医療の現場で奮闘されている方を応援します。

LOVE Nightingale

私は医療崩壊を起こすリスクを最大限に抑えるため、
想像力を持った生活を心がけ、
医療の現場で奮闘する人々と共に闘うひとりであろうと思います。

アップした画像はフリー素材としてご自由にお使いください。

先日、日本看護協会の会見で会長の福井トシ子さんが語ったこと。

コロナは・生物学的感染症・心理学的感染症・社会学的感染症を起こしている。
差別や偏見が医療の現場に与える影響は大きく、看護職のみなさんへの理解やエールが必要。

みなさんそれぞれの経験で医療の現場に想像力を働かせ、
それぞれの言葉を駆使し、
コロナと闘う人々にエールを送ってみてください。

追記。
以前あげた手洗い列島くんのKIDSバージョン
みなさんの使い方を見て、A4ジャストサイズのものもあったらいいなと。
こちらもご自由にお使いくださいね〜

息子の学校が休校になったので。5週め


2020年3月30日

息子休校からの春休み29日め。
志村さんの訃報に触れ、ざわつきしおれそうな気持ちはどうしようもなく、
通学路の途中の土手にへばりついていた西洋タンポポを描きました、
茎が短く首をすくめるようにして、しかし根を深く張りロゼット葉をガッと開いて、
何があっても生きてやる!みたいな面構えが頼もしいなあ〜と。

描く手にどうにも力が入ってしまい、
やはりザワザワした仕上がりになってしまったけれど、
しょうがない、これが今のオレです。

で、小学4年男子はどうしているかと。
うーーむ、流石に生活習慣を維持するには長すぎる休み。
最近ではすっかり布団がお友達になってるではないか。

漢字ドリルやりな!と言ってみたが、
そうだ、息子が気に入っている工藤直子さんの詩の朗読をやってみよう!と。
今日の一編を選び、詩の風景に似合う色の色鉛筆で詩文を紙に書いて、その後音読。
などという字面で皆さんから「ステキ〜」なんてお言葉をいただきそうだが、
いやいやなかなか最初の一歩が踏み出せない。
ちょっとした文字の描き損じが気にくわない、
俺のアドバイスが気に食わないと涙する、、
いやこりゃ大変な投げかけしちまったぜ、、
でも根気強くコミュニケート重なると、
ある瞬間からモードに入り、
なんとか彼らしい手数の少ない余白たっぷりの着色詩文の完成。
朗読の映像は結局布団の中。
しかし、しょっぱなにこんな詩を選ぶかなあ〜、4年生。

リンク
https://www.instagram.com/p/B-XHI0klRnQ/?utm_sourc……_copy_link


2020年3月31日

休校から春休み30日め。
学校近くの八百屋の軒先の水仙を描きました。

息子は保育園に通っていた頃から八百屋のおじさんに挨拶していて、
並んでる野菜や果物について質問したしたり解説したり。
そんなわけでボクも八百屋さんとの挨拶が習慣になり、
そんなキッカケでさらに街の方へのあいさつは広がり、
住み始めて20年ほどの街を地元と呼べるようになりました。

ボクの場合SNSで繋がっている人の多くが心ある小さなお店屋さんだったりするので、
日々苦渋の声に出会う今。

心ある友人たちに「自粛」を言わせてしまうことに違和感を感じるぼくは、
しかし皆さんのために何か出来るわけではなく、
ただその苦渋の声に耳を塞ぐことなく、共に闘う意識であろうと思います。

自粛じゃなくて、共に闘う。

そして息子ともともに闘おう!と。
今日も夕方にリフティングの練習。
フと目をそらした瞬間「やった!5回」と息子。
30日めにして5回。おめでとー!

そして30日。
つくづく家で子育てに奮闘するカーチャンたちの凄さを実感!
(もちろんトーチャンの場合もあるが)
子どもがいて家事やって仕事してやってたら、1日はあっという間だ〜〜!

