‘ワークショップ’ カテゴリーのアーカイブ

しょうわの子だま

2021 年 4 月 14 日 水曜日

ふくしま藝術計画 “わたしの好きな昭和”
アトリエしょうわのこども ~しょうわの子だま


2019年2月と20年2月、
福島県の奥会津、大沼郡の昭和村の子どもたちと、
放課後の時間を使ったアートプロジェクトを行いました。

2019年
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=13989
2020年
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=14282
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=14336

2021年もやりたいね〜という声があがるも、
COVID-19の感染拡大、特に後期高齢化が進む人口1,200名のほどの村に、
むやみやたらに近づくことは出来ません。

それでも、
それだからこそ、
子どもたちが社会と触れることの出来る窓を開けなくちゃって、
手紙を往復させて絵を描いていったら面白いだろうって、
アートの往復手紙”しょうわの子だま”を発想しました。

システムはごくシンプル。

子どもたちがあるルールに沿って絵を描き、
ボクに郵送。

そこにあるルールに沿った加筆を行い、
次のルールを添えて描いた子どもに返送する。

加筆されて戻ってきた絵を受け取った子どもは、
次のルールに沿ってさらに加筆をして、
きっと完成!


以下実際に。

手紙を使った絵を描く企画に参加表明してくれたのは、
昭和村の小学校に通う1年生から6年生まで17名の子どもたち。

彼らの元にボクから、
A4の画用紙とどんな絵を描けば良いのかの指令書が届く。

昭和村の子どもたちが指令通り絵を描き、
ボクに送り返してくる。

たとえば〜

こんなかわいこちゃんな絵がボクに届く。

これに加筆して、この絵を描いた子に絵を送り返す。

のだが、

実は、これに加筆するのは、ボクでは無く、
ボクが指名した日本全国に散らばる17組の”子だま隊”なのだー!

で、この絵に関しては、
ボクの元から次の指令を携え同じ福島県の福島市へ。


福島市からご参加は、
ボクの子どもワークショップを企画してくれたお母さんと小学3年生女子。

めちゃくちゃオープンマインドな母娘さんの加筆が、
これ。


で、
これがまたボクの元に届けられるのだが、
封筒を開けて見て、しばらく心がフリーズ。
もはや事件です。

で、こんなん昭和村の小学生に送り返して良いのか?
もろもろ心配ではあるが、
新たな指令書を添えて、えい!っと送付。


で、
昭和村の子どもにさらに加筆され完成。



うーーーん、
なにやら時代をぶっちぎった作品に仕上がったぜい。

どっかの美術館、収蔵せんかのう。

で!
実は、同様のことを”子だま隊”発信でも行っていたのでした〜

たとえば、

子だま隊さんへ、
四角いまどを線でかいてください。


これは茨城県の食文化を広めようと頑張っている藤田愛さん。
ボクが小山薫堂さんと行った仕事にスタッフとして参加していて、
現場にオープンな空気を送り続ける姿と表現のセンスの良さに感心し、
今はフリーランスで活躍しているところをスカウトした人。

ちなみに、
普段まったく絵を描いていないそうです。

これがボクを経由し、新たな指令とともに昭和村の子どもへ。

四角の中にまどから見える ふうけいを かこう。
すんでるばしょを、おもいっきりじまんしてよ〜


それに対して昭和村の子どもがが描いたのは、

「ああ、子どもの絵っていいね〜」って言われるやつ。
うん、ほんと素敵。
(こちらのスキャンは昭和村で行なってもらっていて、
色が違っちゃうのは「コロナのせい!」と叫んでおきますね〜)


で、
これがまたボクを経由して藤田さんのもとへ。

窓の外のふうけいを みてね。
そして、
まどのまわりに すきないろをぬって、
たのしいへやに しょましょう!

そしたら藤田さん。

じゃん!

かっわええの〜。。

まともに絵を学んでいたら、
こんなん絶対に描けない!

で、
“昭和村”発信と “子だま隊”発信、
それぞれ3つの指令がボクの家で交差する。

シンプルなんだけど、
割と混乱する作業です。

が、
そこにさらに2つの指令を発動。


鬼滅の刃が流行っている2021だからね〜、
鬼を描いてみたいよねー!
という、みんなの叔父心みたいなものね。

で、たとえば、


これは、大分県杵築市山香町の森に暮らすカナタさんの「きもちいいー」
うーん、
カナタさん、3歳だったっけかな。
もしやお母さんのマイカさんの手も入っているか?

マイカさんは、アイリッシュミュージックなどを奏でるフィドル(ヴァイオリン)奏者でもあります。

これをボク経由で、さらに指令書をつけて昭和村の子どもへ。


昭和の子どもの「子だまオニ」はどんなかな〜?


