‘音楽/イベント’ カテゴリーのアーカイブ

115ヶ月め

2020 年 10 月 11 日 日曜日

今日は2011年3月11日から3,502日、
500週2日
9年7ヶ月
115回目の11日です。

コロナで行動が制限される今ですが、
9月の土曜日に、近所の落書き消しを街の仲間と行いました。


震災から続けているブログで「なんのこっちゃ?」でしょうが、
この9年7ヶ月で感じたこと得たものなどが、ひとつ自分の暮らす街で形になったのではと思い、言葉にしておこうと考えました。

こんなことをやろうとする引き金になったことが2つ。

ひとつは、息子の通う小学校の子どもたちと2年前よりセッションを重ねている、代々木八幡駅ガード下40メートルの壁画制作。

その2年前の9月の初セッションの絵を、ここを管理する東京都担当部署の担当者より「落書き」の烙印を押され、2ヶ月後には白系の色で淡く塗りつぶした冬景色に変えるつもりでいたのが、半年間なにも出来ない状況になってしまったこと。

地域と学校とPTAと子どもたちとボクとで連携を深め進めている、とても豊かな発想の企画の”はず”で、
「えー、ボクと担当者で直接話させてもらえたらいいのにーー、、」
なんだけど、
なにやら東京都と渋谷区と地域とで難しい構図があるみたい、、

てか、「落書き」とレッテル貼ったものをその後半年も放置させるって、おかしくないか??
(ちなみに、ボクは「落書き」という言葉をあまりネガティブに考えていなく、気持ち悪いアートや芸術を押し付けられるのであれば、楽しい落書きを選ぶな。)

ともかくこの状況にモヤモヤとムカムカを交錯させ続け、
半年後に作業再会、その後5回のセッションを重ね、
しかしコロナで最後の作業が出来ないでいる壁画だけど、
今は街の人のBGMとして機能してくれているはず。
(今でも悪く言う人もいるけど、それはどんな表現にも必ずあることだからなあ、ともかく街との親和性の高い公共物に仕上げるしかないね。)

ともかく、この経験で感じた『コミュニケーションが滞ることでやるべきことが出来なることへの苛立ち』
これってすごーーく無駄なことなんじゃないかと思ったんだよね。

そして、

7月2日に不審者情報回ってきたこと。

7月2日午前8時10分頃初台1丁目付近の路上で登校中の他校高学年女児が腕をつかまれる事案が発生しました。

この情報をFBでシェアしたところ、
友人が連絡をくれて、その被害に遭ったのは私の娘で、過去にも似たようなことがあった、と、、

そりゃあ「カチーン」と来るわいね。

今年は新型コロナ感染拡大の影響で3月から5月一杯まで学校は休講。
6月から学校が再会されるも、分散登校だったり、オンライン併用だったり。
そんな状況下で子どもたちの気持ちってどんなだろうと、我が子ひとりを見ているだけでは分からないことだらけの中、バカチンが子どもに手を出すって、、

これはみんな不安だし、人に対する不信感もハンパないだろうと、
しばらく朝の登校の見守りをすることにしました。

こうしたことは、地域のボランティア組織やPTAでも出来るのかなと、
問題の投げかけてみたら、「要請があれば」とか「〇〇にお伺いを立てて」みたいな言葉が返ってきて「カチーン」再燃。

オトナが子どもたちにやるべきことは明快で、
なるほどこれは誰かに言われてやるようなことじゃないなと、
勝手に自主見守りを続けることにしました。

そんなマインドで街を見回すと、
息子の通学路の壁面の落書きがずーっと放置されているのに「カチーン」

ボク自身Hip-Hopカルチャーの影響下でグラフィティーアートが大好きであるのだけど、それとこれは別問題。

割れ窓理論」で語られるように、こんな路地に好き勝手なタギングされたら、『ここは犯罪し放題ですよ!』と言ってるようなものだろう。

で、
あれ?
ここも東京都の管轄だよね??

