にじいろのCAY


7/10~15青山CAYでのOurSongs「にじいろの花」から遡り
CAY打ち合わせの際につけ麺の冷やし中華を食べました

それが旨かったという話

そして
「にじいろの花」の6日間では日替わりで
その日に足を運んでくださる方にフィットするであろう
特別メニューを作り続けてくれたCAYでもありました

予約状況から判断して
コドモが多いとか女性が多いとか
ライブハウス的だとか演芸ホール的だとか

初日の夜は500円のオニギリセット
水曜日の夜は女性がオーダーしやすい定食セット
金曜日のビールはサッポロ赤星中瓶とかね

いつものメニューに加えて
肩肘張らぬ、
しかしツボを押さえた遊び心に溢れた日々のメシ

厨房で腕を振るう先輩は
東京のCLUBシーン一期生みたいな方々で
ホールやバーカウンターで奮闘するのは
音楽好きで人たらしなボクより若い人たち

そんな1人ヒトリがこの時間をとても大切に考えてくれ
このイベントをチャンスに
CAYという25年の歴史を持つ場所を
つい最近オープンさせたばかりの店のように
「こうしてこー」「あしてこー」と

LIVEや絵での表現者が主役であるのと並走して
CAYという場所、そこで働く人も主役であり、
なによりそこに足を運んで下さるお1人おひとりが主役でいられるよう
そんな場所に育ててくれた6日間でもありました。

ボクはDJイベントとしてOurSongsを15年前に始めたのだけど
ついに今回はPAばかりのイベントになってしまって

しかし、1人ヒトリのお客様に楽しんで頂くってことでは
今までで最高だったんじゃないかと

レコード以上のものを関わるみなさんと回し続けたんじゃないかと

自分のカッコ悪さをウレシく思うと共に
やはりCAYという場所のクレージーさがオカシクってウレシくて
あらためてコトバにしとかなきゃと思った次第

で、次の打ち合わせの際はカレーを注文

グリーンとキーマ2種類のカレーが添えられて
旨くてウレシくて

CAYのランチタイム
マジで使えます!

今回の出演者の多くが
セレブな青山でディナーショーのようなと称したCAY

しかし
ボクにはなんとも人間臭い場所に思えて仕方ない

CAYを1歩出たら
昔とくらべて青山の街のなんともパッとしない景色

一時はオシャレの最先端だったCAYも
今や涙と笑顔の交差点

そんなんだからボクに声がかかったんだと思うな

タグ: ,

コメント / トラックバック 2 件

  1. 山本カオリ より:

    おいしそうですね〜
    初日のおにぎりセットもちょうど良い量で美味しかったです。
    CAYは青山にあるんだけど、、リラックスした雰囲気で
    友達と二人で青山の公民館みたいだねーと寛ぎました。
    アミイゴさんのトークも面白かった。
    次も参加したいとおもってます!

  2. 小池アミイゴ より:

    >山本カオリさん。
    CAYは25年の経験と25歳のチャレンジ精神がありますね!

    500円のおにぎりセットはビックリでした。

    ホント、スタッフのみなさんが良くやってくれて、
    有り難い日々。

    だからこそ、プレッシャーも責任もデカイ現場でありました。

    次回のワークショップは8/11に下北沢で行います。
    詳細は後ほど〜〜

コメントをどうぞ