‘ワークショップ’ タグのついている投稿

83ヶ月め

2018 年 2 月 11 日 日曜日


今日は2011年3月11日から2,529日め
6年11ヶ月
83回目の11日です。

福島県の奥会津の柳津という町の子どもたち絵を描く5度のセッション。
昨年11月に次ぐ4回めと5回めを、1月20,21日に開催してきました。

11月はひとつの小学校の学区の学童保育に通う子どもたち
30数名と向き合う格闘セッションでしたが、

今回は土日を使って、また絵を描いたいと希望する7~8名と、
1人ひとりの個性とガッツリ向き合い絵で会話するような時間にしました。

目の前で起こる子どものやること。

それは普段些細なこととして見過ごしてしまうようなことかもしれませんが、
子どもの個性はそんな些細なところに生きているんだなあ〜と実感出来た時間。

このことは後ほど、
この企画運営に携わってくださった福島県立博物館のチームとボクとで、
きちんとしたレポートとして書籍化しますので、
ボクが得た実感は、それがまとまった際にあらためてお伝えしますね。

今回うれしかったこと、とりあえずふたつ。

ひとつは、
ある瞬間に子どもが自分から考え、工夫し、
アイデアを肉体化し表現を始めたこと。

ちょっと言い方が硬くて伝わらないかもだけど、
ともかく、人間としてワイルドでセクシーなことが起きたってことです。

もうひとつは、
11月から今回までサポートくださった学童保育のスタッフの方から
「やさしい」と言っていただけたこと。

ボクと子どもたちのセッションはめちゃくちゃです。
サポートくださる大人のみなさんには迷惑かけっぱなし。

なので「やさしい」と言っていただけた際、
はじめは誰のことだろうかと考えてしまったほどです。

「やさしい」はとてもテレくさいことで、
成人してから今まで、上手く表現できないできてしまいました。

ただ、2011年3月11日から先、
テレていて良いことでは無くなったなと。

ではどうすれば良いのか?
今だに分からぬままなのですが、
それでも今、そんな言葉を贈っていただけた。

ただその「やさしい」という言葉には、
「もっとがんばれ!」みたいな意味が含まれているのだとも思っています。

ボクが出来るほとんどのことは今からスタート

「ドーン!」という掛け声の代わりに
「やさしい」という言葉が投げかけられた。

そんな実感を手にした柳津での子どもセッション。
ありがとう。

生まれたものは柳津町立斎藤清美術館で、
2月23日から展示します。

ボクも設営にゆきますが、
詳細は後ほど〜

柳津セッションの前日、
1月19日は福島市のオーガニックベースの食堂
「ヒトト」主催の「オトナワークショップ」を開催しました。

これはヒトトの提案で今年の春にボクと開催予定の、
ヒトトで使用している有機野菜畑「大江ファーム」での子どもワークショップ、
それをやる前に、ボクとヒトトのお客様が出会い、
ボクがなぜこんなことやっているのか知っておいてもらえたらと願い行いました。

当日はお子さん連れの方も多く、
結果オトナ&子どもワークショップなものになりましたが、
それはまずはヒトトが開店から1年ちょっとだけど、
確かな仕事をされてきたことのお客様との信頼関係の風景だなと。

この街ではボクは「だれ?この人」という立場であることを認識し、
ともかく全力でコミュニケートしなくちゃと考えました。

そうして生まれた作品、
その色彩がみなさんとても美しくね〜!

ボクなんかとわざわざなにかやらなくても、
みなさんちゃんと素晴らしい世界観を持ってるじゃん。
そんな印象。

福島、悲しい出来事があり、
その悲しみのほとんどは現在も進行中だと考えています。

それと同時に、
困難があったからこそ磨かれた完成というものが確実にあるなと。

福島の方と触れた時感じる高度なクリエイティビティの気配。

それはすべて発揮されているわけではないのだけれど、
その気配がどこの土地よりも強く感じられるのです。

大きな悲しみは今もそこにあるけれど、
同時にボクたちが今こそシェアするべきものが、
目に見えるものとして現れはじめているあれから7年めの春。

ボクがやっていることは、
お金が回ることでは無いし、
誰かを直接助けるようなことでは無いのですが、

しかし、誰でも出来き、長く続けてゆけること、
そのことで日々がちょっとでも豊かななってゆくイメージを持てること。

そんなことをさらにきちんと言葉にしてゆけるよう、
その確かなパートナーとして、福島にじわり友人が生まれてくれてる、
「あれから7年」を1ヶ月後に控えた11日。

多くの方が夜の暗闇の中で「これは10年、20年てかかることだ」と直感したはずの日から、
あと1ヶ月で7年。

あらためて、みんながやれること、やるべきことって、
ほとんどすべてが今からがスタートできるようなことばかりのはずです。

そんなボクたちは、
自分の優しさや弱さなんてものを確認し合いながらも、
しなやかに強く、確かな1歩を重ねて歩んでゆけたらいいなと思っています。

渋谷区パパママたちが日曜日に発見した絵

2015 年 10 月 5 日 月曜日

IMG_3619
10月4日の日曜の午後は、渋谷区の子育て支援施設のひとつで、
マザーディクショナリーが運営する代官山ティーンズ・クリエイティブで、
ボクの「だれでも絵が描けるワークショップ」を開催しました。

