‘アトブラリミックス’ カテゴリーのアーカイブ

2006年4月2日 to 2016年5月21日

2016 年 5 月 13 日 金曜日

13233174_970732676315251_995895405_n
5月20日より静岡のノアギャラリーで展覧会「東日本」開催。
21日には、
地元の障がい者施設に通所するメンツと、
街一番のオシャレさんグループとボクとでセッション。

そんな発想の原点になった、
今から10年前の福岡で開催したスケッチピクニックのこと、
当時のブログから抜粋し、再掲載してみます。

あまりの衝撃とその面白さに、表現が適切でないかもですが、
自分の言葉に再会し、そういえばと再浮上する振り切れた表現の記憶。

その後何度も開催重ね、
さらに破壊的なイベントも企画開催していけた、
人の顔のよく見える福岡とう街ならではの発想のグランドゼロ。

さて10年後の静岡ではなにに出会うのかっ!?

113271331_48
みんなと動物園に絵を描きに行くために福岡へ。

cafe sones での何度目かのワークショップ。
「つなぐ色」てか「みんなで動物園に行って絵を描こー!」

ギリギリまで降っていた雨に翻弄されつつも、
にわかに晴れ上がった空の下、強風なんその、
sonesの弁当を持って動物園まで30分くらいのテクテクハイキング。

テクテク?

すげーダラダラ、、、

参加者約30名。
sonesの募集で10名くらい、
アトリエ ブラヴォ(!)からメンバー&スタッフで14名。
アトなんやかんや。
みんな立派にマイペース。

晴れた空に桜やコブシやらの花がキレイでやんす。

動物園到着。

まず弁当!!
作ってくれたM&Iさん、ゴメン、留守番させて、、
113271331_97

しかし旨い!
しかもミンナで!!
早くもビールな参加者も、、
あ~、もう今日は絵なんか描かなくったって、、

と、「ガオー!」と咆哮!!
アトブラのメンバーの1人がアザラシに対抗して吠える。

クソ、オレがやりたいこと先にやりやがって、、

と、
超恋愛体質アトブラ女子、さっそく染井吉野をも凌駕する恋の花を咲かせているではないか、、

う~~ん、どうも彼女にとってオレは永遠に恋愛の対象ではないらしい。

ハア〜、、
春はいつだってこんなだぜ。。

てか、みんなを「引っぱる」てより、
みんなを「眺める」のがオレの役割だもんな、、、

よっしゃ絵を描こう!!

「ともかく動物に驚いてみよう!」
「で、その驚きを紙からはみ出るくらいの気持ちでもって描いてみよう!」
「えっと、画材があんま揃ってないから、まずは黒とかの線でね、、」

アトブラスタッフの皆さんが準備してくれたこと、
ちょっとした水先案内にも助けられ動き出した時間。

ヤマアラシ!!デケーーー、、、てかハリ太すぎじゃん、、

バク、、、デケーーー、、、、しかし寝てるなぁ~。。

サイ、サイ、サイ、、、、

ホッキョクグマ、1月に死んだのか。。

アザラシ!!!鳴き声、、、ライオンじゃん。。

で、レッサーパンダ、寝てるし、、、

「ハイ、みんな集合!!」

「みんな絵を見せてー!」

「カーー、、みんな下手だねえ~~。。」

「ハイ!アトリエブラヴォのみんなのは?」

「クゥーーー、、、スゲー、、、」「オレ、絵を辞めたくなるわ、、」

では、みんなが描いた動物の色着けはアトリエブラボウのメンバーで、
アトブラの絵にはみんなが絵を着けてみよう!!

で、ビックリ!
全部傑作!!!

113271331_127

線画だけ見たら、
いわゆる「知的障がい者」であるアトブラメンバーの
ブレの無い世界にタジタジしてしまったのだけど、

ボクたちは「社会的障害者」なんだろな、
ボクたち「健常者」のまごついた線、
余計な情報が練り込まれた退屈に思える線に、
アトリエブラヴォのメンバーが色を乗せることで、
その線を描いた人の、今日出会った動物から感じた「驚き」だけがあぶり出される絵画世界。

逆に、
「今日出会った動物への驚き」+「目の前にあるアトブラメンバーの線画への驚き」でもって、
完全に吹っ切れた色使いを始めたワークショップ参加メンバー。

出来上がったモノは、もはやダレの作品なんて言えるものではない匿名性の極にあるもので、
これを純粋なアートと呼べるのかどうか分からないが、
しかし、コレを観た人はきっと元気になるんだろうな~、そんな作品たち、てか動物たち。

原画での展示は難しいかもしれないけど、4月14~23日のcafe week期間中のcafe sonesで、
このワークショップの楽しさが伝わる展示をしてくれるはず。
!)上記展示は10年前に終わってます。

写真はボクの線に、えっと、、ダレが色を塗ったんだっけ?

