2017 年 4 月 17 日 のアーカイブ

熊本県のつなぎ美術館で展覧会開催 4/29~7/17

2017 年 4 月 17 日 月曜日


人生初の美術館での展覧会です。

東日本から熊本へ 3月11日から始めたこと 小池アミイゴ展
2017年4月29日(土・祝) – 7月17日(月・祝)
水曜日休館日
熊本県津奈木町“つなぎ美術館”

入場料:一般300円、高・大生200円、小・中生100円
開館時間:10:00 ~ 17:00 (入館は16時30分まで)

=つなぎ美術館=
熊本県芦北郡津奈木町大字岩城494
電話:0966-61-2222
http://www.town.tsunagi.lg.jp/Museum/

東日本大震災の発生した2011年3月11日から考えてきたことは、
風景や花の絵、人の暮らしを描いたドローイング、
絵本「とうだい」の原画などに昇華しました。

今回はこれまで描いてきた作品や絵本の原画、
ドローイングによる映像作など、50点以上を展示いたします。

ボクが3月11日からはじめたこと、そのすべてを語れるわけではありませんが、
風通しの良い絵の空間を創ってお待ちしておりますので、
みなさまぜひ「1枚の絵があるからこその生まれる会話の現場」として、
つなぎ美術館を楽しんでいただけたら幸いに存じます。

アーティストトーク
「ボクが3月11日から始めたこと」

4月29日(土・祝) 13時30分~14時30分
つなぎ美術館1階展示室
定員:50名(事前申し込み不要)

ワークショップ
「小池アミイゴのだれでも絵が描けるワークショップ」

6月11日(日曜日) 13時30分~15時30分
会場:つなぎ美術館アトリエ
対象:小学生以上(小学生低学年は保護者同伴)
定員:10名(要事前申し込み・先着順)
参加費:無料

昨年発刊された”つなぎ美術館のアートプロジェクト”
「赤崎水曜日郵便局」のアートワークを担当したのがきっかけで、
今回のつなぎ美術館での展覧会のご縁が生まれました。

イラストレーターが美術館の壁面50メートルと格闘することは、
なかなか稀な出来事だったりします。

アップした写真は先日つなぎ美術館で撮影したもので、
壁面にかけられている絵はみんな100号くらいあるし、
そもそも壁面がこの倍くらいあるのです、、

そんなわけで、ものすごいプレッシャーを感じつつも、
昨年4月に初めてつなぎ美術館に行った直後に起きた熊本の震災のこと、
足繁く通っている東日本の各地のことなどを思うと、
この端正な空間で自分を表現することの責任や気持ちの高ぶりを
ありがたいこととして受け止めています。

ボクを知るほとんどの方にとっては、
熊本の津奈木町のつなぎ美術館は「わざわざ」あしを運ぶ場所なはずです。

ならばぜひ、つなぎ美術館でのボクの作品に触れていただくだけでなく、
自然豊かな津奈木町だったり、おだやかな不知火の海だったりを楽しまれてください。

もし、東日本の被災地なんて呼ばれているところを歩いた人であれば、
津奈木の漁港だったり水俣湾だったりも歩いてみて、
なにが失われ、なにが生き残り、ボクたちはなにを育ててゆけば良いのか?
そんな思いを巡らせていただけたらなあ、なんて思っています。

ともかくのどかで美しい場所です、熊本の津奈木町。

今年の初夏は熊本の南、津奈木町まで足を伸ばしてみてください。
不知火の海の自然の豊かさに抱かれた土地で、
ボクは2011年3月11日から始めたことを思いっきり表現しています。

「イラストレーション」N0.216

2017 年 4 月 17 日 月曜日


4月18日玄光社より発売のイラストレーション専門誌「イラストレーション」N0.216にて、
8ページにわたってボクの「東日本」としての活動の一部を紹介してもらっています。

「紹介してもらている」と言うと、
「取材され」「記事になった」というイメージかもしれませんが、

ボクは確かにインタビューを受け、それに答えるのですが、
そこから先、担当の編集者とディスカッションを重ね、お互いの考えの生合成を見た上で、
今の社会や人に必要なものはなんであるか?なんてことを確認し、世に問う記事になったはず。

今は既存の価値観を啓蒙的に伝えるものより、
なにかひとつ美しい価値を持つものが、
それに触れる人のマインドを刺激し、
それを中心としたコミュニケーションの輪が生まれ、
コミュニティで必要とされる価値あるものを形成してゆく。

そんなものが必要とされているはずだと思っているし、
そんな考えのもとに描く「東日本」のシリーズであります。

編集担当Oさん。
そんなボクの考えに根気よくお付き合いくださり、
ボクの混乱した考えを整理してくれ、
場合によっては言語化の手助けもしてくださり、
先日の岩手県宮古での展覧会やワークショップに帯同までしてくれた上で、
渾身の筆を振るってこさえてくれた熱い8ページ。

ボクのなにかを紹介してくれたページである以上に、
ボクに新鮮な風を吹き込んでくれたページであり、

編集者であり、また人間でもある若き彼女の
明日への一歩のページにもなっているはずです。

ぜひこの8ページに触れ、
心にヤケドしちゃってくださいね〜!

ほーんといい記事!!

玄光社「イラストレーション」
http://www.genkosha.co.jp/il/