‘展覧会’ カテゴリーのアーカイブ

奥会津の柳津で子どもセッション

2017 年 11 月 5 日 日曜日

福島県の奥会津と呼ばれる地域の柳津という町で子どもたちと絵を描きます。

今年の熊本県のつなぎ美術館での展覧会からのご縁で、
ボクが6年8ヶ月続けてきたことに確かな理解者を得て実現。

11月と来年1月とで都合5回の子どもたちとの絵のセッションで、
なにが生まれるだろうか?とても楽しみ。

東京に暮らすボクがなにかを与えるのではなく、
柳津という土地に生まれ育ったみんなからボクが学ぶ、
そんな心算で臨んだら、きっと素晴らしいものに出会えるんじゃないかな。

子どもたちのセッションの現場となる やないず町立 斎藤清美術館 では、
ボクが何者であるのか知ってもらえるよう、
絵本「とうだい」の原画や福島県の風景を描いた作品を
11月1日から30日まで展示しております。

秋の深まりとともにその美しさを際立たせる奥会津へ、
足を運んでいただけたらいいなと思います。

世界的な版画家、斎藤清さんの作品を浴びるだけでも、
福の大き土地なのです、柳津。

斎藤清美術館
https://www.town.yanaizu.fukushima.jp/bijutsu/

11月11日は子どもたちとの只見線ピクニック

11月12日13:30〜14:30
ボクのアーティストトークを開催します。

11月13日と15日の14:00~16:00のセッションは
飛び入りもウエルカムです。

こんな試みを『やないずモデル』と呼べるように育て、
他の土地に持ってゆけるものに出来たらいいな。

「とうだい」原画展 at 飛騨高山絵本美術館ポレポレハウス

2017 年 7 月 22 日 土曜日


絵本「とうだい」の原画の中から11点を厳選、
岐阜県飛騨高山の絵本美術館”ポレポレハウス”で
7月22日から8月31日まで展示いたします。

小池アミイゴ絵本原画展「とうだい」
7月22日(土)~8月31日(木)
飛騨高山ポレポレハウス
OPEN:10:00~17:00(入館-16:30)
大人:700円・中学生以下:300円 *3歳以下無料

岐阜県高山市清見町夏厩713-23
*東海北陸道 清美IC降りて高山方面へ約5分です
TEL&FAX(0577)67-3347
http://www.porepore-house.com

8月20日にはワークショップ開催。
午後は子供向け、夜は大人向けと予定。

会場は飛騨高山の別の場所になります。
詳細は後ほどお伝えいたしますね〜

飛騨高山に素晴らしい絵本美術館があることを、
先輩イラストレーターのみなさんからうかがっていましたが、
今回、館長さんからの熱烈なラブコールをいただき、
夏休み期間での「とうだい」原画展開催となりました。

暑い夏に飛騨高山で「とうだい」と
涼やかな時を過ごしていただけたら幸いであります。

銀座三越「夏を楽しむアート展」参加

2017 年 7 月 12 日 水曜日


銀座三越 7Fギャラリーでの展覧会に参加っス!
https://mitsukoshi.mistore.jp/…/index.html;jsess……d=rlGGZ…

「夏を楽しむアート展」
■7月19日(水)~25日(火) ※最終日は午後6時閉場
■7階 ギャラリー

夏をテーマに分野の違う5人の人気若手アーティストによるグループ展です。
東日本や熊本で出会った美しい風景・花・人の営みを描いている、小池アミイゴ氏。
益子の土で焼締めの魅力あるうつわを穴窯で作っている、竹下鹿丸氏。
同じ物が一つとない木の魅力に取りつかれ、存在感のある家具を作り出す、伊藤圭氏。
笠間にガラス工房を持ち、国内でも数少ないクリスタルガラスを中空で吹いて製作している、杉山洋二氏。
もの作りを通じて伝わる事、感じる事を大切にして伊賀で白磁・焼締めなどに取り組んでいる、安永正臣氏。
各アーティストの競演で夏を感じてください。