今はコロナで大変だけど、
これは働き方や子育てのスタイルなど世の中セーノで思いっきり見直せるチャンスだと、
心の隅に置きながら、
息子とズブズブの日々を楽しんでゆけたらだぜ。

ちなみに水仙の花言葉、いくつかあるようだけど、
1つは本日ジャストなので調べてみてください。


2020年4月1日

息子休校から春休み31日めは雨。

1日部屋の中ではおかしくなると、
YouTubeでNHKのテレビ体操とラジオ体操を連続で見ながら体操する父子。

Eテレで流れていたペンギンが出てくる海外アニメ「きみのおうち」が可愛くて見てたら、
内容素晴らしすぎで背後から息子のすすり泣き、、
ならばと原作”LOST and FOUND”をAmazonで見つけソッコーぽちり。

なんてことしてると昼メシの時間。

雨だし外に出るのもアレだし、
よーっし!オヤジチャーハンだっ!とフライパンぶん回す。
が、オヤジの塩加減は薄すぎなのか、息子〜、、

Amazonプライムで見続けているスラムダンクは海南とのラスト10秒の回。
息子にこれはアニメ史上に残る名シーンだからオマエ絶対泣くぞ!なんて伝え仕事してると、
やはり「泣けたー、、」だって。

先日から始めた着彩詩文と音読チャレンジ、
今日は同じく工藤直子さんの、教科書に載っていて懐かしいという「ふきのとう」をチョイス。

決してノリノリでやってるチャレンジじゃないので、
描き出すまでアクビを連発、屁を連発、トイレには2回行くで、
隣で仕事してるオレはイラっ、、

が、振り返れば俺はもっと酷かったはずだし、
小4アミイゴは絵もそんなに描いてなかったぜ、、

そういや今日から新年度。

お世話になった小学校の先生の数人が転任。
御礼を伝え、エールを贈りたかったがなあ〜、、

ところで息子は今日から5年生?

まあいいや、さらに休校が伸びたとしても、もはやオヤジの腹は座っているぜ!
などなどズタバタの合間にふきのとうを殴り描きの四月馬鹿。

志村さんの追悼番組でメシが食えなくなるほど笑い転げる息子に救われる。
志村は死なないと語った高木ブーさんに涙。

リンク
https://www.instagram.com/p/B-cTbtUlb1M/?utm_sourc……_copy_link


2020年4月2日

息子休校から春休み32日め、
休校が5月6日まで延長決定の今日、
ベランダでチューリップの花が咲きました!

2年前に富山県で球根を買って、去年開花。
そのままプランターを放っておいたら、
去年よりひょろりとした、
しかし、去年より色っぽい娘さん開花。

嬉しいねえ〜と、
息子の朗読も越中の娘さんとのツーショット。

絵の方は描いては消して、描いては潰して、
心がヘトヘトになった辺りで開花。

俺の雑念、花にはお見通しってことだな。

さあまた1ヶ月!
共に闘おう!!

そして、
花の絵はさらに増える。

リンク
https://www.instagram.com/p/B-e2bBjFE2p/?utm_sourc……_copy_link


2020年4月3日

息子休校からの春休み33日め。
プランターに生えてた雑草、と思ったら、小さな花が1つ。
あ、これは勿忘草であった。
今年も、1輪ではあるけど忘れずに咲いてくれたんだ。
まさに forget me not.

息子は昼前に髪を切りに。
カミさんが深い信頼を置いているヘアサロン、
これもまたご近所さんですれ違っているうちに仲良くなったご家族経営の店で、
安全には充分注意しているからとの言葉も添えて頂いてのこと。
有難いなあ〜。

で、息子にはもっと体を使わせなきゃと。
声を出すことやってやろうと、なんちゃってボイストレーニング、
からのKING GNU と米津玄師熱唱。
マジで歌うと2曲でヘトヘト。
ご近所さん、大丈夫だったか??

そしてリフティングは6回成功!
いや、まあ、他の子と比べたら回数は少ない。
が!! 1ヶ月で3倍出来るようになったぜなぁ!

