‘Peace手ぬぐい’ カテゴリーのアーカイブ

大阪池田のLargoでの展覧会はじまりました。

2017 年 2 月 20 日 月曜日


大阪池田のアートスペースLargoでの展覧会「東日本」と「とうだい」の原画展
2月18日より始まりました。

水曜日が休廊日で3月5日までの会期になりますが、
2階と3階のギャラリー空間をとても美しく仕上げられた自負しておりますので、
みなさまぜひ足を運ばれてくださいませ。


ラルゴさんでの展覧会開催はこれで3度め。

2013年の1度目の「東日本」の巡回
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=9168
2014年の2度目の「東日本」の巡回と「ちいさいトラック」原画展
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=10452
2015年3度目の「東日本」は巡回させず今回。

前回から2年8ヶ月。
「あれ、そんなに時間が経っていたっけかな? 」などと思うほど
毎回とても印象深い経験と人との出会いを与えてくれる場所。

今回もオーナーの遠田さんご一家、
とりわけお母様から絶大なるご厚遇をいただいての開催。

単に青山や横浜の巡回ではなく、
2017年2月の大阪池田にふさわしい展覧会にしなければと、
2015年の作品を交えた51点の作品で空間を創りました。


初日にはオープニングパーティーの代わりに「とうだい」の朗読。
これは遠田さんごご懇意にされている女優さんが勤めてくださり、
ボクはの「とうだい」の作画にまつわるトークの時間を設けていただきました。

が、
描いた絵を説明するのもヤボだなと、
集まった子供たちがゲラゲラ笑えることをやったり、
オトナに向けては絵を描くWS的な形で楽しんでもらいました。

設営からワークショップまでかなるヘトヘトになりましたが、
池田の人情商店街のギャラリーからクリエイティブななにかが生まれることこそ、
「東日本」なんて絵を展示する意味があるはずです。

で、展覧会の風景からちょっと。

2011年3月11日からそろそろ6年。

大阪池田の「東日本」と名付けた展覧会に足を運んでくださる方との会話の中で
「震災」と言えば「阪神淡路」であることが多かったです。

何人もの方とかなり真摯な言葉の交換をさせてもらいましたが、
今「阪神淡路」を語ることの健全さを痛感させられることばかり。

そこにはリアルな命の問題が含まれていたりしますが、
22年前の1月17日は未だに「昨日」であり、
しかし、いくつかのことは言葉に出来るようになってきた。

そこに「東日本」と名付けた絵があるからこそ出来た会話の意味は、
微力でしかないけれど、今度は東北に、熊本にとボクが持ってゆかねばです。


展覧会初日でわさわさとした中でも、
なんとか1人ひとりを見失わず、1人ひとりを肯定し接することが出来たのは、
やはり大阪であり、池田という文化の街であり、ラルゴという心意気のおかげでしょう。

ごく個人的な会話なのでその詳しい内容には触れませんが、
ボクはお一人お一人と交わした会話は「阪神淡路」に限らず、
お子様の思い病気のこと、ご自身の重い病気のこと、
イマイチ上手くゆかない日々のことや深い心の痛みのことなどなど、

「はじめまして」の方も多かったですが、
ボクの描いた絵や絵本をきっかけに語ってくれることで、
ボクが創ったものはさらに輝いてくれてるように感じました。

そういう1人ひとりのことに対してボクが何かをしてあげられるはずはなく、
(それこそご利益商売になっちまうぜ、、)
しかし、さらにこんな会話を重ねてゆけるための
人の想像の余地のあるものを創るモチベーションを高められました。

2月18日の池田に足を運んでくださったみなさん、
ありがとう。

Largoは3月5日まで灯台のようにして在ってくれます。

ボクは不在ではありますが、
みなさまはどうぞLargoに足を運ばれ、絵の前で言葉を交わすことで、
次に進むべき場所を確かめてくれたら幸いに存じます。

しかし、わずか2日の滞在だったけど、
青山と横浜の展覧会の20日分の人の情を浴びて
20日分ヘトヘトになったのは
やはり大阪という土地のなせる技。

東男はともかく働いて見せてナンボだなあ〜〜

で!
遠田さんのお姉さんが切り盛りする1階のカフェ
ミナツキでいただいた茶粥のセットが滋味深くておいしくて、、
ほんと、こんなん毎日食いたい!