子どもたちと描いた壁画を「落書き」と判断し、作業を半年も停滞させたのに、
あれあれ?ここはもう何年放ってあるんだ?

そんな疑問をFBに投げかけたら、渋谷区の区議さん神園さんが渋谷区担当部署に繋いでくれた。

渋谷区 環境政策部環境整備課きれいなまちづくり係からメールでコンタクトを受けたのが7月20日あたり。

係のみなさんとオンラインのミーティングをしたのが27日。

なるほど、これくらいの手はずは必要なんだろうと思い、話を聞いてみたら、
落書き消しの資材はお貸しくださるとのこと。その際落書き消しの区としての”許可”も行うみたいな話。

さらには、東京都の”許可”に加え、
落書き消しのための道路使用許可証を警察署で取らねばならないとのこと。

えーーーーーーっと、落書きを消すだけの話なんだけど、、
落書きする人は許可なんかもらってないしなあぁ〜〜

もちろんわかるよ、
ここは道路で、壁面の使用はそのまま道路交通法の下にあるだろうし、何を使って消すか描くかなどは、環境に関わる問題だから、一定の管理下に置かれる必要があること。

が、しかし、
子どもたちの安全を守ろうって問題の本質は共有出来るのか?

渋谷区担当者は、
許可を得たいので、「いつ」「何人」で行うか教えてくれと。

いや、これ明日でもやっちまいたいのだが〜〜、

それでも渋谷区の担当者の対応が親身なものに感じたので、
わかりましたと、とりあえず。

日程は猛暑の時期を避け、しかし、子どもたちの夏休みが終わってしまわぬ8月後半までにはやれなばとスケジュールを組む。

それに間に合うようにと代々木警察署に道路使用許可証の申請に行ってみたら、
まあ、自分の無知も悪いのだろうが、
縦割り行政の弊害っていうのかなあ〜、あれもこれも足りないみたいな対応で、
いやいや、俺は落書き消しの話をしに来たのであって、行政の仕組みのレクチャーを受けにきたんじゃねーぞ!と、担当のおっちゃん刑事に噛み付く。

されに「現場の使用状況が誰が見てもわかる図面を書いてこい」「こんなん書いたことあるの?」みたく言われ、カチーーン、、
おいおい、誰に口聞いてんだと言い返すも、
しょうがねえ、出直しだ。

家に返って作成しましたよ、
誰が見てもよーーーーーっくわかる図面。

次の日渋谷区役所で落書き消しの申請と共に、
落書き消し資材一式の借用を受ける。

が、東京都との連携が遅れ、
日程を再調整する必要があるとのこと。

むむむ、夏休み終わるなあ〜
しかも、熊本の豪雨被災地に行く予定が被ってくる。。
日程は熊本から帰った直後のピンポイントなスケジュールで決め込んで、

なんやかスッタモンダな状況だけど、
渋谷区の担当者の対応は相変わらず親身で、
東京都の許可証は、渋谷区から代々木警察署に届けてくれるって。
しょうがねえ、
思い荷物を2つぶら下げやれることやるべく代々木警察署まで。


すると、
道路使用許可、するっと申請通った。

昨日の警察のオッチャンも、今日はなぜか対応が良く、
「こんなの渋谷区が消せばいいのになあ」などとさえ言ってくれ、
いやいや本来は東京都なんじゃ無いかなどと語っているうち、
結果お互い歩み寄り。
俺たちは街を良くして行こうという仲間であることを確認。

申請料2700円は、まあ俺の勉強料なんだろう。
オッチャンは、渋谷区マターで行えば徴収なないんだが〜などと、
まあいいよ、落書き消すだけの事にめんどくせえ道はいらねえ。

ただ「誰が見てもわかる図面」、わりかしスルーな感じでファイルに入れてしまったのは、ちょっと寂しかったぞ!オッチャン、、

そして9月4日落書き消し。
消そうと思い立ってから2ヶ月だよ。

メンバーはこれを面白がってくれる人に限るなとFBで募り、
ただ、この店が出来てくれたおかげで街が楽しくなったという珈琲屋Little Nap COFFEE の店主濱ちゃんには是非お手伝いしてもらいたいなと。