そんなこんなをやっていたら、1日は今日もあっという間。
てか、金曜日だっけ?今日、、
水曜日くらいの気持ちでいたのだが〜〜〜。

てか、結構やってきた仕事の請求書、
ほとんど出していなかったぜぇー、、

まあいいや。

ちっちくせえ花が咲いたことや、
リフティングが昨日より1回多くできたことの喜びで1日が終わる。

生きるに足るということだろう。

日本看護協会の会見での会長さんの言葉の確かさ、
現場に対する情の深さに感激。
リーダーの資質ある人ってちゃんといるなあ〜。

リンク
https://www.instagram.com/p/B-haGYEFEzW/?utm_sourc……_copy_link


2020年4月4日

休校から春休み34日め。

地域の先輩のお家に用事がひとつ。
息子とジョグで行き、理想的に手をかけ過ぎずていない庭で立ち話。
足もとに生えていたゴキョウを、その庭のイメージに引っ張られ、
なんだが免疫力高めのタッチで描きました。

土産で頂いた庭の夏蜜柑と金柑、酸っぱくて美味かったなあ〜。

帰り道、見事に咲いている桜の木に出会い、
2年前に切られてしまった桜の老木を思い出し、息子すすり泣く。

コロナなんやかやではあるが、少し遠回りして、
さらに街に咲く桜の樹をいくつか見ながら帰ってきました。

家に帰るとカミさんの実家からタケノコやセリなど届く。
食べきれない分はご近所さんにお裾分け。

ここ数日続けている詩の朗読も免疫力高めのものをチョイス。

息子にとっては、隣の家の駐車車に椎茸が1つ落ちていたのが大発見でもあった春の日だった。

リンク
https://www.instagram.com/p/B-kE2fulrIW/?utm_sourc……_copy_link


2020年4月5日

息子休校から春休み35日め。
道端に咲き始めたポピーを描きました。

今にも折れそうな身体で、
しかしタフで可憐でセクシーな姿に一目惚れ。
てか、そうかもうそんな季節かあ〜、、

と驚いている間も無く、
明日は息子は始業式で登校。
ボクも新入生の案内の係りで登校。

そうしたことには、必然もあるし、
出来れば避けたいこともある。

ともかく、子どもたちにとって何がベストなのか、
そして、
感染拡大を抑えるにはなにをやるべきなのか、

発想のせめぎ合いにならざるを得ないことではあるが、
しかし、顔の見える関係の人たちとの間で、
ある部分では楽しみや喜びを感じながらやってゆけたらいいな。

それにしたって失われた3月は悔しぜ!と、
桜咲く小学校の風景も描いた日曜日。

創立90周年の今年、
この絵も何かのお役に立てたらいいな。

いや必ずお役に立てましょう。

コロナ対策イラスト、自由に使ってください。


人の集まる場所で、
お子さんのいる現場で、
必要な方は使ってください。

息子の学校が休校になったので。4週め


2020年3月23日(月)

息子学校休校22日め。
2年前に切られてしまった近所の桜の樹の絵をアップしときます。

俺にとって花見とは、普段の生活の中でこの老木を見上げることだったのだが、、

息子が生まれ、カミさんも息子もそのまま入院が続き、
やっとの退院後の記念写真はこの桜の樹の下だったのだが、、

小学3年の夏にこの樹が切られることを知り、
工事現場に泣きながら抗議に行った息子。
それを知り温かな手を差し伸べてくれた沢山の人の思い出。

昨日の代々木公園の風景に少なからず恐怖を感じたからこそ、
あらためて愛しき桜の老木に想いを巡らせている隣で、
おそ松くんが六つ子で生まれる確率は精子と卵子の出会いがどーだこーだと話しかけてくる休校ボーイ。
仕事にならんっちゃーならんのだが、しょうがねえ、
そうか、そんなに低い確率なのかぁ!などと相槌。

録画しておいた「映像研には手を出すな!」最終回を見て涙する小4男子に、
ならばお前が人を感動させるものをつくるのだ!などと、
自分のことは棚に置きつつ、キラキラワードばら撒く俺。

