.jp/livecommentary/

3月18日からは岩手県の宮古で26日までの展覧会が始まり、
初日18日はやはり街のみなさんと大きな絵を描くワークショップを開催します。
https://www.hokkori385.com

2011年春、未曾有と言われた震災の被害を目の前にし、
少なからずの人が困難な立場に置かれた人のために立ち上がり、
しかし、ほとんどの人が無力感の谷に突き落とされたようではなかったかと。

ボクは「義援」という『困っている人に対し当たり前に行う名も無き行為』を自分の出来る範囲で行ったら、
あとは自分の目で足で「被災」を知ること、
さらに、被災の向こう側、被災地と呼ばれぬ場所で生きる無力の1人ひとりに向き合い、
凍りついてしまったようにしている心を温め、お互いの元気をわずかでもいいから確認し、
そんな無力や微力を結集させることでしか得られ復興のあり方を模索してきたはずです。

誰かに頼ってしまうとパーソナルな視点がズレてしまう。

ひとりだからこそ出会えるひとり

それはとても大きなことなんじゃないかなと、
目的地も持たずひとりで薄暗がりの中を走っていた感じです。

それが「あの日」から時を重ねる中、
わりとすぐそばを誰か走っている気配を感じるようになり、
さらに時を重ねその姿を目の端に捉えるようになり、
あれから6年めの春は、ついに並走者と声を掛け合えるようになった。

そんな感じです。

毎回のようにここで語ることですが、
絵に出来ることはほんとこれから。

「被災地」と呼ばれる場所、
宮古で自分の描いたものを持ってゆくのは大変勇気のいることで、
少なからず怖さも感じていますが、
そこに共に走っている人の姿を捉えられるようになった今、

許されるのであれば、
自分の描いた絵が思いっきり働いてくれたらいいなと願っています。

先日は宮城県で養殖漁を営む共栄丸さんと、
直売所のある市場の看板を制作する話を進めていました。

しかし、現地で関係している人の多い現場、
いくつかの条件を満たさず計画は頓挫。

でもこういうことは東京の価値観を押し付けてはならぬことで、
あらためてコミュニケーションを深め、
さらに現地の方々の必要とするものを探って、
さらに良いものを作ってやろうじゃねーか!と、
気合だけは十分に、されど焦らずやってゆくつもりです。

そんな共栄丸さんから、悲しい報せ。

市場の前にあった海が無くなったとのこと。

計画されていた防潮堤が完成し、
海が見えなくなった。

それは事前に分かっていたことだけど、
なんだろ、この喪失感。

ただただ悲しい。

もちろん人命が優先されることなんだけど、
しかし、春に海を失うことはただただ悲しい。

ボクは海に関係のない場所で生まれ育ち、
大学に入るために東京に出てきてみたら、
やはり海に育った人は海をまとっていて、
それがどうにも魅力に感じたんだよね。

海の無い場所で生まれ育ったボクは、
その魅力の意味がわからず、
それがどういうことか追いかけているうちに、
たとえば西表島の誰もいないようなビーチに腰掛けていたり、
やはり誰もいない早春の葉山のビーチで石ころを拾ったり、
長崎の稲佐山から遠くに軍艦島をみつけため息ついたり、
瀬戸内をあてもなく漂泊したり、
諫早の干拓地で海を探しにどこまでも歩いていってみたり、
宮城県の塩釜で出会った人からカモメを見た思い出を聞いたり、
福島の美しいビーチで灯台の灯りを追いかけたりして、

ずいぶん時間がかかったけれど、
その魅力は海だったんだと思うようになりました。

海に育った人は、
空と海とのわずかの隙間で生きてることを知っている。

地べたの上でしか生きることの出来ない人間が、
空と海と地べたのキワを見極め生きること。

それは日々生と死のキワを確認して生きることなんだろう。

猛々しく見える漁師のおっちゃんでさえ、
海の無い場所で生まれ育ったボクが持ち合わせていない、
慎ましやかではあるけれど仕立てが良く
気持ちよく風を通すシャツを一枚羽織っているように思えてならない。

目の前にあったはずの海を失うことはなにをもたらすのだろうか?