代官山ティーンズ・クリエイティブは、
運営が今春からマザーディクショナリーに切り替わり、
10代の子たちが「日常の中でクリエイターに出会える場所」へと再生。

主催の桑原紀佐子さんの、これまでの実績とホスピタリティーの生きた、
地域で子どもを育ててゆく「未来の発想の現場」としても注目されています。

IMG_3611
そんな現場なので、参加の予約もあっという間に埋まってしまい、
しかし、そのほとんどが小さなお子さんと親御さんだったので、
ティーンズの参加の窓口だけはオープンにしておき、当日を迎えました。

ここに至るまで、紀佐子さんがとってくださった密なコミュニケーションのお陰で、
やはり渋谷区で子育て中の、ボクの家族の未来なんてものも想像しつつ、
ワークショップとして2段階くらいアップグレートした発想のチャレンジが出来たはずです。

子どもたちとやることは、まずはいつも通り。
「絵を描くこと」を「身体で感じる気持ちよさ」として記憶してもらいたい。
表現の最初の一歩がハッピーなものであればと願い、スタート。

R0013285

2時間の予定だけど、
やはりいつも通り1時間ちょっとで10mの布いっぱいに
鮮やかな絵の風景が広がりました。
IMG_3597

今回のワークショップの直前で、
昨年開催したWSの主催者からメッセージをいただき、
ボクのワークショップに関するディスカッションをしたのだけれど、

とりあえず今ボクに出来ていることは、
参加者と同じ高さの目線で今起きている現象から美しさを発見し
切れ目のないコミュニケーションで確認し合い続けること。
かな?

「子どもらしさ」の演出とか目的ではないみたいだ。

R0013288

たとえばだけど、
描かれている「絵」と、その制作のためのパレット、
さらにはそれを描いているひとりの子どもが、
ひとつの美しい構図を見せているのが、
面白いなあ〜〜とか、
R0013290

唯一中学生で参加してくれた女の子が、
きっと自身の混沌から絵筆を運んでいたことが、
周りのちっちゃい子に伝染し、さらなる混沌を生むも、
その振り切れた状況が深い美しさを創造。
「面白い!」と思った次の瞬間には、
誰かがそこを破壊してしまう刹那。
とかね。
R0013291

そもそも「絵の具を絞る」そんな行為からしてクリエイティブじゃね!?
R0013292

で、どうやら、
ちっちゃい子どもであっても、
他者との作業の中で自分の領分を見極め、
自分の構図を見つけた上で手を動かしているんだよね。

ともかく毎回思いもかけぬ美しさに出会えるワークショップ。
R0013315
完成した絵には思いがけない「洗練」が含まれているけれど、
当然それは「混沌」に包まれたものでもあって、

ならば今回初めての試みとして、
参加されたお子さんの親御さんに、
この絵から美しさを削り出してもらうことに。

大きな絵から美しい構図を見つけ、
1台のカメラで1ショットづつ撮影してもらい、
順番にプロジェクターで映して鑑賞する展覧会。

以下、
渋谷区パパママたちが2015年10月4日の代官山ティーンズ・クリエイティブで発見した絵
面白いですよ〜

R0013294

+

R0013295

+

R0013297

+

R0013298

+

R0013299

+

R0013301

+

R0013303

+

R0013304

+

R0013305

+

R0013307

+

R0013308

+

R0013309

+

R0013310

+

R0013311

+

R0013312

+

R0013313

+

R0013314

以上、
ほぼ撮影順に並べてみたけど、
やっぱどれも面白い!

絵の同じ部分を見ても、
人によってこれだけ風景は違って見えてるんだね〜!

で、もしかしたら、
中にはデザインや絵をやってる人も参加しているかもで、
そんな人は当然「構図を掴む」のは「上手い」のだけど、

それでも、
今回撮影された写真(みなさん1人ひとりが発見したもの)の中で、
「間違ってるもの」なんかひとつも無いこと、
その掛け替えのない愛しさ、
楽しく気がついてもらえるんじゃないかな?

そんなわけで、
最後にボクからちょっとおせっかい。

たとえば、

カメラの画角が決まってるから、
こんな構図の写真になってるけど、

R0013300

+

後からトリミングしてひっくり返してみると、
見たことない虹の風景が迫ってくるとか、

バージョン 2

+

とても楽しい発見を出来たからこそ、

R0013302

+

あと一歩、二歩って近づいてみると、
さらに「楽しい」が加速して見えるとか、

+

バージョン 2

+

ほ〜んと、

R0013296

あと数センチ、

数ミリ

迫る

バージョン 2

そんなことで
人の「生きてる」迫力は
数倍に増したりしちゃうわけです。

そんなことを、日々の生活の中で発見し続けてくれたら、
きっと渋谷はもっと面白い街になるよ〜!

バージョン 2

紀佐子さんはじめティーンズ・クリエイティブの
ほんとクリエイティブなスタッフさんたちの機微や、
お手伝いくださった皆さんに助けられた時間。

なんだかみんないい顔で帰ってくれたんじゃないかと。
IMG_1507

そうそう、
みんなアニメやゲームのキャラ、ほとんど描かなかったけど、
そうれはどういうことなんだ?渋谷キッズ??という疑問は
追って検証してゆくとして、

またこの場所で会いたぞ!渋谷キッズ。
それまでみんな元気で〜!!
バージョン 2

でもって、
代官山ティーンズ・クリエイティブ は
ほんと開かれた場所。

10代のみんなー、うまいこと使ってみたらいいね!
じゃないと、おっさんが遊んじゃうよ〜
IMG_1515
2015
1004
PEACE!!

桑原紀佐子さんのお仕事

マザーディクショナリー
http://www.motherdictionary.com

代官山ティーンズ・クリエイティブ
http://www.daikanyama-tc.com

かぞくのアトリエ
http://kazoku-no-atelier.com