‘毎月11日の備忘録’ カテゴリーのアーカイブ

106ヶ月め

2020 年 1 月 12 日 日曜日

今日は2011年3月11日から3,229日
461週2日
8年10ヶ月
106回目の11日です。

2020年が明けたばかりですが、
うっかりしていると今年もあっという間に2021になってしまいそうだし、
世の中がオリンピックで本格的にざわついてしまう前に、
今見ておきたいものを見るため、福島県いわき市の豊間のビーチをめざしました。


震災後毎年通って見てきた豊間から塩屋埼、薄磯や沼ノ内あたりの変化。

ここ2年は亡くなった父のことや仕事が立て込んだことで行けず、
今も年末年始とバタバタしていた中、ともかく今日行かねばと弾け飛んだ感じ。

東京からいわきまでのスーパーひたちの車窓から見える風景の中、
この8年で1番に感じた変化は、ソーラーパネルがとても増えたこと。

メガソーラーからJRの線路沿いの敷地や畑、個人宅の屋根に置かれたものまで、
ともかく目につきました。

ソーラー発電に関しては、山を無理やり切り開いたり、利権が絡んでいたり、
ネガティブな話を耳にしますが、
黒いソーラーパネルと親和性のある美しい景観を創造することも、
これからの課題などだと思いました。


いわき駅からタクシーで10分ほど移動し、途中からはランニング。
広々とした田園風景の中、海までの一本道をいつものように走ってみました。

震災直後から数年は休耕地が点在していた風景も、
今はしっかり人の手が入った農地であることがわかります。

真冬にしては寒くない陽気の中、海岸線までたどり着くと、
以前は大工事の途中として見えた防潮堤も、もうこれで完成なのだろうか、
今まで見たことの無い風景として塩屋埼の灯台のほうまで連なっていました。

防潮堤は2重構造で、海側にはコンクリートの護岸、
広くとった自動車道を挟んで緩やかな斜度を持った土手が”防災緑地”とし置かれ
そこから高台に向けて宅地が整備されています。


緑地は海側から潮風に強い黒松、
住宅側はこの辺りで自生しているクヌギなどの樹木が植えられ、
しかし今はまだ苗の状態で、これらが大きく育った時の風景はどうなっているんだろう?


震災から3年めあたりの夏。
確かこの辺で家のあった場所に向かって手を合わせている子どもを見たはず。

とても無責任にこの地を訪れてきたボクでも、
失ってゆくもののある8年10ヶ月の時。

震災前からここに暮らしてきた人たちの心を正しく知ることは、
なかなか難しいことなんだと、あらためて思います。

そんな感情の隣で、海の美しさに心奪われる自分もあります。

真冬の、そして満月の今日は大潮の太平洋。

日没までのわずかな時間の光の美しさ。

自然への畏敬と恋心。

津波の被害は甚大であるばかりで、今も言葉がみつかりません。

それでもこの土地で生きようとする人があることは「わかる」だし、
自分がここで暮らすイメージも持てた8年10ヶ月の11日でした。

そんなこんな、湧いてくる言葉はたくさんあるけれど、
ともかく描きたいなと思った今日でもあります。

ただ
「復興オリンピック」という言葉の整合性は見つけられなかったなあ。

105ヶ月め

2019 年 12 月 11 日 水曜日

今日は2011年3月11日から3,197日
456週と5日
8年9ヶ月
105回目の11日です。

10月31日未明に起きた首里城の火災は、
この場所を愛するボクにとって受け入れがたい出来事でした。

自分に出来ることは絵を描くことだろうと、
40号Mのボードに心象風景としての首里城を描きました。

こちらの絵はA2サイズくらいに印刷出来るデーターになっています。

今後チャリティーなどお考えの方でこの絵を使うアイデアのある方は、
無償で提供いたしますのでご連絡ください。

11月23日は、渋谷区代々木の”はるのおがわプレーパーク”で絵の具遊び。

9月30日に福島県福島市の清明小学校1年生と絵を描いたセッションの、
渋谷区へのおすそ分け企画。

福島からママさんに連れられやって来た3組の子どもたちと、
代々木の子どもたちとワイルドなセッションです。

代々木と福島の子どもたち、それぞれ経験も突破力ある子たちです。
その中でも特にコミュニケーション能力高い子がコアとなり、
オトナの思惑など蹴散らし破壊に破壊を重ねたクリエイティブな時間。

