‘ワークショップ’ カテゴリーのアーカイブ

熊本県のつなぎ美術館で展覧会開催 4/29~7/17

2017 年 4 月 17 日 月曜日


人生初の美術館での展覧会です。

東日本から熊本へ 3月11日から始めたこと 小池アミイゴ展
2017年4月29日(土・祝) – 7月17日(月・祝)
水曜日休館日
熊本県津奈木町“つなぎ美術館”

入場料:一般300円、高・大生200円、小・中生100円
開館時間:10:00 ~ 17:00 (入館は16時30分まで)

=つなぎ美術館=
熊本県芦北郡津奈木町大字岩城494
電話:0966-61-2222
http://www.town.tsunagi.lg.jp/Museum/

東日本大震災の発生した2011年3月11日から考えてきたことは、
風景や花の絵、人の暮らしを描いたドローイング、
絵本「とうだい」の原画などに昇華しました。

今回はこれまで描いてきた作品や絵本の原画、
ドローイングによる映像作など、50点以上を展示いたします。

ボクが3月11日からはじめたこと、そのすべてを語れるわけではありませんが、
風通しの良い絵の空間を創ってお待ちしておりますので、
みなさまぜひ「1枚の絵があるからこその生まれる会話の現場」として、
つなぎ美術館を楽しんでいただけたら幸いに存じます。

アーティストトーク
「ボクが3月11日から始めたこと」

4月29日(土・祝) 13時30分~14時30分
つなぎ美術館1階展示室
定員:50名(事前申し込み不要)

ワークショップ
「小池アミイゴのだれでも絵が描けるワークショップ」

6月11日(日曜日) 13時30分~15時30分
会場:つなぎ美術館アトリエ
対象:小学生以上(小学生低学年は保護者同伴)
定員:10名(要事前申し込み・先着順)
参加費:無料

昨年発刊された”つなぎ美術館のアートプロジェクト”
「赤崎水曜日郵便局」のアートワークを担当したのがきっかけで、
今回のつなぎ美術館での展覧会のご縁が生まれました。

イラストレーターが美術館の壁面50メートルと格闘することは、
なかなか稀な出来事だったりします。

アップした写真は先日つなぎ美術館で撮影したもので、
壁面にかけられている絵はみんな100号くらいあるし、
そもそも壁面がこの倍くらいあるのです、、

そんなわけで、ものすごいプレッシャーを感じつつも、
昨年4月に初めてつなぎ美術館に行った直後に起きた熊本の震災のこと、
足繁く通っている東日本の各地のことなどを思うと、
この端正な空間で自分を表現することの責任や気持ちの高ぶりを
ありがたいこととして受け止めています。

ボクを知るほとんどの方にとっては、
熊本の津奈木町のつなぎ美術館は「わざわざ」あしを運ぶ場所なはずです。

ならばぜひ、つなぎ美術館でのボクの作品に触れていただくだけでなく、
自然豊かな津奈木町だったり、おだやかな不知火の海だったりを楽しまれてください。

もし、東日本の被災地なんて呼ばれているところを歩いた人であれば、
津奈木の漁港だったり水俣湾だったりも歩いてみて、
なにが失われ、なにが生き残り、ボクたちはなにを育ててゆけば良いのか?
そんな思いを巡らせていただけたらなあ、なんて思っています。

ともかくのどかで美しい場所です、熊本の津奈木町。

今年の初夏は熊本の南、津奈木町まで足を伸ばしてみてください。
不知火の海の自然の豊かさに抱かれた土地で、
ボクは2011年3月11日から始めたことを思いっきり表現しています。

はるのおがわプレーパーク

2017 年 4 月 16 日 日曜日


渋谷区の代々木公園わき”はるのおがわプレーパーク“の道具小屋の壁面アート完成!

渋谷区にあって、思いっきり泥んこになって遊べる公園”はるプレ”

3月11日に渋谷区のわるい子のみんなと描いた10mの絵は、

道具小屋の野蛮にしてセクシーな美しさの壁として生きてゆくことになりました。

実はここまで”はるプレ”スタッフが2度にわたりレイアウトしてくれたのだけど、
それはみんなで描いた絵を「作品」として大切に扱ってくれたもので、
しかし「道具小屋」という建物としてのエッジは緩くなってしまうわけで、

街で機能するものとして昇華してこそ、関わったみんなが誇りに思えるはずだと、
最後の仕上げに参加させてもらいました。

子どもとのワークショップを何度も繰り返してきた中、
やっと街で生きるものに行き着けたウレシい現場!

ここまで絶大なる情熱を注いでくれた”はるプレ “ファンキースタッフのみなさん、
ありがとう!

絵を描いたみんなー!
超カッコいいもの生まれてよかったね!!

街のみなさん、このプリミティブに美しい壁、楽しんでくださいね〜!

