‘ワークショップ’ カテゴリーのアーカイブ

90ヶ月め

2018 年 9 月 11 日 火曜日


今日は2011年3月11日から2,741日め。
391週4日
7年6ヶ月
90回めの11日です。

8月のある日、
塩釜にゆきました。

東日本の悲劇ののち、
一番の友人になってくれた水間さわ子さんとのお別れの式に参列。

こんなことをここに記すのはとても嫌なことだし、悲しいことだし、
しかし、こうやって毎月の11日にブログを書き続けていたことは、
こんな時、東日本の方と悲しみを共にするためなんだよなと、、

大規模な自然災害に対して無力な存在でしかないボクに、
水間さんはその51年の人生をかけて教えてくれたようです。

ボクは遺されたご家族の悲しみの大きさを語ることの出来る言葉を待たず、
ただ自分のことを無責任に語るに終始するばかりですが、

ボクが好きになる方は、
頑張り屋で働き者で、自分のことより人のことに夢中になるような人ばかりだと。

そんな人柄がその人生を縮めてしまうこともあるんだろう。

が、今はボクこそ頑張って、その喪失をこれからの人生の隣に置きながらも、
そんなひとりが生きていた時間を受け継ぎ、前へ進んでゆこうと、
なんとかそう出来るよう目の前の一個一個をやってゆこうと思います。

宮城県東塩釜の水間さんご一家の共栄丸水産さん、
並びに、東北の太平洋沿岸部で養殖漁を営まれるみなさん、
水間さわ子さんという方が、ボクという1人に与えてくださった「海に生きること」
そこから得られる想像力を絶やすことなく、
みなさんが丹精込めて作られるワカメや昆布や牡蠣を食いにゆきますね!


こうしてブログを書いている間にも、
猛暑や水害、大きな地震と続いたこの夏の日本です。

命の喪失の前に、やはりただ自分の無力を知るばかり。

被災された方やその周辺に暮らす方々に対して、
絵なんてものが力になれるようなことはずっと先となるはずです。

ただそれでも、
もし小さなお子さんをお持ちの方で、
1日の中でちょっとでも余裕を見つけることが出来ましたら、
お子さんと絵本を読むようなことをされてみてください。

きれいな絵と言葉で優しい物語が綴られた1冊。

それがたとえば被災の現場ではなく、ごく当たり前の日常の中でも、
どうしても生活に追われてしまう中、
お子さんに対する言葉もきついものを並べてしまいがちになる。

そんなことはほとんどのご家族の当たり前であり、
そうした生活のリアリズムに対して一々目くじら立てるようなことやっていたら、
日々はとても息苦しいものになってしまうはずで、
ボクの立場でそういったことを否定するつもりはありません。

ただ、そんな中でもお子さんとの間に心を寄せ合える絵本という形であったら、
ちょっとだけ深呼吸し、
そこに綴られた物語をお子さんと会話するようにして読んでくれたらいいなと。

これは長野県茅野市の今井書店の高村さんの受け売りなんすけどね、、

美しい絵本に綴られた美しい言葉をお子さんと共有するちょっとの時間。

絵があることでお子さんが何かを語る。
それを説明する必要もなく物語を語ることだけで、
お子さんとの間に豊かなコミュニケーションが生まれるのが絵本だと思うのです。

教訓や教養を得るなんて立派な目的である必要は無く、
「読み」「聞かせる」のではなく「見て」「語りあう」

人の命が奪われてゆく事態の中に置かれても、
すぐれた絵本の中には普遍的な物語が流れています。

それをお子さんと語り合うようにして楽しむことで、
物語は生きたものに、そして親子の物語へと育ってゆくはずです。


厳しい現実を前に何を呑気な、
そんなお考えの方もあると思います。

ただ、厳しい現実を前に頑張る親に対して、
子どもたちもまた、親に迷惑かけまい、ワガママ言うまいと頑張りすぎている場合があります。

そんな時に心優しい物語を親と子で訳あうことが出来たらなあ〜
そんなちょっとの瞬間に豊かな笑顔や涙を共有することで、
救われることはたくさんあるんだってこと、
これまでの東日本や熊本などなどでの経験から実感しています。

そんなことを考えながら先日は九州へ。 

「うちはここまで水に浸かったよ」
なんて会話をあちこちで聞きながら、
絵本を読んだりみんなと絵を描きました。

子どもたちとの小さな会話を積み重ねていった先で、
とても勢いのある綺麗な絵に出会えた旅。

必要とされる現場があれば飛んでゆきますよ〜!