氷雨降りそぼる初冬の公園の水溜りに飛びこみ奇声を上げる子どもたちを見ながら、
母たちは代々木と福島の子どもたちの遊び場についてオープンに語り合う。

「フクシマ」というワードに言葉が出なくなってしまうオトナは今もいます。

ボクはそれを否定するつもりは無く、
ただ、子どもたちが元気に自分を発揮している姿に触れることで、
解凍さる言葉というものはあるなあと。

この日も福島県に対しての思い込みがいくつか解凍され、
「ではなにが必要なのか」という前向きな会話が交わされていましたよ〜

それにしても、
泥遊び用の着替えがゴソッとストックされている”はるのおがわプレーパーク”の底力!

代々木と福島とで経験のシェア。
このセッション、次はまた福島で開催されるかもね〜

そんなわけで、5メートルの壁画一気に完成!

福島チームは代々木八幡の銭湯にGO!!でありました。

ところでこの絵の具遊びは、
渋谷区が推進する”アロー プロジェクト”に紐つけしてありました。
http://shibuya-arrow.jp

渋谷駅周辺での発災時に、渋谷来訪者を一時退避場所である
青山学院大学と代々木公園にアートの矢印で導くプロジェクト。

リンク見てもらえたら分かるように、
イケてるアーティストが感性と筆を振り切るローカル最先端な発想。

が!こんなんこそ子どもたちとやったら楽しいだろうし、
前例をひとつ作っておけば、被災地なんて呼ばれているエリアに落としこむことも出来るだろうと、
区役所ご担当者に相談し、プロジェクトの名前をお借りし代々木にドロップ。

子どもたちが塗り込んだ絵には、
実は事前に矢印が描かれていて、

マスキングテープを剥がしてみると〜〜〜、

子どもたちのワイルドとのコントラストも眩しく一時避難所を指し示す矢印登場!
スタッフ一同「おおおーー!」な仕上がりと相成りました。

作画完成時、土砂降りの中わざわざ区長の長谷部さんも駆けつけてくれるも、
「矢印描いてないじゃん!!」などと、、
いやいや、まあ見ておいてくれと「USA」をダンスしながら代々木公園の方を指差しときましたが、
はい、やることやっていますよ〜!


福島と代々木の子どもたちとの「アロープロジェクトやってみた壁画」は、
来年1月いっぱいくらいまで”はるのおがわプレーパーク”物置小屋壁面にて、
西参道を行き交う人々に緊急時の避難所を指し示しつつ、
街にワイルド&セクシーに寄り添ってまいります。

本年度最重要案件、
宮城県の唐桑半島にある家族経営のお店”プランタン”様のロゴを制作。

この度無事に店舗に看板として設営したとの連絡を頂きました。

津波で流された店を、古民家再利用で店舗名も営業内容も改め再建したのが5年前。
ボクは友人の導きでこの店と出会い、ワークショップなど開催。

ご一家の地域に向けた愛ある眼差しとそれに伴う身の丈いっぱいに頑張る営業の姿に感激。
すぐにこの店のファンになりました。

「カラクワのプランタン」なんて聞いて、何かオシャレなものに出会うのか?なんて思うも、
行ってみれば人んちの居間。

「茶処」を謳う店内はどこまでも手作り。
が、トイレに美しく設けられたオムツ替えのスペースに、このご一家のなんたるかを見た。

なにより、提供される食いもんがうめーのよ。
カフェメシなんつー虚弱なものじゃねえ「ザ・食いもん」認定。

今回5年のタイミングで地域商工会などの助言と助成を受けてロゴの刷新や看板作りに着手。

あらためてご一家にとってこの店はどんなものなのか、
店名の再考なんてところから店を一軒立ち上げるくらいの会話や、
現状ご家族で行える接客のオペレーションの確認や、
未来のご一家のあり方も想像したコミュニケーションを重ねこんなロゴを制作。

