鈴木テル子さん。


伊豆七島のひとつ、神津島の 神津島村郷土資料館 に展示されていた小さな絵に釘付けになりました。

描かれている女性がイキイキとして綺麗。
衣装が丁寧におしゃれに描写されているが、
合わせてフィジカルな表現も確かでとてもセクシー。

もちろん色も綺麗だし、
自然と人が織りなす構図が素晴らしい!


作者は鈴木テル子さん。
その名前を知らぬでいた作家さんは、
人形作家としても素晴らしい作品を遺しています。

もう他界された方ですが、
その足跡が記されていました。

鈴木テル子

大正10年-1921年3月22日 東京深川に生まれる

大正12年 (2才)関東大震災で京都へ引っ越す

昭和 6年  (10才) 交通事故に遭い障害を持つ

昭和 7年 (11才) 両親の郷里、神津島に帰る

昭和13年 (17才) 人形作りを開始

昭和19年 (23才) 母親死亡

昭和23年 (27才) 父親死亡

昭和24年 (28才) 第一回現代人形美術展入賞

昭和26年 (30才) 本格的に作画を開始

昭和38年 (42才) 島の娘を題材にした絵葉書発行

昭和54年 (57才) 大島老人ホームに一時入所

昭和59年 (62才) 大島老人ホームに正式入所

(没年は個人的に確認出来ていない)

11歳で神津島に渡り、その後大島の老人ホームに入所するまで、一度も神津島を出ない生活の中で創作を続けてこられたとのこと。

若くして負った障害やご両親の早逝といった喪失は、
すべて島の女性たちの風俗を描写するエネルギーに変えられたのでしょうか。

しかし、そうした彼女の境遇を知らくても、
遺された作品が今もイキイキと目の前で呼吸を続けていることに感動するのです。

なんだろうね、実際は厳しい労働のはずなんだろうけど、
描かれている女性たちはみな、地球の重力から解放されたようにフワッとエレガントな姿でいる。

ここでアップしているのは、資料館で了承を得て撮影した写真と、
島内の公設の物産販売のコーナーで売られていたポストカードです。


ポストカードは昭和38年に一度作成されたことがあったそうですが、そうしたものの原画が見つからず、昭和が終わるくらいの時期に再度描き下ろしてもらい、現在販売しているポストカードを作成したとのこと。

彼女を知る人に尋ねると、彼女の作品は体系的に管理されていないとのこと。
遺された作品がどれだけあるのか?その辺もわからないでいるそうです。

ボクはどうしてもイラストレーター目線で絵を見てしまうのですが、
鈴木テル子さん、やはりすごい!
もはや恋愛の対象のようでさえあり、
もしご存命だったら、会いたかったなあ〜。。


テル子さんの作品、神津島だけじゃなくて、日本の宝として多くの人に見てもらいたい。
そのためにもデジタルアーカイブ化だけでもしておけたらなあ〜


誰かやらねば!

自分がやるか。


タグ: ,

コメントをどうぞ