9/9 福岡スケッチピクニックワークショップ

2018 年 8 月 25 日 土曜日


ボクの暮らす東京の渋谷区が全国に先駆け表明するダイバーシティー。
が、それより10年以上前に福岡で生まれた画期的なイベント、4度目の開催です。

アトリエブラヴォ・アミイゴ・ソネス
9月9日 スケッチピクニックワークショップ
AASツアーズ0泊半日福岡市動植物園への旅

9月9日(日)
受付:9:30~
出発:10:00
解散:16:00(予定)

集合場所:cafe sones
福岡市中央区薬院1丁目16−18−102
TEL:092-741-8287

参加費(sones弁当&缶バッチ付)
・大人2,500円
・小学生以下1000円
・未就学児無料(弁当ご希望の場合500円)

別途動物園入場料
・大人600円
・高校生300円
・中学生以下無料

主催:cafe sones
旅のお供:アトリエブラヴォ
絵のアテンダンド:小池アミイゴ

薬院のカフェソネスから動物園までみんなで歩いていって絵を描く、
アトブラのメンバーとの会話も楽し、のんびり半日ワークショップです。

「絵が描けない」という人こそウエルカム!
イラストレーターの小池アミイゴさんが絵が描ける魔法をかけますよ!

予約:cafe sones
TEL:092-741-8287
もしくは予約フォーム http://sones.cc/sones/form/
「9月9日予約」を明記の上、参加人数等お伝えください。

*画材等こちらで準備します。
*汚れてもよい歩きやすいオシャレでご参加ください。
*水分補給等暑さ対策をお忘れなく。
*アレルギーのご心配ある方はご相談ください。

当日「暑すぎる!」「雨だ〜、、」などなどの場合は、
わざわざ動物園にゆくことはせず、
しかしみんなで楽しく絵を描くことはやりますね〜

そんなこんな、現場のみんなとのコミュニケーションでしなやかに判断。
これぞ福岡!って人と人との関係性が生きるイベントでありたいです。

前回開催、2015年5月の様子
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=11282

88ヶ月め

2018 年 7 月 11 日 水曜日


今日は2011年3月11日から2,679日
382週5日
7年4ヶ月
88回めの11日です

こうやって毎月日数をカウントしてきて、
しかし、
大阪北部地震に遭われた方は、
2018年6月18日からの3週間ちょっとを、
振り返る余裕もなく今を奮闘されているであろうこと。

西日本豪雨に遭われた方は、
ここ数日なにかを考える余裕も無く、
恐怖と不安の時を過ごされていること。
もしくは、
2018年の七夕の夜が「恐怖と不安」で語られるであろうこと。

ボクはボクの想像力が追いつかないでいることにイラつきながらも、
今この瞬間困難に置かれている1人ひとりを想像し、
ボクのようなものでも誰かの力になれる瞬間があることを信じ、
いつもと変わらぬ毎日を大切にして過ごしておきます。

その前に、東日本に思いを寄せた絵を描いておきました。
なにか役に立つようなことがあればご自由にお使いください。

大きなデーターで必要な方はメッセージいただけたらです。

こんな絵を思いついた背景には、
関西で暮らす友人がボクのFBのポストに寄せてくれたコメントがあります。

お蔭で雨あがりました。
青空が、夕焼けが、俯いていた人々の顔をこんなにも上げさせるって知らなかった。

東日本大震災発生直後の宮城県塩釜の生産者さんは、
時が来て漁を再開した際、見上げた空を以前と変わらずカモメが飛んでいる姿に、
自身のなんたるかを確認したようなことを、ボクに教えてくださいました。

