‘音楽/イベント’ カテゴリーのアーカイブ

11月22日水曜日のトークセッション

2017 年 11 月 18 日 土曜日


11月22日(水) 19:30~ 荻窪の六次元でのトークセッションにご参加ください。

『あなたの水曜日のストーリーを綴った手紙を”水曜日郵便局”宛に送ると、
だれかの水曜日が綴られた手紙が帰ってくる』というメランコリックなアートプロジェクト。

今年の春、熊本の赤崎で惜しまれつつ(ほんと、惜しまれつつ)閉局した水曜日郵便局が、
12月に宮城県の”鮫ヶ浦”という場所で再開します。
https://samegaura-wed-post.jp

今回はその経費を(ほとんど返信用の切手代)クラウドファンディングで募っています。

このアクションへのご理解ご協力を得る現場として、トークセッションを何度も重ねて来た中、
今回はボクに声がかかりました。

鮫ヶ浦は東北の太平洋沿岸部に位置することから、
ボクが描いてきた東北沿岸部の絵を六次元に展示し、
その絵の成り立ちや、地域の方とのコミュニケーションのあり方などお話で出来たら良いのだと思っています。

震災以降巡った土地で得たことは「ひとりのストーリー」の大切さ。

その土地に暮らす「ひとり」を想定し風景に出会い絵にしてきた先で、
「赤崎水曜日郵便局」が書籍化される際、表紙の絵の依頼が届いたこと。
そこに確かな必然を感じ、ボクのイラストレーションの仕事としても、
ひとつ自信の持てる絵を描くことが出来ました。

そんな出会いはさらに、今年のつなぎ美術館での展覧会や、
先日の奥会津での子どもたちとのセッションにも繋がっています。

今回の鮫ヶ浦でのアクションが、今度はボクをどこに導いてゆくのか?
そんな想像もみなさんと共に出来たら楽しいなと思っています。

1000円の参加料のご負担をお願いしちゃいますが、
カッコつけず思いっきり楽しい話をするつもりですので、
晩秋の水曜日のストーリー、みなさんと共有できたら幸いであります。

++++

鮫ヶ浦水曜日郵便局の開局準備イベント第五弾。
書籍『赤崎水曜日郵便局』カバーイラストを手がけ、鮫ヶ浦水曜日郵便局のイメージイラストを担当している、イラストレーターの小池アミイゴさんと、局長の遠山昇司のトークセッションを実施します。
同時に、アミイゴさん作品の一夜限りの展示を行います。トークにご参加の方は、東北の各地、そして鮫ヶ浦水曜日郵便局の舞台である宮城県を描いた絵をご覧いただけます。
アミイゴさんの作品は、旅の中での風景との出会い、そして人との出会いが背景にあります。そういった、作品が生み出される際のストーリーについても、当日語ってくださいます。

日 時:2017年11月22日(水)19:30〜21:00
会 場:6次元(東京都杉並区上荻1-10-3 2F) http://www.6jigen.com/
参加費:1000円
定 員:30名(要申込)
申込み:goo.gl/uihWjg
※facebookの参加するボタンでは、お申し込みが完了いたしませんので、ご注意ください。
話し手:小池アミイゴ(イラストレーター)
遠山昇司 (鮫ヶ浦水曜日郵便局局長/ディレクター)
主 催:水曜日観測所

*クラウドファンディングのページ
https://motion-gallery.net/projects/wed-post

新宿 ONE ASIA 文化祭2017

2017 年 9 月 28 日 木曜日


10/14「新宿ONE ASIA 文化祭」新宿中央公園 入場無料!
アジア中の音楽と食とアートの文化祭!