重厚な防潮堤は社会に死角を生み、
その陰で船上荒らしなどの犯罪が多発しているそうです。

悪しき心は弱き心を引き寄せます。

「壁」とは悪しきものを遮るけれど、
白か黒かの分断の向こうとこちらで、
それを大切に扱う限り人の魅力になりうる「弱さ」もただ否定され殺され、
悪しきもの餌にされ、結果悪しきものを増幅させてしまうのではないかな。

あらためて、
これは単に防潮堤を否定する話ではなく、
命を守るために必要なものは、
その必要を精査し造られるべきで、

ただ、春に海を失うことで人の心はどうなってゆくのか?

絵なんてものに生かされているボクは考え続けなければならず、
そこに必要があれば、出来ることをやらねば。
ということです。

まずは宮古の春の海と再会し、
考えを深めてきてみます。

大阪池田のLargoでの展覧会はじまりました。

2017 年 2 月 20 日 月曜日


大阪池田のアートスペースLargoでの展覧会「東日本」と「とうだい」の原画展
2月18日より始まりました。

水曜日が休廊日で3月5日までの会期になりますが、
2階と3階のギャラリー空間をとても美しく仕上げられた自負しておりますので、
みなさまぜひ足を運ばれてくださいませ。


ラルゴさんでの展覧会開催はこれで3度め。

2013年の1度目の「東日本」の巡回
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=9168
2014年の2度目の「東日本」の巡回と「ちいさいトラック」原画展
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=10452
2015年3度目の「東日本」は巡回させず今回。

前回から2年8ヶ月。
「あれ、そんなに時間が経っていたっけかな? 」などと思うほど
毎回とても印象深い経験と人との出会いを与えてくれる場所。

今回もオーナーの遠田さんご一家、
とりわけお母様から絶大なるご厚遇をいただいての開催。

単に青山や横浜の巡回ではなく、
2017年2月の大阪池田にふさわしい展覧会にしなければと、
2015年の作品を交えた51点の作品で空間を創りました。


初日にはオープニングパーティーの代わりに「とうだい」の朗読。
これは遠田さんごご懇意にされている女優さんが勤めてくださり、
ボクはの「とうだい」の作画にまつわるトークの時間を設けていただきました。

が、
描いた絵を説明するのもヤボだなと、
集まった子供たちがゲラゲラ笑えることをやったり、
オトナに向けては絵を描くWS的な形で楽しんでもらいました。

設営からワークショップまでかなるヘトヘトになりましたが、
池田の人情商店街のギャラリーからクリエイティブななにかが生まれることこそ、
「東日本」なんて絵を展示する意味があるはずです。

で、展覧会の風景からちょっと。

2011年3月11日からそろそろ6年。

大阪池田の「東日本」と名付けた展覧会に足を運んでくださる方との会話の中で
「震災」と言えば「阪神淡路」であることが多かったです。

何人もの方とかなり真摯な言葉の交換をさせてもらいましたが、
今「阪神淡路」を語ることの健全さを痛感させられることばかり。

そこにはリアルな命の問題が含まれていたりしますが、
22年前の1月17日は未だに「昨日」であり、
しかし、いくつかのことは言葉に出来るようになってきた。

そこに「東日本」と名付けた絵があるからこそ出来た会話の意味は、
微力でしかないけれど、今度は東北に、熊本にとボクが持ってゆかねばです。


展覧会初日でわさわさとした中でも、
なんとか1人ひとりを見失わず、1人ひとりを肯定し接することが出来たのは、
やはり大阪であり、池田という文化の街であり、ラルゴという心意気のおかげでしょう。

ごく個人的な会話なのでその詳しい内容には触れませんが、
ボクはお一人お一人と交わした会話は「阪神淡路」に限らず、
お子様の思い病気のこと、ご自身の重い病気のこと、
イマイチ上手くゆかない日々のことや深い心の痛みのことなどなど、

