‘展覧会’ カテゴリーのアーカイブ

「いくつもの空の下で」イラストレーション原画展@京都新聞

2021 年 3 月 29 日 月曜日

小池アミイゴ イラストレーション
いくつもの空の下で 原画展
4月2日 (金) – 8日 (木)
open 10:00 ~ 18:00
京都新聞社本社2階ギャラリー
〒604-8577
京都府京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239番地
(地下鉄丸太町駅7番出口からすぐ)

昨年5月より京都新聞の日曜版で澤田康彦氏のコラムとコラボする形で連載を重ねてきた「いくつもの空の下で」

3月28日に全47回の連載を終えたのですが、
京都新聞社異例のお心遣いの元、
イラストレーションの原画展を京都新聞本社2階のギャラリーで開催することになりました。



澤田さんの軽妙な言葉で綴られる日々の言葉に対して、
毎回毎回どんな絵で答えたら面白いだろうかなあ〜と、
アイデア出しが楽しくて仕方なかった仕事。

このまま死ぬまで続けば良いのにと伝えてみるも、
終わりがあるからこそ愛しいのだろうね。

掲載47作品は以下のリンクでご覧いただけます。
1~20 https://www.tis-home.com/amigos-koike/works/16238
21~40 https://www.tis-home.com/amigos-koike/works/16239
41~47 https://www.tis-home.com/amigos-koike/works/16615



過去何十回も展示の現場を作ってきて、
振り返れば「イラストレーション」の「原画」だけで構成する展覧会は初めて。

イラストレーションの原画展

ただボクの描いたものを楽しんでもらうのでは無く、
京都新聞本紙に掲載された形と原画を見比べていただいたり、
澤田さんの言葉の行間のどの部分を鷲掴みしたのか、
もしくは、
澤田さん渾身のど真ん中のストレートを、
あえてパスボールしてみせたりしてはいないか?などなど、

イラストレーションという仕事の面白さが伝わったらいいなあ〜〜!

そして、
連載が終わってしまって寂しい〜
の気持ちは、
展覧会を美しいものにすることで昇華させてみようと思います。

コロナ感染拡大が続く中みなさまどうぞご無理のないよう、
丸太町あたりにご用事のついでにでもお立ちよりいただけたら幸いに存じます。

個展「東日本」2021、次へ。

2021 年 3 月 21 日 日曜日


2012年3月の開催から6回目の開催となった個展「東日本」
3月17日に9日間の会期を無事に閉じることごできました。

コロナの状況の中、お気遣い頂いた上でお運びくださいました皆様、
ありがとうございました!

描いた絵を前に語り合う言葉は、ボクが次に何をするべきかのインスピレーションに溢れていて、1人ひとりと向き合う時間がほんと愛しかったです。

そうした会話からは、「東日本」というタイトルで10年やって来た意味に気づくことも多かったです。

今回は「はるのひ」という絵本を上梓した直後ということもあり、
その原画も数点展示してみました。


「はるのひ」は、お話をいただいてから仕上がるまで3年3ヶ月かかりました。

小さな男の子がお父さんと声掛けあいながら走ってゆく、小さな冒険の物語。

10年前の震災や原発事故、その後も度々起きた自然災害、そしてコロナの感染拡大という時代の中、日本の各地でお会いする人たちの暮らしに触れ、子どもたちが育ってゆく上で必要とされる、親子関係の原風景みたいなものが創れたらいいなと願いました。

ただ、それは頭で考える物語では無く、身体で覚えるようなことだろうなと。

それがどういうことか深く考えること無く、地図も持たず、東北にも熊本にも台湾までにも広がる広野を駆けてみた。

そんなやり方だから、この物語が「春」を舞台とする必要を感じた時、
この少年が「こと」という名前を持った時の2回、
すべての絵を描き直しました。

さらには、少年の指先の角度が違っているのを修正しようとしたら、
結局その他99パーセントの画面全てを描きなおすことになった。

そんなことを20回くらい繰り返した場面もあり、
結果、3年3ヶ月も荒野を彷徨い続けてしまった感じです。

自分はなぜこんな遠回りをして絵本を作らねばならないのか?

