‘毎月11日の備忘録’ カテゴリーのアーカイブ

92ヶ月め

2018 年 11 月 9 日 金曜日


今日は2011年3月11日から2,802日め。
400週2日
7年8ヶ月
92回めの11日です。

と言いつつ、
今は11月9日で、会津若松の駅前のホテルでキーボードを叩いています。

明日早朝、ある仕事の作画のためのフィールドワークで奥会津へ。
その後、あらたに行う子どもとお年寄りを絵で結びつけるプロジェクトの現地へのご挨拶で、
さらに会津の深い場所へ。

そして明後日11日は、
とても仲良くさせてもらっている福島市の食堂ヒトトと、
ヒトトが使っている美味しい野菜の生まれる畑 大江ファームとボクとのコラボで、
畑の上でのワークショップを開催します。

そのため、きっと11日にブログをアップ出来なであろうと、
このタイミングで書いています。

そんな福島県移動の手前で、2冊の絵本の制作が佳境を迎え、
そのうち1冊は、さっき新幹線に飛び乗る直前で編集者との推敲を済ませてきました。

「うーこのてがみ」と題した絵本は、
水曜日の出来事を手紙にしたため、水曜日だけやっている郵便局に送ると、
誰か知らない人の使用日の出来事がしたためられた手紙が帰ってくるというアートプロジェクト、
鮫ヶ浦水曜日郵便局」に付随する形で発表されるものです。

もっともストーリーはボクのオリジナル。

震災後の塩釜で出会い、
何度か手紙をいただいた方の言葉から着想を得ています。

先日は鮫ヶ浦のある宮城県東松島市の宮戸島へ。

鮫ヶ浦周辺の自然や人の暮らしと出会い、
「鮫ヶ浦水曜日郵便局」に関わるみなさんと会い、多くを語ることで、
あらためてこの絵本の背景に塗り込むべきものを確認してみました。

絵本の作画が半分ほど進んだ段階でしたが、
ほんと、行ってよかったーーー!です。

ここでお伝えしたいことたくさんだけど、
まずはひとつ。

水曜日郵便局局長にして映画監督の遠山昇司さんとうかがった、
東松島宮戸島ガイドの木島さんのお家でうかがった、
2011年3月11日「あの日の」こと。

身振り手振りで表現される辛く悲しい出来事

木島さんの言葉を聞き、その身振り手振りに触れると、
ボクの心の中では被災はつい先日のことのようにして、
目の前の美しい風景を呑み込んでゆくのです。

ボクはこの土地を題材にした絵を描き絵本にする作業の真っ只中にあって、
あらためて、描くことの怖さと、しかし、だからこそ描かなければならないことを、
知ることが、出来たか、なあ〜〜〜、、

出来上がる絵本は、実にのほほんとした空気に包まれたもの。

そんなものを必要としてくれる人、
ちゃんと視界に捉えられるよう視野を確保しながら、
美しい絵本を作ることが出来るよう頑張ろうと思います。

東松島を下って塩釜では、
この絵本の着想を与えてくれた人のご家族とお会いして、
いろんなことを語ったな〜。。

この辺は絵本ができたらたっぷりと。

ただ、以前からお約束していた、塩釜で展覧会を開くこと、
来年3月に実現出来そうです。

その辺の情報も後ほど。

ただ、ここに至るまで、
東北の太平洋沿岸部に限らず、
東京で、熊本で、諫早で、福島で、会津で、
そのほかにも色んな場所で出会ってきた「ひとり」の顔を思い浮かべることの出来る、
あの日から400週たった今のボクです。

91ヶ月め

2018 年 10 月 11 日 木曜日


今日は2011年3月11日から2,771日め。
395週6日
7年7ヶ月
91回めの11日です。

描いたのは熊本県水俣市にある島子の漁港の夕暮れ時の風景です。

昨年“つなぎ美術館”での展覧会開催のため滞在した水俣。

群馬県生まれで東京で活動しているボクにとって、
実際に足を運ぶまでの水俣は、イコール「水俣病」であり、
それにまつわる過去の報道やユージン・スミスさんの写真で見るモノクロの世界でした。