が、なにか足りないなあなんて悩んでいたところ、海老茶色のご指定を頂きPC上で色変換。

ふわっと浮かぶご家族の顔!
お互いいい仕事したなあ〜!です。

今回のデザインには地域の「cafe縛り」なんてレギュレーションもあったのですが、
逆に『唐桑が今後必要とするデザインをこの店から発信』なんてことも込めています。

送って頂いた看板の写真を見て思うのは、ボクの考える「復興」という言葉の意味。

被災があり悲しいことも辛いこともあったけれど、どうにか生きる最低限の状況が整った後、
そこから未来を生きるためのアイデンティティを手に出来たパーソナルな心情。

国や県、大企業の描く復興からしたら些末なものでしかないだろうけど、
そこには人ひとりが生きてゆく意味が込められているし、
これは必要とする人にたやすくシェア出来ることでもある。

あの日から9年を前に掲げられた看板が、
地域再生の灯台の灯りのように見えたらいいな。

プランタンは春を意味するフランス語。
ここからまた新たなスタートだね〜
これからもよろしくねー!

プランタン
〒988-0534 宮城県気仙沼市唐桑町宿浦409-2
0226-25-8077
FBページ> https://www.facebook.com/prin.non/

104ヶ月め

2019 年 11 月 11 日 月曜日


今日は2011年3月11日から3,167日
452週3日
8年8ヶ月
104回目の11日です。

10月19日から22日までの期間で、
宮城県塩釜市、福島県喜多方市、群馬県富岡市と巡るご縁がありました。

それぞれの市の人口は今年の秋の時点で、

宮城県塩釜市
54,064人

福島県喜多方市
46,592人

群馬県富岡市
48,349人

5万人前後で似た規模の自治体、
被災地と呼ばれたり、台風被害が受けたばかりのエリアも含む自治体ですが、
それぞれの今にそれぞれの元気な姿がありました。

10月19日は塩釜市の杉村惇美術館で開催されたチルドレンズ・アート・ミュージアムで、
子どもたちと(一部オトナも)お面を作るワークショップセッションを開催。
チルミュ詳細> http://sugimurajun.shiomo.jp/archives/4335

チルドレンズ・アート・ミュージアムは、もともと岡山県倉敷の大原美術館で行われたものを参考にし、
倉敷と塩釜で人的な交流も重ね、今年で2回目の開催となるイベント。

地域に生まれた美術館を、どれだけ地域のものにしてゆくのか?

コンクリートの箱を造って、しかし地域のニーズに応えられぬでいる美術館などが見られ日本で、
しばらく使われずにいた公民館だった歴史的な建物を、リノベーションし美術館に変えた杉村惇美術館。

もともとの志がこれまでと違うスタートで生まれたはずで、
美術館に紐つく人たちがオープンで、塩梅の良い緩さもあって、
本来アートってこんな感じだよなと、
自分の表現の原点を確認出来るような場所でもあるように感じています。

そんな場所があること、
そこに美意識とコミュニケーション能力を持つ人が1人、2人と関わることで、
発信される言語も窓口となるデザインもより平易な表情になり、
美術館は、さらには地域は、こんだけ楽しそうな表情を見せるんだなあ〜と、
感激の現場、思いっきりハードワークしてまいりました。

打ち上げでは、日本の各地からやってきた、
アートに関わる人や子どもに関わる人たちと交流。
では自分は絵で何が出来るだろうか?
とても明快に考えることが出来たはずです。

明けて20日は会津の喜多方へ。
秋の東北の風景や台風被害の様子が見えたらと、
仙台からバスで会津若松まで移動してみました。

東北の秋はただただ美しく、
200kmほどの移動の間、目に見える台風被害の爪痕には出会わず、
しかし、こうしてのほほんと風景を楽しんでいる今も
困難な状況に置かれている人がいることへの想像がバスと並走していました。

日常の足元から視線を上げ美しきもの見る。
その美しさはその先に美しさにつながり、被災のヘリに至ります。

台風被害の実像は、顔を合わせてお話しする方の実体験だったり、
どなたかお知り合いが苦しい立場にあることが語られることで浮かび上がり、
ボクのようなものでも、当事者としての足場を得るように感じました。

美しきものと悲劇が隣り合わせにしてあること。
そのどちらにも視線を送り想像を働かせ続け、美しき人に出会うことは、
いつかなにかの時に人を助ける力へと育ってゆくことを、
2011年3月11日から今に至る時の中で経験し実感しているボクです。