雨もあがり、見回せば自身の無力に押しつぶされてしまいそうな現実が、
洪水の水以上に押し寄せてくるのではないかと、
やはり足りぬ想像力を働かせてそう思います。

ただ、1日のどこか、わずかな時間でも空を見上げる余裕が生まれたらいいなと。

そんな簡単に思えるようなことでも、1人でいては叶わぬ場合もあります。

もしわずかでも心に余裕を見つけることの出来た方があれば、
身近の方へのちょっとした声掛けを大事に、
一緒にちょっと空を見上げてみる、そんな時間が生まれますよう、
こんな絵がそんなちょっとしたことに役立ってくれたらいいなと願っております。

大変暑い季節です。
被災された方も、それを助ける方々も、どうぞご自愛のほど。
ボクもやれることやってゆこうと思います。

先日は去年に続き「よよぎえほん」
渋谷区の”かぞくのアトリエ”主催で長野県茅野市の今井書店の高村志歩さんの講演、
『絵本でのびる子どもの力』がありました。

親が子どもと絵本を介し交わすコミュニケーションの「甘やかな記憶」
そうすることで子どもが手にすることが出来る想像力と言葉の力。

自然災害に遭ったお子さんが受けた恐怖を、
一気に晴らすことは難しいことなんだと承知しています。

ただ、生活の中のちょっとした時間で、
名作と言われる絵本を親子で共有することが出来たら、
お子さんの心はその時間分救われるんだと思います。

それがどんな「ためになる本か」なんてことはどうでもよく、
しかし、美しい絵と言葉の綴られた、
親と子の間で豊かな会話が生まれるものであったらいいなと。

高村さんの講演を聴きながら思いました。

高村さんはさらにこう続けました。

「母なる者の手を持った大人たち、子ども達に深い物語を届けましょう!」

子育てというものがお母さんひとりの力では叶わない時代にあって、
子どもに関わる大人がどんなマインドを持ち、子どもになにを与えたらいいのか、
端的に語っていると思います。

これは自分の仕事にも関わっていること。
今この瞬間なにが必要されているのか、
たえず耳をすませ、自分の中に落とし込んでゆこうと思います。

以下身近な場所の出来事をちょっと。

ボクが暮らす街にある20メートル×4メートルの壁面2面を、
息子の通う小学校の生徒全員とボクとで描くことになり、
先日は、小学校のオヤジグループで掃除を下地塗りを行いました。

息子の小学校のPTA会長sさんの発案で、
後々は学校カリキュラムの中でも時間をとっていただき、
このエリアの町会のみなさんや、
壁面に関わる電鉄や渋谷区や東京都、
画材総合卸しのバニーコルアートさんなどのご協力のもと、
それがみな並列に置かれるような関係性で、
渋谷区のある街に子どもたちの故郷を創るイメージ。

素晴らしい壁画を生まれることと共に、
それがどんなコミュニケーションのもと生まれたのか、
壁画完成の後、そんなコミュニケーションのあり方を「とみがやモデル」と名付け、
それを必要とされる地域にシェアしてゆくことまでも目標にしています。