しかし、実際に歩いた水俣はとてものどかで、
柔らかな色に彩られた土地でした。

特にこの島子の集落の美しさ。

入江の奥の漁港の海面が、鏡の表面のように滑らかで、
そこに映り込む山や集落、漁船の影が微笑ましくて、
外海である不知火の向こうに見える天草の島影が神々しくて、

そこに暮らす人にも、その向こうに暮らす人にも、
優しい気持ちをもって想像力を働かせることが出来ました。

夕暮れ時のことを、
その薄暗さの中に佇む人が誰なのか分からぬことから「誰そ彼その時」と呼び、
それが訛って「たそがれ時」になったというのは、
ハナレグミの仕事で知ったことですが、

1日の労働を終え、社会の一員から「ひとり」に戻るこの時間、
これがどれだけ優しく美しいものであるか、
それがその街に生きるための1番の魅力になるんじゃないかと思っています。

もしくは、その街の魅力にしてゆくべきと思っています。


昨年、今年と、魅力的と言われるポイントを隈なく案内していただいた、
水俣の対岸、熊本県天草市ですが。

いわゆる観光スポットと呼ばれる場所、
夕日の絶景ポイントと呼ばれるようなところ以上に心に響いたのは、
夕暮れ時の市役所近くの川の風景。

ボクを一生懸命アテンドしてくれた市役所の若手職員さんちが、
普段働いている現場のすぐそばのなんでも無い風景だけど、

そこには確かな人の気配が息づき、
しかし、それが誰であるのか分からぬよう「たそがれの光」が優しく包んでくれている。

自分の足で立つことの出来る場所で、
安心感に包まれながらも
自分までもが何者であるのかわからなく面白さ。

たそがれの街で自分を失い、
しかし、灯りの点された家に帰り我にかえる。

社会で生きてゆく上で、人は多くのものを背負わなくちゃならないのだけど、
1日の中でそんな「たそがれ」の時を持てることは、
長い人生を息切れせずに生きてゆくために必要なことなんじゃないかと。


昨年の今頃、やはり町内をくまなく案内していただいた北海道の斜里町。

知床の大自然や、活況を見せるシャケ漁や大規模な農業の現場、
斜里町の魅力は圧倒的ものでした。

それでもボクが心惹かれたなは、斜里川にかかる鉄橋の夕景。
なんでもない日常の、目の端に捉えられるかどうかの風景。

熊本の夕暮れ時と違うのは、
この「たそがれ」の後、外気は一気に下がること。

うっかりしていては死に至る寒さとの境目に置かれた一瞬の、
ピンと張った緊張感を緩めることなく佇む深い深い優しさの風景。

この街の人の優しさ温かさに触れれば触れるほど、
こんななんでもないたそがれの風景に心奪われ、
またこの街を好きになってゆくボクです。


やはり去年3月に歩いた、岩手県宮古市の田老地区では、
日中、震災の津波で甚大な被害を受けた漁港を去年の夏に描き、

しかし、他の土地を歩いて得た感覚をもって、
最近描き直しました。

生活インフラの整備や巨大防潮堤の建設が進む地区で、
しかし、住宅の再建は未だ手付かずといった印象で、
「この地区の黄昏時の風景が〜」なんて呑気なことは
語ることは出来ないでいます。

この絵を去年描いて完成したと思った時は、
もっとキラキラしていた水面ですが、
今回の描き直しでは、よりトーンを抑えつつ、
以前より海に深みを与えてみました。

「ああ、これがボクが見て感じた田老の海だ」と気がつくまで、
1年半くらいかかったということです。

田老では、工事関係者とすれ違い、
漁師のおじちゃんと一言二言言葉を交わすくらいが、
人との触れ合いのすべてでした。

いつかこの土地の「たそがれ」の景色に心奪われる日がくるといいな。

そう出来る日が来ることを願いながら、また足を運んでみようと思います。

天草では、まるで天草の人そのもののように見えた、
海沿いの道路の脇に咲くポピーの花を見ました。

震災からの復興
TOKYO2020に向けての開発

ボクの身の回りの世界の風景がググっと変わってゆく今、
街は「たそがれ」を失わないでいてもらいたと願うし、
そうあるよう街に暮らす1人ひとりが守るべきものがあると思う、
91ヶ月めの午後です。

