‘映像’ タグのついている投稿

THKドローイング_SHIOGAMA2013

2019 年 3 月 27 日 水曜日

2013年2月に宮城県塩竈で出会った方から頂いた手紙をもとに、
再び歩いた5月の塩竈を85枚のスケッチを描きました。

今回、塩竈市杉村惇美術館での展覧会に開催するにあたり、
コトリンゴさんにこのスケッチに添えるピアノ曲の作曲を依頼。
ご自宅のピアノで演奏された曲を添えた5分40秒の映像作品を制作し、
展覧会の会期をとおして流し続けました。

塩竈で展覧会を開催することは、ボクにとってとても重要なことで、
しかし、そこには少なからずの恐れもあって、
ヘタれたボクはコトリンゴさんという同時代を共にする才能を頼ったってことです。

なぜ塩竈で展覧会をしなければいけないのか、
個人的な話を聞いていただいた上で創っていただいたピアノ曲は、
そのまま6年前のボクの塩竈での足音のリズムと重なり、記憶のBGMとさえ呼べる仕上がりでした。

コトリンゴさんのご自宅のピアノで録音された曲は、いつもの彼女の仕事からすると「荒い」とのこと。
しかし、いつもの仕事とは違ったエモーショナルな揺らぎを感じられた演奏に、
彼女のこれからの活躍がさらに楽しみに感じられたボクです。

そうして展覧会にひとつの芯が生まれたことで、
3月11日を目の前に不安になりがちなこの時期、心穏やかに絵や空間に向き合うことが出来たと、
少なからずの方が言葉にして伝えてくれました。

そしてボクは、そんな曲の肩越しから見た塩竈が、さらに美しく感じられてね〜!
ほんと、お願いしてよかった。

ありがとう、コトリさん。

展覧会最終日、都内のスタジオから駆けつけてくれてビックリ。
東京にトンボ帰りしてくれたコトリンゴ、男前だぜ!


今回の塩竈の展覧会では、塩竈のポータルサイト”クラシオ”の取材を受けました。
LOVE FOR SHIOGAMA
http://kurashio.jp/archives/10709

展覧会開催に至る経緯など、難しいテーマだったと思いますが、
シンプルに綺麗にまとめていただき感激です。

取材してくださった方は、震災があって大変なこともあったが、
塩竈の外の人とたくさん知り合うきっかけにもなったと。

誰をチョイスし、語られたことのどこにフォーカスするのか。
それをどんな口調でもってシェアしてゆくのか。

ボクが何を語ったかってこと以上に、
地域のポータルサイトから発せられる『自分たちで未来を創造する意思』みたいなことこそ、
読み取ってもらえたらいいなと思います。

震災の悲劇と並走しているからこそ問われる柔らかなマインドの編集。
それはある意味、今の日本の最先端の発想に触れられるってことでもあるはずです。

塩竈のみなさん。もしくは東日本に暮すみなさん。
ボクが出会った美しい街、そこにどんな色落としてゆくのか、
一緒に考えてゆけたらいいなと願っております。

ハナレグミMV「空に星があるように」制作ノート

2013 年 5 月 27 日 月曜日

ハナレグミのアルバム「だれそかれそ」からの1曲「空に星があるように」
そのミュージックビデオの制作をしました

フルヴァージョンはこちら↓で視聴できます
http://www.laughin.co.jp/hanare-m/dareso_kareso/

「初監督」というクスグッタイ肩書きが付く今回ですが
ボクがやったのは撮影の手前までの演出と絵作りまで
あとは信頼おけるプロのみなさんが絶大なる力を発揮してくれました

これに関わった誰かヒトリでも欠けていたら生まれなかった
そんな愛しさに貫かれた4分間の唄の風景

撮影終了後のみんな
とてもキレイな顔をしてくれてたのがウレシかったな〜


「だれそかれそ」のために描いた75枚のスケッチドローイング
それを使った「空に星があるように」ミュージックビデオを作ろうと決まった瞬間
この映像のほぼ完成した姿が心に浮かびました

それと同時に
それをカタチにするために必用な人たちの顔が
パラパラパラと浮かびました

そんな方々が集まる現場を想像することは
ボクにとてもクリエイティブな喜びを感じさせてくれるので

この直感を信じて
スタッフとなって下さる1人ヒトリにお声かけしてゆきました
(さらに…)

rita painting

2011 年 2 月 2 日 水曜日

eliの唄う「rita」

それに合わせて描いた絵が3枚あって
そのうち2枚はペイントの過程を撮影してあって
何種類かの映像を作ってみて
そのうち1枚の画像を映像にしたものは
YouTubeなどにアップしてきたけど

さっきあらためて2枚の絵を並べた映像を見たら
描いた4年前には感じられなかった迫力に出会ったので
画質もアップさせた上でYouTubeにアップしました

映像と言っても
MacのiPhotoでスライドショーにしただけだけど
唄の力がボクにナニカを与えてくれています

世界では今この瞬間も
ヒトリの力ではどうにもならないコトが起こっているけれど
だからこそボクたちは
小さなヒトリに視線を置き続けなければね

そんなことを
この唄を通して改めて確認もしてみました

twin trees

2010 年 7 月 22 日 木曜日


baobab の aruk tour
そのフライヤー制作から派生した映像です

5月の sing bird concert の時にスケッ
チしたり

SHOZO音楽室の壁画から素材を抜いたり

ツアーが始まってからの Soya と SHOZO での
ワークショップから生まれた作品を取り込んだり

もうちょっと画像を加えるかどうか考え中ですが、
今回baobabの音楽を囲んだみなさんと創ったものは盛り込めた
今現在の完成形

猛暑続きでバテバテの心が
ちょっとでも爽やかな風を感じてくれたらです。

そして、
一緒に絵を描いてくれたみんなー
描いた絵がbaobabの音楽で踊っているよ〜!

ロボアミイゴ

2009 年 8 月 12 日 水曜日

オレはロボットだから
シャブも合成麻薬も必要ねー

“責任力”も持ち合わせねえ
存在自体がマニフェスト
与えられた仕事をリアルに全う

恨みも妬みも食欲も性欲も持たねえ
ましてや人から癒される必要もねえ
だから戦争なんておこさねえ
てかマジ足手まとい オン DA バトルフィールド

単1電池3本で駆動
5時間で充電 エコポイント10点

ETCは付いてねえから
今年も帰省は我慢する

アーイ!!

発表から6年。
ロボアミイゴ待望のPV!!

ホントウのオレ様を
よく見ておけYO!!

ロボ2
=A.R.C.Q=
ロボアミイゴ(1st.MC)
相棒のAIBO(2nd.MC)
ドラecoもん-D(DJ&トラックメーカー)

“ロボアミイゴのテーマ”
レペゼンロボット!
“あ?ロボット・コールド・クエスト”(以下“A.R.C.Q”)が2003にドロップ。
21世紀のイルな人類に贈る飛び切りハーコーな1発!!
人間とはナニか?今でもAIBOは飼われいるのか??
その答えがココにあるっ!!