‘塩釜’ タグのついている投稿

3/2~10塩竈市立杉村惇美術館で展覧会開催

2019 年 2 月 11 日 月曜日


あれから8年めの3月11日を前に個人的な必然のもと、
宮城県塩釜にある美しい美術館をお借りして展覧会を開催します。

東京から「わざわざ」足を運んで頂いても満足いただけるものにしてみます。
この季節の東北太平洋沿岸の空気に出会うついでにぜひ。
そんな願いも込めて準備を進めてまいります。

小池アミイゴ展覧会「東日本」
美しき人との出会いと風景や花の絵の展覧会。

2019年3月2日(土)~10日(日) *4日月曜日休館日
杉村惇美術館、市民ギャラリー1・2
10:00 ~ 17:00 最終日3月10日は~15:00まで

SHIOGAMA SUGIMURA JUN MUSEUM OF ART
〒985-0052 宮城県塩竈市本町8番1号
TEL: 022-362-2555
http://sugimurajun.shiomo.jp

=展示=
塩釜をはじめ東北太平洋沿岸、そして日本の各地を歩いて描いた風景や花の絵
羽田空港で小山薫堂氏と展開中の「旅する日本語」の原画
絵本「とうだい」や東松島の宮戸島を舞台とした絵本「うーこのてがみ」の原画
鉛筆で描いたスケッチによる映像作品

絵本「とうだい」や東松島が舞台となった絵本「うーこのてがみ」、絵葉書の販売

=イベント=
3月2日(土)だれでも絵が描けるワークショップ、大人編 @大講堂
だれにでも出来る表現で、絵やイラストレーションの楽しさに出会える時間。
「わたし絵が描けないから、」という人こそウエルカムです。
3月2日(土)14:00~ 2時間ほど
・参加費500円、画材等こちらで準備します。
・汚れてもよいオシャレでご参加ください。
申し込むフォーム> https://goo.gl/forms/HnN0Ek2B5pu3VZYw2

3月10日(土)だれでも絵が描けるワークショップ、親子編 @市民ギャラリー
表現の最初の一歩が幸せなものであるようにと、日本の各地で開催している絵の時間です。
絵本の読み語りなども交え、親子で楽しむアートのあり方をお持ち帰りいただけます。
3月10日(日)10時~ 1時間半ほど
・参加費500円、画材等こちらで準備します。
・年齢制限無し
・汚れてよいオシャレでご参加ください。
申し込むフォーム> https://goo.gl/forms/3ZI4tE5GO4NxxpCw1

2013年3月、ボクは一通の手紙を受け取りました。
松島湾で養殖漁を営むご一家の長女で、2月に塩釜港の復興市場で出会ったばかりの方からの手紙には、震災の直後、家族の仕事場である海から見上げた空にノホホンと飛んでいるカモメに、生きている実感を得たこと。初出勤の朝、ふと目にしたシロツメクサが不安な気持ちを和らげてくれたこと。養殖漁に尽力するご主人へのラブラブな思いや、ちょっと未来の夢などが、生き生きとした筆致で綴られていました。

そんなごく私的な物語と出会えたことで、ボクは「サン テン イチイチ」と呼ばれている悲劇の地に在っても、1人の大きさで見て感じることの尊さと、そこに美しさを見つけ描くことの意義に気づけたはずです。
そうして描いた塩釜の海の上を飛ぶカモメの絵は、多くの方の共感を得て、ボクをさらに次の場所へと導き、新たなる人との出会いと共に、絵を描く力を与え続けてくれるものになりました。

「絵にできることってなんだろう?」との自問はあれから8年の今も変わらず。しかし「絵にできることはこれからが本番」という実感は今こそ深まり、今回「約束の地」である塩釜での展覧会開催に思い当たりました。

この展覧会が、みなさんの穏やかなな語らいの場所となればいいなと願い、杉村惇美術館のギャラリースペースを気持ちの良い空間に仕上げて、お待ちしております。

奥松島産の牡蠣

2015 年 11 月 30 日 月曜日

R0014036
塩釜の共栄丸水産さんが
採れたてのワカメの新芽と牡蠣を送ってくださったので、
ちょうど晩メシの予約をしていた代々木八幡のLIFEにおすそ分け、
シェフのリュウくんがグラタンにしてくれました。

スパークリングの白と一緒に食べたら、
やべ、
ナンモ言えね。。

震災から4年8か月の2015年11月、
元の場所で直売所を再開した共栄丸水産さん。

その志し、美味すぎです!!

つか、ホント早くご挨拶に行かねばだ。

そして次の日の追記
R0014043
冷蔵庫に残っていた牡蠣は
共栄丸さん鉄板のおすすめ「蒸し牡蠣」に。

そんなイメージで酒屋を覗いたら、
ありました!「浦霞」
この牡蠣と出身地を同じくする宮城県塩釜の銘酒。

この組み合わせが旨くないはずが無い!

こんな牡蠣の旨さを知った酒の造り手は、
自然とこんな牡蠣にマリアージュした酒を造る。

日本の食文化の深淵にサラリと手を触れられる快感。

うちのカミさんのこさえる晩メシの感じだと、
九州や広島の酒がフィットするうイメージでいるのだけど、

地のものを地酒でというたまの贅沢がなんとも嬉しいし、
たまらなく美味い。

そして、今回のある意味メイン。
R0014042
共栄丸さんが採取したてのワカメの新芽。

おすすめ通り「さっと茹でてポン酢で」の
シンプルな旨さはもちろん。

しっかりとしたワカメだからこそ出来るゴマ油炒め。
豆もやしと一緒に酒と醤油で味付けしただけなんだけど、
気がつけばいつまでも食べていた。

そしてやっぱり浦霞が合う!

なので、やっぱりまた箸が出てしまう。

共栄丸さん、本当の贅沢をありがとう!!

以下のリンクは共栄丸さんのこと
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=11718

頑張れ!共栄丸!!
頑張れ!!塩釜!!!
俺も頑張る。