この秋、各地で開催したワークショップのこととか、
ちゃんとアーカイブしておきたいことがたくさんあるのですが、
今日はちょっと、日本の各地で出会いお世話になった幾人かのことを思い、
言葉を紡いでみました。

90ヶ月め

2018 年 9 月 11 日 火曜日


今日は2011年3月11日から2,741日め。
391週4日
7年6ヶ月
90回めの11日です。

8月のある日、
塩釜にゆきました。

東日本の悲劇ののち、
一番の友人になってくれた水間さわ子さんとのお別れの式に参列。

こんなことをここに記すのはとても嫌なことだし、悲しいことだし、
しかし、こうやって毎月の11日にブログを書き続けていたことは、
こんな時、東日本の方と悲しみを共にするためなんだよなと、、

大規模な自然災害に対して無力な存在でしかないボクに、
水間さんはその51年の人生をかけて教えてくれたようです。

ボクは遺されたご家族の悲しみの大きさを語ることの出来る言葉を待たず、
ただ自分のことを無責任に語るに終始するばかりですが、

ボクが好きになる方は、
頑張り屋で働き者で、自分のことより人のことに夢中になるような人ばかりだと。

そんな人柄がその人生を縮めてしまうこともあるんだろう。

が、今はボクこそ頑張って、その喪失をこれからの人生の隣に置きながらも、
そんなひとりが生きていた時間を受け継ぎ、前へ進んでゆこうと、
なんとかそう出来るよう目の前の一個一個をやってゆこうと思います。

宮城県東塩釜の水間さんご一家の共栄丸水産さん、
並びに、東北の太平洋沿岸部で養殖漁を営まれるみなさん、
水間さわ子さんという方が、ボクという1人に与えてくださった「海に生きること」
そこから得られる想像力を絶やすことなく、
みなさんが丹精込めて作られるワカメや昆布や牡蠣を食いにゆきますね!


こうしてブログを書いている間にも、
猛暑や水害、大きな地震と続いたこの夏の日本です。

命の喪失の前に、やはりただ自分の無力を知るばかり。

被災された方やその周辺に暮らす方々に対して、
絵なんてものが力になれるようなことはずっと先となるはずです。

ただそれでも、
もし小さなお子さんをお持ちの方で、
1日の中でちょっとでも余裕を見つけることが出来ましたら、
お子さんと絵本を読むようなことをされてみてください。

きれいな絵と言葉で優しい物語が綴られた1冊。

それがたとえば被災の現場ではなく、ごく当たり前の日常の中でも、
どうしても生活に追われてしまう中、
お子さんに対する言葉もきついものを並べてしまいがちになる。

そんなことはほとんどのご家族の当たり前であり、
そうした生活のリアリズムに対して一々目くじら立てるようなことやっていたら、
日々はとても息苦しいものになってしまうはずで、
ボクの立場でそういったことを否定するつもりはありません。

ただ、そんな中でもお子さんとの間に心を寄せ合える絵本という形であったら、
ちょっとだけ深呼吸し、
そこに綴られた物語をお子さんと会話するようにして読んでくれたらいいなと。

