‘ワークショップ’ カテゴリーのアーカイブ

3/18~26 岩手県宮古で展覧会開催

2017 年 3 月 16 日 木曜日


3月18日(土)~26日(日)の会期で
岩手県宮古市で「東日本」の展覧会開催です。

会場:東屋駐車場内蔵のギャラリー
〒027-0089 岩手県宮古市本町 2-2
地図: https://goo.gl/maps/GjDmaMprJFS2

主催は「シネマ・デ・アエル」
https://www.facebook.com/cinema.de.aeru/

そして「みやほっこり映画祭」
https://www.facebook.com/hokkori385/?fref=ts

宮古に、
というか、岩手県太平洋沿岸部で唯一だった映画館が閉館してしまった宮古で、
映画のあるコミュニケーションの場を育んでゆこうとするグループの企画。

築100年以上になる蔵をリノベーションして映画館に、
その2階のスペースをギャラリーに。

その全てを関わるみんなで、ワークショップ的に造るといプロジェクト。

その映えある第一回目の展覧会にご指名いただきました。

18日13時からはワークショップも開催。
みんなでデカイ布に絵を描き、蔵の壁に打ち付け隙間風を防ぎます。イエイ!!
https://www.facebook.com/events/496222774098724/

展覧会の時間がアップされていないので、
後ほどわかったら追記させてもらいますが、
みなさん早春の宮古へ、ちょっと無理してでも足を運ばれてください。

「東日本」初めての東北での本格的な展覧会。
かなりプレッシャーを感じておりますが、
まずは明日17日の設営、現場のみんなのベストを目指しますよ!

*今年1月に東京青山で開催した「東日本」
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=12782

池袋セッション・シーズン5

2017 年 3 月 16 日 木曜日


毎月第2第4木曜日に池袋コミュニティカレッジで開講の絵の時間
誰でも絵が描けるワークショップセッション
4月からシーズン5始まります。

4月はちょっとイレギュラーで
第1木曜の6日と第2木曜の13日開催です。

誰でも参加可能。
詳細はこちらをご確認ください。
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_701881.html

見学や体験受講も逐次受け付けますので、
まずは心のボタンをひとつ外して気楽に参加していただけたらです。

先日は初めての立体作品。
ともかく楽しく、しかし、途中からみんな無言でキラキラの作品を制作。
わずか2時間の制作時間でしたが、楽しい展覧会が生まれました。

その前は「躍動」
いろんなジャンルのダンスをテーマに、
自由で躍動感のある線を見つけ、美しい絵に昇華、
できてるかな?みんな。

ボクは教えるというより、
みんなと一緒に手を動かすことでお互い気がつき合う。

てか、みんなと朗らかに恥をかきあう。
ますますそんな現場になっています。

えれにしても毎回毎回「なんじゃこりゃ!?」な絵に出会える、
ほんと朗らかクリエイティブな時間。

毎回が愛しくてたまらんです。

ボクがなにか立派なことを語るより、
集まったみんながやんわやんわと語り合えることが、
なによりクリエイティブなことだなあ〜と。

みんな今ある姿のままで輝いてくれてます。

でも、ために今ある姿を超えて輝く瞬間がある。

それをボクが見つけるのもいいけど、
やっぱ一緒に描く仲間が見つけた時、
グループとしてグイッと次のステージに一歩踏み出せる。

そんな人間ドラマの現場でるのが、
うれしいなあ〜

3月11日は

2017 年 3 月 7 日 火曜日


あの日から6年めの3月11日は
渋谷区代々木エリアでは”はるのおがわプレーパーク”で
子どもたちとデカイ絵を描く作戦です!

『はるプレアートセッション』体を使って大きな絵を描こう!語らおう3.11

・日時:2017年3月11日(土)13:30~16:00
・対象:はるプレに遊びにきたコドモとオトナ
・汚れてもいいおしゃれでご参加ください
・画材等の準備の関係がありますので、ご参加希望の方は
 はるプレスタッフへご一報ください。
(Tel:03-3481-9661  mail: harupure@bb.knet.ne.jp)
*参加人数が多い場合はコドモの参加を優先させていただきます。