壁画は2019年末あたりを目指して、ゆっくり姿を変えながら描かれてゆきます。

代々木八幡駅、山手通り高架下の20メートルの壁2枚、
その前を通り過ぎるみなさんに楽しんでいただけたら幸いです。

もしくは、
今の白い壁の前で写真をパチリ。

ハッシュタグ
#八幡白壁 #とみがやモデル
インスタにポストしてみてください〜


そんなこんなで、ここ数ヶ月地域の先輩方とコミュニケートすることが多く。
地域のお祭りで「提灯絵付けワークショップ」なるものまでやっております。

以前は、代々木八幡の例大祭になると、
街中にズラ〜〜っと提灯が並んだのですが、
徐々に、徐々によ減ってゆき、今はほとんど提灯が並びません。

ならば、地域の子どもたちが絵をつけた提灯が並んだら、
それは子どもと地域の先輩方を結びつけるとともに、
やはり、楽しいよね〜〜!って。

とりあえず実験的に始めています。

こんなアイデアがうまくいったら、
東北や西日本の小さな街とかにも持ってゆけたらいいな。

そう出来るようにも、
まずは自分の足元から。

88ヶ月めの自分。
足場がしっかり見えてきました。

はるのあまくさ

2018 年 5 月 28 日 月曜日


4月19日から23日までの5日間、天草に行ってきました。

昨年8月に、やはり5日間滞在した天草。
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=13236

夏の天草の魅力に触れ、ならば春の天草も知りたいと願い、
前回お世話になった天草市役所若手職員とのコミュニケーションも密に、
ボクがイラストレーションを提供した天草市役所職員の名刺で発生したギャランティの一部を還元するイメージで、
今回の天草行きを実現させました。

ボクの目的は、
・春の天草を感じること。
・市役所若手職員とのワークショップ
・天草の子どもたちとのワークショップ
・牛深のハイヤ祭り

加えて、天草市職員が用意してくれたのは、

・イルカウォッチング
・かかし祭り視察
・天草キリシタン館でキリシタンの歴史学習
・ハイヤ祭り前夜祭観覧
・ハイヤ踊り参加
・牛深での熊本県高森町との交流会参加
・市長さんへご挨拶
・副市長さんへご挨拶
その他などなど5日間シームレスなスケジュール。。
ハタチから30代前半の若手職員、
なかなかのハードワークを課してきますね〜!
イエイ。

去年は台風の影響で利用できなかった天草エアを利用し、
福岡空港から30分ほどのフライトで天草へ。

有明海、諫早の干拓地、島原雲仙、そして天草。

熊本県天草地方だけど、東シナ海と不知火の海に挟まれた天草は、
沖縄から奄美、鹿児島、長崎と連なる海の交易路の拠点というイメージ。

面白いな、天草。

天草空港に降り立つと、なにやらいい匂いがします、春の天草。

『採りたてのタケノコの皮を剥いだ時に香る瑞々しくも甘い匂い』ってイメージ。

海の近くにまで迫る山を見上げれば、
他の土地ではあまり目にしたことのない柔らかな緑。
黄色っぽく見えるところは、マテバシイなどの開花時期ってことなのか?

ともかく『緑の甘い香り』というものを初めて味わったボクです。

この香りに出会い、
春の天草を知ってみたいと思った直感は間違いじゃ無かったと確信。

「天草」の名前の由来を調べてみると、
・古事記に出てくる「天両屋(アマノフタヤ)」という島が天草のとことで、そこから転化した。
・天は海士(あま)の意で草は民草という意味。
・九州を中心として海浜に居住し、漁を生業として居た民族の島だったことからついた名ではないか。
・島に牧馬が多くいたため「うまくさ」→「あまくさ」に変化していった
・天草郡教良木に甘草が多かったため

などとあったけど、

たとえば、
その昔に船乗りが海の長旅の果てに春の天草に着いて、
この緑の甘い香りを嗅いだとしたら何を思っただろうか?

想像は尽きないなあ〜、天草。

そしてこの香り、天草滞在の5日間を通し、
山間の土地ではもちろん、街中でも海沿いでも感じ続けたのでした。

で、天草に着いた直後で天草市役所若手職員とのワークショップセッション。

去年の夏の天草アテンドは、
この小山薫堂さんのゼミ”N32″のメンバーによるものでしたが、
特に若い人たちは思いっきりカッチリとアテンドしてくれて、
それはそれで有り難かったのだけど、

大切なのは、これから天草の未来を創造してゆく彼らの、
職業を超えたところで感じる人となりってものが魅せてくれる天草だなと。

そんな「人に魅せる」ためのコミュニケーションの突破口として、
今回一緒に絵を描こうと提案しました。

結果、

ごくシンンプルな表現で描かれた「天草の甘い思い出」の絵、
その一枚一枚から、彼らに染み付いた天草の魅力をたっぷり感じることができました!

