そのへんに咲いた


今年で5回目の開催となった年末の花の絵の展覧会「小池花店」
成城学園前のcafe Quo Vadis でハラリ会期を終えました。

年の瀬のとんでもない時期にお運びくださりました皆様、
ありがとうございました。


年の瀬のとんでもない時期に、
小さなカフェという限られた場所で開催する、
その辺に咲いているなんちゃない花の絵の展覧会です。

この時期だからこそ、心静かな時を求め足を運ばれる方も少なからずおられたり、
小さなお子さん連れでも安心して来て頂けるよう、
大声で皆さまをお誘いするようなことの出来ない難しさがあります。

ご案内のほとんどは直接お会いした方へ手渡ししてまいりましたので、
連絡不行き届きにて失礼をしてしまった方ばかりであったこと、
お詫びいたします。


会期を通しご来場くださった方とは、花の絵を見ていただく以上に、
なんちゃない花の絵の前であるからこそ穏やかな言葉でお話しが出来た。
花を描くことの意味はそんなことなんだろうと思います。

最終日は故郷群馬より先輩女子3名が駆けつけてくださり、
年に一度のファンミーティングで会うことの出来る郷ひろみさんの、
ウエストの細さにプロとしての素晴らしさを感じたことなど伺いました。

みんな生きていれば色んなことがあるよね。

それにしたって今の世の中、なんだか生きづらいよなあ〜。

年の瀬のとんでもない時期だし、
しみったれた花の絵ばかりだけれど、
来年も心穏やかに思うことを語りあえる場所を用意しお待ちしてますねー。

平岡さんはじめ現場を作り育ててくださったみなさん、
ありがとう。
おつかれさま。
また来年。


この絵は台湾の三湾という街で見たハイビスカスの花。
多くの出会いと頂いた情に対しなにができるのか、考えていてもわからないから、
朝早く1人で走って行ってみたら、とても良い顔して咲いていました。

台湾から帰ってしばらくすると四国から訃報が届く。
ボクよりずっと若い人だったけど、
そういえばこんな花のような人だったなと思い、
描いたものです。

世界の変化に更新させてゆかねばならないこともありますが、
変わらずやらねばならない事が、
さらに自分というものを確かなものにしてゆく2020であれば良いなと考えています。

みなさんにとって2020が実り多く、また心安らかなるものでありますよう、
お祈りしております。

アミイゴ
2019
to
2020
PEACE!!

タグ:

コメントをどうぞ