じゃん!
かわいいオニだね〜。

が、これを描いた昭和村の男の子は、
最初の指令に白紙を送りつけてきた子だったのだーー。

んが、
今回は「やるね〜!」だし、
もしかしたら初回の白紙も「やるねー!」なのか!?と、
自問する俺。

次なる指令と共に、昭和の鬼を大分に送付っ。

ヤギカナタさんとお母さんのマイカさん。
森の中の一軒家でお子さんを寝かしつけるような色彩で、
昭和の鬼を包んでくれました〜。


そんなこんなで、
1)「おーい!」「はーい!」セッション
2)「わたしの顔」セッション
3)「あなたの部屋の窓」セッション
4)「昭和の鬼」セッション
5)「お皿の上のおもてなし」セッション

以上、
それぞれ17人×2チーム、双方向からの発信で6往復。

ボクの手元でのシャッフルは郵送の作業、
かなり数学脳を酷使させちゃいました。

で、
ともかく今は手元に大量の絵があります。

この企画は福島県が主催で、
福島藝術計画_アートによる新生ふくしま交流事業
「アートで広げるみんなの元気プロジェクト 2020」として、
記録集の作成を行いました。

ただ、手紙を使った企画だから、ポストカード作ろうと、
12枚組セットを作成し。
企画の細かいところは、A3のポスター2枚に記載。
なかなかなかなか迫力満点な”記録集”が生まれましたよ〜


だが、
掲載出来ない絵がドーカーンと手元にあって、
これをブログで全部説明するのは大変。

あと、昭和の小学生の個人情報ってことも注意しなくちゃならず、
う〜〜〜む、
ほんと、1人ひとりおもしろいヤツらだし、
作品もどれも面白いのだが〜〜、、

これどうしましょう?


なんとかみんなに見てもらえるよう、
引き続きワルダクミますね〜〜〜〜。。

その前に、
とりあえずポストカードにした絵をご紹介。

三重県四日市のメリーゴーランドの”あそびじゅつ”チームの誰かと、
昭和村の天才6年生Tくんのコラボ。


シンガーソングライターのルンヒャンと、
昭和村、意外や男子くんとのコラボ。

はんこアーティストのあまのさくやさんと、
昭和村女子Kさんのコラボ。

ボクの池袋セッションに参加していた桜庭さんと、
昭和村キレッキレ小学女子のIさん。

前出、大分のカナタさんと、
昭和村の、なるほど〜、彼か。
大量に送りつけてくるメリーゴーランドからの子だますべてに、
丁寧に答えてくれた昭和女子Rちゃん。
塩釜のビルドフルーガスや杉村惇美術館を運営するキュレーター高田彩さんに、
うす〜い表現を送りつけた、なるほどキミか、Aくんか。
池袋セッションチームで写真家の岡本みどりさんと、
昭和村おにいちゃん格のSくん。
やはり池袋チームでWebディレクターもやってるエンブーさんと、
あ、これもIちゃんだったんだ。
宮城県気仙沼唐桑でカフェ運営と子育てに奮闘小山のりちゃんと息子さんのハルくんに、
なにも描いてない紙も送りつけたAちゃん。



誰かがつまずいた際に緊急出動したボクと息子のチームに、
福岡のアーティスト集団のあとリエブラヴォのTさん、
出足ノリの悪かった昭和村Tくんが絡んだすごいやつ。

ここまでの紹介でいっぱいいっぱい。
ともかく甲も乙もその言葉の意味を忘れるほど、
どれもこれもヤバイ絵が集まったのです。

最後に。
企画の途中で参加者に送った「子だまのコツ」を掲載しときますね〜


121ヶ月め

2021 年 4 月 11 日 日曜日

今日は2011年3月11日から3,684日め
526週2日
10年1ヶ月
121回めの11日です。

「10年」が語られた今年の春。

しかし今日の「121」という月数を見て、
自分が何を思うのか。

526週間とは?

もしくは、
当時1歳だった息子が6年生になるのに3,684日とは?