うかがえばお姉さん、かなりお茶の研鑽をされたらしくて、
そんな心意気が味わいにちゃんと反映されていて、
そんなお店の軒先をかりて展覧会できていることに胸襟を正しつつも幸せを感じ、
東京に帰る新幹線に飛び乗ったのでした〜。

絵本「とうだい」原画展/「東日本」小池アミイゴ個展
2017.2.18(土)-3.5(日)

11時〜18時(最終日は17時まで)水曜休廊
http://ameblo.jp/artspace-largo/entry-12239019447.html

Art space Largo
〒563-0058大阪府池田市栄本町4-23 EINビル2F 3F
*池田駅より徒歩5分、1Fのカフェミナツキよりご入場ください。
Tel.Fax.072-737-5837
MAP : https://goo.gl/maps/jnB75ETbcXw

絵本「とうだい」や「かぜ ひいた…」、
「Peaceてぬぐい」の販売もしております。

67ヶ月め

2016 年 10 月 11 日 火曜日

r0019642
今日は2011年3月11日から2041日め
5年7ヶ月
67回目の11日です。

宮城県東塩釜の”越ノ浦”で養殖漁を営む共栄丸さんから、
この季節ならでは”蒸しワタリガニ”を送って頂きました。

わかめ、昆布、牡蠣やホタテを地域ブランドへと育てている共栄丸さんですが、
こんな立派なワタリガニは意外でした。

で!
美味しい。

もともと蟹の中で一番好きだったりもするのですが、
爽やかな香りと程よく濃厚な味わい、
いや〜、ほんと美味しかったなあ〜。

r0018883
今年の8月のお盆の頃、
気仙沼に向かう途中にちょっと寄った共栄丸さんでしたが、

ワタリガニくんのせいで塩釜への郷愁が一気に膨らみ、
狂おしいほどの心持ちで彼の地で吸った空気の味を思い返しております。

r0018885

去年の11月、被災から5年の手前で、
塩釜港の仮設の「復興市場」から東塩釜の元あった場所にもどり、
営業を再開した共栄丸さん。

目の前の自慢の海”越ノ浦”は防潮堤の工事が始まり、
次に行った時はどんな景観になってるんだろ?

r0018888

東北太平洋沿岸部には、
異例のスピードで「復興道路」としての三陸自動車道が造られ、
この旅の帰り道は気仙沼から仙台まで一気に走り抜け、
ギリギリのタイミングで新幹線の時間に間に合ったという「便利」を得ました。

ただ、仙台や塩釜の都市部や観光拠点の松島にはインターが置かれましたが、
共栄丸さんのある東塩釜は素通りされてしまうことが増えたと。

r0019096

東北太平洋沿岸部の自然の奥深い美しさを知ることの出来た
三陸自動車道での帰り道。

ここからボクたちはあらたな豊かさを発見することも出来るでしょう。

ただ、そこからちょっと脇道それた場所にも、
掛け替えのない豊かさだったり、美味しさだったり、
愛しくてたまらない「ひとり」を見つけることが出来ること、
絶対に忘れちゃならないです。

r0019099

それにしても共栄丸さんのある”千賀の浦市場”
国道45号線沿いにあるんだけど、
看板が見づらくて通り過ぎてしまいがち、、

もしよければボクとか力出しちゃうから、
ちょっとのお金を集めて、
美しく目立つ看板作りませんか?

いや、これを目標に生きよう。
蟹のお礼は看板で!