ボクが本当にやりたいことは、落書き消しってより壁面が綺麗になること。
そのためのクオリティを担保してくれるのが濱ちゃんだろうって考え。



濱ちゃんも俺も現場での判断が早く、
ここをより綺麗にするにはという考えが素早く投下されてゆく。


うれしかったのは、笹塚ボウルのオーナー財津さんの参加。

震災直後の街で笹塚ボウルがやれたことのデカさ。
ヤンキー気質のとっぽい男はやることが早く的確なのだ。

よく働くリトルナップの若手スタッフや、
今回コーディネートくださった神園さん、
地域のボランティアグループで絶えず地域のことに尽力している菱倉さん、
PTAの活動に必ず程よい距離感で力を発揮してくれる加部さん、
ただ気になったって言って見に来てくれる人とかも含め、みんなありがたい。

が!

「自分でした落書きが見つかって罰を与えられている奴らにしか見えねーぞ!」という言葉もたくさんもらった。

そうそう、それなんだよ、
まさにそう言われることが裏テーマってくらいの作戦。

ここでやったことは、
街の美化や子どもたちの安全というイデオムもあるが、
お洒落やアート、楽しいやcoolなんて文脈でやってるし、
欧米を真似たタギングよりも、
hip-hopカルチャーの影響下で、落書きを消すグラフィティというアートフォームをこの街のリアルに合わせて絞り出した、なんてことも言わせてください。

で!俺の思惑の完成形を凌駕する、リトルナップ濱ちゃんクオリティ投下で、渋谷区富ヶ谷二丁目はさらにお洒落になりました!ということです。

作業を終えてみればみんなから自然ともれた「なんか楽しかったね〜」という言葉。

それこそ自分が作りたかったもの。

そして、リトルナップ差し入れのレモネード、
うまかったな〜〜〜

うん、この夏一番美味しかったものだ。


ビフォー
アフター


この壁の上の歩道はいつも綺麗になっていて、
登校の見守りをしていたら、ビルのオーナーさんがピンセットまで使って歩道の掃除をしているのに出くわした。

ボクはイラストレーションを作ることを仕事としているけれど、
なにかを社会に足してゆくだけでなく、
こうしてゴミをピンセットで摘まみ上げるようなものが、
放置された壁面の汚れを綺麗にするようなことが、
イラストレーションで出来たらいいなと思っている。

こうしたことは、震災からまもなく10年の被災地と呼ばれる土地でも必要とされてくることだと思い、
10年間の延長が決まった復興庁に問い合わせてみたら、そうした予算は無いとのこと。

もうちょっとコミュニケーションとれたら、こうしたことの必然が伝わると思うのだが、
今は縦割りのなんちゃらに縛られること無く、目の前にある問題をさっさと片付けてしまって現れる風景を、
見てもらうしかないよな〜〜。

壁面美化完了の連絡を渋谷区にとどけ「お疲れさん」を交換。

東京都はその後この現場を見に来たかな?

「小池花店」花の絵の展覧会開催

2018 年 12 月 18 日 火曜日


「小池花店」 小池アミイゴ花の絵の展覧会
2018年12月18日(tue)-30日(sun)・休/月

cafe Quo vadis 13:00~20:00 (日~18:00)
157-0066 東京都世田谷区成城2-38-16
でんわ:03-6874-7739
クオバディスの飲み物や軽食と共にお楽しみくださいませ。

4年めとなる年の終わりの花の絵の展覧会です。
1年の最後を静かな気持ちで過ごせる場所であればと願い、
空間を美しく整え、皆様のお運びをお待ちしております。

ただ、
1日だけヤンチャなことをやっておきたいと思いました。

小池花店 特別企画「小池花博」1階ホールにて開催!!
12月28日(fri) 19:00~

LIVE:Eri Liao Trio
花の絵の展示:桜庭 雅代
選曲や映像:小池アミイゴ

参加費3000円/酒呑み放題
*呑み切り御免。ツマミは各自お持ちください。

定員30名
予約:cez15300@syd.odn.ne.jp (小池)