子どもたちが毎日遊ぶ渋谷はるのおがわプレーパーク。
3月11日という日を悲しむわけではなく、様々な事に思いを馳せ、再生や希望の日とする。
そのため『はるプレらしいやり方』で、私たちの中にある生きるための「元気」を確認し、
美しい「未来」を描く。
小池アミイゴさんと共に、1つの大きな絵を共同で描く事で、人との繋がりを感じ、
壊れかけた土壁倉庫の壁を覆う事で“アートでの再生”のシンボルを作ります!
描いた絵は当日はるプレ内に展示した後は、土壁倉庫の壁面に展示予定です。

とのこと。
詳細はこちら↓をチェック!
http://harupure.blogspot.jp/2017/03/311.html?spref=fb

そして気仙沼では。

震災後毎年3月11日に開催される鎮魂のアートアクション「3月11日からのヒカリ」

そのテキスト中継のページの扉のアートワークの指名を、
主催の斉藤道有さんより受けました。
クリック!> http://311hikari.jp/livecommentary/

友人より紹介を受けて2年ちょっと。

絵で気仙沼のみなさんの力になれること、
とても光栄に感じております。

「3月11日からのヒカリ」は集客イベントではなく、
気仙沼周辺の人が空を見上げたら3本の光を見る、
そしてあの日を、あの日からのことを静かに思う。

そんな企画のために
想像力を働かせる余白を大きくとった絵を描きました。

3本の光の見えぬ場所で暮らすボクらも、
静かに想像力を働かせる1日であれば良いなと願っております。

ボクは子どもたちと元気に絵の具まみれになってるのですがね、、

&Premium「学びたい。」

2017 年 2 月 20 日 月曜日


マガジンハウスのアンドプレミアム4月号のテーマは「学びたい。」
池袋コミュニティカレッジで開講してる絵のセッションのことを2ページで、
編集者Sさんの実感と共感を持った言葉でもって紹介していただいております。

そうしていただけることで、自分が何をやっているのか言語化出来るということにおいて、
雑誌記事と言えどクリエイティブなセッションでもあるなと、
何より毎回がボクにとっても「学び」の現場であること、
その辺まで誌面に反映してくれてたりで、ありがたいっす!

今号のアンドプレミアムの語る「学び」は、ともすると「ご利益」に陥りがちな情報の発信とは一線を引き、
1人ひとり自からが未来を豊かにしてゆくべきとの凜とした意思を示しているように受け止めました。

お茶、ペン字、一汁三菜、所作、言葉、禅などなど、これまでだと保守的に見られたであろうことに、
未来ををしなやかに生きる術と美しさを見る発想は、
今の時代において意外や世界をより間近に感じることでもあるように思います。

ともかく全編にわたり良い編集!
Sさんありがとう。

池袋コミュニティ・カレッジのボク絵のセッション
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_701881.html

&Premium 4
http://magazineworld.jp/premium/premium-40/

2/24はるのおがわオトナワークショップ

2017 年 2 月 20 日 月曜日


2月24日(金)代々木エリアのワルイ子たちのの拠点「渋谷はるのおがわプレーパーク」主催で
大人に向けたボクのワークショップがあります。
詳細はこちら> http://harupure.blogspot.jp/2017/02/blog-post_9.html

てのは、
ボクの暮らす渋谷区で”はるプレ”のみなさんとで
「子どもアートセッション的」なやり方で街を楽しくする作戦を進めてくれてるんだけど、
行政からOKを引き出す上で超えなきゃならない山があるなあ〜と。

ところでボクたちの言語が揃わぬまま「あいつら分かってない」とか吠えてるだけじゃダメだなあ〜、、
そもそも子どもに向けてつい「自由にね〜」とか言ってしまってる我々は自由なのか?
つか、自由ってなんだ??
いや、それはもう我々は日本人だからね、「自由に」とか言われたら一生懸命自由を演じてしまうよね〜〜、、
なんて会話の先で、

まずは子どもたちにアプローチしてゆく前に、オトナの頭を破壊しておこうってことで開催と相成ります。

告知が始まってさっそく予約が入ってきてそろそろ定員。
しかも、かなりの方がお子さん連れという今の時代のリアルを目の前に、

あらためてこんな形での街づくり地域づくりに興味ある人がいたら参加しないかなと、
日本の公園の最先端”はるのおがわプレーパーク”がどんな人によって運営されているのかもわかるし、
画材その他オレが持ってゆきますよ〜!

はるプレHP
http://harupure.net