そんなことを考えている今日この頃。

img_0320
昨日は仕事関係で銀座でのパーティーにご招待をいただきました。

仕事の都合ですぐ帰られなならなかった帰り道、
銀座のきらびやかさに心が迷子になりそうでした。

ああ、あのブティック(ほぼ海外ブランド、)のディスプレイひとつ分のお金があれば、
東北の沿岸部の心ある生産者の店舗がわかりやすくなる看板作れるのにとかね、

“TOKYO 2020″に向けてなんだかマッチョなお金が動いているみたいだけど、
土を掘ったり盛ったりの予算のわずかちょっとの分を振り分けることで、
未来に命を継なぐ「豊かさ」ってあるぞー!ってね、、

そんなこと考えて歩いていると、
東京の夜の街でスッと孤独の穴ぼこに落ち込んでしまうのです。

しょうがねえ、
東北で見た美しさを絵にするしかねえと筆を取るのだけれど、
今度は絵の腕が追いつかねえ。

「あの日から2041日め」というものがどういものか、
もはや見失いかけているかもしれないのだけど、
それでも、愛しき「ひとり」を知る限り、
なんとか迷うことなく生きてゆけるんだと、
自分に言い聞かせ生きてゆくしかないね。

R0037441

以下「Peaceてぬぐい」と名付けた手ぬぐいに添える手紙。

6刷り目の今回は、
福島市にあらたに生まれた「ヒトト」という食堂で働くことを決めた、
福島出身のOさんのことを書きました。

ボクのラブレターみたいに恥ずかしい駄文に加え、
彼女の『福島で働き生きる宣言』のような手紙を合わせ、
Peaceてぬぐいに添えます。

++++

栃木県那須黒磯のSHOZO COFFEE の洋服屋 04 STORE でのこと。

日が傾き西日が差し込み始めた店内、季節は本格的な夏が始まる頃、
ボクは彼女がTシャツをたたむ手の動きを見つめている。

繊細な手の動きに西日がキラキラと踊る。実は「見つめている」ことに気がついたのは、
彼女がその作業を始めてしばらくたってのこと。

それくらいその行為は「当たり前」の顔をして進められているのだ。

この店で買う3枚目の同じブランド、同じ形のTシャツは、
彼女の「たたんでラッピングする」という厳格なルーティーンが成されることで
「特別なもの」へと姿を変えてゆく。

なるほど、ボクがこのTシャツをSHOZOで買うのは「彼女が売っている」からなんだと、
同じTシャツを3枚買って気付いた。

それくらい彼女の「売る」は「丁寧」を呑み込んだ「当たり前」な美しさに彩られていた。

そうして手渡されたTシャツは6年たって首回りがボロボロになったが、
ボクは今も着ている。

このことは少なからずボクの生きる価値観を良い方に更新してくれた。

そんな彼女が生まれ育った福島のため、
福島の食材を活かした場所を切り盛りすることを決意した。

ボクは東日本の悲劇を経験し、
被災した土地を巡り歩くことで自分の言葉を紡いできた。

しかし、
原発事故に対しては未だ明快な言葉を持てないでいる。

ただ、ボクに1枚のTシャツを売ってくれた彼女を通して感じる福島に、
大きな希望を寄せているんだ。

「ヒトト」
福島県福島市大町9-21 ニューヤブウチビル3F
TEL.024-573-0245
営業/12:00~19:00 火定休 

%e3%81%9f%e3%81%9f%e3%82%80%e6%89%8b

6刷り目があがりましたら、
あらためてお知らせいたします。

Oさんの働く福島

SHOZOのある那須黒磯

吉祥ににあった「ヒトト」という店

そのオーナーは現在長崎の雲仙に暮し

Peaceてぬぐいを管理販売するのは
同じく長崎は諫早のオレンジスパイス

ボクが暮らす東京渋谷ローカルから見える風景

その先はどんな未来だろ

53ヶ月め

2015 年 8 月 11 日 火曜日

日本列島くん新色
今日は2011年3月11日から1,614日め
4年5ヶ月
53回めの11日です。

ボクと長崎諫早のオレンジスパイスと手ぬぐいの「かまわぬ」との
震災以降のマインドシェアプロジェクト「Peaceてぬぐい」
https://www.facebook.com/peacetenugui?fref=ts