そんなこんなでまたテクテクダラダラ歩きでsonesまで戻り、お茶。
いや、ビール。

しかしアルコール以上に、みんなのパワーにクラクラしてたオレでした。

参加者のみなさん、ご協力下さったみなさん、
オツカレさま!楽しかったねえ~~!!

以上。

以下、
アトリエブラヴォの原田さんがこのブログに寄せてくれたコメント

アトリエ ブラヴォ職員でござります。
先日は楽しいワークショップありがとうございました。
メンバーはもちろんのこと、職員もきっちり楽しみました(笑)
実はあの日アトブラ職員は初めての体験をしたのです。
それはワークショップ参加者にメンバーを託してしまうといいうこと。
普段は外部に出ると職員が必ずメンバーにつきます。
でも今回はなしっ。
職員からメンバーは離れて純粋にワークショップを楽しもうと。
ドキドキでしたがメンバーの顔が全てを物語ってました。
参加者とメンバーの笑顔のいいこと。
勉強になりました。
人とのつながりが出来てしかも色のつながりも出来た。
いや逆で色のつながりで人とのつながりが出来た?
まぁ、楽しかったのでどちらでも…。
また何かしらやりましょう。
よろしくお願い致します。

アミイゴ返信

オツカレさま。
うん、オレもちょいと心配してたけど、原田さんのひとことでGOが出たり、
あとsones周辺のヤツらの自然なケアがね、助かるなあ~、てかあまりにも自然だからね。
みんなで作った時間だったね~。
で、原田さんが感じたこと、自由にやること、それに関して気が付いたことが沢山あって、
これは今度じっくり検証してみましょう。

それから、アトリエブラヴォをお誘いしてやりたいことが出来たので、今度連絡しますね~。

原田さん返信

また何かあったら仲間に入れてください。
障害者とか健常者とか、本当に意味がないなぁと感じた日でした。
これもアミイゴさんやソネスさんやソネスさんの周りにいる方の自然体があるかさこそです。
こういった方たちばかりだと障害が障害でなくなります。
そんな世の中になればと思ってます。
特に私の兄貴は障害があるので弟として、身内として想いは強くなります…。
でも福祉の押し売り、助けてくださいというスタンスはなしにしたいです。
自然体でいられること、普通が普通であることは難しいですがそれが表出すると今回みたいな楽しい出会いになると思います。
さっき決まりましたがNHK福岡にテレビ出演です。
次回、作品展の広報のためです。
出演時間はなんと4分。
みんなでお尻でも出しちゃいますか…。
福祉施設として伝説を作ります(笑)

アミイゴ返信

4分もですか!すごいですねー、テレビの4分。
先日の動物園そのものが映ったら、きっと伝説なんでしょうね。

先日思ったこと。
Kくんが動物の鳴き声真似てた時、みんなでゲラゲラ笑っていた風景。
そう言えば昔はあんなだったな、なんてね。

地域があった頃、地域のみんなで障害者をケアしてたこと。
ヒドイ言葉を投げかける輩もいたけど、
地域の誰もが、まずは障害者が存在するものとして認識している。
そして宝物のように扱っていた。
で、障害者の「普通と違う」行動や言動を「面白いもの」として笑えた。
そんな積み重ねの中で生まれた芸能や芸術は確実にあったはず。

もちろん地域ぐるみで障害者っをスポイルしてしまった、なんてこともあったけどね。

地域が(家庭も?)崩壊してしまった今、
それに代わる場所や人ととしてsonesがあること、
未来に向けて明るい可能性なんでしょうね。

ともかくブラヴォのみんな、真っ当に笑かせてくれます。素晴しい!