制作期間中は分からなかったことが、
今回、東北を始め日本各地や台湾まで描いた絵と並べてみることで、
明快になったように思います。

ボクが子どもたちと共有したいことは、
ボクが人との出会いで得た感動の風景を、確信を持って一気に描き切る、
突き抜けた気持ちの良いもの。

1枚の絵を描き続ける先で、
「あ、描けた」とバタっと筆が止まる瞬間があります。

そうしたものはあらゆる理屈を突き抜け、
昔からそこにあったもののような、
もしくは、
おおらかな時間の流れを宿しただそこにあってくれる、
そんなものであるように思います。

理屈じゃなく、ただ存在する。

そうしたものの尊さと儚さと潔さ。

津波で、原発事故で、コロナで、
もしくは生きづらいと言われる時代の中で、
方っておいては失われてしまいかねない美しきもの。

それを表現するためには、
制作にちょっとでも躊躇いを感じたら、
全部を描きなおすしかないんだなあと。

そこで手を抜いてしまっては、
三陸の凍てつく海でワカメや牡蠣を育てている人や、
天草の灼熱の海で天日干しの塩を作っている人や、
台湾では育てるのが難しい梨の収穫に成功した人や、
一杯の珈琲を提供することに人生をかけて取り組んだ人に
伝わるものは出来ないということです。

それがわかっていれば、もっとスムースに描けたのか?
それがわかったことで、これからはもっとスムースに描けるのか?

それはわかりません。

ともかくこの3年数ヶ月は、こうした破壊と再生を繰り返すしか、
描くべきものが生まれなかったということです。


絵を描くことを続けてきて、
2021年の段階で、相変わらず新人のような気持ちでいられることが、
良いのかどうか分からないですが、

これからも「わからない」ことを自覚し、
人との愛しき出会いの中で、なにか輝くものを見つけて行けたらいいなと願って、この活動を続けてまいります。

今回の展覧会で最初に旅立ったポピーを描いた絵があります。

ご購入いただいたのは、ボクよりずっと若い方ですが、
ボクはこの人の仕事や現場に投下する美意識に深い尊敬を抱いています。

10年間で6回の「東日本」を開催した中、これまで3枚の絵をご購入くださって。

その3枚の違い、
以前はグレイッシュな作品を選ばれていたのが、
今回は暖かな色彩のものを選んでくれたということに、
今の時代に必要なものを教えていただけたような。

こうした気づきは、丁寧に構築してきた関係性の中でのみ感じられることだなあ〜と。

今はSNSの発信などで自分をアピールすることが当たり前になっていますが、
そんな中でも、
自分にとってSNSは1人ひとりとの対話をする道具だとの考えを持ち、
愚直にひとりとのコミュニケーションを重ねてゆこうと思います。

その先でまたなにか生まれたら、1人ひとりに分け合う考えの元、
絵のある気持ちの良い空間を創ってゆきますので、
その際はまた足を運ばれ、ひと言ふた言の会話を頂けたらうれしく思います。

こうした現場を丁寧なオーガナイズを与え続けてくれる space yui
今回もありがとうございました。

そしてもはや次
ですね。

2021
0317
PEACE!!

個展「東日本」2021

2021 年 2 月 11 日 木曜日

「東日本」小池アミイゴ 2011年3月11日からの展覧会
2021年3月8日(月) ~ 17日 (水) _日曜休み

open : 12:00 ~ 19:00 _最終日17:00マデ

space yui (スペース ユイ)
〒107-0062 東京都港区南青山3-4-11ハヤカワビル1F
http://spaceyui.com
TEL:03-3479-5889
12:00 ~ 19:00 (Last day ~17:00)
日曜休み _Closed on Sundays