喜多方では、喜多方市美術館で開催の、ボクの絵と生き方の師匠、長沢節先生の展覧会が開かれ、
美術館の企画としてボクのワークショップを開催しました。

喜多方はとても美しい町です。

会津に「北方」に在る喜多方ですが、
江戸から近代へと続く時代の中、会津と新潟を結ぶ交易の拠点として栄え
戦後の高津経済成長期を超えた先で、
ある意味ひっそりとその美しさを維持してきたような印象を受けます。

たとえば、街路に植えらた花が、華美に陥ることなく当たり前に佇んでいるような姿であること。
こうしたセンスって簡単に手に入れられることじゃ無いなと思うのです。

たとえば、ワークショップ終了後に見上げた空の深く複雑な色合いの美しさ。
こうしたものに日常から包まれ生きてこれたらからこそ育まれる美意識ってあるなあ。

だから、ワークショップに参加された方々の醸す色も複雑に深く美しかったです。

普段絵を描いていないなんて人が多かったけど、ほんとかな?

これなんか小学生の描いた絵だよ。。

今回のワークショップを企画してくださった学芸員さんは、
ボクが塩釜で開催した展覧会やワークショップも見にきてくださり、
とても丁寧なコミュニケーションのもと、この日を創ってくださいました。

うかがえば塩釜がご実家とのこと。

とても落ち着いた美しさを宿す喜多方市の美術館で、
市民のニーズに応え美術館という装置を生かすアイデアを創造してゆくことは、
美しくも人口減少などの社会問題を抱えている中、
社会にいかに持続可能な「生きる喜び」を創造するかというと重なるはずだと思います。

塩釜では、社会の中でなにか楽しいことを創造しようとする際のモチベーションが、
8年8ヶ月経った今も震災で社会が壊れかけた(壊れた?)ことへの危機感によって、
束ねられているように感じています。

この熱量の一部が喜多方で生かされるイメージを、
1人の学芸員さんとのコミュニケーションから得たセッションでもありました。

などと呑気なことを考えていると、
帰り道の郡山で台風被害の傷跡を目にし、自然というもの不条理を実感し、
旅先で出会う人たちが、これからも心穏やかに生きてゆけたらいいなと、
ただただ願うのでした。

そして群馬の富岡へ。

台風被害の片鱗に触れながらも、
やはり美しく長閑な風景の連なった先で友人の結婚式。

世界遺産富岡製糸所を有する街の市役所は、隈研吾氏のザインで建てられていて、
周辺の景観と共にとても気持ちの良い空間が生まれていました。

友人は群馬のアパレルのコミュニティの真ん中あたりにいて、
そこに音楽やアート、スポーツなのでコミュニティが緩やかに重なり合って、
なんだかオシャレでオープンな人の輪を形成しています。

オシャレにオープンに整備された富岡の街を、
今回は手作の結婚式という形で利用した彼ら。

オシャレにオープンに整備された富岡市も、
実は財政的に苦戦していることも伺った今回。

こうしたフレッシュな試みがさらに持続的に行われ、
富岡ならではの幸せの形を創ってゆけたらいいのだろうなと思う中、
同規模の街、塩釜でやれていること、そこに関わる人のあり方など、
愛しき群馬の人たちとシェアすることで、これからの活動が確かなものになるんじゃないか?
なんて思ったのです。

富岡に至る風景は、台風の傷跡も目に入るも美しく豊かで、
思いがけぬ変化を見せ連なる山の稜線は、目に新鮮な喜びを与えてくれました。

それはこの土地に暮らす人にとっては当たり前のものかもしれませんが、
やはり特別なことなことなんだと、東北を巡った後だからこと強く感じたかもしれません。

群馬の友人たちが同規模の人口を有する塩釜や喜多方を知る事で、
あらためて富岡を知ることにならないかなあ〜。

喜びや幸せのベクトルがグローバルな方向に束ねられてゆくようなイメージでいる今という時代。

本来は1人ひとりあっちこっちの方に向かっていいものなんだろうけど、
人と違うことを恐れる風潮や、そもそもの手っ取り早さとかで、
本当に願っている方か分からぬまま足を向けてしまっていることはあるなと。

そうした1人ひとりの漠然とした恐れみたいなものを、
生活が営まれているローカルコミュニティの中で醸造された美意識でもって、
1人ひとりの矢印はあっちこっちに向いたまま優しく束ね、
持続可能な幸せの形を形成出来る方に導くようなことやれたらいいな。