これは長野県茅野市の今井書店の高村さんの受け売りなんすけどね、、

美しい絵本に綴られた美しい言葉をお子さんと共有するちょっとの時間。

絵があることでお子さんが何かを語る。
それを説明する必要もなく物語を語ることだけで、
お子さんとの間に豊かなコミュニケーションが生まれるのが絵本だと思うのです。

教訓や教養を得るなんて立派な目的である必要は無く、
「読み」「聞かせる」のではなく「見て」「語りあう」

人の命が奪われてゆく事態の中に置かれても、
すぐれた絵本の中には普遍的な物語が流れています。

それをお子さんと語り合うようにして楽しむことで、
物語は生きたものに、そして親子の物語へと育ってゆくはずです。


厳しい現実を前に何を呑気な、
そんなお考えの方もあると思います。

ただ、厳しい現実を前に頑張る親に対して、
子どもたちもまた、親に迷惑かけまい、ワガママ言うまいと頑張りすぎている場合があります。

そんな時に心優しい物語を親と子で訳あうことが出来たらなあ〜
そんなちょっとの瞬間に豊かな笑顔や涙を共有することで、
救われることはたくさんあるんだってこと、
これまでの東日本や熊本などなどでの経験から実感しています。

そんなことを考えながら先日は九州へ。 

「うちはここまで水に浸かったよ」
なんて会話をあちこちで聞きながら、
絵本を読んだりみんなと絵を描きました。

子どもたちとの小さな会話を積み重ねていった先で、
とても勢いのある綺麗な絵に出会えた旅。

必要とされる現場があれば飛んでゆきますよ〜!

89ヶ月め

2018 年 8 月 11 日 土曜日


今日は2011年3月11日から2,710日め。
387週1日
7年5ヶ月
89回めの11日です。

一昨日の夜に訃報がとどきました。

ボクに東北太平洋沿岸部の穏やかな海の上を飛ぶカモメを見せてくれた人。

2011年3月11日から1年10ヶ月ほど経った冬の日、
ボクは何度めかの東北への旅に出て、
その旅の最後でその方に出会いました。
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=8965

それまで「被災」というものを漠然と見るばかりであったボクが、
初めてなにを見るべきかのフォーカスを得て、
見たものを自分の中に沈め、肉体化することが出来るようになったのは、
彼女と出会いがあったからです。

震災後よく言われた「逆に被災者から元気をもらっちゃいました」

この言葉に違和感を感じ続けていたボクが、
彼女と出会ったら、もらっちゃったんだよな、、元気を。

港の復興市場のご家族で営む海産物の直販所で働いていた彼女から
美味しい海の幸をご馳走になり、海に働く素敵なご主人を紹介され、
そんなこんなのお礼にシロツメクサを描いたポストカードと、
鉛筆で描いたカモメの絵のポストカードを手渡しました。

東京にもどると彼女から手紙が届きました。

便箋2枚に丁寧な文字で綴られた彼女の物語。

二十歳の時に保育園に勤めることになり、
その出勤初日、送迎バスに不安な気持ちとともに乗り込む。

バスが走り出す時、窓の外にシロツメクサが咲いているのが見えて、
不安な気持ちが少し和らぎ、大丈夫だと思えたこと。

震災直後、津波被害に遭ったご家族で営む養殖場までゆくも、
被害の甚大さにただ途方にくれていると、
頭の上を、震災前と変わらずカモメがあっけらかんと飛んでるのが見えて、
やはり不安な気持ちが少し和らぎ、大丈夫だと思えたこと。

そして、
ご主人をとても信頼し愛していること。

そんなこんながとても気持ちの良いリズムの文体で綴られていて、
震災のなんたるかを知ろうと東北を巡っていたボクは、
思いがけず「ひとり」に出会い、

ボクが描いてゆくべきものも、この手紙に綴られているような、
日常のなんでもない風景であるべきなんだと、
それまで続けてきたことに確信を与えてくれた出来事となりました。

そして、ボクは彼女が見上げたカモメを見なくちゃって、
3ヶ月半後にまた彼女や彼女のご家族の働く海まで行って、カモメを見て、
彼女の手紙の行間から感じた色彩や光を反映させたカモメの絵を描きました。

このカモメの絵は、ボクの展覧会に多くのお客様を呼んでくれ、
遠い東北の海から海産物ひと箱を抱えた彼女も呼んでくれ、
「とうだい」という絵本の仕事も呼び寄せてくれました。