「はじめまして」の方も多かったですが、
ボクの描いた絵や絵本をきっかけに語ってくれることで、
ボクが創ったものはさらに輝いてくれてるように感じました。

そういう1人ひとりのことに対してボクが何かをしてあげられるはずはなく、
(それこそご利益商売になっちまうぜ、、)
しかし、さらにこんな会話を重ねてゆけるための
人の想像の余地のあるものを創るモチベーションを高められました。

2月18日の池田に足を運んでくださったみなさん、
ありがとう。

Largoは3月5日まで灯台のようにして在ってくれます。

ボクは不在ではありますが、
みなさまはどうぞLargoに足を運ばれ、絵の前で言葉を交わすことで、
次に進むべき場所を確かめてくれたら幸いに存じます。

しかし、わずか2日の滞在だったけど、
青山と横浜の展覧会の20日分の人の情を浴びて
20日分ヘトヘトになったのは
やはり大阪という土地のなせる技。

東男はともかく働いて見せてナンボだなあ〜〜

で!
遠田さんのお姉さんが切り盛りする1階のカフェ
ミナツキでいただいた茶粥のセットが滋味深くておいしくて、、
ほんと、こんなん毎日食いたい!

うかがえばお姉さん、かなりお茶の研鑽をされたらしくて、
そんな心意気が味わいにちゃんと反映されていて、
そんなお店の軒先をかりて展覧会できていることに胸襟を正しつつも幸せを感じ、
東京に帰る新幹線に飛び乗ったのでした〜。

絵本「とうだい」原画展/「東日本」小池アミイゴ個展
2017.2.18(土)-3.5(日)

11時〜18時(最終日は17時まで)水曜休廊
http://ameblo.jp/artspace-largo/entry-12239019447.html

Art space Largo
〒563-0058大阪府池田市栄本町4-23 EINビル2F 3F
*池田駅より徒歩5分、1Fのカフェミナツキよりご入場ください。
Tel.Fax.072-737-5837
MAP : https://goo.gl/maps/jnB75ETbcXw

絵本「とうだい」や「かぜ ひいた…」、
「Peaceてぬぐい」の販売もしております。

71ヶ月め

2017 年 2 月 11 日 土曜日


今日は2011年3月11日から2164日め
5年11月
71回目の11日です。

先日宮城県を中心に発行されている新聞「河北新報」に掲載された、
県内に暮らす18歳の人の投稿がネットでシェアされてきたのに出会い、
考えさせられました。

以下一部引用します。

2011年3月11日からの地震、津波、原発事故発生後、震災に意味付けをする人がたくさんいた。
「絆ができた」とか「家族を大事にするようになった」とか、建前でいう人がいっぱいいた。
だが、そんなものは震災前にだってあった。
震災が起きたことに意味なんてない。起きない方が良かったに決まっている。
だから私は、震災を都合よく語ったりしない。
あの日起こったことを、自分の記憶に刻む。ただ、それだけ。

まさにその通りだと思います。

もうちょっと言えば、
「絆」も「家族を大事に」も消費しやすい言葉に置き換えられてしまったなあと。
少なからずの違和感を感じて、まもなく6年です。

ただ、
2011年3月に13歳だった人にあやまらねばならぬことがあります。

震災の前に「絆」も「なにかを大事にする」こともあるにはあったけれど、
ボクたちオトナの多くはそれを大事にしていなかったはずです。

3万人が自殺をする国にあって、
「絆」なんてめんどくさいことなるべく考えにようにして、
それぞれがそれぞれの場所で演じるキャラを大事にするだけの、
とてもモロい関係性の中で孤立感を深めていた。