みんなで動物園に行きいろいろな色を塗った

2015 年 6 月 3 日 水曜日

11216358_376614405796403_1488287546_n[1]
5月10日日曜日の朝
ボクたちは福岡市の薬院という街にあるカフェ sonesに集まり、
動物園を目指し歩き出しました。

IMG_0419
一緒に歩く仲間は
福岡のアーティスト集団アトリエブラヴォのメンバーから4名
加えてスタッフの原田さん、松尾さん、田川さん。

そして、
アトブラのファンのみなさんとsonesに集う人たち。

総勢50名のアートな行進です。

IMG_2696
5年ぶり4回目の開催のピクニックスケッチの参加者は、
以前であれば夜の匂いのするメンツだったけど、
今年で開店18年になるカフェの企画は確実な世代交代のもと、
お子さん連れの参加者がともかく多い。

これまでなら、
『知的ハンディを持つアーティストと街の人たちとの奇跡のコラボ』
なんていうキャッチコピーで語れたイベントも、
今回はどんなものにしなければならないのか、
ゼロから発想するつもりで臨まなければです。

R0011053
ワークショップの道筋をいくつも想定しながらも、
参加者1人ひとりをながめ、なにがベストなのか探る動物園までの道。

福岡は生活しやすい街、
暮らしていて楽しい街です。

それでも街は思わぬ方に表情を変えようとするし、
今や日本中で語られる『子育にまつわる息苦しさ』や、
3月11日以降の社会で通奏低音のような存在する
漠然とした不安なんてものも感じるのです。

動物園でボクたちはなにが出来るのだろうか?

小さな子どもたちも無事に動物園まで歩き着き、
ゲートをくぐって園内の様子を確認したところで、
まずは歩いてきた仲間全員セーノで描くことが大切だなと、
仲間のうちひとりにモデルをお願いしてスケッチすることにしました。

IMGP5817
動物園で人物スケッチ

アトリエブラヴォのメンバー以外
「絵を描いていない」「絵が描けない」という参加者がほとんどの集まりで、
目的は「見ること」「面白さを発見すること」「感じた面白さを尊重し手を動かすこと」

IMGP0958
そう出来るよう、多くのレトリックを駆使し語ったり、
いっそいくつかの「自由」を奪ってしまったりもして、
ともかく見る。

そうして描かれたスケッチを見て
ビックリしたなあ〜
IMG_2698
みんな上手くはないけれど、
しかし確かな線で非常に面白い絵をものにしてしまっている。

「もしかしたらボクが魔法をかけた?」
なんて得意になってしまいそうなくらい面白い!

実際どんな話をしてどんな方法で描いたかは、
参加者が変われば話の内容も変わるので、
実際に参加して確認してもらえたらだけどね。
11225627_376648749126302_586753413_n[1]
明快に言えることは、
肩を並べてスケッチしたアトリエブラヴォのメンバーや子どもたちこそ、
何よりのお手本であったってこと。

IMG_0432
そして。
みんなで同じモチーフのスケッチをして、
そこで発見する喜びを手に出来たからこそ、
他の人の描いた絵への新鮮な興味が湧きだす。

並べたスケッチを見つめるみんなの視線の熱さに触れ、
今回ボクがやるべきことのほとんどは済んでしまったんじゃないかと思いました。

IMGP5850
そこからアトブラメンバーひとりと街のみんなとのグループを作り、
それぞれが動物園に散らばりスケッチ。

10995584_490293094456038_7145360102832581065_n[1]
「絵を描く」という共通の作業があるからこそ生まれる会話、
みんな楽しんでくれたみたいだね。

みんなが描いた動物たちもなんとも楽しそう。
しかし、ほんとにみんな絵が描けない人なのか??
11210247_376660815791762_1683381938_n[1]

そして昼休み。
R0011058
届けられたsonesの弁当をみんなで食べます。

IMGP5863
大人用と子供用とで準備された
街のカフェの作り手の顔が見える弁当は、
日曜日の昼ごはん一食を作らずに助かるお母さんたちに、
美味しさと共に安心も感じさせてくれるもの。

実はこの企画の2015年版の肝はこの辺なのかもしれないね。

あるよく晴れた日曜日、
ボクたちは動物園まで歩いていって絵を描き、弁当を食べた。

あとは「好きな色を塗る」という人生のサプライズが待つのみ。

IMG_0449
ボクはお役御免ということで、
ワルイ子のみんなと腹ごなしのガチ相撲!