東日本や日本、台湾の客家の美しき風景や花、人の暮らしの記録。

*在廊等の情報は逐次こちらで更新してまいります。
在廊予定
8日_13:00~19:00
9日_16:30~19:00
10日_15:00~1900
11日_15:30~19:00
12日_15:00~19:00 (15:30~17:00仕事のオンラインミーティング失礼)
13日_13:00~19:00
14日休廊
15日_14:00~19:00
16日_14:00~19:00
17日_12:00~17:00

を予定しています。

東日本で出会った景色や花や人の暮らし。

東日本に出会ったからこそ見ることの出来た日本。

そうした視線が導いてくれた台湾の客家人の暮らしや文化。

それらの経験が与えてくれる今自分が生きる場所。

答えを求めず歩いた10年は、今はもう次の10年を目指し進んでいます。

その歩みを支えるグイッと踏み込むことの出来る足場のような絵を、
愛しきみなさんと共有出来る展覧会を創れるよう尽力します。


2011年3月11日。

日本遭受了史無前例的災難,稱為“東日本大地震”。

我在“東日本(higashi-nihon)”遇到的風景,鮮花和人們的生活。

自從認識”東日本(higashi-nihon)”以來,我可以看到日本的美麗外觀。

這次經歷使我進入了台灣台三線。

我在那遇到的客家人的美麗文化教會了我在日本生活的意義,
這也是一次了解東日本需求的旅程。

在走了10年而不問答案之後,我的目標是未來10年。

我們希望這個展覽會為您邁向未來十年提供幫助。

在這次展覽中,我們還將展出和銷售在台灣台三線遇到的風景水彩畫和花卉畫,以及描繪城鎮,人物和花卉的素描。


光明学園で花の絵の展覧会

2021 年 1 月 15 日 金曜日

世田谷区梅ヶ丘にある都立光明学園のギャラリースペースを使った
花の絵の展覧会が始まりました。

題して、
小池アミイゴ花の絵の展覧会「小池花店」梅ヶ丘支店
光明でてんらん会のDMをわたしたら、
みんな「2階なんだ…」と淋しい顔するので、
こいつはここでやらなきゃだ!と思ったのだ。

去年の夏から冬にかけて子どもたちとセッションを重ねた
光明学園での壁画プロジェクト。

肢体不自由な子どもたちが通う学校で、
やれること、やるべきことをやって、
「やってよかったね〜!」と声掛けあえて、

「実は年末に花の絵の展覧会があるんですよ」と、
学校関係者に展示のDMを渡すと、

「あ、成城学園でやるんですね!」と喜んでもらい、
しかし、
「ああ、2階なんですね。」「エレベーターとかついてないですよね、、」と、
寂しい顔されちゃってね。。



そりゃそうですよ。
子どもたちとあれだけ密に関わり絵を描いて、
「よい壁画できたね!」なんて言うも、
自分の展覧会に来てもらうにはあまりにもハードルの高い2階への階段、、

花の絵などという他愛も無いものなんだけど、
それでも今一番見てもらいたいのは一緒に絵を描いてきた子どもたち!

くはーーー!!
アートだイラストレーターだなんて言葉の上に胡座かいてる場合じゃねえ。

「じゃあ、光明学園で展示しますよ!」と。

光明学園の新校舎には車椅子でも安心安全に利用することの出来る、
緩やかで長いスロープが1階から3階まで造られていて、
去年から子どもたちの作品を展示するギャラリーとして利用されていて、


その一部を利用させていただき、
花の絵を展示できることになりました。

壁画の時もそうだったけど、
情熱のPTA会長さんとその仲間たち、そして判断の早い校長先生、
その他、子どもたちのセッションを通して信頼関係を高めてくださった先生方、
みなさんの力が結集された形で実現。

『都立学校』という現場でボクのような部外者の展覧会が、これだけの規模で、
こんなん出来るのか!?