極端なたとえかもしれませんし、すべての人がそうであったわけでもないけれど、
しかし、それがボクたちだったのではないかと思うのです。

2011年3月11日、ボクたちは考えました。
考えざるを得ないものを見ました。

絶対的な喪失

しかし、
困難を乗り越える人間のしなやかな力強さ

ただその実感を共有することは容易なことでは無いとの直感は、
大きな無力感に変わり、多くは手付かずのまま今に至っています。

そんな中「絆」のような言葉に、ある意味すがってしまったはずです。

もしくは無自覚なまま「がんばれ」「立ち上がれ」なんて言葉を放つも、
結局自分自身を奮い立たせてるだけのおじさんたちとか、、

今18歳になった人の語る
『あの日起こったことを、自分の記憶に刻む。』

それだけの勇気を持てなかったボクたちです。

それでも願うことは、今からでも遅くない、
「絆」でもなんでも本当に大事にして育ててゆきたいなということ。

絶対的な喪失に対してなにか出来るはずは無く、
悲劇は悲劇のまま静かに胸に刻み、
しかし、ボクたちに足りていなかったものを1つひとつ確認し、
これから未来、特に18歳とか12歳とかの人にとって好ましい未来に必要とされるものに、
みんなして育ててゆけないかな。

18歳の人の静かな叫びに答えられるかどうか自信無いけど、
自信無い部分は、志を共にする人を見つけ、語り合い、
しなやかに力強いものへと育ててゆこうと思います。

以下、
先日東京-横浜での会期を終えた展覧会「東日本」から思うことをちょっと。

ボクのやっていることをザクッと言葉にされてしまうと、
『「被災地」と呼ばれる場所を歩いて絵にしている』です。

しかし、ボクはなにを見ているのだろうか?

4度めの開催となった今回、
あらためて自分の視線というものを考えてみました。

特に今回は、ギャラリーに足を運んでくださる方の多くが、
実に的確にボクが描いたものの本質的なものを言葉にしてくださり、
4度重ねてきた意味の深まりを感じながら、
自分の視線というものを知ることが出来たかもです。

生きる、というか、暮らす、という中で、
ボKうたちはものを見ているようで、
実はほとんどのことを思い込みで感じているんでしょう。

「見る」ということは「見なければいけない」という意識の指示で行われるのだけど、
その背景にある思惑で都合の良いものに置き換えられている。

意思を持って見てるものの多くは、
実は「見ているつもり」のものなんだろうなと。

なので、絵を描く場合も「見ているつもり」のものに惑わされて、
どうにも「見た」感動の本質に触れられないでいる座りの悪さを感じてばかり。

今回の展覧会を通して、
「わたしこの風景の場所に住んでいるんです」
「わたし、この風景の場所に行ったことあります」などなど、
リアルな既視感をもって絵とご自身の経験を語ってくださる方がいて、

そんな方の話を伺っていて気がついたのは、
ボクたちは目の端で見ているものが莫大にあって、
それは「見ているつもり」でいるものなんかより
ずっと多くの情報量をボクたちの無意識にもたらしてくれてるんだということ。

「見る」という意思の働かぬところで見ている「暮らしの風景」

それは大きな揺らぎと広大な曖昧さを有するものです。

たとえば車を運転して山道を走っているとします。

ボクたちの目は道路を見て、センターラインの位置を確かめ、
道路標識を確認しながら対向車を気にする。
たまにやってくる名所と言われる場所に視線を飛ばし、
時が進むにつれ変化する陽の光に対応し車をオーガナイズさせる。

そうやって視線を駆使させてゆくのだけど、
目の端で一瞬にして過去へ追いやられてゆく道路の脇の雑草や雑木林の灰色の風景、
なんちゃーことない人の家やつまらない庭木、見栄えのしない山並みや退屈な雲、
ぼんやりした午後の光や昨日だか一昨日に降った雨による小さな水溜り、などなど。

ユラユラ揺れて消えてゆく日常の風景。

ボクたちが想像力をそそぎ大切にし共有するべきものは、
こんなものの中にあるんだと気がつきました。

こじつけになるかもしれないけれど、
「復興」と言った場合、意思をもって視線を注ぎ造られる
防潮堤やかさ上げ工事や道路や病院なんてものがあるのですが、
もちろんこれはそれぞれの道のプロが取り組み、
その土地土地で必要とされるカタチで迅速に提供するべきものでしょう。

ただ、ボクのようなものがやるべきことは、
目の端に写っているはずの日常をどんなものにするのか?