アトリエ第Q藝術 1fホール
〒157-0066 東京都世田谷区成城2-38-16
TEL 03-6874-7739
https://www.seijoatelierq.com

小池花店で1日だけワイルドな時間を設けてみます。

一緒にライブ空間を作るのはEri Liao Trio
https://eriliao.jimdo.com

驚異の多言語シンガー Eri Liao
天空を駆けるネバーエンディングギタリスト ファルコン
繊細で大胆なグルーヴヒッター、コントラバスの小牧良平
生まれてこの方音楽を聴いたことの無い人でも楽しめる、
環太平洋JAZZ & BLUES,たまに島唄、たまに戦後歌謡。

今年彼らの美しい曲”Deep Fall”にインスパイアされた
ドローイングの映像を作りました。
今回初めて、彼らの唄と演奏に合わせて流してみます。

そんな空間に純情な花を咲かせてくれるのは桜庭雅代さん。
ボクの絵のセッションに参加してくれてる人なんだけど、
ボクの絵のセッションに収まりきらないパッションを、
一度どこかでアウトプット出来たらいいだろうと、今回。
空間をキラッキラの花の絵で満たしてくれます。

で、
こういうことは過度に端正に作ってしまってはいけないなと、

酒はボクが用意しておきますので、飲みたい人が飲む。

ライブも、その世界に入り込めるステージと、
お集まりのみなさんが主役になれるお座敷コーナーとで、
今年一年を笑って送ることが出来るといいなと願っています。

はい、もちろん飛び入り歓迎ですよ〜!

台湾でのイベントに参加します。

2017 年 11 月 25 日 土曜日


12月9日と10日に台湾の台北で開催されるイベント、
日本と台湾のアートやサブカルチャーが交わるCulture & Art Book Fair in Taipeiに参加します。

今年4月に第一回が開催され、かなりのお客様に支持されたことで、
今回の第二回の開催となったそうです。

日時:2017年12月9日(土)、10日(日) 11:00 – 18:00
場所:華山1914文化創意産業園區(中4A紅酒作業場)
入場料:150元
主催:Culture & Art Book Fair 実行委員会
協力:華山1914文化創意產業園區、佔空間Artqpie、秋刀魚、LIP 離譜、haveAnice 有質讀誌、台北月見ル君想ヲ、BIG ROMANTIC RECORDS/大浪漫唱片、Time Out Tokyo、HereNow、Shopping Design、RETRO印刷JAM、SAMSUNG、niko and…、西武鉄道株式会社、株式会社プリンスホテル、FUJIN TREE。
FBページ> https://www.facebook.com/events/1709677742670600/?……_tab=about

内容の説明を見ると、
・台湾&日本の独立系出版社、ブックストア、セレクトショップ、アーティストなど合計55ブースの展示販売
・台湾&日本の独立系出版社、ブックストア、セレクトショップ、アーティストなどによるワークショップ
参考:前回(2017年4月)のイベントの様子→ https://goo.gl/lY0Kmz

