‘ワークショップ’ カテゴリーのアーカイブ

5/29旅の絵はがき教室

2018 年 5 月 6 日 日曜日


旅の絵はがき教室 −線1本からストーリーを表現できるということ−

5月29日(火)小山薫堂さんのオフィスに併設されるカフェ、
ORANGE BRAINERYでオトナワークショップ開催です。
https://orangebrainery.com/contents/79

●日時:2018年5月29日(火)19:30〜21:30
●登壇:小池アミイゴ(イラストレーター)
●定員:20名
●会費:3,000円(税込)※画材費を含みます
●申込受付: https://postcard.peatix.com
●服装:汚れてもよいオシャレでご参加ください。

ORANGE BRAINERY
東京都港区麻布台1-11-10日総第22ビル1F
03-3560-3727

“アイデアのまちあわせ場所”と訳される場所で、
いつもの粗野なボクのワークショップも「旅の絵葉書を描く」と素敵に訳されています。

天草のひとり2000円名刺プロジェクトや、羽田空港での「旅する日本語」プロジェクトで
ご縁といただいている小山薫堂さんとそのスタッフ。
今の時代に絵をイラストレーションをどう語り売ってゆくのか、毎回とても良い刺激を受けています。

まあ、ボクのやることはいつもと変わらず、
絵を通して1人ひとりと気持ちの良くコミュニケートしてゆくだけっす。

「わたし、絵が描けないから〜、、」なんて方こそウエルカム。
五月病治療くらいの気持ちで参加されても良いかもですよ〜

ORANGE BRAINERYには安西水丸さん直筆の巨大4コマ漫画が2点展示されてますしね〜

楽しくやりましょ〜!!

5/19福島で畑ワークショップ <天候不良のため延期

2018 年 5 月 6 日 日曜日


!!こちらの企画は5月19日20日両日ともに雨の予報になってしまい、
夏に延期となりました。
詳細まとまり次第お伝えしますので、あらためてのご参加よろしくお願いいたします。

福島市でとても美味しいオーガニックな食堂を営んでいる「食堂ヒトト」のワルダクミ!
震災から7年、ボクに出来ることを探し続け、友を得て、ボクらしい企画が生まれました。
泥まみれ絵の具まみれになって、心も体も免疫力高めましょう!

大江ファーム×小池アミイゴ
こどもと畑のワークショップ

畑仕事で一汗かいて、とれたての野菜ランチを味わい、みんな絵を描くワークショップ。
親子で畑を楽しみ味わう、ヒトト念願の日帰り企画です。豊かな畑の景色の中へ親子でぜひ!

*5/19(土) ~雨天延期の場合5/20(日)
*大江ファーム
福島県喜多方市山都町三津合字上小阪5882-42
https://goo.gl/maps/arQAKXsZjhH2

*集合時間:9:00
*定員親子:10組
*参加費
親子(親御さん1人お子さま1人)5000円
追加の場合はお一人につき、大人3000円 お子さま2000円
*持ち物長靴、帽子、汚れてもいいおしゃれ

*お問い合わせ・お申し込み:食堂ヒトト
024-573-0245‬
‭hitoto.fukushima@gmail.co‬m

*現地集合になります。
行き方が心配な方はお気軽にご相談ください。
到着次第、駐車スペースにご案内します。


大江さんは力強い生命力あるおいしい野菜をいつもお店に届けてくれます。
そんな福島の誇れる農家さんがいることを知ってもらいたい。
子供たちにこそ本物の野菜の味を知ってほしい。
そんな思いでこの企画ははじまりました。

今回大江ファームとコラボして下さるのはフリーのイラストレーターの小池アミイゴさん!
以前アミイゴさんの子どものワークショップに参加したとき、のびのび絵を描く子どもたちの見る世界は、
自由で、美しくて、とても感動したのを覚えています。
単に絵を描くことにとどまらない大事なことを、子どもたちやアミイゴさんから教えてもらった気がしました。
いつか、福島の風土を感じながら、畑を舞台に子どもたちとアミイゴさんのワークショップが出来たらいいなと思っていて、
それが今回実現できることになりました。

野菜の種を蒔いてから実るまで、春夏秋の全3回を予定しています。
大江さんの畑仕事に触れながら、福島の豊かな自然を感じて、一つの物語を一緒に紡いでいきましょう。

☆お昼はとれたてのお野菜を使ったごはんをご用意します。

[スケジュール]
9:00-10:30 畑仕事(最初に大江さんアミイゴさん紹介)
10:30-11:00 休憩(お茶タイム)
11:00-12:00 畑仕事
12:00-13:30 お昼
13:30-15:00 誰でも絵が描けるワークショップ

【大江一男さんプロフィール】

福島県喜多方市山都町生まれ。
有機農業を始め37年。60種類もの有機野菜を育て、土を守り続ける。
自家製の発酵肥料を使い、微生物の力を借りて循環型農業に取り組んでいます。
イベントを地域の人、若い人と共に畑で企画するのが大好き。
3人の子供を育て上げ、今は奥様の久子さんと猫2匹(ウニとマロン)と一緒に暮らしています。

【小池アミイゴさんプロフィール】

群馬県生まれ。長澤節主催のセツモードセミナーで絵と生き方を学ぶ。
1988年よりフリーのイラストレーターとして活動。
2000年以降日本各地を巡り、地方発信のムーブメントをサポート。
震災をきっかけに、東北へも足を運びその土地に根ざした暮らしや風景を描いている。
より小さな場所で唄を手渡すようなLIVEイベントや絵のワークショップを重ねる。

今年の4月からアミイゴさんと小山薫堂さんのアートプロジェクト「旅する日本語」が羽田空港にて開催しています。
その中に、昨年冬に大江ファームを訪れたときの絵も飾っていただいてます。