アジアの演奏家が一堂に会するフリーライブを中心としたフェス、
“新宿 ONE ASIA 文化祭2017″のために元気な絵を描きました。

ポストカードからB1のポスターまで、イベント当日まで都内各所で活躍します。

オフィシャルウェブサイト
http://www.oneasia-jc.net/jp/

facebook

instagram

今年はアジアにアクセスするような仕事に関わることが多く、
まさに「今」なテーマの仕事にめぐり合った今回、

ともかく元気な絵にしたいなと、A1の板にフリーハンドで、
自分でもなにが生まれるのかわからぬドキドキ感をもって描きあげました。

デザインは沖縄在住の平井晋くんを指名。
ボクの絵に新宿とアジアをリンクさせる力を与えてくれました。

当日はボクもワークショップを開催。

“小池アミイゴのだれでも絵が描けるワークショップ”
アジアンお面作りからのお神輿ねり歩き、
そしてプチプロジェクションマッピング的な。

・10:30~12:00
・13:00~14:00
・14:00~ ライブに合わせお面神輿ねり歩き
・15:00~1600

・参加費500円
オフィシャルHPでは「事前予約」とありますが、
随時参加でも楽しめるよう準備してみます。

画材等はこちらで用意しますので、
汚れて良いオシャレでご参加ください。

イラストレーター小池アミイゴが描く1人ひとりの似顔から、
ワイルドなアジアンお面を作るワークショップ。

出来たお面で飾ったお神輿担いでONE ASIAの会場を練り歩き。

そんなこんなを撮影し、
夕方のライブに合わせてプチプロジェクションマッピング!

ワークショップの合間にはファンキー紙芝居も上演予定っす。

みなさんぜひ秋の土曜日の新宿中央公園へ!

Eri Liao Trio「紅い木のうた」

2017 年 8 月 12 日 土曜日


5月20日23時56分に見知らぬ名前のメールがとどきました。

はじめまして。
シンガーの Eri Liao と申します。
私のバンド Eri Liao Trio(Eri Liao – vo/ ファルコン – guitar/小牧良平 – bass, guitar) で
8月に自主制作で1stアルバムを出すことになり、
CDジャケットの絵を小池さんにお願いできないかと思い、連絡してみました。
=中略=
アルバムタイトルは『紅い木のうた』、
私の出身の台湾原住民族の曲や、オリジナル曲、ロック、ジャズ、
日本歌謡、テレサテン、ジョビン、カーペンターズなど、
いろいろごちゃまぜな感じを3人でやっています。

もしお願いできたらとても嬉しいです。
ご連絡お待ちしております。よろしくお願いいたします。

Eri Liao
https://eriliao.jimdo.com

Eri Liao Trio
https://eriliao.jimdo.com/profile-1/eri-liao-trio/

エリ・リャオさん、
台湾の山岳民族であるタイアル族の血を引く台北出身で、
小学校の時に日本にやってきて、東大を出て、NYのコロンビア大学に編入し、
しかし中退し、JAZZシンガーの道を歩む、、

ムムム、、


添付されたリンクに並んだ13曲のうち3曲を聞いたところですぐに返信。

「ボクに描かせてください」
「そのためにも、まずは会いましょう」

数日後に彼女と会い、その人となりの惹かれ、
しかし、ライブで見て見ないと描けないなと、

ライブスケジュールを俯瞰したら、行ける日が無い。

ならば自分で作ってしまおうと、
締め切り直前だけど6月30日に代々木上原のhako ギャラリーで Eri Liao Trio ライブ開催。

レコーディングされた音だけでは見えない、
Trioでの演奏ならではの緊張感と親密感に感動。

この日、ほとんどの人が初めて彼らの演奏と唄に出会ったのだけど、
その反響は今も続いているという、
ボクの創ってきた音楽の現場の中でも特別な「なにか」が生まれた夜になりました。

さて、まったく無名だけど、今サイコーの感動を与えてくれる彼らの表現に対して、
どんな絵を添えたら良いのか?