とあります。

ボクは絵本「とうだい」を原画とともに持って行ったり

ジャケを担当した台湾出身のEri Liaoさんのアルバムを持っていったり

青山のSHOZO COFFEE STORE の松本さんと作った映像を持っていったり

その映像で使ったシーンをTシャツにして持っていったり

知床と台湾を結びつけるきっかけの絵を描いたり

そして、
誰でも絵が描けるワークショップを開催したり

【haveAnice…WORKSHOP&TALK EVENT】
第二回的CABF增加了許多不同主題的WORKSHOP&TALK EVENT!
立即報名▶︎ https://goo.gl/BybaXo
無論是充滿實驗性質、使用不同媒材的藝術創作,或是因為眷戀紙本溫度而相聚在一齊,透過經驗分享,共同製作出一本獨一無二的Free Paper等,都希望提供大家更多元更好玩的活動體驗!每場次至多20個名額,機會難得趕快報名!!
【活動一覽】
12月9日(六)
・11:00-12:00 URBAN GALLERY「CULTU-RE EXPERIMENT文化實驗」
・12:30-13:30 只本屋的Free Paper教室「おいしいおはなしvol.2」
・14:00-15:00 SOTOKOTO / ソトコト x 秋刀魚 TALK EVENT
・15:30-16:30 小池アミイゴ「人人都可以是小畫家WORKSHOP」
・17:00-18:00 BRUSH LETTERING WORKSHOP
12月10日(日)
・11:00-12:00 Noritake x Big Issue TALK EVENT
・12:30-13:30 URBAN GALLERY「Unnoticed 邊緣色」
・14:00-15:00 RETRO印刷JAM「電解金屬印刷WORKSHOP」
・15:30-16:30 只本屋的Free Paper教室「おいしいおはなしvol.2」
・17:00-18:00 BRUSH LETTERING WORKSHOP

ボクが参加することに関しては、仕掛け人みたいな方がいるのですが、
ともかくこの現場にボクがいることが面白いのだそうです。

あと2週間後には初海外のワークショップだったりするけど、
今の所いつもと変わらぬ気持ちで、
目指すのは台湾でも「ひとり」との出会い。

そんな考えの中、
クリエイティブな時間を創ってゆくつもりです。

お近くの方、ちょいと台北へ!

私の心を温めてくれる歌詞

2017 年 11 月 22 日 水曜日


マガジンハウスの”&Premium”2018年1月号の見開き2ページで
「私の心を温めてくれる歌詞」を5つ紹介し、なぜ心が温まるのかを語っています。

素晴らしい歌詞、特に今回選んだ古い3曲は、
活字として並んだ姿がとても美しく、
目で見ても心温まるページになっています。

実際には2時間ほど語り倒した取材でした。
ここでは紙面に載らなかったこと、いくつか。

今回のテーマではピックアップしなかったけれど、
宇多田ヒカルが「First Love 」を発表した時をもって、
ごく私的な歌詞の世界は紀元前と紀元後に分けられました。

忌野清志郎、桑田佳祐、山下達郎、荒井由実、
もしくは松本隆やスピッツとか、
自分の地肉になっているはずの歌詞がピックアップ出来なかったのは、
「温かさ」を超えた「熱さ」や、「温かさ」の隣にあるヒリヒリ感に
触ってしまうからだと思いました。

70年代のある時期まで日本人は「幸せ」であることを振り回さなかった。
中にはそういう人もいただろうけど、
ほとんど人にとって幸せの実感は胸の奥に留めておくものだった。

当時のプロが作り出す唄の言葉の凄みは、
市井に生きるなんでも無い人たちの心に寄り添い、
その1人ひとりの心の中に「自己発電装置」を造ったとだと思います。

自分の幸せなんておおっぴらに語れない。
しかし、自分の幸せを良く出来た歌に紛れ込ませ、
明日を生きる熱に変えてゆけた。

80’sの曲がピックアップできなかったのは、
日本人は誰もが幸せでなければならないという考えに追われた時代に、
幸せは程よい温かさの中で育てられるものではなく、
手っ取り早く金を使ってコンプリートするものになってしまっていて、
唄はそんな考えに確信を持たせる道具、
もしくはアンチテーゼを唱えるものという二極化が進み、
一見温かさを表現したような唄であっても、
必ず棘や毒が仕込まれている感じがしたからです。

90’sの渋谷系あたりまでがピックアップ出来なかったのは、
アンチテーゼも突きぬけて、ともかく『世界で一番クールなボクら自慢』な感じ、
もしくは『ダサい日本人以外の何者かに対する憧れ』から紡ぎ出されるものが、
かなり冷ややかなものだと感じたからだと思います。

で、ボクのごく私的な唄世界の紀元前最後の年である1998年に
SMAPと名乗る若者が歌う「夜空ノムコウ」は、
「あれから僕たちは、なにかを信じてこれたかな?」と語り、
「握り返したその手が、ボクの心の柔らかい場所を今でも締め付けている」ことに気づき、
1999年の宇多田ヒカルの「First Love」の誕生を待つことになったなあと。