穏やかな春の日の日曜日、
ともかく大切に過ごそうと考えています。

トップに置いた絵は、
昨年豪雨被害に遭った熊本の6市町村の子どもたちが描いた笑顔の絵で作った、
仮設住宅に展示するためのポスター。

ボクは球磨村、人吉市、芦北町の子どもたち一緒に描いたこともあり、
絵の展示に関する相談を受けていました。

当初は原画を展示という話でしたが、
仮設住宅の空間が限られていることや、
絵を綺麗に効果的に展示することの難しさ、
1自治体ごとに分断したイメージを作らない方がいいなとか、
自分の東日本での経験からポスター制作を提案。

子どもたちによって描かれた絵をすべて使って、
なにか楽しく元気なイメージが湧くものを作成してみました。

10年を経た東日本でも、
なにか美しいイラストレーションやデザインといったものが、
その土地に暮らす人にとって必要とされるものだと、
自身の足で歩いた経験から実感しています。

熊本で出来たもの(あまりお金もかかっていない)は、
その他のエリアでも出来ることなので、
(熊本の人々のコミュニケーション能力ってのが引き寄せるものはあるが。)
必要を感じる人はぜひお声掛けくださいね〜!


「10年」と語られた春、美しい本が仕上がってきました。

FIELD RECORDING vol.05特集:自分のことを話す
http://asttr.jp/about/astt_5/

東日本大震災発生から10年。
アーティストは震災にどう向き合ってきたのか。

10年目と言われた1年のある1週間を、
32名のアーティストがリレー形式の日記で語る証言集です。

震災後の10年、復興と言われるものにアートというものを使った地道な活動を重ねてきた人たち。

それを支援するグループと、
10年の意味、必要とされるデザイン、
なにより、これからも続けてゆかなくちゃ!なんて話をして、
描いた「少なくとも10先に続く花咲く道」の絵を描きました。
https://www.tis-home.com/amigos-koike/works/16617

今はアートというフィールド上のものだけど、
震災というものに対しなにか美しきもので答えた。

そして、
こうしたものをアートのフィールドから生活者の日常に届くものにする。
コンクリートの復興の先で何が必要とされるのか、
本気でやってゆかねばならない次の10年が始まったと思っています。

この本の全文が読めるサイトがあります。
http://asttr.jp/…/wp-content/uploads/2021/03/ASTT5_web.pdf

また、
こちらの本は以下のサイトのフォームから申し込めば、
着払いですが、手に入れることが出来るそうです。
http://asttr.jp/about

大切なのはなんでもない日常。

そんなことを繰り返し考えた10年。

良きマインドを未来に繋いでゆきましょう。


そして、また美しい本。

福島県の奥会津エリア5町村、柳津町、三島町、只見町、金山町、昭和村に置かれた美術館や博物館を結び、広大な奥会津エリアをひとつのミュージアムと捉え、ここを巡り学ぶことや暮らす意味を高めていこうという発想。

ここ数年、奥会津エリアで子どもたちとワークショップを開催させてもらったり、個人的にフィールドワークを指摘か経験と、昨年11月の取材とを併せ、
レポート作成や、編集やデザインにも関わり、たくさんの絵を描いてカタチにした1冊です。
https://www.tis-home.com/amigos-koike/works/16631

文化庁のライフミュージアムネットワーク事業に対する事業報告書という意味を持ち、このエリアの未来を描くような仕事でもあり、そんなものに自分の主観を書き綴ることのプレッシャーもありましたが、福島県立博物館のワルダクミチームや、取材やデザインでご協力の江畑さん、これまで関係構築をして頂けた各エリアの方々のお力添えの元、「俺の奥会津へのラブレター」のようなものになったのではと。

学術的に頭良く説明するでなく、ひとりの人間が奥会津に溺れてゆく様を頼りに、皆さん1人ひとりが「自分ならではの旅」のあり方を見つけてもらうことで、このエリアを持続可能な美しき土地として保つのではと思うと共に、
こうした発想を日本の各地に届けられるべきだし、アートのフィールドからどんどん生活レベルに広がっていったらいいなと。

この仕事は、人が生きてゆくのに必要な美しさを、ローカルに暮らす人々た確認し、必要なら一緒に創ってゆくような、これから10年の自分の仕事の確かな足場にしてゆこうと考えております。

【LMN2020記録集配布のお知らせ】
ライフミュージアムネットワーク2020年度の活動をまとめた記録集を作成しました。
今年度は、各地でのリサーチ、ディスカッション、フォーラムで語られた言葉の記録とともに、奥会津をめぐるスタディツアーの記録、新たなミュージアム活動のモデルとなるプログラム開発の記録を加えた5冊セットの記録集となりました。
多くの方にお読みいただきたく、限定200セット(先着順、なくなり次第終了)をご希望の方にお配りいたします。
福島県立博物館受付カウンターでお声がけくださるか、お電話かメールで送付のご希望をご連絡ください。
送付ご希望の方は、大変申し訳ありませんが宅急便着払い送料をご負担くださいますようお願いいたします。