4刷めの今回、新色を作りました。

初回の紺色をベースにしたものに対して、
今回は東北の太平洋沿岸部の海の色をベースにしました。

東北の海と言うと「濃い碧」というイメージなのですが、
天気の良い日のリアスの深い入り江では
キラキラしたエメラルドの海を見ることができます。

冬の厳しい寒さが「東北」のイメージの多くを占めがちなのが、
東京に暮らすボクたちだと思うのですが、

夏のきらびやかな色彩を知るからこそ、
冬の風雪にも耐えることのできた東北人というものを、
エメラルドグリーンの海が想像させてくれました。

「あの日」から4年5ヶ月
ボクがお付き合い出来ている東北の「元気な人たち」は、
自身が「被災者」と呼ばれる立場であっても、
もしかしたら、そろそろ自身よりより厳しい立場にある人、
たとえば、宮城や岩手の土地から
福島の原発事故の困難の渦中にある人に対して「なにか出来ないか」と
考える余裕を手にされている方がいるんじゃないか?
そんな実感のもと、

今までは「被災地」と呼ばれる土地のこちら側で、
風化を抑え、想像力を生かし続けるきっかけになるため
働かせてきた手ぬぐいを、

「被災地」と呼ばれてきた土地の中でも働かせる可能性を想像し、
初回の背筋を伸ばしたような色彩から、
より楽しげな色を選んで作りました。

これを実際にどう扱ってゆくかは、
これを扱われる方1人ひとりの想像力に委ねるしかないのですが、
前回の紺色共々、お取り扱いご希望の方は、
商品管理をしてくださっているオレンジスパイスまで
ご連絡くださいませ。
http://www.orange-spice.com

また、東京都内では、
「かまわぬ」代官山店で引き続きお取り扱いくださるほか、
8月20日からのボクの個展でも販売しますので、
まずは美しい仕上がりの手ぬぐいに出会いに来ていただけたらです。
・展覧会詳細
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=11453

R0012476
手ぬぐいの売り上げの一部は、
引き続き福島県内で行われている
放射線線量の高い地域の子どもを線量の低い土地で遊ばせる
「移送保育プロジェクト」への寄付とさせてもらいます。
http://idouhoiku.com

今回はそれと合わせて、
東北からの手紙「ウミネコ書簡」というものを添えました。

宮城県塩釜の港で出会い、その後も懇意にしていただいている、
養殖業を営む協栄丸水産の長女、水間さわこさんの「今」を
手ぬぐいに寄せるという視点で言葉にしていただいています。

震災で大変なご苦労を重ねてこられたご一家ですが、
その中でも希望が見え始めている。

悲劇の土地は、そこに暮らす人にとっては、
当たり前の土地であり、希望の土地でもあります。

手書きの文章だからこそ想像しうる「人の営みの美しさ」
手ぬぐいの肌触りと共に触れてもらいたいと思いました。

THK13drawing057_edited-1

あの日から1,614日めの今日、
川内原発再稼働がニュースのトップになっています。

安保法案を巡る国会で議論の応酬や、

2020年東京オリンピックに向けた
ずさんな計画(開発)案が公になったり、

沖縄の基地問題やTPP導入に向けての動きとか、

そういったことに直接「反対」の声を上げることが
2011年3月11日以降当たり前になってきました。

ボクがそういったすべてに対して思うのは、
「ちょっと待ってくれ」ということ。

震災の夜の暗がりの中、
多くの人が「助けあわねば」と願い、誓い、
日本人としての優しさを総動員し必要な対話の扉を開けたはずです。

義援の初期段階で大きな力が「被災地」と呼ばれる土地に注がれるも、
「被災」というパーソナルな問題を前に、
一個一個確認してゆかねばならないことばかりであることに気づき、
しかし、実は「復興」のイメージを社会全体で共有は出来てはおらず、