詳しいことは割愛させてもらいますが、
彼らの意識に通底する天草の海の色の美しさに出会い、
これはなにか素晴らしいものが作れるんじゃないかって確信を得ました。

で、なんつったって、ワークショップセッション終了後のみんなの湯上りのようは表情。
ボクの本当の天草は、彼らの笑顔からスタートするんだと思いました。

打ち上げ、呑んだな〜〜。。

2日目はイルカウォッチングなどなどから始まり。
もちろん、イルカとの出会いはたまらなくキュートなことなんだけど、
実は、イルカウォッチングに関わる人たちがそれ以上にキュートで、
そのユルさや大らかさが、やはり天草ならではと思えたり、
中国からの観光客がドバドバ参加した際の売り上げはどれくらい?
なんていう計算にクラクラしてみたり。

イルカちゃんたちも、この天草の人たがあってこと、
ハッピーにウォッチングされているんだろうね!

で、夜は天草の南端”牛深”のホールで、
牛深ハイヤ祭りの前夜祭「輝けハイヤの競演」観覧。

*牛深ハイヤ祭り
http://ushibuka-haiya.com

かなり疲れて眠かったのだけど、
いや、おもしろかったなあ〜〜!!

正調の本ハイヤ節だけじゃなくて、
ロックアレンジや和太鼓を入れたもの、
で、なんつっても古の宴会芸としてのハイヤを再現したもの。

すべてに通して言えるのは、
演ずるみなさん笑顔であること。

ハイヤ節とは、牛深に寄港した船乗りたちをもてなすために牛深の女性たちが歌い始めた唄です。古くから天然の良港であり豊かな海産物の産地でもあった牛深港は、日本各地に寄港する北前船などのシケ待ちの港としても賑わっていました。その酒宴の席で歌われ、江戸時代に全国へと広がったハイヤ節は、全国のおけさや甚句などのハイヤ節系統民謡のルーツとされています。

「祭り」というと「神様」と紐付けして、
ある意味地域をまとめ上げる機能のものって考えでいたけど、

牛深のハイヤは神様不在の「笑顔のおもてなし芸」だってことの面白さ!

面白いから日本全国に広がっていって、
場所によっては土地の神様が紐付けされて権威を纏うこともあっただろうけど、
牛深のハイヤはあくまでも大らかに、はじめましてのボクでも楽しませてくれちゃう。

ある市の職員さんとお話しさせてもらった際、
「ハイヤ踊りのYOSAKOIソーラン化を考えている」とうかがい、
「それはやめてください〜〜」と嘆願。

笑顔のおもてなしダンスであるハイヤ踊りは、
威圧的自己陶酔ダンスなイメージなYOSAKOIソーランでは無く、
これからも朗らかに大らかに続いていってもらいたいなあ〜

このマインド、今の日本が本当に必要としているものだと思うし、
そもそも、ソーラン節もルーツを辿ればハイヤ節なんだよね〜

牛深の方々〜、
ハイヤはハイヤとして今こそ日本列島を練り歩いちゃってくださいよー!


春の天草3日目は、牛深の公民館で子どもワークショップ。

牛深ハイヤ祭り当日ということで、参加者あるのか心配したけど、
来ましたね〜!天草ディープな牛深っ子。

古い公民館という素晴らしいシチュエーションに、
仕切りは市役所ヤングチームでも最ヤングな女子2人。

元気はつらつ過ぎな子どもたちに、
ソフトにフレッシュに対応してくれ、
結果、想像をはるかに超えた伸び伸びとした線と色彩が広がりました。

ネットを触れば日本中、てか世界中でほぼ均一な情報に触れられる時代にあって、
牛深の子どもたちは(崎津から参加の子どももいた)、独特の感性を持っているイメージ。

ボクがなにか与えるなんて以前で、世界の中でも稀有な感性を持っていて、
それをオトナが気づき、大切にしていってもらえたら、
20年後には『世界に誇れるささやかな文化』なんてものが醸造されてはいないだろうか。