送付ご希望の方は下記をお伝えください。
(*は必須)1*:氏名2*:郵便番号と住所3*:電話番号4:メールアドレス5*:希望セット数(2セットまで)6:ライフミュージアムネットワークをお知りになったきっかけや、記録集をお申込になった目的を教えてください。

【申込先】TEL 0242-28₋6000(福島県立博物館代表)
E-MAIL general-museum@fcs.ed.jp(福島県立博物館代表)

LMN実行委員会事務局:塚本麻衣子【記録集内容】※5冊セットでの送付となります。
⓵ライフミュージアムネットワーク2020活動記録集
②ライフミュージアムネットワーク2020奥会津スタディツアー記録集 「奥会津のミュージアムを巡る」
③ライフミュージアムネットワーク2020プログラム開発「多様なニーズに応えるミュージアムの利活用プログラム」記録集 「ミュージアムを届ける」
④ライフミュージアムネットワーク2020プログラム開発「地域資源の活用による地域アイデンティティの再興プログラム」記録集 「大堀からの10年」
⑤ライフミュージアムネットワーク2020プログラム開発「生活資料を活用したミュージアムの連携プログラム」記録集  「みんなで比べてみよう奥会津の民具キット」
【着払い送料の目安(1セット)】
北海道:1260円
東北・関東:930円
北陸:1040円
関西:1150円
九州・沖縄:1590円

10年続けてきたことで得た、多くの友。
自分だけで出来ることは限られてしまうけど、
信頼おける人と創り上げるものは、奥深く美しく、
自分に生きる力さえ与えてくれる。

こうしたことを、どうしようもなく愚直に地道に伝えてゆく次の10年。
これまでと変わらず、答えを先回りすることなく続けてゆきます。



この春はコンビニ大手ローソンの、災害が起きた際の地域の人たちの命を守るインフラとしてのあり方を語るサイトの仕事もしました。
https://www.lawson.co.jp/company/shinsai/

東日本大震災から、熊本、北海道と続いた大地震などの災害の現場を繋ぎ、
「その時コンビニでは何が行われたか」が語られています。

これらの証言は、本来はローソン内部のサイトで、スタッフ間の情報共有としてシェアされてきたそうですが、
2011年春は、こうした発送の数々を社会全体で共有してゆこうという考えのもと、一般に公開されたものです。


ローソンの看板をメインに描いてもらいたいとの依頼を、
広告のイメージでないものを描けるイラストレーターして指名された仕事。

昼の看板は福島県太平洋沿岸部の空のイメージで。
夜は宮城県気仙沼で見た夜空のイメージで描きました。

一企業が、従来の広告とは一線を画し、
その存在意義を高める発信を行う。

そうした現場でイラストレーションはどんな役割を担うべきなのか。
どんな絵が求められるのか。

これはSDGsの仕事などにも通じるのですが、
これまでの価値観に縛られることなく、
柔軟に愛を持って臨んでゆこうと思います。

「はるのひ」原画展

2021 年 2 月 3 日 水曜日

2021年2月12日徳間書店より刊行される絵本『はるのひ』
ことくんが お父さんと声掛け合いながら春の野を駆ける小さな冒険物語。
その原画展を神保町の絵本専門店ブックハウスカフェ で開催します。
それにあわせて「はるのひ」をめぐる3つのイベントを用意しました。

小池アミイゴ 絵本『はるのひ』原画展
2021.2.10(水)- 3.2(火)
11:00~18:00
ブックハウスカフェ ギャラリー
入場無料、会期中無休

ブックハウスカフェ
〒101-0051
東京都千代田区 神田神保町2丁目5 北沢ビル1F
TEL:03-6261-6177
https://www.bookhousecafe.jp
都営三田線、新宿線、東京メトロ半蔵門線
神保町駅A1出口を出て右方向、徒歩1分

「はるのひ」の3つのイベント

1)はるのひオンラインギャラリー
2021.2.14 (日) 13:00~ (約60分)

『はるのひ』の原画展のようすをライブ配信します。
作者の解説とともにお楽しみください。

参加費無料、だれでも視聴できます!
ブックハウスカフェのインスタグラムにてご参加ください。
https://www.instagram.com/bookhousecafelove/

2)ギャラリートーク『はるのひ』が生まれるまで
小池アミイゴ×茅野由紀(ブックハウスカフェ店長)
2021.2.20 (土) 15:00~ (約60分)

『はるのひ』の制作秘話やこれまで制作してきた絵本について、
お客様を迎え、楽しく語ります。オンラインでの視聴も可能です。

*店舗参加:定員10名 *オンライン参加:定員50名
・店舗での参加:1,000円・店舗での参加絵本付き:2500円
・オンライン参加:1.000円 ・オンライン参加絵本付き:2.500円