そんな先で、やはり3000億円なんていう新国立競技場建設費は寝耳に水なわけで、

いやいや、ちょっと待ってくれ、
社会が必要とされるもの、みんなで考えてゆくんじゃなかったっけ?と、
ともかく残念に思うのです。

これは現政権を批判すれば良いということではなく、
前政権、さらにその前からと繰り越されてきたことも確認しなくちゃならないし、
当事者意識が欠如していた自分のあり方も見直さなきゃならないわけで、

震災で起きた人命に関わる問題は
ともかく最優先にやらなきゃならないのは当たり前として、

しかし「これからどんな社会にしてゆくんだ」という考えの伸びしろは、
今を生きる人1人ひとりが手にし、
その上で、落ち着いて考えを交換してゆくべきことなんだと思うのです。

そういった唐突な事案に、瞬発的に「反対」の声を上げるのは、
動物としての必然であるように思います。

ただ、言葉を発することは、そこにフィジカルな喜び、
もしくはカタルシスを得るということでもあり、
そこに熱狂が発生した場合、言葉の一人歩きになりかねないなあと。

知人のボクよりずっと若い女性が、
やはり直感的に安保法案反対のデモに参加してみたが、
そこで使われていた言葉の「痛さ」に耐えられなかった。

そんな胸の内を伝えてくれると共に、

彼女が取り組んでいる仕事から、
人を幸せにする道を探ってゆくのが「私のやり方」だと思ったと、
これは宣言のようにして語ってくれました。

これはデモを批判する話では無く、
与えられた権利として必然あることを訴えてゆくべきと信じています。

ただ、言葉を必ず自分に返ってくるし、
自分の身の回りの人にも影響を与えてゆく。

場合によっては、その声の大きさに耳をふさぐ人も現れ、
結果社会全体の思考停止に繋がる。
もしくは、繋がるように仕向けられる。

そうならないためにボクがやるべきことは、
「痛さ」に耐えられなかったという
ひとりの弱く小さな声に耳を澄ませることではないかと。

そういうことに対してこと、
絵で出来ることの可能性を感じているあれから5回目の夏。

そして70回目の夏。

震災直後に被災地に足を運び感じたのは、
そこには強烈な匂いがあるということ。
もしくは凍てつく寒さや真夏のとろけるような暑さ。

液晶画面のこちら側に決して伝わってこないものはあります。

言葉も同じで、
戦争を語るのでも、復興を語るのでも、
そこに死の現場についてまわる強烈な腐臭の実感や、
どうにもならない手のかじかみや流れ落ちる汗の記憶など、
そういった裏付けが内包されているのかいないのかの判断。

日々ボクたちの想像力は試されているはずで、
ボクであれば絵を描くことで想像力の井戸を掘り続け、
そこに湧くを水を誰彼の垣根無く配り続けたいです。

あらためて、
8月20日からの展覧会の現場が、
みなさんの小さな声で溢れるようになればと願っております。

小池アミイゴ個展「東日本」そして西日本漂泊
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=11453

豊間ビーチ2014

最後に、
先月ワークショップ3連チャンで訪れた気仙沼の唐桑で、
ボクも参加させてもらっているアートアクション
「気仙沼Tシャツ海岸in唐桑半島」が始まっています。
https://www.facebook.com/tshirtkaigan

復興よりちょっと先の未来を想像してる人たちのアクション。

気仙沼の唐桑ののんびりした空気を吸えたら、
あとはその辺にいるであろうスタッフだれとでもいいから
あれやこれや言葉を交わしたらいいね!

16日までの会期で行けるひとがあれば、ぜひ!!

ボクはみんなとのワークショップで描いた、
子供の頃歩いた街のイメージをTシャツデザインにしましたので、
見つけてみてください〜
11229756_837069189722492_6561287332978202532_n