アルバムタイトルは「紅い木のうた」

これがとても難しい。

そして
台北から東京、ニューヨークなどなどの音楽を一晩で浴びるような表現の幅の広さ。

さらに、
台湾語、いくつもある原住民後、北京語、日本語、英語などなどの
多言語による表現のラディカリズム。

屈託無く笑うEriさん、その唄に通底するブルース。
それと拮抗したり包み込んだりのジャンルレスのサウンド。

うーーん、なにを描けば良いのか??

ボクの中で浮上したアイデアすべてを見てもらえたら、
それはひとつ「ひとりの男の人生」くらいの
めくるめく面白さがあったのではないかと。

それくらい、
きっと今まで描いてきたCDジャケットの中で一番頭を働かせたはずです。

いやいや、
ボクはアイデアを整理するのにジョギングすることが多いのですが、
このアルバムのために3~40kmくらいは走ったはずで、
頭も身体もフルに使って向かう方向を定めました。

その間、Eriさんとのコミュニケーションが面白くて。

それは「笑える」という面白さではなく、
とても知的な会話の交換という面白いさ。

加えて、
630上原LIVEに足を運んでくれたみなさんが残してくださった言葉に、
直接だったりsns等で触れたことで、なんとか大きな構図と色彩を得て、

結果、
アルバムの冒頭の曲で「ジャラーン」と鳴らされる広がりある音、
そのコード感だけ表現出来たら、
あとは自信を持って『このアルバムに向き合う人を信じた』「もの」を作ろうと、
Eriさんと確認するに至りました。

あとは人生のご褒美のような制作の時。

デザイナーに沖縄在住の平井晋くんを躊躇なく指名。
なによりもPUNKであること、
その上で品のある「もの」を目指しました。

仕上がり、とても気に入っています。

そして、こういう「もの」は作りっぱなしでなく、
これから未来に向けて育ててゆくものだと思い、
まずはここまでの経緯を備忘録として言葉としておこうと思いました。

Eri Liao という魅力的な表現と、
2人の音楽家のリスペクトが編み合わされたまさに「アルバム」です。

CDが売れない時代になぜ彼らはカタチある「もの」を作るのか?

ボクはその部分を一番に考えたかもしれません。

たとえば、
都会でひとり人暮らししている女性がいるとして、
同世代のEriさんの唄に出会い、その人ならではの善き心の動きの先、
「紅い木のうた」と名付けられたアルバムのジャケットを手にしたまま
ウトウト寝てしまっていた。

そんな簡単に消費されない「もの」としてのCDジャケットであることを願っています。

アルバムの正式な発売は9月半ば。
現在は先行でEri Liao Trio のライブで先行発売されています。
*ライブスケジュール
https://eriliao.jimdo.com/schedule/

初回盤はポスター付き。
メンバーが語る演奏曲への思いが綴られています。

唄が好きなら、音楽が好きなら、表現というものが好きなら、
ともかく出会ってもらいたいEri Liaoさんの唄。
自分の音楽人生を紐解いてゆくと
宇多田ヒカル以来のなにかを感じていたりします。

6/30「よよぎJAZZ」開催

2017 年 6 月 20 日 火曜日


先日知らない女性から「今度出すアルバムのジャケットの絵を描いてほしい」と連絡をもらい、
録音された唄を聴いてびっくり!!
今まで出会ったことの無い唄の世界に、これはライブを一度見てから描かなや!と。
がっ、スケジュール合わず、、だったら自分で企画してしまえ!と、
この度「よよぎJAZZ」というイベント立ち上げました。

「JAZZ」と称していますが、
crazyでsexyでcoolでストリートであればなんでも呑み込んでみたいですね。

晴れある第一回めの出演者は Eri Liao Trio

よよぎJAZZ vol.1
hako gallery ~代々木上原
live : Eri Liao Trio
DJ & PA : 小池アミイゴ
open 19:00・start 20:00
チャージ : 2000円