非常に曖昧に揺れ動く領域ですが、
そこが1人ひとりの人生の揺りかごになるような優しきものであればなと。

「復興」の名のもとで開発の進む土地でも、
わずかの余裕を見つけられたら、
日常の中で目の端でとらえ消しとばしてゆく風景を、
ちょっとでも豊かなものに出来たらいいなと。

どうしようもなく微力ではありますが、
そんなものに光を当てる仕事を続けてゆこうと思っています。

個展「東日本」青山-横浜の会期を終えました。

2017 年 2 月 7 日 火曜日


横浜仲町台 YUI GARDEN での個展「東日本」の巡回
3月4日立春の日、10日間の会期を無事に終えることができました。

足を運んでくださったみなさま、
ありがとうございました。

会場で流していた映像「立春より」は、
去年の立春の日から4月14日の熊本地震までの毎日で続けて、
言葉と絵の往復書簡で作ったもの。

1年後の立春の人に展覧会のひとつの区切りを得たこと、
不思議な縁を感じています。

最後のお客様は、昔からの友人からトランペットを習っているという方。

じっくり作品と向き合ってくださり、
絵について3つ4つと質問してくださったのですが、
イラストレーションやデザインの現場とは違った発想の質問は、
ボクにとって刺激的なもので、
あらためて自分の描いたものの意味を知ることに繋がりました。

足を運んでくださった多くの方が、
「気持ち良い空間だった」との言葉を残してくれた横浜での展覧会。

展示設営の際、美しく心地よい空間創りを一番に考えるボクにとって、
YUI GARDEN での開催3度目にして、
「ここに来ることが楽しみ」と言ってくださる方が少なからずいらっしゃったこと、
とても嬉しく感じております。

青山yuiと横浜仲町台YUI GARDENとで1セットになった展覧会の1ヶ月は、
ちょっと長い旅を経験したような気持ちになります。

ボクは家とギャラリーを往復し、現場に立ってるだけなのですが、
それでも旅をした気持ちになるのは、
ボクにとって旅とは人と出会い人を巡ることであるのでしょう。

灯台のようにそこに立っているだけでも、
足を運んでくださる方が多くをもたらしてくださる展覧会。

誰彼拒まず扉を開いているギャラリーという場所、
そこを風通しの良い会話の空間としておく限り、
ボクたちはひとつの絵の前で多くを語りあえることが出来る。

絵が主役なのではなく、
その前に立つ人、そこで交わされる会話こそがボクの展覧会の主役であると、
今回の横浜の時で確認しました。

あるお客様が絵本「とうだい」を3冊購入くださり、
そのうち1冊はその方から手渡されたハンカチの絵を描いた女の子のお父さんに届けるとうかがいました。

絵本「とうだい」の参考にした灯台のある土地で、
東日本大震災の津波被害に遭い、10歳で人生を終えざるを得なかった女の子

彼女の夢は「デザイナーになること」だったそうで、
それを知ったプロのデザイナーさんが彼女の絵を使い企画し製作したハンカチ。

「とうだい」を届けられたお父様はなにを思われるのか、
ボクは想像することは出来ないでいます。

ただ、ハンカチをボクに届けてくださった方も、
そうすることでなんらかの救いを手にされるんじゃないか?

ボクも、それは今のタイミングではないけれど、
いつかこうしたことの先に救いを手にするんだろう。

我々は「被災者」と呼ばれることのない者ですが、
我々の間にも救いの種を蒔き、丁寧に育ててゆくことで、
人ひとりを救えるようなことに繋がらないだろうか。

焦ることなく確かにやって行かなきゃだし、
描く絵もさらに鍛えてゆかねばならないと思いました。

青山での展覧会に比べると、
より考える時間を手にできた横浜での時。

会期中に5度も足を運んでくださった高校生の女の子がいました。

他のお客様がいなくなった際じっくりお話をうかがい、
「将来」や「表現」なんてものについてちょっと偉そうに語ってしまったり、、

でもそういうことだよな〜。

普段ならちょっと恥ずかしいような話でも、
絵の前だったら出来ちゃうし、
そうすることで彼女の未来が彼女の望むものにちょっとでも近けたら、
ボクが「被災地」と呼ばれる場所を歩き絵を描いた意味はあったなと。