なこんなでアトリエに入る時間を作れず過去作をアップした月曜日。
飛び込みで連絡いただいた仕事が、ここ最近増えてるローカル案件の面白い内容で、
ならば今日中に打ち合わせしてしまいましょう!と駅前のカフェに駆け込む手間、
息子との日課のリフティングの練習、いつもより短い時間で集中してやるぞ!
なんて始めてみたら、ありや、いつもより息子の上達が明快。

そうかあ〜!リフティングも仕事も集中力だよなーー、、

俺こそそれが出来ておりません。と、
遅々として進まぬ仕事、そして確定申告や実家の後片付けなどなどにおののき、
見上げた空にあの桜の梢枝はもう無いのだ。


2020年3月24日(火)

休校23日め。
先日通り抜けた代々木公園に咲いていた桜の花を描きました。
報道で「首都圏は緩んでしまっている」が聞かれた1日。
皆さんの花見の替わりになんて言えるわけ無いが、しかし描いておこうと思った、
春ならではの曇り空に溶け込む桜の花の淡い白。
この淡き白とブルーシートの強烈な青との相性の悪さ。
問題はコロナだけじゃないんよ。

などという憤りをなんとか鎮めようと努めた今日。
息子は終業式。
3週間以上ぶりに学校に行き、各クラスごと教室に別れ、スピーカーから流れる校長先生のお話を聞き、校歌を歌い、
担任の先生と語り合い、校庭の桜の樹の前でクラス写真を撮り、べそをかきながら家に帰ってきた小4修了生。

ベランダの鉢植えに水をやり、昼メシにカミさんがこさえてくれた弁当を食べ、
やはり3週間以上ぶりにプログラミングの教室に行き、夕方にはリフティングの練習。

リフティング、わずかだが身についてきたよな!と喜びを分かち合い、さらなる練習の糧とする。
しかし明日から春休み、かあ〜〜。


2020年3月25日(水)

休校からの春休み24日め、
今日は息子より2学年上の6年生の卒業式。

壁画製作や地域の活動などで仲良くなった子たちが多くて、
限られた条件内ではあるけど、無事に卒業できて良かったね〜!などと学外から思い歩いていたら、
カラスノエンドウの赤紫と緑色が春の日に照らされ新鮮に輝いていて、
それが今日卒業の6年生と重なって見えて、ささやかながら皆んなへの花向けの絵として描いてみました。

そんなお兄さんお姉さんとは関係なく、うちの4年生男子くんは春休みで宿題も無く、
King Gnuの白日の歌詞の一部が分からないから聴かせろと言ってきて、その後寝るまで歌い続ける。

もしくは身の回りのある本を片っ端から読んで雑学を身につけ、
「とーちゃん、処女ってどんな人?」なんて聞いてくるので、
しょうがねえ、「男の人と愛し合ったことの無い女性」
「あ、いや、その、あの、肉体的に愛し合ったことの無い、だなっ!」
などと答える俺に「そうか!」などと返す。

ともかく息子の思春期は年度をまたぎ、来年に延期くらいの気持ちでいれば良いのだろう。

そんな今日。
東京都から厳しい要請が出されたが、
子どもたちの閉塞感にちょっとでも風穴空けられるようなことは出来ないか、発想に火をつけ始めてみた。

そして、イラストレーションというものはあらゆるメディアに乗って人の暮らしに届けられるものなんだよな〜!
なんて当たり前のことをあらためて思い、ではなにを描けば良いのかのかんがえを更新させ始めた。
やれることはある。


2020年3月26日(木)

休校から春休み25日め。
今日は、も、朝からズタバタでアトリエに入れず。

息子がおもちゃの鉄砲でカエルの人形を撃ってる脇で、ドローイング中心の仕事はしているのだが、
花の絵を描く隙間は無く、
しかしこんな時間こそ忘れちゃならんと、去年描いた忘れな草の花の絵をアップしときます。

これは詩人の平岡淳子さんの作品に添えた絵。
言葉の導きがある分、自分を振り回すことなく、
もっと言っちゃえば描いた記憶さえ無いくらいの安産で、
嫁ぐべきご家族の元に旅立ってくれた絵。

全てはご縁であり、一期一会であるなあ。

だからこそ、上っ面では無いところで品よく生きなくちゃならんのだ。

なんてカッコつけて語るも、終始話しかけてくる小4男子に、イラっとくる、
うっ、
いやここは我慢、
じゃねえ、
想像力だ!

