純情で悪いか!

Exif_JPEG_PICTURE
街好き人ったらしフェス「青山純情商店街
青山CAYでの5日間を無事に終えることが出来ました!

ご参加のみなさん、ご協力のみなさん、ご出演のみなさん、
どーもありがとうございました!

Exif_JPEG_PICTURE
初日はバロンくんと奇妙礼太郎さんの2マン
「ハートスランプ二人ぼっち」というタイトルそのままに
素っ裸な唄の表現の現場を生むことができました

バロンくんには大道芸的要素を封印
歌い手として男前な部分でステージに立って頂くよう提案

ウクレレと唄だけの表現だけど
その世界観の深さをあらためて確認

この経験はいつものボードビル的ステージに
確実に活きてゆくんだと思いました

Exif_JPEG_PICTURE
奇妙礼太郎さんはギターと唄だけで圧巻のステージ

しかし、彼が声を張り上げれば張り上げるほど
深い静けさを感じてしまうのはボクだけだろうか?

そんなことは
奇妙礼太郎×軽妙バロンの組み合わせだからこそ
際立って感じられたように思います。

Exif_JPEG_PICTURE
2日目は「夕暮れニーヨンロック」
SASAKLA & ビューティフルハミングバードの唄で
青山から東京近郊まで
東京で暮らすということのイマジネーションを深める現場

SASAKLAはベースに伊賀航をしたがえ
CAY史上最も小さな音で演奏したんじゃないだろうか

ともかく唄のラインがスムースで
その背景を伊賀さんのベースラインがさらにタイトにスムースに
一瞬も飽きること無く
穏やかだけどROCKを感じさせるステージを魅せてくれました

Exif_JPEG_PICTURE
そう出来たのも
SASAKLAの後にビューティフルハミングバードという
大きな幹がそびえてくれてるからだね

最後に全員で唄った2曲の美しさ
それは東京の最も良心的な風景を感じさせてくれるものでした

Exif_JPEG_PICTURE
実はこの組み合わせで満席にならなかった今回

オモシロいのは
ネット上ではこの日の情報へのアクセスが
ダントツに多かったってこと

これはこれからボクがどんなものを創り
どんな人に届けてゆくべきなのか
その方向性を逆説的に決定づけてくれたことになりました

Exif_JPEG_PICTURE
3日目は「エレガント&パンク」
とんちピクルスとacoustic dub messengersの組み合わせが決まった時
とんちさんが口にされた言葉をそのまま使用

実際に生まれた時間も
まさに言葉通りのものでした

Exif_JPEG_PICTURE
アコダブと出会って18年
とんちさんとも10年
その間ボクが歩いてきた道そのまんまの
表現の風景が現れたはずです

演奏終了後の出演者もお客様もスタッフも
すべての人の突き抜けた表情がうれしかった

3日前の予約が2名
当日お昼までで20名
フタを開けたら満席

そう
いつもそんな道ばかり歩いてきたぜ
ったく!

さて
「マンタッチ音頭」に出会ってしまったみんなが
これからの未来をどう生きるか
それを確認してゆくという仕事がひとつ増えたなあ〜

Exif_JPEG_PICTURE
今回は5日間を通して
「ステージや照明がキレイ」という言葉を
お客様から頂きましたが
これはもうCAYという現場の底力
主催の大形純平くんやCAYのスタッフのみんな
ありがとー!

Exif_JPEG_PICTURE
4日めは「ら・ら・ら森の音楽会」
昨年夏に森の中で録音された“ら・ら・ら”のアルバムのレコーディング再現LIVE!
なんだけど
ボクの裏テーマは
mueさんのLIVEを「コンサート」とは違うカタチで感じたい
いっそ踊ってしまいたいなんだけど

CAYの中心にステージを組み
それをお客様が囲むというカタチにして
こうすることで
演奏者とお客さんが同じ音を共有することが出来る
いわば「宴会」のようなものだね

Exif_JPEG_PICTURE
そうしたことで
ジャンベの奈良大介さんの圧巻にして自由なソロコーナーが生まれたり
息子さんで小学4年生のジューキくんがジャンベで参加した時など
そこにいるスベテの人が親戚のおじちゃんおばちゃんになってたはずだし
コイケ龍一さんのカリンバの音色は
1本の樹のように枝葉を絡ませて伸びてゆくように見えたし

で、
最後はほんとにみんな立ち上がって踊ってしまったよね〜
Exif_JPEG_PICTURE
そして
あらためてmueのグルーヴ感は東京の宝だなあ〜と

今回1番始めに発想したライブだったけど
やってよかった〜〜!

Exif_JPEG_PICTURE
で、最終日は「高円寺ミドル級サタデーブルー」
キングジローという45歳のブルースマンをCAYのステージに立たせたい
ブルースでCAYを満席にしたらオモシロいだろう!てね
そんな一心でボガルサからの付き合いのイトウダイくんを焚き付け

結果、満席までいかなかったんだけど
しかし!ジローくんもダイちゃんも、
ダイちゃんから「高円寺のドブネズミ」と呼ばれてたハーモニカのタケくんも
ドラムのカズくんも、紅一点のギタリスト&シンガー ヤンフレンジーちゃんも
世界のレジェンドが上り続けたステージにしっかり爪痕を残してくれました!

Exif_JPEG_PICTURE
なんつったって
この日のリハが始まるまで
こいつらが何者なのか知ってたのはオレだけ

しかし
バンドの1音めが鳴ってジローくんが唄った瞬間から
CAYのスタッフはジローくんのファンに!

青山の腹をよじらせた名曲
“コンクリート流出事件ブルース”
ほんとうのことを唄ったら
メジャーにもメディアにもあがれるはずはなく
しかしこんなオモシロいことはなく
だったらそれを守って行くのはオレたち!

またやろう!

CAYでは出演者へのまかないが大皿でガツッと出されるのだけど
今回ボクの分だけはプレートで
Exif_JPEG_PICTURE

初日ガッツリ、徐々にヘルシー、あらためて最終日ガッツリと
Exif_JPEG_PICTURE

日々の体調にピッタリと沿った感じで提供してもらえたこと
Exif_JPEG_PICTURE

助かったなあ〜
Exif_JPEG_PICTURE
ごちそーさまでした!

今回の5日間
出演者のだれもが有名なってわけではないし
ネットで情報をさがすのさえ難しい人もいたけど

でも「オレが好き」という基準だけで
5日間のLIVEを創りました

それはボクの孤独や狂気も受け取りやがれ!
みたいなものであり

それはその受け皿となったCAYの底力があってこそ
カタチになるものでした
Exif_JPEG_PICTURE
そしてそんなスベテは
やっぱ人の力なんだよね

そんな1人ひとりからも
こんな時間を誰に向けて創るのか
明快に教えてもらったはずの5日間

最後の1曲がダイちゃんの唄う
なるほど、この曲か。

ボクらは何がどうなろうと
踊り続けるし唄い続ける

で、
もう一度だけ叫んでおく

キングジローー
カッケーーー!!

2013
0302
PEACE!!

タグ: ,

コメントをどうぞ