そして
ついにスケッチに着彩!
R0011060
今回に合わせて、数々の画材を扱うバニーコルアートさんの本社まで行って
大量に買って来たアクリル絵の具「リキテックス」を思いっきり使ってもらいます。

「青絵の具、貸してちょうだい」
「ママ、えのぐのふたとって」
「肌色ってどうやって作るんだっけ?」

こういった現場で絵の具は、
たんなる画材ではなく、
コミュニケーションツールでもある。

IMGP5884
ボクがカタチにする現場でのことは、
「アート」や「芸術」なんて立派な言葉で呼んでもらう必要は無く、
しかし「この瞬間の参加者は、実に楽しそうに語らっているぞ〜!」
です。
IMG_2704

そうして生まれた動物たち(一部人間)は
その場で展覧会に。

11257624_376614565796387_1299073097_n[1]

こんな試みの中で、
普段絵を描き続けているアトブラのメンバーが筆を入れた作品は、
アトリエでは決して生まれない魅力の絵に昇華されていたし、
11259859_490293151122699_681861226389257344_n[1]

子どもたちが触れた作品は、
アトブラのメンバーでも表現出来ない原子な魅力でもって
オトナの心に迫ってくるし、
R0011079
(実際、この乱暴に描かれたヤマアラシの絵が好きだという人が多かったぜ!)

今回特に面白かったのは、
いつもならドツボにハマってしまうことの多い、
街のみんなの絵が素晴らしかったこと!

R0011062
こんな象、ぜったい描けないぞ〜

実は最後にちょっとボクのアドバイスが入った作品だけど、
そうするに至る手前で、
動物園がこの半日で風通しの良いコミュニケーションの現場へと育ってくれたからこそ、
押し付けで無いスムースな「絵の話」が出来、それが作品に反映したはずです。

IMG_2709

そんな現象が50名で造る群像のあちこちで見れた
アトブラ×アミイゴ×ソネス
AASワークショップツアー2015

ひとつの表現のもと、
ボクたちの中には健常も障害も無く
ただ、ひとつの表現を手にすることで可視化される
1人ひとりそれぞれの弱点なんてものに気がつく。

そんなボクたちはひとつの表現を共にする仲間なのだから、
お互いの足りてないものを補いあい、
1人ひとりが本当に主役として生きられるよう、
絵の具を絞る程度の勇気を持って踏み出してみる。

こうして生まれた絵の質感は、
今までのカフェカルチャー的端正な仕上がりというより、
良い意味で暴力的でキラキラとした力強さを感じさせてくれたというのが、
やはり2015年ならではないかという新鮮な発見。

そしてこのブログのトップにあげた写真に至る

よっしゃ、
まずは笑顔で帰ろうじゃないか!

R0011071

4度目の試みは確実に前回の発想を更新出来たし、
歩いて帰った先はちょっと未来の世界であったかもしれません。

IMG_0416

みんな、愛しい時をありがとう。
おつかれさま!!

そしてボクは、
こんな発想の試みが、日本各地の当たり前になればなあ〜と思うのだけど、
みんなはどうだろうかね?

R0011082

IMGP0968

R0011081

IMGP0964

2010
0510
PEACE!!

IMG_2720
今回の記事で使用した写真は、ボクが撮影したものの他、
アトブラスタッフや参加者が撮影したものからもお借りしました。
ご提供のみなさん、ありがとう。

博多どんたく山笠ワークショップ

2013 年 4 月 13 日 土曜日


4月8日は福岡で絵を描くワークショップ
アトブラリミックス2ビーハイヴセッション「美しき春の嵐」

130名だか40名だかの参加者のあった現場は
まさに春の嵐でした!