3/18~26 岩手県宮古で展覧会開催

2017 年 3 月 16 日 木曜日


3月18日(土)~26日(日)の会期で
岩手県宮古市で「東日本」の展覧会開催です。

会場:東屋駐車場内蔵のギャラリー
〒027-0089 岩手県宮古市本町 2-2
地図: https://goo.gl/maps/GjDmaMprJFS2

主催は「シネマ・デ・アエル」
https://www.facebook.com/cinema.de.aeru/

そして「みやほっこり映画祭」
https://www.facebook.com/hokkori385/?fref=ts

宮古に、
というか、岩手県太平洋沿岸部で唯一だった映画館が閉館してしまった宮古で、
映画のあるコミュニケーションの場を育んでゆこうとするグループの企画。

築100年以上になる蔵をリノベーションして映画館に、
その2階のスペースをギャラリーに。

その全てを関わるみんなで、ワークショップ的に造るといプロジェクト。

その映えある第一回目の展覧会にご指名いただきました。

18日13時からはワークショップも開催。
みんなでデカイ布に絵を描き、蔵の壁に打ち付け隙間風を防ぎます。イエイ!!
https://www.facebook.com/events/496222774098724/

展覧会の時間がアップされていないので、
後ほどわかったら追記させてもらいますが、
みなさん早春の宮古へ、ちょっと無理してでも足を運ばれてください。

「東日本」初めての東北での本格的な展覧会。
かなりプレッシャーを感じておりますが、
まずは明日17日の設営、現場のみんなのベストを目指しますよ!

*今年1月に東京青山で開催した「東日本」
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=12782

池袋セッション・シーズン5

2017 年 3 月 16 日 木曜日


毎月第2第4木曜日に池袋コミュニティカレッジで開講の絵の時間
誰でも絵が描けるワークショップセッション
4月からシーズン5始まります。

4月はちょっとイレギュラーで
第1木曜の6日と第2木曜の13日開催です。

誰でも参加可能。
詳細はこちらをご確認ください。
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_701881.html

見学や体験受講も逐次受け付けますので、
まずは心のボタンをひとつ外して気楽に参加していただけたらです。

先日は初めての立体作品。
ともかく楽しく、しかし、途中からみんな無言でキラキラの作品を制作。
わずか2時間の制作時間でしたが、楽しい展覧会が生まれました。

その前は「躍動」
いろんなジャンルのダンスをテーマに、
自由で躍動感のある線を見つけ、美しい絵に昇華、
できてるかな?みんな。

ボクは教えるというより、
みんなと一緒に手を動かすことでお互い気がつき合う。

てか、みんなと朗らかに恥をかきあう。
ますますそんな現場になっています。

えれにしても毎回毎回「なんじゃこりゃ!?」な絵に出会える、
ほんと朗らかクリエイティブな時間。

毎回が愛しくてたまらんです。

ボクがなにか立派なことを語るより、
集まったみんながやんわやんわと語り合えることが、
なによりクリエイティブなことだなあ〜と。

みんな今ある姿のままで輝いてくれてます。

でも、ために今ある姿を超えて輝く瞬間がある。

それをボクが見つけるのもいいけど、
やっぱ一緒に描く仲間が見つけた時、
グループとしてグイッと次のステージに一歩踏み出せる。

そんな人間ドラマの現場でるのが、
うれしいなあ〜

3月11日は

2017 年 3 月 7 日 火曜日


あの日から6年めの3月11日は
渋谷区代々木エリアでは”はるのおがわプレーパーク”で
子どもたちとデカイ絵を描く作戦です!

『はるプレアートセッション』体を使って大きな絵を描こう!語らおう3.11

・日時:2017年3月11日(土)13:30~16:00
・対象:はるプレに遊びにきたコドモとオトナ
・汚れてもいいおしゃれでご参加ください
・画材等の準備の関係がありますので、ご参加希望の方は
 はるプレスタッフへご一報ください。
(Tel:03-3481-9661  mail: harupure@bb.knet.ne.jp)
*参加人数が多い場合はコドモの参加を優先させていただきます。

子どもたちが毎日遊ぶ渋谷はるのおがわプレーパーク。
3月11日という日を悲しむわけではなく、様々な事に思いを馳せ、再生や希望の日とする。
そのため『はるプレらしいやり方』で、私たちの中にある生きるための「元気」を確認し、
美しい「未来」を描く。
小池アミイゴさんと共に、1つの大きな絵を共同で描く事で、人との繋がりを感じ、
壊れかけた土壁倉庫の壁を覆う事で“アートでの再生”のシンボルを作ります!
描いた絵は当日はるプレ内に展示した後は、土壁倉庫の壁面に展示予定です。

とのこと。
詳細はこちら↓をチェック!
http://harupure.blogspot.jp/2017/03/311.html?spref=fb

そして気仙沼では。

震災後毎年3月11日に開催される鎮魂のアートアクション「3月11日からのヒカリ」

そのテキスト中継のページの扉のアートワークの指名を、
主催の斉藤道有さんより受けました。
クリック!> http://311hikari.jp/livecommentary/

友人より紹介を受けて2年ちょっと。

絵で気仙沼のみなさんの力になれること、
とても光栄に感じております。

「3月11日からのヒカリ」は集客イベントではなく、
気仙沼周辺の人が空を見上げたら3本の光を見る、
そしてあの日を、あの日からのことを静かに思う。

そんな企画のために
想像力を働かせる余白を大きくとった絵を描きました。

3本の光の見えぬ場所で暮らすボクらも、
静かに想像力を働かせる1日であれば良いなと願っております。

ボクは子どもたちと元気に絵の具まみれになってるのですがね、、