*要予約: ブックハウスカフェのオンラインショップ
https://bookhousecafe.stores.jp/


リンク先に現れる以下の購入フォームから選択出来ます。

上記よりご希望のコースを選び、参加費をお支払いくださいませ。

オンライン参加の方はご予約の際に視聴に必要な情報をご確認ください。
社会情勢に寄っては店舗参加を見合わせる可能性がありますので、
事前の情報確認をよろしくお願いいたします


物語の舞台となった土地をzoomでつなぎ
小池アミイゴの地域愛をお裾分けする時間

3)”はるのひのある場所”
2021.2.28 (日) 14:00~ (約60分)

作画の背景にある風景や人との出会いを作者が語ります。
大分県の山香町や福島県の昭和村などを予定

*要予約 *参加費:無料 *オンライン参加:定員90名

参加希望の方はメール amigosairplane@icloud.comまで、
件名「228はるのひzoom」で、小池宛てにご送信ください。
参加用URLを送ります。定員に達し次第、締め切りになります。


ブックハウスカフェ
〒101-0051
東京都千代田区 神田神保町2丁目5 北沢ビル1F
TEL:03-6261-6177
https://www.bookhousecafe.jp
都営三田線、新宿線、東京メトロ半蔵門線
神保町駅A1出口を出て右方向、徒歩1分
『はるのひ』作/絵 小池アミイゴ
徳間書店刊:本体1,600円(税別)
ISBN 9784198651602

本文・カバーデザイン:城所潤・舘林三恵
編集:高尾健士
印刷:株式会社東京印書館








光明学園で花の絵の展覧会

2021 年 1 月 15 日 金曜日

世田谷区梅ヶ丘にある都立光明学園のギャラリースペースを使った
花の絵の展覧会が始まりました。

題して、
小池アミイゴ花の絵の展覧会「小池花店」梅ヶ丘支店
光明でてんらん会のDMをわたしたら、
みんな「2階なんだ…」と淋しい顔するので、
こいつはここでやらなきゃだ!と思ったのだ。

去年の夏から冬にかけて子どもたちとセッションを重ねた
光明学園での壁画プロジェクト。

肢体不自由な子どもたちが通う学校で、
やれること、やるべきことをやって、
「やってよかったね〜!」と声掛けあえて、

「実は年末に花の絵の展覧会があるんですよ」と、
学校関係者に展示のDMを渡すと、

「あ、成城学園でやるんですね!」と喜んでもらい、
しかし、
「ああ、2階なんですね。」「エレベーターとかついてないですよね、、」と、
寂しい顔されちゃってね。。



そりゃそうですよ。
子どもたちとあれだけ密に関わり絵を描いて、
「よい壁画できたね!」なんて言うも、
自分の展覧会に来てもらうにはあまりにもハードルの高い2階への階段、、

花の絵などという他愛も無いものなんだけど、
それでも今一番見てもらいたいのは一緒に絵を描いてきた子どもたち!

くはーーー!!
アートだイラストレーターだなんて言葉の上に胡座かいてる場合じゃねえ。

「じゃあ、光明学園で展示しますよ!」と。

光明学園の新校舎には車椅子でも安心安全に利用することの出来る、
緩やかで長いスロープが1階から3階まで造られていて、
去年から子どもたちの作品を展示するギャラリーとして利用されていて、


その一部を利用させていただき、
花の絵を展示できることになりました。

壁画の時もそうだったけど、
情熱のPTA会長さんとその仲間たち、そして判断の早い校長先生、
その他、子どもたちのセッションを通して信頼関係を高めてくださった先生方、
みなさんの力が結集された形で実現。

『都立学校』という現場でボクのような部外者の展覧会が、これだけの規模で、
こんなん出来るのか!?

前例とかまったくわからないけど、
ただ必然を言葉にして交換していったらこんなん出来た。
です。

なにより、
子どもたちの作品と自分の絵が自然と寄り添う空間。

ああ、もう、これからの展示って、
すべてこんな形で作るべきじゃないかって思えるほど美しい。

そして、子どもたちがこの試みでなにかを得ることと共に、
この現場に関わる人たち、
日々子どもたちの教育と介助に奮闘する皆さんがなにを思い、
感じ、考えてくれるかだなあ〜。

