まさおおじさん


にじ画廊にマサオおじさんが来た

20何年か前の脳梗塞のせいで右腕しか使えないくせして
ボクの父親とカツミおじさんを三菱の軽ワゴンに乗せ
スヌーピーのTシャツ着て群馬からカッ飛んで来た

にじ画廊の50mほど手前の駐車場から
杖をついて足を引きずりノシノシと
日曜日の人ごみを掻き分け5分かけて到着

2階のギャラリーへの階段を見ると
「ダメだ、手すりがついてねえから登れねえ」って

「無理してケガしたら人様の迷惑になっちまう」って

しょうがねえ
1階の奥の事務所で座って待ってることになった

茶を出してドアを閉める時の心苦しさ
これは一生忘れられないと思った

しばらくしたら
にじ画廊のスタッフちゃんが声をかけてくれた

「外の階段なら手すりがあるので
それを使ってギャラリーの裏口から入ったらどうか」
とのこと

展示してある作品を外し
隠れていたドアを空けてくれた

それは
ボクらがこれから向かうべき
新しい世界への扉なんだと思った

マサオおじさんは外の階段を一段一段
ノッシノッシと登ってゆく
ボクは「もしも」のために後ろで構える

5分くらいかけて2階へ
花の絵の間からおじさん、遂にギャラリーへ

「その辺に咲いていた花」と名付けた展覧会
スヌーピーのTシャツ着たマサオおじさんがやって来てくれた

三男の父、四男のカツミおじさん、末っ子のマサオおじさん
大の男が3人、花の絵を見ている

百姓と農業機械の整備が生業のマサオおじさんは
ボクの描いた花の名前を次々に言い当て
その花がどうすれば元気に咲くのかとか
やっぱり日本固有の花が可憐でキレイだとか
滑舌の悪い群馬弁でしゃべっていた

カッコいいことなんかナニも言わないけど
カッコいいことばっか言ってるヤツらより
数億倍カッコいいと思った

マサオおじさんは
ボクが26才の時ムチャして入院した時も
群馬から東京に駆けつけてくれ

病室にいた誰よりも重病患者のような姿で
「オメー、こうなっちゃお終いだぞ!」と叱ってくれた
でもって
「無病息災って言うけどな、1病息災くれーがいいんだ」って
麻痺した口元をなんとか笑わせ
言ってくれた

そうしてボクは今も生きている

地元のウドンと酒をみやげに置いてくれ
男3人兄弟が帰る時間になった

やはり脳梗塞を患い上手く動けないでいるボクの父が
買い物でモタモタしてると
「オラァー先に車に行ってらぁー」とマサオおじさん

5月のよく晴れた日曜午後2時の吉祥寺
東急とにじ画廊の間の通りは昭和通りと名付けられていて
オシャレをした若い人たちがごった返すように歩き
自由を謳歌している

そこをノッシノッシと分け入ってゆく
スヌーピーのTシャツを着たおじさん

ガツっと日焼けした顔に髪の毛の薄くなった頭
スヌーピーのTシャツは黄ばんでいる

前をから歩いてきたカップルが気がつき
ビックリしたように
もしくは見なかったことのようにしてヒョイと道を空ける

ボクはおじさんの後ろ姿を追う

百姓と機械整備でデカク育った背中の筋肉は
麻痺した左足の細さとの対比で山のように見える

それがノッシノッシと昭和通りを行く

それはどこまでも美しい風景だ
圧倒的にカッコいい姿だ

ボクは泣いてさえいたかもしれないが
もちろん誰にもそんなことは気付かせはしない

三菱軽ワゴンの運転席に乗り込むと
こちらは振り向かないで(振り向けないで)右手をヒョイと
1万円札をヒラヒラさせながら
「これでウマいもんでも食えや」とマサオおじさん

それは絵を描き続けてきた中で
最高のご褒美なんだと思い

ボクもこうやってその辺で生きてゆくんだと思った

タグ: ,

コメント / トラックバック 2 件

  1. さかうえゆうな より:

    新潟より、はじめましてアミイゴさん。

    去年の暑い夏の日、ロカリテでほんのすこしその辺に咲いていた花の絵たちをみました。
    うまく言えませんが、あの日アミイゴさんの絵にもらった名前のつけられないあふれそうなきもちを、両手でだきしめながら歩いた帰り道が、わたしはとてもわすれられないのです。
    なんてすばらしい日だろうって、泣き笑いながら吉祥寺を歩きました。

    また今日あの日のきもちを思い出して、とても伝えずにはいられくて、コメントさせてもらいました。

    ありがとうございます、アミイゴさん。

    わたしもその辺で生きてゆこう。

    きっといいことあるだろう。

  2. >さかうえゆうなさん。
    新潟からロカリテでしたか。

    ボクは今回吉祥寺のにじ画廊でなんでもない花の絵を展示して
    そうか、これはボクが歩いている場所なんだと、
    やっとわかりました。

    こんな雑草ばかりのところを歩いている限り、
    バカな価値観に振り回されることなく、
    小さく生きてゆけるなあ〜ってね。

    にじ画廊での会期は10日まで。

    もし、
    東京に来られるようなミラクルがあれば、
    にじ画廊での花どもに会ってもらいたいなあ〜

    現在で50点ちかくの作品を展示していましたが、
    昨晩はさらに雑草66点を追加して
    残り4日間、ともかく咲き続けます。

コメントをどうぞ