そういうことが「復興」のひとつであればと願いながらも、
答えはずっと先でいいから、ともかく続けてゆこう。

そんなやはり普段なら恥ずかしいような話を、
30年ぶりくらいに再会したトランペットを吹く兄さんと、
かなりテレながらも話すことができました。

ということにおいても、
絵を描いてきてよかったなあ〜

下神くん、
おたがい変にシャイで、本格的に変だけど、
これからもおたがい頑張ろう!

この展覧会は、前回2015年の「東日本」の作品を交え、
2月18日から3月5日まで大阪池田のラルゴに巡回します。
http://ameblo.jp/artspace-largo/entry-12239019447.html

次の現場もあらゆる人に開かれた風通しの良い現場になりますよう、
やはり美しく心地よい空間を創ってみます。

「暮しの手帖」での特集

2017 年 1 月 25 日 水曜日


1月25日発売の「暮しの手帖」第4世紀86号の巻末8ページで、
ボクの震災後の活動と、去年の晩秋に東北を歩いた旅の記録とが、
担当編集者の丁寧な文章とボクの描いた絵と写真とで構成され、
美しいデザインも与えていただき、
アミイゴさんの3・11 6年間思いつづけた東北のこと』として掲載されています。

暮しの手帖として初めての「3.11」に関する特集です。

なにを語り何を伝えるのか?

担当編集者はもちろん、
編集長の澤田さんやデザイナーさんも交えディスカッションを重ね、
特に担当編集者とは旅を通してともかく語りあった上での記事。

コミュニケーションのぶ厚さ分だけ
美しさの際立ったページが生まれたと自負しています。

個人的に「3・11(サンテンイチイチ)」という記号で震災を語らずにきましたが、
旅先で出会う人の言葉の中で「3・11」が一般名詞化していることを確認し、
今回は「サンテンイチイチを使わないできたボクの3・11とは?」ということだろうと納得。

こんなディテールの数々に
担当編集者の粘り強いコミュニケーションが生きている記事です。

「ボク」という非常に分かりづらい個性を客体化し、
旅先で出会う人と気持ちよくも馴れ合うことのない距離を保ち、
しかし「情」を失うことの無い言葉で綴られた記事。

ボクが先回りして何かを語ってしまうのではなく、
ボクより若いひとりが絞り出し磨き上げた言葉であることが素晴らしいし、

そうそう、ボクが目指したことはこんなことだったんだと、
5年10ヶ月後に発見できたようにも思っています。

もちろんこれで震災の本質が語れたなんて思っていなく、
ただ1人ひとりの視線を大切にしてゆけば、
少なくとも「被災」の向こう側で暮らしていると思っている
ボクたちが必要とする美しさを確認するところまでは出来る。

そこからボクたちの無力を結集して何を創るか?
どんな社会を創造してゆくのか?
復興ってなんだ?などなど、

美しさのもと、やはり語り続けてゆけたらいいな。

「暮しの手帖」としても冒険の部分があったはずですが、
ボクを発見してくださった澤田編集長が最後までボクを信じてくれ、
描いた絵に愛も注いでくださってくれたことで、
ボクの仕事史上でも屈指の仕事になったこと、深く感謝しております。

何より旅を共にした「ひとり」が発見したものが、
未来にどんな美しさを生むのか?
そんな楽しみもボクの次に向かう力になるんだと思っています。

色々語ってしまいましたが、
みなさんぜひ本誌を手にされ、
関わったみんなの情熱の8ページに出合ってみてください。

「暮しの手帖」第4世紀86号
https://www.kurashi-no-techo.co.jp/honshi/c4_86.html
巻頭の花森安治さんの絵の特集も素晴らしいのです!

最後に、
記事の中で「臨月」と書かれていたNちゃん。

おめでとう!