迷惑に思う人もいたっていいと思う。

ただ、自分は目に見えるものを作る仕事をしているので、
前例の無い現場であろうと、まずは目に見えるものを届け、
そこから会話を始めてゆきたいんよね。

世の中安易に作れる書類作成ソフトのおかげで、
まずは体を動かし確かめるべきことでも、
大量に文字がタイプされた書類の指示待ちなんてこと多すぎやしないだろうか。

でもそこに花の絵がひとつでもあれば、
かしこまった言葉では無く、生きるのに足る言葉で、
生きるのに必要な考えの交換がスムースに出来やしないだろうか。
なんてね。

今回きっと、自分が作ったものの中でもとびきり美しいものが作れたように感じています。

それは、
肢体不自由と言われる子どもたちが安心安全な気持ちで移動出来る、
緩く、長く、美しいスロープが造られたことの上にあります。

そんな場所があったから、ボクと学校の皆さんの前向きな会話が生まれた。

逆もしかり。

ボクが他愛も無い花の絵を描き続けてきたので、
都立高校で展示する会話を作れた。

今から10年、20年未来に向けて、
ちょっと面白いことをやれているような。

ただ残念なのは、
都立高校で、COVID-19感染拡大もあり、
一般の方は見ること出来ません。。

その分は、3月の個展で出来る限りのことをやろうと思いつつ、
こうした展示、病院でやれたらいいな〜。
てか、やらねば!
です。


116ヶ月め

2020 年 11 月 11 日 水曜日

今日は2011年3月11日から3,533日、
504週5日
9年8ヶ月
116回目の11日です。

アップした絵は、東京都世田谷区にある公立特別支援学校。肢体不自由者のための教育機関として日本最古の歴史を有する、都立光明学園の子どもとのコラボから生まれた花の絵です。

ボク1人の力では生まれ得ない「なにか美しきもの」に感動。
この感動は世の中をちょっと良い方に変えてゆく力になるんじゃないかと、
壁画完成まであと少しの今の言葉を綴っておこうと思います。

きっかけは今年の元旦。
行きつけの店で隣に座った方が、この学校のPTA会長さんを勤められている方で、お子さんのことも含め、福祉とは、教育とは、表現とは、愛だの恋だの酔いに任せて語ったことから、ボクと光明の子どもたちとで何か出来たら面白いね!なん盛り上がったことから始まりました。

が、その後新型コロナ感染拡大で足踏み。

夏が始まるころ、あらためて校長先生はじめ学校関係のみなさんとミーティング。
コロナで何も出来ないって状況を突破したい意思が集約されたのでしょう。
来年取り壊しとなる旧校舎の壁面に壁画を作ろう!と、発想は一気に飛躍。

そこには、ボクが暮らす街で出来ていること、
地域と学校とPTAと関係企業と子どもたちとボクとで制作している壁画という「見えるもの」「シェア出来る発想」があったことが大きかったと思います。


学校業務を終えた後、わざわざ梅ヶ丘から代々木八幡まで壁画を見に来てくれた校長先生はじめ教職員の皆さん。
その熱心な姿勢に、肢体不自由と言われる子どもたちとどこまで出来るのか、不安を伴うプレッシャーを感じた、なあ〜。

が、そうした感情は教職員さんたちとの何気ない会話がほぐしてくれる。
子どもたちと日常を過ごすプロの力に、甘えるところは甘えれば良いと実感。

事前に美術担当の先生方とのワークショップを開催させてもらい、
ボクが子どもたちの何に感動してこんなことを続けているのかを共有出来たことも、その後の現場での力になったはずです。

ともかく一歩一歩、必要な会話を積み上げ、しかし、蹴散らしていいものは蹴散らせる。
そんなことが可能な関係性の足場造りをまず。

そして子どもたちとのセッション。

歩けない、立てない、手が思うように動かせない、発語が思うようにいかない、病弱で病院での療養を続けざるを得ない、などなど、子どもたち1人ひとり目に見てわかる違いがあり、その上でさらに1人ひとりの個性や表現の違いを壁面に集約させる。
って、どうやるんだろう??

ともかく、壁面に立てぬ子どもたちとは、10メートルと5メートル2枚のキャンバスを用意し、
出来ないことを出来るようにするのでは無く、
出来ることを出来るだけ表現してもらうセッションからスタートしました。

最初は破壊でいいやってね。
見た目大きな破壊でも、小さな点1つでも、子どもたち1人ひとりの「出来る」はめちゃくちゃパワーあることを確認。


そのうち気持ちの良い「なにか」が見えてくる。
そうなるまで待つ作業。

「布の上にペンや絵の具で描こう!」
そう伝えた瞬間に、実は「自由」というものに拘束がかかる。
だったら、絵の具を一本絞り切るくらい好きにやったらいいぜ!
だ、なあ〜。。