イラストレーション池袋セッションseason7

2018 年 3 月 27 日 火曜日

絵を描く事でコミュニケーションの扉を開き、
豊かな会話の花を咲かす時間。

毎月第2第4木曜日に池袋コミュニティーカレッジで開催の
イラストレーションのワークショップセッション。
スタートから4年め、4月12日からのseason7の参加者募集です。

募集要項は以下のリンクからご確認ください。
https://cul.7cn.co.jp/programs/program_701881.html

3ヶ月と6ヶ月のコースとありますが、
随時見学や体験も受け付けておりますので、
お気兼ねなくドアをノックされてみてください。


現在10~15名くらいの方が参加しているセッション。

絵を教える教わるというより、
お互いが学び合い掛け替えのない自分に出会ってイメージの現場です。

絵やイラストレーションを取り巻く状況だけでなく、
あらゆることが変わってゆく時代にあって、

『自分で見て、自分で考え、自分を表現する』
そんな力を参加するみんなで磨きあい、
その人だからこその線や色彩に出会ってゆきます。

絵が上手いとか下手とかではなく、
その人が描いたものだからこそ愛しい。

そんなことの力を信じて、
毎回みんな真摯な表情と笑顔を交互に爆発させ、
楽しく絵を描いています。

「わたしは絵が描けないから」
そんな人こそウエルカムです。

以下の写真は最近のセッションで生まれた参加者1人ひとりの自画像。

あーして、こーして、こんなんなってしまいましたが、
みんなの笑顔が最高の2時間でした。

「福島こども芸術計画」のインタビュー

2018 年 2 月 27 日 火曜日


「福島こども芸術計画」の一環で行なった
福島の柳津の子どもたちとの5度のワークショップセッション。

それがなんであったのか、
先日受けたインタビューで語っています。
http://f-geijyutsukeikaku.info/archives/732

文字数の限られたインタビュー記事の中では、
どうしても強い言葉がチョイスされがちだし、
(冒頭、枕としてけっこう吠えてやがりますね、俺、、)
ワークショップのディテールまでは語っていないのですが、
言葉を引き出すのがとても上手い聴き手さんで、
この企画の芯の部分をかっ飛ばしてくれてると思います。

福島のいわきから来られたインタビュアーさんですが、
福島の方は、甚大なる問題に日々向き合い続けてきた分、
東京に暮らすボクなんかよりずっと未来を生きている。
そんな確信をもてたインタビューでもありました。

今回の企画をサポートくださった斎藤清美術館学芸補助員の
幣島正彦さんのインタビューも併せて読んでいただけたら、
ローカルで今必要とされるものが立体的に感じてもらえるはずです。
http://f-geijyutsukeikaku.info/archives/744

しかし幣島くん、こんなに若かったのね。。

彼に限らず、多くの方が疑心暗鬼とともにご尽力くださり、
別れ際には湯上りのような顔をしてくれてた企画。

子どもも大人の関係ないワイルド&PUNKに絵の具にまみれた時間。
ありがたいことです。

そして、
小池アミイゴの誰でも絵が描けるワークショップ成果展
「わたしの好きな柳津」
http://f-geijyutsukeikaku.info/archives/756
3月11日までやっています。

まだまだ7年目の春。
ボクなんかがやれることは、これから、これから。

「わたしの好きな柳津」展

2018 年 2 月 20 日 火曜日


福島県の奥会津の柳津の子どもたちと描きまくった5日間のセッション。
その楽しさに触れてもらえる展覧会を作ります。

福島藝術計画 × Art Support Tohoku-Tokyo2017
福島こども藝術計画(アートで広げる子ども未来プロジェクト)
小池アミイゴの誰でも絵が描けるワークショップ成果展
わたしの好きな柳津

会場:やないず町立 斎藤清美術館 アートテラス
会期:2018年2月23日(金)~3月11日(日)(15日間)
休館日:2月26日(月)、3月5日(月)
観覧時間:9:00~17:00(入館は16:30)
観覧無料

福島こども藝術計画(アートで広げる子ども未来プロジェクト)では、
主に柳津町の小学生を対象として、2017年11月に3回、2018年1月に2回のワークショップを行いました。
テーマは「わたしの好きな柳津」。
第1回では、柳津町を通る只見線にみんなで乗って車窓から柳津町を観察しました。
その後は、柳津駅から斎藤清美術館まで歩きながら、こどもたちのオススメ柳津スポットに講師のアミイゴさんをガイド。
にぎやかな「わたしの好きな柳津」探しでした。
第2~第5回は、斎藤清美術館のアートテラスで「わたしの好きな柳津」を描きました。
こどもたちがアミイゴさんとの時間の中でのびのびと描いたそれぞれの作品は、どれもエネルギーに満ちています。
それらをご紹介する成果展を、ワークショップ会場だった斎藤清美術館アートテラスで行います。
ぜひご覧ください。

主催:福島県、東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
特定非営利活動法人Wunder ground
共催:斎藤清美術館
協力:柳津町中央公民館
福島藝術計画 × Art Support Tohoku-Tokyo

福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo(東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業)は、
福島県、東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)の三者が共催し、
地域の団体と協働してアートプログラムを実施する事業です。
文化芸術に触れる機会や地域コミュニティの交流の場をつくり、
文化芸術による地域活力の創出と心のケアという視点から復旧・復興を支援します。

■事業のお問い合わせ
福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo 事務局
 tel:090-2997-1849 
 e-mail:tas.fukushima@gmail.com

■会場のお問合せ
斎藤清美術館
tel:0241-42-3630
https://www.town.yanaizu.fukushima.jp/bijutsu/