*予約はメールで小池アミイゴまで。
cez15300@syd.odn.ne.jp
・件名:6/30予約
・お名前と人数をお伝えください。

=hako gallery=
東京都渋谷区西原3-1-4
(代々木上原駅改札から東口出て徒歩1分)
TEL.03-5453-5321
http://hakogallery.jp


Eri Liao Trio

Eri Liao
vocal
台湾・台北生まれ。
東京大学文学部宗教学科卒業。同大学大学院を中退、
コロンビア大学大学院芸術学部へ編入、ニューヨークで文芸創作とジャズを学ぶ。
祖母の死をきっかけに音楽活動に本格的に取り組み始め、2015年より拠点を東京に移してから、
自身のルーツである台湾原住民族の音楽を、ジャズ、ポップス、ロック等、
日本の音楽シーンで活躍してきた様々な共演者たちと演奏するようになり開眼。
日本語、英語、中国語、台湾語、アミ語、プユマ語、ポルトガル語等、
いろんな言語のいろんな音楽を織り交ぜ、歌をうたっている。
eriliao.jimdo.com

ファルコン
guitar
広島県福山市生まれ。
高校入学時からエレキギターを始め、ロックから多大な影響を受ける。
サポートミュージシャンとして演奏活動を始め、
変則チューニングでの作曲をきっかけにオリジナル曲を中心としたライブも積極的に展開。
アコースティックギター、エレキギターに delay, drone, loop など空間的なエフェクトを活かした独自の奏法で、
ソロでの演奏や、台湾原住民曲を取り入れた音響系バンド “Eri Liao Trio”、
ジプシー音楽のエッセンスを取り入れた高橋誠との duo、
中西俊博、新垣隆、ウェイウェイ・ウーなどとの共演など、年間150本以上の演奏活動を行っている。
自然や風景を描写して作った楽曲は様々なシーンで評価を得ている。
HP http://falconguitar.jimdo.com

小牧良平
bass
鹿児島県出身。
13歳の頃より父親の影響でギターを始める。
2001年長崎大学編入後、Swing Boat Jazz Orch. に所属、ベースを始める。
同年より長崎市内のジャズスポットにて演奏を始め、
2003年大学卒業後、福岡にて本格的に演奏活動を開始する。
2013年より関東に拠点を移しライブやセッション、各種イベントで演奏活動中。

いや、今回録音されたアルバムの音、聴いてもらいたい〜〜!!

SMAP

2016 年 12 月 31 日 土曜日


スマップ25周年50曲ベスト、買っちゃうよね〜

個人的SMAPは「がんばりましょう」という日本のニュージャックスィング最高峰でブレークして、

「青いイナズマ」「SHAKE」「ダイナマイト」と渋谷系の雰囲気を蹴散らしてく姿に爽快感を感じ、

「夜空ノムコウ」でズブズブな関係に、

六本木でやってたCLUBイベントで、ハナレグミ前夜の永積くんやclammbonのミトくんたちと並んでカラオケで「夜空ノムコウ」歌ったりしたのがスゲー楽しくて、

そんなんが宇多田ヒカルデビュー前夜まで続いたって感じ。

で、
「らいおんハート」あたりで「?」

2003年の「世界一つだけの花」でなにかひとつ終わった。

2003年の4月に吉祥寺のスターパインズカフェで企画したclammbonとsmall circle of friendのツーマンLIVEでは、
CDの売れなくなった時代にどんなライブ作ったらいいのかってこと表現して、
ドッカンと盛り上がって、
その中のDJで「世界一つだけの花」をかけてみたら、
確かに歌詞の通りの時代になるなと、集まった「良い人たち」の姿を俯瞰し、そう思って。
だったら全部自分で作ってゆかなきゃって、その後の福岡行きからの地方巡りにつながる。

が、気がつけば2016年のボクは
「あれからぼくたちは、何かを信じてこれたかな」なんて口ずさみながら、
冬の風の匂いのする東京の街を歩いている。

スマップというものがこの世から消えても、
このままどこまでも、
日々は続いてゆく、よね?
きっと