テメエが小4だった時のことを思い返してみやがれ!
それはそれはしょうもねえ生き物だったじゃ無いか!

なんて自分に言い聞かせているうちに、息子と不思議なダンスを始めていた木曜日。
息子と続けているサッカーのリフティング、連続20回出来ましたー!

25日かけて20回、どうよ?
んなことより、
息子が4回続いたことの方が誇らしい。


2020年3月27日(金)

息子休校からの春休み26日め。
昨日に続き忘れな草の絵をシェア。

これは2011年の震災直後に描いたもので、
その後数奇な出会いを手繰り寄せてくれた。

その辺、お付き合い長い方はご存知かと思いますが、
今また同じ3月、震災とコロナの日々で重なるものを感じてね。

あらためてその時書いたブログをシェア。
以下のリンクから覗いてみてください。
www.yakuin-records.com/amigos/?p=10079

なんだろ、
大きな数字に振り回されることなく、1人ひとりを大切にしなくちゃだなあ〜。

なんて分かったようなこと語るも、結局コロナのなんやかやに振り回され、
目のまえのことやるしか無いよなと、

今日は午後に渋谷の宮益坂まで息子の矯正歯科。

なんやかや心配するのめんどくさいので、歩いて行ってしまおうと。
あれ?意外や軽く歩けちゃうな、四年生。

ならば帰りも歩いてしまえと。
5キロくらいだけど息子と町歩き。

あんま人の歩いてない道なら任せとけ!と、
いくつになっても野良犬根性は抜けぬ俺。

しかし、色々見ることが出来て楽しかった。
ガラガラのキディランドで、最近割ってしまったスヌーピーのコップ、
新しいのひとつ買った。

っと、、
年度末でコロナ対応もシビアな保育園施設長のカミさん、
今日も遅くなりそうとのこと。  

帰り道のスーパーでゴーヤと目が合い、
今まさにゴーヤマンにハマっている息子と盛り上がり、
家でゴーヤチャンプルーこさえて晩めしにしたのでした。


2020年3月28日(土)

息子休校から春休み27日め。
PTAの仕事で久々行った小学校の帰り道、
道端で雑草化していたヒメツルソバを描きました。 

ガーデニングで豪華に盛りに盛られているのはピンと来ないのだけど、
アスファルトの継ぎ目に根を下ろしているこの子らには、グッときてしまうんだなあ〜。

大きな塊の中で安心出来ることもあるだろうが、
ハグれているからこそ手にできるタフネスに魅力を感じて生きてきて、
今またさらにそう思う2020年年3月28日。

今日はカミさんが急遽休みになり、息子から離れてアトリエに入り絵を描くことが出来たが、
夕方にはルーティンのサッカーの練習。

27日間も続けていると、ボクなりのトレーニング方法も編み出し、
家の前の路上で息子と片足ヘリコプターとか脱力ダッシュとか、謎のネーミングのトレーニングを行い、
図らずも行き交う人に微笑みのお裾分けをしている父子。

そういえば、息子が物心ついた頃から、街ですれ違う人の挨拶させまくってきたのだけど、
この27日間で挨拶を交わす人や犬が一気に増えたぜ!

コロナは抑えるしかないが、挨拶は町中に感染させてゆく。
そして、
学校再開が遅れるようなことあっても、慌てず、ケ・セラ・セラでやるしかないね!
なんて会話を家族でしている。


2020年3月29日(日)

息子休校から春休み28日め。
4週間かあ〜。てか雪か〜!な朝、
窓の外がビーチクパーチク賑やかで、
息子に「見てみようぜ!」と窓を開けると、
バババとススメが逃げて行く、、