ボクはボクの家族を彼女の家族と会わせたいと願い、
その年の秋にまた彼女の働く海に向かいました。

特別なことがあるでは無く、
息子が港で知らないおじさんにソフトクリームをご馳走になったり、
街を歩いて落ち葉を踏むことに家族3人で盛り上がったり、
そんな静かな旅がうれしかった。

そうしてボクは彼女の友人になりました。

ボクが絵を描いた本の中に、彼女が投稿した「水曜日の出来ごと」が載っていたり、

彼女のご家族が育てているワカメのパッケージを請け負ったり、

そのお礼にってすごいもの送りつけてきたり。

peaceてぬぐいの活動にも、美しい文章を添えてくれてました。
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=13549

彼女は気っ風の良さと茶目っ気を併せ持つとともに、
人を惹きつける文才やマーケティングのセンスがあり、
ご家族が奮闘する地域のブランド力を高めるアイデアをいくつか持っていて、

ボクはそんな彼女の夢の実現をイラストレーションや絵で応援してゆくことを、
個人的復興の姿と考え、いくつかのことを進め始めたところでした。

また、彼女が見せて描かせてくれたカモメの絵の2代目が、
現在羽田空港に飾られていることをとてもとても喜んでくれて、
いつかそれを見ることを夢のようにして語ってくれていました。

絵を描いて仕事になって、
それがこんなにも喜んでもらえるものになるんだって!!

彼女との出会いがボクのイラストレーションの進む方を教えてくれたし、
ある意味彼女こそが「とうだい」のようでもあり、
ボクは東北への用事がある度に、電車を乗り換え、遠回りして、彼女の家族の働く場所を目指し、
さて、今の自分はちゃんとものが見えているのかを確認していたはずです。

あの日から7年5ヶ月の手前で若くして急逝されてしまった。

その後の2,708日の日々。

こうして書き出してみたら、
書ききれぬものも含め、思ってた以上に色々あったんだと驚いている。

そして、
その少なからずのものがバトンとしてボクに手渡されている実感はある。

が、

今は、、

2018
0809
2020
R.I.P Sさん

2018
0811
PEACE

88ヶ月め

2018 年 7 月 11 日 水曜日


今日は2011年3月11日から2,679日
382週5日
7年4ヶ月
88回めの11日です

こうやって毎月日数をカウントしてきて、
しかし、
大阪北部地震に遭われた方は、
2018年6月18日からの3週間ちょっとを、
振り返る余裕もなく今を奮闘されているであろうこと。

西日本豪雨に遭われた方は、
ここ数日なにかを考える余裕も無く、
恐怖と不安の時を過ごされていること。
もしくは、
2018年の七夕の夜が「恐怖と不安」で語られるであろうこと。

ボクはボクの想像力が追いつかないでいることにイラつきながらも、
今この瞬間困難に置かれている1人ひとりを想像し、
ボクのようなものでも誰かの力になれる瞬間があることを信じ、
いつもと変わらぬ毎日を大切にして過ごしておきます。

その前に、東日本に思いを寄せた絵を描いておきました。
なにか役に立つようなことがあればご自由にお使いください。

大きなデーターで必要な方はメッセージいただけたらです。

こんな絵を思いついた背景には、
関西で暮らす友人がボクのFBのポストに寄せてくれたコメントがあります。

お蔭で雨あがりました。
青空が、夕焼けが、俯いていた人々の顔をこんなにも上げさせるって知らなかった。

東日本大震災発生直後の宮城県塩釜の生産者さんは、
時が来て漁を再開した際、見上げた空を以前と変わらずカモメが飛んでいる姿に、
自身のなんたるかを確認したようなことを、ボクに教えてくださいました。