アクリル絵の具”リキテックス”でご協力のバニーコルアートさん、
心強いっす。。

光明学園の授業時間で行う作業です。

1コマ45分で中学生のクラスから小学校低学年のクラスに変わり、
次は高校生がやって来るとか、、
いつもは子どもたちが飽きるまでお付き合いするボクのスタイルは、
この現場で行うことが出来ません。


しかも、1人ひとり出来ることが違う。
(これに関しては、健常と呼ばれる人も同じなのだが〜)

1コマ数名から十数名まで、参加人数はバラバラな中、
1人ひとりの個性にも健康状態にも注視しコミュニケートする45分。
そんなのを、1日に4回繰り返しす日もありました。

45分はうっかりしていたら戸惑っているだけで終わってしまう長さです。

でも、自分か彼らが生むものに先回りした価値を求めない限り、
一瞬一瞬に目の前で起こることは、とてもエキサイティングな喜びに溢れたものとして、心の中に飛び込んできます。

そしてボクもやりながら学んでゆく。



体に不自由のある子どもたちには、マンツーマンで先生が付きます。

日頃から子どもたちと接している先生方の介助は素晴らしく、
ボクが代わりにやれることはごく限られたものでしかありません。

もしくは、なにかひと言コミュニケートする場合も、
先生の翻訳のような行動を待つ場合もあります。


そんな先生方が大きなキャンバスの前で子どもたちを支える姿は、
基本、子どもたちを背後から支える形になります。

場合によっては複数の先生方がチームとなり、
支える人とコミュニケートする人との役割分担をしながら、
子どもたちをキャンバスに向かわせる態勢とります。


じゃあボクの仕事はなんだろう?

もしくは、介助を受けて筆を動かす子どもたちは楽しいだろうか?
そんな興味から、子どもたちと同じ視線の高さまで自分が降りていったら、
いや〜、世界が広がっていったなあ〜〜!

キャンバスに頬を付けたところから見るキャンバスの荒野のダイナミックな風景!
彼らはこんな風景を見ながら、そこで出来ることを真剣に、もしくは楽しい目つきして、出来る限りやろうとしている。


正直、先生の手助けが過剰に入る瞬間なんてのもあって、
その直前まで子どもがとてもいい顔してたりしたら、
「待ちましょう!」なんて叫び気味に伝えたりの失礼をしていた俺。

いや、でも何度「待ちましょう!」を言ったか。

あとは「ゆっくり、ゆっくり」とか「出来ないこと無理しなくていいよ〜」とか。

体の自由が効かなくても、たとえ指先がちょっと動かせるくらいであっても、
子どもが自分で見つけた表現の喜びを、ちょっとでも形にすることが出来たら、そこからどれだけの感動が得られるか!

今までものすごい数の子どもとの現場を作って来て、
そうしたことを頭でわかっているつもりでいて、
しかし、光明学園の15メートルキャンバスの9回のセッションで、
明快に気付かされた。


セッションの最初の方で、15メートルの中でボクがコミュニケーションを焦って描いてしまった女の子の顔が、最後のセッションまで所在無く放置されていたのだが、色ぬりの範囲を徐々に徐々にと広げてきた1人の女の子が、最後に塗る方向を変え、ボクが描いた顔に赤い絵の具をベタ。
さらに皿から絵の具をボタボタボタ〜と垂らし「やり切った!」て顔を見せた。

その瞬間作品が完成したという実感がドバッと湧いてきたのですよ。


5mキャンバス

すごいな〜、子どもたちの力。

そうしたことを、視線を子どもたちと同じ高さに置くことで共有する喜び。

アートなんてものに求められることは、まずは視線の共有なのではないだろうか?

そして、「介助」「コミュニケート」「共有」
この3つのワードから見える子どもたちの風景の違い。
その違いは悪いことでは無く、発想を前に進める力だ。

そして作業は屋外へ。

高校生とのリアルな壁の前での壁画制作。

・この前を歩く街の人がハッピーになる壁画にしたいこと。

・そのためには、自分で描きたいというものを思いっきり表現する必要があること。

・しかし、学校の勉強では無いから、上手いとか下手のジャッジは無いこと。

・ならば、オシャレであるとか、カッコいいとか、自分が元気になれる言葉で絵を描けばいいぜ!