そんな期待をしてしまえた子どもたちのエネルギーに出会えた現場でした。

この日牛深に来る前に、天草の大きなショッピングセンターに寄ってもらいました。

その利便性と共に、
土地の独自な文化を均一化させてしまうイメージもある巨大なショッピングセンターですが、

ハイヤ踊りや子どもたちとのワークショップを経験して、
天草はショッピングセンターの利便性と独自の文化を
社会の中で共存させゆける底力があるように思いました。

いや、ぜひそうしていってもらいたいな〜、天草。

この日も、観光ガイドに載っていない、なんでもない風景にグッときっぱなしのボクです。

このなんでもなさをキープすることは、大変なことなんだと、
自分の生まれ育った土地を思い、実感しています。

しかし、失われたものを取り返すことはさらに大変。

いや、どうしたってささやかでなんでもない風景なんてものは、
失われてゆくのでしょう。

ただ、それを愛した心持ちを失わないでいることで、
生かしてゆけるものはあります。

なんてことを、春の天草はボクに一生懸命語らせようとします。

そんな思いを抱いたまま、
夜は牛深のハイヤ祭り取材。

のつもりが、
市の職員さんに呑まされ「踊りますよね!」「ね!」と押し切られ、
踊りましたよ、ハイヤ踊り。

ハイヤの絵を描きたくてきたんだが、
踊ってしまいましたよ。。

でも、踊ってよかった!
1時間半の町内踊り歩きで足腰筋肉痛だが、
なるほどこれが牛深のハイヤ!

誰でもウエルカムで踊らなソンソン、
ヨイサー、ヨイサー

う〜〜〜ん!庶民から生まれた
『生きてる限りなんもかもあるさ、だからクヨクヨする前に踊っちまいましょー!』という哲学。
素晴らしいなあ〜〜。

牛深、アイルランドにもニューオリンズにもリオにも直結してるなあ〜。

あ、踊っていたので写真ありません。。

絵を描くためには、また行かねばだ、牛深。

で、そのまま牛深と熊本県高森町との交流会参加、深夜まで。
またまた呑んだなあ〜〜〜。。。


で、春の天草4日目。

昨晩の酒が、、と心配しながらも、
ハイヤ祭りの1つのクライマックス、
漁船のパレードに参加させてもらいました。

海の無い群馬と海のある千葉の暴走族の違いが、よーく分かった。
いや、海に生きる人々の誇り、素晴らしい!

春の天草の海の風、気持ちよか!!

こんな経験をさせてもらって初めて
天草の人たちが語る「天草のここを見て!」を実感として掴むことが出来ました。

と同時に、
生活の中になんでもなく存在する人の作る小さな風景ってものに、
さらにグッときてしまったです。

うん、どっちも天草。
素晴らしい!

そして牛深から本渡に移動。

ここが本来一番の目的、本渡の子どもたちとのワークショップ。
天草一番の繁華街であったアーケード街”銀天街”で
空き店舗になっている元化粧品屋さんが現場です。

当初「定員20名」で、
ちょっとくらい増えても大丈夫なんて話をしていたけど、

天草に着いてから予約がどんどん増えている連絡が入り、
その度に画材の買い出しとかに奔走、、
結果、予定の倍以上の子どもたちが集まりました。

天草の子どもたち、放っておいても力を出せる子たちです。

この辺、ここ1年で向き合ってきた都会の子どもたちとちょっと資質が違う。

で、もちろんこれだけ人数いたら、めちゃくちゃふざける子も、
アプローチがなかなか出来ない子もいるんだけど、
その個性が明快に見えるということでも、天草素晴らしいなと。

ボクのやってることは教育じゃ無いので、
絵が描けない子は無理して描くことはなく、
この状況で自分の居場所を見つけてくれたらまずはOK。

そうできるためには、
ボクだけでなく、見守っている親御さんがどう子どもたちに接するかが大切で、

これは福島の柳津でワークショップでも語ったことだけど、
オトナは子どもたちに自由を与えるんじゃなくて、
子どもたちが自由になれる現場を造ることが大切なんだなと。

子どもたちがダンゴムシのようなカッコして絵に没頭している限りは、
ただ見守っていれば良くて、
興味が薄いようであれば、まずは次のアクションを待っていれば良いし、
飽きてしまったら、しょうがないと思ってもらえばいいし、
ただ、みんなが描いているのを妨害するような行動があれば、
それよりもっとカッコいいことがあることを確認しあってくれたらいいな。

そんな考えでやってみたら、
やっぱすごいのが生まれちゃうんだよね。

写真の絵は「アミイゴさん」だって、、

こんなん、オトナが描かせようとしても描けるものじゃない。

そして、ハイヤ踊りの絵!