(さらに…)

社会を変える力

2012 年 12 月 31 日 月曜日


11月18日は世田谷の生活工房でワークショップ&トークショー。

生活工房ギャラリーで開催した
アトリエブラヴォ展覧会「きょうはなに描くとー?」
その最終日を飾るイベント。

福岡からアトリエブラヴォのスタッフで、
アトブラを有する施設JOY倶楽部プラザの服施設長を兼ねる原田さんをお迎えして、
施設の成り立ちから、「なぜアトブラはピースな空気を生む事ができているのか」まで、
タップリお話、そして会話の時を創りました。
(さらに…)

11/18ワークショップ&トークショー

2012 年 11 月 6 日 火曜日


世田谷区三軒茶屋の生活工房ギャラリーで開催中の
「きょうはなに描くとー?」街と人と絵描きたちのオシャレな関係、アトリエブラヴォ展覧会

その最終日にワークショップとトークショーを開催します。

ワークショップ&トーク・イベント「アミブラブラヴォ」

・小池アミイゴの誰でも絵が描けるワークショップ
・アトブラスタッフ原田さんが語る「街と人と絵描きたちのシアワセな関係」

・11月18日(日)13:00-16:00
・三軒茶屋キャロットタワー4F
 生活工房ワークショップルームA 

・参加費1,000円(お茶菓子付き)
・先着50名
*障害者はご本人と同伴1名に限り無料

【お申し込み】
・件名を「アトブライベント」として、
 (1)氏名,(2)年齢,(3)住所,(4)電話番号を明記のうえ、
 生活工房までメールまたは電話にて連絡くださいませ。

 ★メール info@setagaya-ldc.net
 ★電 話 03-5432-1543

◎イベント終了後、17時まで交流会も行います。

会場へのアクセス等は↓こちらを参照ください。
http://www.setagaya-ldc.net/

以下、
なんでこんなことをやるのか、熱く語っておきます。

今回の展覧会の目的の1つは、
アトリエブラヴォの完成度の高い作品を多くの人に知ってもらい、
心から元気になってもらいたいなあ〜というのがあります。

そしてもう1つの目的、
実はそれこそがボクが東京に伝えたいこと。

そのために展覧会のサブタイトルを
「街と人と絵描きたちのオシャレな関係」としました。

たとえば、
なぜ福岡の街を歩くと多くのアトリエブラヴォの作品に出会えるのか?

たとえば、
アトリエブラヴォの作品に触れると、なんで福岡のカッコいいオトナ、
その頂点からゴソッと知り合えてしまうのか?

たとえば、
雨の月曜日のまっ昼間に街中のカッコいいオトナが集まって
アトブラのみんなと絵を描くパーティーを開けてしまった秘密って?

そもそも、
これだけイラストレーションの仕事が少なくなってしまっている今にあって、
なんでアトリエブラヴォにはイラストレーションの仕事がどしどし舞い込むのか?

つか、なんでアミイゴは福岡まで行って彼らと絵を描いてるの?

今日本中で開催させてもらっているボクの「誰でも絵が描けるワークショップ」
それはアトブラとのおつき合いの中からインスピレーションを得て構築してきたものです。

今回のワークショップでは、
ボクが知的ハンディーをもった人たちとどんなコミュニケーションを重ね、
こんなワークショップを考えるのに至ったのか、
実際みんなで絵を描きながら伝えてゆけたらです。

そして!
アトリエブラヴォからスタッフの原田さんをお呼びしてのトークショー!

彼の持っている能力こそが「仕事を創造するチカラ」であること、
暴いてゆこうとワルダクんでいます。

東京まで遠征して「アートライブ」を繰り広げている
アトリエブラヴォのメンバーですが、
今回はそんなサプライズの部分は切り離し、
まずは壁面に展示された彼らの作品に出会いビックラこいてもらう。

そして、
アトリエブラヴォで出来ていること、
実は東京で創るべきなんじゃないか?
そんな発想に行き着いてもらいたい。

そんな発想は今の東日本に必用なものであり、
さらには、日本の未来を創造する発想なんじゃないか?

そんな考えを伝える現場にしたいんよ。

ボクたちはハンディ持った人たちの作品に出会い
「癒された」「元気をもらった」などと語りがちだけど、
いやいや、オレたちが「癒し」「元気を分け合う」1人ヒトリになるべき!

そんな裏メセージもあります。

生きるのにタフな時代だけど、
ボクたちは創造を続ける。

みんなが創造し続けることで
「障がい」や「福祉」というコトバの意味も変わってゆく?

そんな気付きと確認の現場。

ぜひご参加くださいませ〜!!