みたいな呼びかけの元手を動かしてもらったら、
やっぱりハッピーなものが生まれました。



が、時間が足りず放課後、そして日を改めての3度のセッション。

初日は休んで、最後の日だけ参加した女の子が、
なかなかすぐにアプローチ出来なくていて、
先生方は「好きなもの描いていいんだよ」なんてお声掛けしてくれてたけど、
ボクは「無理してやる必要ないよ」とただ待っていたら、
細い筆に黄色い絵の具をつけて画面にポチっと。


5メートルくらいの幅の中に黄色いポチひとつ。

が、それが一気に画面に命を吹き込むような、絶妙なポチで。

いいね〜!って伝えたら、

「はあ、そうですか」と、ちょっと安心した表情で答えてくれた。

そこから、壁全体を制圧するような作業が始まるんだよ。

子どものポジティブなマインドが生むものは、なんちゃーないタッチ1つであっても全て美しい。


俺は何に立ち会っているのだろうか。

が、さらに、
学校にも通えぬ病弱な体質で、コロナの影響もあり人との接触が極端に限られる生徒さんとのセッションが待っているのだ。

「会うことの出来ぬ子どもたち」とどのようにコミュニケートするのか?

自信などまったく無いが、ともかく手紙を交換するように、絵を交換して作品にしてみようと。

まずはその旨をはっちゃけたビデオレターを撮影し子どもたちに伝える。
(先生方もだんだんとワルダクミ体質になってくれている!)

で、そよ風分教室(成育医療研究センター病院に入院)の子どもの元に先生方が赴き(今はコロナの影響もありオンライン)学習指導するグループには「自分の好きなものを言葉で伝えて〜」と。

そしたら、
良く消毒された紙にドラなんちゃらやピカなんちゃらやエバなんちゃらや、ラーメンやら鍋焼きうどんやら、、
はい、全部ボクがモノクロのシルエットで描きましたぜ!


裏面にひと言ふた言メッセージを添えて送り返してやったら、
うわ!

なんか見たことないタイプの絵になって帰ってきたぜ!


それとは別に、なにやらカラフルな絵が届けられる。

“病訪”と言って、各地に散らばっている病院に先生が赴いて学習指導をする、
もしくは”在訪”と言って、自宅で療養しながら学習をする、
(でいいのか?分類が業界用語すぎて把握しきれないかも)

そんな子どもたちには、
「気合の線一本を描いてくれれば、そこから発想を広げて絵になるかも〜」
なんて投げかけだったのだが、

気合の線と一緒に色まで着いたのが突きつけられた。

むむ、どれも素晴らしく完成しちゃってるじゃん!




で、裏を見るとビッシリ、
どんな思いでこれを描いたか、何が出来て何が出来なかったか、
ビデオで見たアミイゴという人は変な人だと思ったなどなど書かれている。


これは先生が子どもたちの手となりという作業ではあるけど、
そんなん26枚も送りつけてきやがって!
愛死にしてしまうぜ、、
その前に泣いてるぜ、、

しょうがねえ、アトリエで1人子どもたちが描いているものを見ていたら、
地球の重力から解放されたように宙に咲く花が見えた。

そうか、しょうがねえ、と、全ての絵に花を描きこむ。

それが自分勝手なものにならぬよう、
コロナ自粛の春に描いた100点の花の絵を広げた中でね。


会うことのできぬ子どもたち。
しょうがねえ、俺は思いっきり絵で語るのだ〜〜
むむ??
なんだか風呂に浸かった後のような気持ちになったぞ。
そして生まれた花の絵。

冒頭の絵も含め、なんだか見たことの無いものが生まれたぞ〜
それはとてもセクシーで美しい。

「肢体不自由」というワードの中から、
「セクシー」なんて言葉が浮上してきた作業は、
あと数人の子供とのセッションを経て、
11月30日に壁画として完成させます。

ボクはイラストレーターを名乗り活動を続けていますが、
その目的は、世の中のみんなが自分の意思でものを考え、
自分なりのハッピーを形作る手助けになるものを創ること。
なんだろうな〜と。

そうしたことは、震災以降の10年弱の中で、目に見える形として実感してきて、
そうしたものを必要としている人も視野に捉えていて、

そうすると、今までのイラストレーションのあり方って変えて考えて行く必要があって、
もちろんこれからもイラストレーターとしてイラストレーションの制作は続けてゆくけど、
イラストレーションという発想を社会にシェアし、使ってもらうようなことも必然的にやってゆかねばならないのだと考えています。

それがどんなスタイルなのか、まだわからないけど、
でも、光明学園の皆さんが暑い中わざわざ代々木八幡まで壁画を見に来てくれ、
そこで自信の学園で行うことに確信を持ってくれ、コロナの状況を突破するシステム構築の元、関わる皆さんがちょっとずつスキルアップを達成しながら、壁画制作を実行したということ。

そこにはほとんどボクが筆を振るってこさえたものは無いのだけど、
なんだか美しものに出会え、関わる人の良い顔に出会えるものが生まれていることが、うれしいなあ〜。

あらためて、
こういうことって、福祉や学校という現場に限らず、必要としている場所はあるんじゃないだろうか。