前例とかまったくわからないけど、
ただ必然を言葉にして交換していったらこんなん出来た。
です。

なにより、
子どもたちの作品と自分の絵が自然と寄り添う空間。

ああ、もう、これからの展示って、
すべてこんな形で作るべきじゃないかって思えるほど美しい。

そして、子どもたちがこの試みでなにかを得ることと共に、
この現場に関わる人たち、
日々子どもたちの教育と介助に奮闘する皆さんがなにを思い、
感じ、考えてくれるかだなあ〜。

迷惑に思う人もいたっていいと思う。

ただ、自分は目に見えるものを作る仕事をしているので、
前例の無い現場であろうと、まずは目に見えるものを届け、
そこから会話を始めてゆきたいんよね。

世の中安易に作れる書類作成ソフトのおかげで、
まずは体を動かし確かめるべきことでも、
大量に文字がタイプされた書類の指示待ちなんてこと多すぎやしないだろうか。

でもそこに花の絵がひとつでもあれば、
かしこまった言葉では無く、生きるのに足る言葉で、
生きるのに必要な考えの交換がスムースに出来やしないだろうか。
なんてね。

今回きっと、自分が作ったものの中でもとびきり美しいものが作れたように感じています。

それは、
肢体不自由と言われる子どもたちが安心安全な気持ちで移動出来る、
緩く、長く、美しいスロープが造られたことの上にあります。

そんな場所があったから、ボクと学校の皆さんの前向きな会話が生まれた。

逆もしかり。

ボクが他愛も無い花の絵を描き続けてきたので、
都立高校で展示する会話を作れた。

今から10年、20年未来に向けて、
ちょっと面白いことをやれているような。

ただ残念なのは、
都立高校で、COVID-19感染拡大もあり、
一般の方は見ること出来ません。。

その分は、3月の個展で出来る限りのことをやろうと思いつつ、
こうした展示、病院でやれたらいいな〜。
てか、やらねば!
です。


神戸での展覧会に参加

2020 年 1 月 30 日 木曜日


昨年神戸に生まれたスペース”BIOME”での展覧会に参加。
花の絵2点と風景画1点、
神戸にインスパイアされた絵1点の4点を送りました。

19人合同展「たからものforおくりもの」
2/1(土)〜2/11(火) ​(休:水曜)
12時〜18時 *最終日~15:00まで

=参加作家=
・イラストレーション:岩瀬ゆか、尾崎仁美 、小池アミイゴ、
 こうのかなえ、寺田マユミ、坂内拓、藤井紗和、船津真琴
・版画:尾崎カズミ、正一
・切り絵:いわたまいこ
・磁器:種田真紀
・漆:八尾さつき、山口浩美
・ガラス:有永浩太、杉山利恵
・陶器:坂口健、中里花子、脇山さとみ

展覧会詳細> https://www.biome-kobe.com

BIOME(バイオーム)
〒650−0011
神戸市中央区下山手通5−7−15 グローリー山手ビル101
090−3945−2040
mail : artroom@biome-kobe.com

++

神戸は好きで何度も足を運んでいて、
ではこの街でどんな展覧会を開いたら良いのか?
なかなかフォーカスを絞りづらい街という印象でいます。

ともかく上質なものである必要はあるはず。
でもツンとすました表情のものは違うよな〜〜、
などなど。。

今回グループ展参加のお話をいただいた際、
テーマである「たからもの」「おくりもの」というワードに対し、
ボクの場合それはすべて人との出会いを表すワードだろうと。

「はじめまして」の神戸の方々と1枚の絵でどんな会話が出来るか?
まずは以前描いたシロツメクサの絵を描きなおすことから始めてみました。

東日本大震災直後、岩手県の平泉で見たシロツメクサの群生。
勢いに任せて描いた絵だったけど、
あれから9年の今、阪神淡路から25年の時が交差する地点で、
ボクがシロツメクサになにを見たのかがやっとわかってきたなあと、
過去に描いた絵から余計なものを削り落とすような絵の具の重ねをしてみました。

今回残念ながら神戸に行くことが出来ず、
1枚の絵を挟んであれやこれや語り合うことも出来ず、
しかし、
その分ユックリ絵を楽しんでいただけたら幸いに存じます。

そして、
神戸に生まれた新しき場所が神戸に愛される場所に育ちますよう、
皆様の美しきお気持ちを注いで頂けたらと願っております。