■7月22日(土)午後5時~
小池アミイゴ × 竹下鹿丸氏によるアーティストトーク、、

■銀座三越
https://mitsukoshi.mistore.jp/store/ginza/index.html
OPEN:午前10時30分~午後8時

「人気若手アーティスト」5名のうちの1人が、俺っす。

光栄にもメインビジュアルにボクの描いた
宮城県塩釜「千賀の浦」のカモメちゃんを選んでいただきましたっ、

が!
人に見せられる絵のほとんどすべてが熊本のつなぎ美術館にありまっす。

んがっ!
描きたいものがたくさんあり過ぎて、
まったく追いついていないもどかしに呑まれる日々。

今回時間のある限り描きおろしております。

がっ、、

身近でなんやかんやありまして、、
やっぱまったく追いつかな〜い。

がしかし、
それでも「今これを見て!」と思える他愛もない絵数点があるのです。

繰り返しになりますが、銀座三越です。
みなさん、ボクを助けると思い、ぜひ銀座三越までお運びくださいませ。

個人的には「工芸」と呼ばれるジャンルとの共演、
とても楽しみにしていたりもします。

熊本県のつなぎ美術館で展覧会開催 4/29~7/17

2017 年 6 月 20 日 火曜日


人生初の美術館での展覧会です。
(しばらくこのポストをブログのトップに固定しておきます)

東日本から熊本へ 3月11日から始めたこと 小池アミイゴ展
2017年4月29日(土・祝) – 7月17日(月・祝)
水曜日休館日
熊本県津奈木町“つなぎ美術館”

入場料:一般300円、高・大生200円、小・中生100円
開館時間:10:00 ~ 17:00 (入館は16時30分まで)

=つなぎ美術館=
熊本県芦北郡津奈木町大字岩城494
電話:0966-61-2222
http://www.town.tsunagi.lg.jp/Museum/

東日本大震災の発生した2011年3月11日から考えてきたことは、
風景や花の絵、人の暮らしを描いたドローイング、
絵本「とうだい」の原画などに昇華しました。

今回はこれまで描いてきた作品や絵本の原画、ドローイングによる映像作品など、
88点の作品で会場を構成した展示をいたします。

ボクが3月11日からはじめたこと、そのすべてを語れるわけではありませんが、
風通しの良い絵の空間を創ってお待ちしておりますので、
みなさまぜひ「1枚の絵があるからこその生まれる会話の現場」として、
つなぎ美術館を楽しんでいただけたら幸いに存じます。

アーティストトーク
「ボクが3月11日から始めたこと」

4月29日(土・祝) 13時30分~14時30分
つなぎ美術館1階展示室
定員:50名(事前申し込み不要)
*終了しました。

ワークショップ
「小池アミイゴのだれでも絵が描けるワークショップ」

6月11日(日曜日) 13時30分~15時30分
会場:つなぎ美術館アトリエ
対象:小学生以上(小学生低学年は保護者同伴)
定員:10名(要事前申し込み・先着順)
参加費:無料
*終了しました。


(さらに…)

ワタリガニがやって来ました。

2017 年 6 月 8 日 木曜日


いつもお世話になっている宮城県塩釜で養殖漁を営む共栄丸さんから、
渡り蟹と牡蠣を送っていただきました。


渡り蟹は実際に渡ってきたところを捕獲。
養殖から一歩踏み出し、地域の味覚発掘中の共栄丸さん。

牡蠣はシーズン最後の旨味たっぷりの加熱用。
生食より加熱した牡蠣が好きなので、
待ってました!って感じで牡蠣フライ。


これはもう”大ご馳走”です。

共栄丸さんは、養殖の昆布やワカメ、牡蠣やホタテを地域ブランドどして育てると共に、
塩釜港から松島湾にいたるエリアを、万葉からの呼び名「千賀の浦」を復活させ、
地域のアイデンティティの軸にしようと取り組んでいます。

そして渡り蟹。

ごめんよ、カニくん、カニさん。
食べ方の下手なボクは家族のレクチャーを受けながら、
なんとかカニくん、カニさんを味わい尽くしました。


ありがとう、カニくん、カニさん。
渡り蟹と合わせて呑んだ酒が、いつもの数十倍旨く感じました。

カニの種類は色々あれど、
やっぱ一番好きなのは渡り蟹。

共栄丸さん、ありがとう。
(さらに…)