素晴らしいなあ〜!

この部分、綺麗に撮影して、天草のポスターとかなにかに利用したらいいね!

っと、、よく見るとチョイチョイ版権で言われちゃいそうなキャラが、、

でも、ほんとこんな力強いものは、社会で共有してもらいたいし、
育てていってもらいたい。

で、ヘロヘロに疲れてワークショップ終了。

天草のワルイ子ちゃんたち、すごかったよ〜〜〜!!!

で、
あらためて今回最大の成果は、
8月に出会って色々良くしてくれた天草市役所若手職員チームN32のみんなが、
夏には出会えなかった笑顔を見せてくれたこと。

市役所職員、市民の下僕としてキッチリとした仕事をしなくちゃなりません。
が!人を幸せにする施策を考え出す際は、笑顔の発想でいてもらいたいな。

それは独りよがりの笑い顔じゃなくて、
広い視野で見て出会った地域の大切なもの1つ1つが生んでくれる笑顔。

清く正しく質実剛健に、がしかし、しなやかにセクシーに寛容的に。
春の天草にはそんな多様性を受け止める力を感じたのです。

打ち上げ、
呑んだ〜〜〜。。。

カラオケも行ったなあ、、

天草5日目は朝イチでフライト。
天草エアで熊本空港トランジット、午後の羽田へ。

家から乗り換え4回で天草かあ〜〜。

天草のみなさん、ありがとう!
と語る前に、
もう「次どうします?」なんて連絡が届く。

この軽さ、日本を救うぜ!

俺の絵でポロシャツ作ってるし、
その売り上げでまた俺を天草に呼ぶって言ってくれちゃってるし。。

ところで、
銀天街で営業を再開した「まるきん」のたい焼きとコーヒー。

たい焼きっていっても、ほぼ洋菓子。
それもかなり上品な味わいで、コーヒーによく合う!
疲れた体と心にしみました。

「は る の あ ま く さ」

声に出してみると、
なんだかほっとしますね!

そんなこんなのきっかけ作り、
小山薫堂さんありがとう!!

天草のみなさん。
LOVEです!!!

「はるはあまくさ」
日本の常識に変えてゆきますね〜!

5/29旅の絵はがき教室

2018 年 5 月 6 日 日曜日


旅の絵はがき教室 −線1本からストーリーを表現できるということ−

5月29日(火)小山薫堂さんのオフィスに併設されるカフェ、
ORANGE BRAINERYでオトナワークショップ開催です。
https://orangebrainery.com/contents/79

●日時:2018年5月29日(火)19:30〜21:30
●登壇:小池アミイゴ(イラストレーター)
●定員:20名
●会費:3,000円(税込)※画材費を含みます
●申込受付: https://postcard.peatix.com
●服装:汚れてもよいオシャレでご参加ください。

ORANGE BRAINERY
東京都港区麻布台1-11-10日総第22ビル1F
03-3560-3727

“アイデアのまちあわせ場所”と訳される場所で、
いつもの粗野なボクのワークショップも「旅の絵葉書を描く」と素敵に訳されています。

天草のひとり2000円名刺プロジェクトや、羽田空港での「旅する日本語」プロジェクトで
ご縁といただいている小山薫堂さんとそのスタッフ。
今の時代に絵をイラストレーションをどう語り売ってゆくのか、毎回とても良い刺激を受けています。

まあ、ボクのやることはいつもと変わらず、
絵を通して1人ひとりと気持ちの良くコミュニケートしてゆくだけっす。

「わたし、絵が描けないから〜、、」なんて方こそウエルカム。
五月病治療くらいの気持ちで参加されても良いかもですよ〜

ORANGE BRAINERYには安西水丸さん直筆の巨大4コマ漫画が2点展示されてますしね〜

楽しくやりましょ〜!!