宇多田ヒカルは「ひとり」を歌う。

それから8年たって安室奈美恵は大きな責任を背負い、
女の子たちの背中を押す唄「baby don’t cry」を発表。

紀元後の草食の時代、
温かさの発生装置を持つ男子はとうの昔に失われ、
そもそもそんなものに期待をもたぬ女子たちは、
その心の柔らかい場所の外側同士を擦り合わせた摩擦熱でもって、
今日を生きているように思うのだ、な〜。

11月22日水曜日のトークセッション

2017 年 11 月 18 日 土曜日


11月22日(水) 19:30~ 荻窪の六次元でのトークセッションにご参加ください。

『あなたの水曜日のストーリーを綴った手紙を”水曜日郵便局”宛に送ると、
だれかの水曜日が綴られた手紙が帰ってくる』というメランコリックなアートプロジェクト。

今年の春、熊本の赤崎で惜しまれつつ(ほんと、惜しまれつつ)閉局した水曜日郵便局が、
12月に宮城県の”鮫ヶ浦”という場所で再開します。
https://samegaura-wed-post.jp

今回はその経費を(ほとんど返信用の切手代)クラウドファンディングで募っています。

このアクションへのご理解ご協力を得る現場として、トークセッションを何度も重ねて来た中、
今回はボクに声がかかりました。

鮫ヶ浦は東北の太平洋沿岸部に位置することから、
ボクが描いてきた東北沿岸部の絵を六次元に展示し、
その絵の成り立ちや、地域の方とのコミュニケーションのあり方などお話で出来たら良いのだと思っています。

震災以降巡った土地で得たことは「ひとりのストーリー」の大切さ。

その土地に暮らす「ひとり」を想定し風景に出会い絵にしてきた先で、
「赤崎水曜日郵便局」が書籍化される際、表紙の絵の依頼が届いたこと。
そこに確かな必然を感じ、ボクのイラストレーションの仕事としても、
ひとつ自信の持てる絵を描くことが出来ました。

そんな出会いはさらに、今年のつなぎ美術館での展覧会や、
先日の奥会津での子どもたちとのセッションにも繋がっています。

今回の鮫ヶ浦でのアクションが、今度はボクをどこに導いてゆくのか?
そんな想像もみなさんと共に出来たら楽しいなと思っています。

1000円の参加料のご負担をお願いしちゃいますが、
カッコつけず思いっきり楽しい話をするつもりですので、
晩秋の水曜日のストーリー、みなさんと共有できたら幸いであります。

++++

鮫ヶ浦水曜日郵便局の開局準備イベント第五弾。
書籍『赤崎水曜日郵便局』カバーイラストを手がけ、鮫ヶ浦水曜日郵便局のイメージイラストを担当している、イラストレーターの小池アミイゴさんと、局長の遠山昇司のトークセッションを実施します。
同時に、アミイゴさん作品の一夜限りの展示を行います。トークにご参加の方は、東北の各地、そして鮫ヶ浦水曜日郵便局の舞台である宮城県を描いた絵をご覧いただけます。
アミイゴさんの作品は、旅の中での風景との出会い、そして人との出会いが背景にあります。そういった、作品が生み出される際のストーリーについても、当日語ってくださいます。

日 時:2017年11月22日(水)19:30〜21:00
会 場:6次元(東京都杉並区上荻1-10-3 2F) http://www.6jigen.com/
参加費:1000円
定 員:30名(要申込)
申込み:goo.gl/uihWjg
※facebookの参加するボタンでは、お申し込みが完了いたしませんので、ご注意ください。
話し手:小池アミイゴ(イラストレーター)
遠山昇司 (鮫ヶ浦水曜日郵便局局長/ディレクター)
主 催:水曜日観測所

*クラウドファンディングのページ
https://motion-gallery.net/projects/wed-post