そうか、スズメさん、
うちの軒先で雪宿りしてたんね、、
ゴメンよスズメさん。

そんな雪の日曜日、オヤジもかーちゃんもなんやかや仕事で一杯いっぱいで、
なんやかや話しかけてくる息子の相手が、いつもより出来ないもどかしか。

なわけで、グニャングニャンの姿で床でのたうち回ったりしてる小学四年生男子。
突然カセットデッキを持ち出し、20年前のオレのカセットでクラムボンなど聴き出す。

雪の日曜日にカセットでクラムボン。

20年前には想像もしなかった家族の風景。

サブスクの時代に、音楽ってますますパーソナルなものになってる印象だけど、
俺はやはり手渡す距離感で人と共有するのが好きだなあ〜。

外遊びの出来ぬ1日、息子の鼻歌に「もっと大きな声で歌ちゃいな!」と、
一緒になってパプリカとか花は咲くなどを歌う気持ちの良さ。

このしみったれた家族の風景に似合うのは、先日渋谷で見たしみったれたナズナだろうと、
仕事が一息ついた夕方、凍えるアトリエで描いたのです。

アートでみんなを元気にさせるなんてことは身の丈に合わず、
しかし、しみったれた花の絵でフッと気を抜くようなことしていただけないかなあ〜と。

そんなことであれば、大抵のことがあっても続けて行けそう。

息子の学校が休校になったので。3週め


2020年3月16日(月)

群馬のみどり市へ。カミさんの代休が今日だったので息子を任せることが出来たスケジュール。
家からの地下鉄が想像以上に混んでいて、表参道、乃木坂、赤坂、国会議事堂前、霞ヶ関と人を吐き出してゆく。

2020年3月17日(火)

息子学校休校15日めの昨日は群馬へ。
明けて今日は17日。2年前に父が亡くなった日、
なのだが、
昨日はほんとどうしようもなく群馬から日帰り。

おやじー!2年後にコロナが流行るなんて思いもよるまい。
遺された家も相変わらず手付かずで申し訳無え。
が!今は東京に戻り、いるべき所にいなければならんのじゃ!

せめてもの慰めに、
2年前の今日、群馬の伊勢崎の病院に向かう河原の土手で見た水仙の花の絵をアップしとくぜ!おやじ。

どんな時も美しいものを見る目を失わず生きてやるぜ!おやじ。


さらに2020年3月17日(火)

休校16日め、もろもろ手に負えぬことが吹き出すも、
やるべきことは自分より弱きもののケアだよなと、
昼メシに息子と焼きそばを食う。

なわけで、描きたい花は明日以降、
おやじ二回忌の今日は、河原撫子の絵をシェア。

2年前はナデシコとヤグルマソウの区別がつかなかったのだ、、


2020年3月18日(水)

息子休校17日め。
大家さんが植えてくれてるスズランを描きました。

息子はスズランが好きみたいで、毎年「スズラン咲いたね、かわいいね〜」と言ってる。
なので、スズランが咲いても自分からそれを語ることはせず、息子のアラートを待つのが恒例。

今年は先日の雨の日にスズランアラート。
雨に打たれたスズランはセクシーだね〜。

そんな息子さんは朝からグダグダ。
ならばと先日頂いたバラの花の植え替えをして、
鉢の底に敷く石ころ拾わせたり、土の入れ替えをやってもらったり。

ならばついでに日課のサッカーリフティングをやっちまおうぜ!
が、今日は忙しいからちょっとだけやろう!と言うも、
ちょっとで終わるはずも無くもはや昼メシ時。

こう見えてけっこう仕事立て込んでるのだがあ〜〜、、
まあいいか、2020弥生スプリーング。

追記

何件かの指摘を受け、
この子はスズランではなく、スノーフレークだということがわかりました〜
ああこんな絵を描いていて良かった、
知識が更新された!


2020年3月19日(木)

息子休校18日め。
先週に続き、そして今日の晴れ間を利用せねばと、
代々木八幡駅ガード下壁画 #とみがやモデル、子どもたちの描いた23メートルの花の壁、
今日は北側に額縁を与えるようの作業を決行。

お手伝いのお二人には、より音楽的な修正の作業をお願いしつつ、
通りがかりの子どもたちが我慢できず壁面にキラメキを足してくれたり、

この壁の目標「街に暮らす人たちのBGMのような壁」にグググと近づいた、
踏み切りを挟んだミュージックセッション。
疲れた〜〜!

