奥会津の柳津で子どもセッション

福島県の奥会津と呼ばれる地域の柳津という町で子どもたちと絵を描きます。

今年の熊本県のつなぎ美術館での展覧会からのご縁で、
ボクが6年8ヶ月続けてきたことに確かな理解者を得て実現。

11月と来年1月とで都合5回の子どもたちとの絵のセッションで、
なにが生まれるだろうか?とても楽しみ。

東京に暮らすボクがなにかを与えるのではなく、
柳津という土地に生まれ育ったみんなからボクが学ぶ、
そんな心算で臨んだら、きっと素晴らしいものに出会えるんじゃないかな。

子どもたちのセッションの現場となる やないず町立 斎藤清美術館 では、
ボクが何者であるのか知ってもらえるよう、
絵本「とうだい」の原画や福島県の風景を描いた作品を
11月1日から30日まで展示しております。

秋の深まりとともにその美しさを際立たせる奥会津へ、
足を運んでいただけたらいいなと思います。

世界的な版画家、斎藤清さんの作品を浴びるだけでも、
福の大き土地なのです、柳津。

斎藤清美術館
https://www.town.yanaizu.fukushima.jp/bijutsu/

11月11日は子どもたちとの只見線ピクニック

11月12日13:30〜14:30
ボクのアーティストトークを開催します。

11月13日と15日の14:00~16:00のセッションは
飛び入りもウエルカムです。

こんな試みを『やないずモデル』と呼べるように育て、
他の土地に持ってゆけるものに出来たらいいな。

タグ:

コメントをどうぞ