雨もあがり、見回せば自身の無力に押しつぶされてしまいそうな現実が、
洪水の水以上に押し寄せてくるのではないかと、
やはり足りぬ想像力を働かせてそう思います。

ただ、1日のどこか、わずかな時間でも空を見上げる余裕が生まれたらいいなと。

そんな簡単に思えるようなことでも、1人でいては叶わぬ場合もあります。

もしわずかでも心に余裕を見つけることの出来た方があれば、
身近の方へのちょっとした声掛けを大事に、
一緒にちょっと空を見上げてみる、そんな時間が生まれますよう、
こんな絵がそんなちょっとしたことに役立ってくれたらいいなと願っております。

大変暑い季節です。
被災された方も、それを助ける方々も、どうぞご自愛のほど。
ボクもやれることやってゆこうと思います。

先日は去年に続き「よよぎえほん」
渋谷区の”かぞくのアトリエ”主催で長野県茅野市の今井書店の高村志歩さんの講演、
『絵本でのびる子どもの力』がありました。

親が子どもと絵本を介し交わすコミュニケーションの「甘やかな記憶」
そうすることで子どもが手にすることが出来る想像力と言葉の力。

自然災害に遭ったお子さんが受けた恐怖を、
一気に晴らすことは難しいことなんだと承知しています。

ただ、生活の中のちょっとした時間で、
名作と言われる絵本を親子で共有することが出来たら、
お子さんの心はその時間分救われるんだと思います。

それがどんな「ためになる本か」なんてことはどうでもよく、
しかし、美しい絵と言葉の綴られた、
親と子の間で豊かな会話が生まれるものであったらいいなと。

高村さんの講演を聴きながら思いました。

高村さんはさらにこう続けました。

「母なる者の手を持った大人たち、子ども達に深い物語を届けましょう!」

子育てというものがお母さんひとりの力では叶わない時代にあって、
子どもに関わる大人がどんなマインドを持ち、子どもになにを与えたらいいのか、
端的に語っていると思います。

これは自分の仕事にも関わっていること。
今この瞬間なにが必要されているのか、
たえず耳をすませ、自分の中に落とし込んでゆこうと思います。

以下身近な場所の出来事をちょっと。

ボクが暮らす街にある20メートル×4メートルの壁面2面を、
息子の通う小学校の生徒全員とボクとで描くことになり、
先日は、小学校のオヤジグループで掃除を下地塗りを行いました。

息子の小学校のPTA会長sさんの発案で、
後々は学校カリキュラムの中でも時間をとっていただき、
このエリアの町会のみなさんや、
壁面に関わる電鉄や渋谷区や東京都、
画材総合卸しのバニーコルアートさんなどのご協力のもと、
それがみな並列に置かれるような関係性で、
渋谷区のある街に子どもたちの故郷を創るイメージ。

素晴らしい壁画を生まれることと共に、
それがどんなコミュニケーションのもと生まれたのか、
壁画完成の後、そんなコミュニケーションのあり方を「とみがやモデル」と名付け、
それを必要とされる地域にシェアしてゆくことまでも目標にしています。

壁画は2019年末あたりを目指して、ゆっくり姿を変えながら描かれてゆきます。

代々木八幡駅、山手通り高架下の20メートルの壁2枚、
その前を通り過ぎるみなさんに楽しんでいただけたら幸いです。

もしくは、
今の白い壁の前で写真をパチリ。

ハッシュタグ
#八幡白壁 #とみがやモデル
インスタにポストしてみてください〜


そんなこんなで、ここ数ヶ月地域の先輩方とコミュニケートすることが多く。
地域のお祭りで「提灯絵付けワークショップ」なるものまでやっております。

以前は、代々木八幡の例大祭になると、
街中にズラ〜〜っと提灯が並んだのですが、
徐々に、徐々によ減ってゆき、今はほとんど提灯が並びません。

ならば、地域の子どもたちが絵をつけた提灯が並んだら、
それは子どもと地域の先輩方を結びつけるとともに、
やはり、楽しいよね〜〜!って。

とりあえず実験的に始めています。

こんなアイデアがうまくいったら、
東北や西日本の小さな街とかにも持ってゆけたらいいな。

そう出来るようにも、
まずは自分の足元から。

88ヶ月めの自分。
足場がしっかり見えてきました。