が、美しきものに出会えた。

街のみなさーん!
なんなかや気をつけながら、美しくセクシーに、元気にやってゆきましょー!


この写真は、代々木八幡駅新築工事の傍ら壁画制作にもお力添えくださった皆さんの1人。
回を重ねるごとに1つにまとまっていった現場。本日ついに記念撮影パチリ。

大きな工事には利用者や地域との軋轢もあるだろう中、
アミイゴを名乗る謎の人物との作業なんて疑念しかないだろう。

が、理解出来ないことがあっても、ともかく辛抱強く聞く耳を持ってくださり、
溝があればお互いのハードワークをもってやってこれたこと、嬉しいです。


2020年3月20日(金)

学校休校19日め。
お隣さんの庭から枝を伸ばしてる雪柳の花、
息子が見つけて「かわいい」なんて言ってたので描いときました。

5年生を前にお兄ちゃんっぽい顔つきに変わっていた息子の表情が、
モラトリアムな19日間で子どもっぽい顔へと逆戻りしてる?

街ですれ違う子どもたちもそんな印象なんだけど、
実際はどうだろうか?

色々問題ありな休校だけど、
子どもたちにとって良かった〜!と言えるような時間に出来たらいいな。

どうやったらいいのかは手探りなんだが、
一日中ペラペラ話しかけてくることに対しては、その話の中身についてゆけずとも、
ともかく相槌だけは打つようにしている。

地下鉄サリン事件から25年。
オウムってなんだと訊いてくる10歳には、
人の弱さは愛しいものであることを地道に伝えてゆけたらだなあ〜


2020年3月21日(土)

息子学校休校20日め。
連休中日でカミさんも仕事休みで、
息子の学校からの自習課題を見直してみると、
実は大量に出されていたことが発覚。

小4男子くん、連休を通してドリルやレポートに取り組まねばだ!と、
半ベソで机に向かう。

この状況を見過ごし、ノホホンとした19日間を過ごさせてしまったオレは共犯者であろうと、
所在無くアトリエに引きこもる。

いや、俺こそ仕上げねばならぬ大量の絵があるも、
クリエイティブな壁が大小立ち塞がり前に進めぬ毎日なのだーー!と半ベソ。

っと、以前描いた大豆の花と目が合う。
大豆の花が息苦しそうに何かを訴えている。
ああ、そうか、ここでもオレは自分を偽っていたのか、、

加筆というカッコつけな自分を消し去る作業をしてみたら、
そうだ、これだ、俺が見たのはこんな情けなく可愛らしいものだった。

花は俺にとって嘘発見期なのか?

などと呟いてる場合では無し。
父子問答無用でやらねば!
ふう、、


2020年3月22日(日)

休校21日め。
家のエントランスに咲くハナニラを描きました。

以前仕事で描いた花。その時は咲いてる季節が違くて、
画像検索で作った資料で描いたので、
今日「この花はなんだろう?」なんて調べてみたら「ああ、これかあ〜!」なんてね、
snsで知り合った女の子に会うのってこんな感じ??

ともかく意識を持って見ることは、大切だなあ〜!
ということと、良い絵が描けるということに完全な整合性は無く、
アップした絵もこれで良いはずが無く、
やっぱ見たフリ、分かったフリ、描けたフリには気をつけねば。

などとグジグジ考えつつ、取材に出た帰り、
原宿駅の新しい駅舎のグロテスクさ、
代々木公園に大挙押しかけてた花見客に慄くサンデー。

久々の休みが息子と重なったカミさんも、
息子の運動不足解消に代々木公園に行ったそうだが、
子どもが遊べるスペースを見つけられず帰ってきてしまった。

学校は休校。
カミさんの勤める保育園はフル稼働。
公園は花見客でごった返す。
フリーランスは生活の危機、、

人として試される休校3週間。
顔の見える関係の人との情報共有とオープンな会話に救われている。