「まどをあけて」旅のエッセイ

軽自動車の雄ダイハツが新たに発行するフリーペーパー「まどをあけて」で
“ことづくり”をテーマの旅のエッセイの連載がはじまりました。

「アミイゴさん、好きなところに行って旅のエッセイと絵を提供ください」

そんなありがたいオーダーのもと、初回は近畿エリアの指定。
三重県の四日市から伊勢を経由し和歌山の那智勝浦の漁港まで、
ブルースを頼りに、コロナ禍でも感染リスクとても低い気まま旅は、
人に恵まれ唄にまみれた美しい時間となりました。

が、コロナ禍ゆえ、まずはウエッブ版での展開。
https://www.daihatsu.co.jp/lyu_action/book/
↑こちらでは、ボクの絵を使ったカレンダーもダウンロード出来ます。

コロナの状況で旅も制限されてしまう今ですが、
確かな人との繋がりを頼りに、自分が感染させる可能性のあることを自覚し、
人にも土地にも優しさとリスペクトを欠かさず歩くと、
それはそれは豊かなものに出会える。

企画のゼロ段階から、編集者やデザイナーさんと膝つき合わせで構築した仕事。
これからの旅のカタチを表現して行けたらいいなと願っております。



次回は九州。
PCR検査を受け、密を避け、しかし行先は密になりようの無い場所。

イラストレーターを目指した時からやりたかった旅の仕事。
日本中に顔の見える関係の友人を持った今こそ、巡ってきたな〜

タグ: , , , , ,

コメントをどうぞ