たとえば、絵やイラストレーションはなにが出来るだろうか?なんて考えた
宮城-福島-群馬の時でした。

いや、しかしいい結婚式だったなあ〜
感動した!
そして、楽しいことは愛に溢れ狂おしいほど馬鹿げたものがいい。

おめでと!エバちゃん。

ところで、
美しい本が届きました。
熊本の街の路地裏で、弱くも美しき人々の交差する本屋。
ボクにとっては、ビールの小瓶がどこよりも美味しく飲めるカウンターのあるカフェ。

橙書店のツッパリ店主 田尻久子さんが綴る、
橙書店の日々をオレンジ色に彩る人々の33篇の風景。

生きることに閉塞感を感じる時代にあって、
デカイ花火を上げるでなく、弱き人に視線を送り続け、ただ愛すこと。

こんな時代に自分が愛する本だけ売る本屋。
そこには並並ならぬ苦労と、ある意味の狂気さえあるでしょう。

が、こんな場所があるから生きてゆける人ばかり。

被災地と呼ばれる場所をめぐる中、
よく「熊本には橙書店てのがあるんですよ〜」なんて語ってきたボク。

「復興」という言葉の中には、
「こんな店と出会えるようになった」という物語があるはずと考えています。

よかったらぜひ手に取り、ページをめくっていただけたらと。

田尻久子さんにしか出来ないこともあるだろうけど、
それは「私にしか出来ないこと」と薄い壁ひとつ隔てたものだと思うんよね。

なんてことを思いながらページをめくると、なるほど、ボクのことも書かれています。

俺のなんたるかもザクっと掘り起こしやがって、、
晶文社より1650円でホロリリリース。
久子、ラブだぜ〜〜〜

103ヶ月め

2019 年 10 月 11 日 金曜日


今日は2011年3月11日から3,136日
448週
8年7ヶ月
103回めの11日です。

9月14日に台湾の取材から戻ると、
次の週末は宮城県塩釜へ。

震災直後から企画され8回めの開催となるフェス
GAMA ROCK FES で子供達の顔を描くワークショップを担当しました。

GAMA ROCK はm東日本大震災で被災した宮城県塩竈市を拠点に支援活動を続けてきた
同市出身の写真家・平間至とATSUSHI(Dragon Ash)が中心となって2012年にスタートした野外フェスです。

2013年1月に初めて訪れた塩釜。

そこで魅力的は人、ひとりと出会い、
その1人からさらに1人、1人と知り合ってきて、
残念ながら失われてしまう人もあったけど、
ともかく焦らず1人、1人とやってきて、
今年の春に大きな展覧会を塩釜の美術館で開催。

そのご縁が今回の参加につながりました。

フェスの会場では、これまで知り合いになってくださった方が気軽に声をかけてくれて、
そんな雰囲気の中で子どもたちと向き合えたこと、
このタイミングでこのフェスに関わられたことは、実に自分らしいことだと思えました。

また、このタイミングだからこそ、
息子を一緒に連れてこれたなと。

息子越しに見る塩釜、そして塩釜の人たち。
もしくは、8年前にこんなことがあったんだと、
街を歩きながら語れたこと。

あれからずっと、人ひとりでできることは限りがあるが、
1人だからこそ出来ることもあって、
それがどんなに些細なことでも継続してゆくことの必要を語ってきたけど、

まずは、その意味を息子と感じられた時間となりました。

そして、この歩みは未来に続く。

その前に、
10月19日、再び塩釜へ。

塩釜市の杉村惇美術館で開催されるチルドレンズ・アート・ミュージアムに参加。
詳細> http://sugimurajun.shiomo.jp/archives/4335

再び子どもたちと向き合って、一緒に楽しいものを作ります。

これから先の未来がどんなものなのか?
大人が言葉を詰まらせる

子どもたちが大人になる過程で、困難に向き合った時、
多少のことは自分の力で乗り切れる柔軟な強さを手にしてくれたらいいなと。

そのために、子どもの頃に思いっきり楽しいことを味わってもらいたと願っております。

そんな願いは福島でも。

9月30日の月曜日。
福島市の晴明小学校1年生、2クラス33人の子どもたちと、
思いっきりワルドな絵を描きました。

子どもたちと元気な未来創りたい。
子どもたちのママさんが企画し、
助成金の申請なども行い、
学校の親子交流会として開催になりました。

福島市の1年生、とても良い子!
日本のいろんな場所で子どもたちと接してきたけど、
1番くらいに整然としてるかも。

まあ、学校のクラスという単位なので、そうなのかもだけど、

でも、丁寧にワイルドに彼らの殻を破ってやると、
めちゃくちゃ元気で、ほんとワイルド!

こんなこと何度も経験する必要ないと思うけど、
でも1年生の今出来て良かったんじゃないかな〜〜

リミッター外したらどこまで出来るのか?
自分のサイズを知るところから、本当の優しさなんてものが生まれると思うんだ。

そんなことを信じつつ、お立会い下さったママさんパパさん先生さん、
楽しみや喜びを子どもたちと共有しながら毎日を進めてくれたらいいな。

ママさんたち、企画大変だったと思うけど、
お疲れ様のありがとう!

これは11月22日23日の東京代々木セッションに続く。

ところで、
ボクがこうして毎月ブログを書く中、
たまにフリー素材のイラストレーションをアップすることがあるけど。

この発想はイラストレーターの大先輩の和田誠さんから頂いたものです。

10年以上前、なにかの展覧会の後、青山のカフェでビールをご一緒させていただいた際、
突然「俺は戦争だけはやっちゃダメだと思っているんだ」と和田さんが語り始め、
「そういう俺の絵がインターネットてやつに載っていて、自由に使えるようになってるんだ」みたいな話をしてくれたのです。

和田さんは家が近所なこともあり、
イラストレーターの集まりの後、一緒に歩いて帰るなんてことが何度もあり、
そこで受けたイラスレーターとして、さらには人としての矜持は、
今ボクが生きる上でとても重要なものになっていて、
震災後の東北や熊本を歩く力にもなっていました。

そんな方の訃報が本日午後に届きました。

お亡くなりになったのは7日とのこと。享年83歳。

実は今日の昼前に息子と図書館に行って、和田誠さんが描いた絵本を借りてきたばかり。
やっぱ和田誠さん、一本の線で多くを語ってるなあ〜!なんて感嘆の昼メシ前。

悲しいなあーーーー

でもこの旅は続けてゆきます。
和田さん。

102ヶ月め

2019 年 10 月 11 日 金曜日


今日は2011年3月11日から3,106日
443週5日
8年6ヶ月
102回めに11日。

そして、台湾客家取材18日め。
東勢という街に滞在しています。

東勢という街は、
1999年9月21日の台湾中部大地震の直下にあって、
500名からの死者を出したとのこと。
(震災全体での死亡者は2400名以上)

東日本大震災から8年半の今日、
偶然にも地元の方がその被災の甚大さを分かる場所に連れていってくれました。

1999年9月21日の台湾の震災には、
1995年1月17日の阪神淡路大震災で経験を積んだレスキュー隊が駆けつけたこと、
ニュースで見た記憶がありました。
が!
東日本大震災の際、台湾から大きな義援のお気持ちを頂いたことは、
メディアを通して知っていて、「親日の台湾ありがとう!」という気持ちでいたとして、

では、1999年9月21日に台湾で起きたことに対して、
我々日本人がどれだけの知識を持っているのだろうか?

もしくは、
1935年、日本が台湾を統治していた時代に、
新竹・台中地震が発生して甚大な被害があったことは、
どれだけ当事者意識を持って考えられるのであろうか?

なんてことを思いました。

1999年の震災からの復興において、
東勢の街の方々の気持ちは「思い出したくない」ということが大勢を占めていること、
土地の方に教えていただきました。

台湾滞在18日で、日本と台湾との死生観の違いを感じていたところで、
“被災>復興” というベクトルで人が何を思うのか、
自分の発想や想像力の糧となる出会い。

地元の方のとディスカッションでは、

『被災に対してどんな考えがあろうと、悲しい出来事もこの土地で未来を創る若者たちの力に変えて行かねば』

そんな話をしました。

そして、
台湾と日本は海で隔てられているも、心と心同士は地続きでありたい。
地続きであるよう尽力したい。

そう思いました。

人ひとりの力ではどうにもならぬことが世の中にはあって、
しかし、人の良きマインドを束ねることで突破出来ることも、
確実にある。

20110911
19990921
PEACE!!!!