‘東日本大震災’ タグのついている投稿

82ヶ月め

2018 年 1 月 11 日 木曜日


今日は2011年3月11日から2,498日め
6年10ヶ月
82回目の11日です。

1月19日に福島市でオーガニックベースの食堂を営む「ヒトト」と
オトナに向けたワークショップを開催したり、花の絵の展示でご一緒させてもらいます。

ヒトト×小池アミイゴ 「春待ち人と」

ヒトトの大橋さんより、大江ファームでの子どもワークショップのアイデアを頂きました。
その前に福島のみなさんにボクを知っていただき、子どもと一緒に絵を描くことの意義を
共有しておけたらいいなと、今回のヒトトでの企画を考えてみました。

「だれでも絵が描けるワークショップ」
1月19日(金) 18:30受付開始 / 19:00スタート

表現の最初の一歩の幸せな記憶が楽しく蘇る絵の時間。
「わたし絵が描けないから」という人こそウエルカムです。

参加費:1000円/1drink付き
画材等こちらで用意いたします。
汚れても良いオシャレでご参加ください。

小池アミイゴの花の絵とヒトトの出会い
1月19日(金)-29日(月)11:30-17:00

これまで描きためた花の絵とヒトトの空間とのコラボレーション。
立春を前にした季節に、ヒトトのごはんと共に楽しんでいただけたらです。

アミイゴさんの絵は明かりがポッと灯ったように、あたたかく、繊細で力強い。
今回、念願叶ってアミイゴさんが福島市の土を踏む。
アミイゴさんと楽しく絵を描いて、ごはんを食べ語らいましょう!お待ちしております。
ヒトト 大橋祐香

食堂 ヒトト
福島県福島市大町9-21ニューヤブウチビル3F
アクセス/JR福島駅より徒歩13分
tel.024-573-0245
11:30~17:00(火定休)
http://www.organic-base.com/cafe/

小池アミイゴ作画の絵本「とうだい」や「peaceてぬぐい」などの販売も行います。

今回の発案者、ヒトトの店長の大橋さんから頂いたうれしくもくすぐったい言葉。

「ヒトト×小池アミイゴ 春待ち人と」が1月19日(金)からはじまります。
オープニングの19日はヒトトの夜営業に合わせて、
小池アミイゴさんの誰でも絵が描けるワークショップを隣のoomachigalleryで行います。
絶対楽しい夜になること間違いなしです!


もう10年近く前になるのかな、以前勤めていた服屋でアミイゴさんがTシャツを買ってくれたときのこと。
ラッピングを頼まれ、まだ勤めて間も無いわたしは慣れない手つきで服をたたみ、緊張しながらも一生懸命ラッピングをした。
アミイゴさんの視線がラッピングしているわたしの手元にあったことも、緊張感をより高めていたのかもしれない。
ラッピングをし、手渡したそれは不器用で決してきれいと言えるものではなかったかもしれない。
でも、それをアミイゴさんはとても喜んでくれ、どこでも買えるそのTシャツをここで買うことに決めていると、
人づてに聞いたのは少したってからのこと。

不器用でも丁寧な仕事でひとを喜ばせることができることをアミイゴさんが教えてくれたんだと、その時気付いた。

この出来事が、生きていく上でわたしの大切な基準となった。
そのTシャツを6年たってボロボロになっても、着てくれているのを知ったのも後々のこと。

そんな1枚のTシャツのご縁から、ヒトトが福島へ移転してからも福島へ思いを寄せてくれ、
お店に何度も足を運んでくださいます。

お店がはじまる頃からのふたつの夢。

ひとつは、アミイゴさんと福島でワークショップをしたいという事。
アミイゴさんの描く絵は力強くてあたたかい。心に寄り添うようにそっとある、そんな絵だと思います。
それはアミイゴさんが愛に溢れた人だからで、人柄が滲み出ている。
誰でも絵が描けるワークショップと、アミイゴさんの描く花の絵がたくさんの人に届きますように。

もうひとつは、福島のこどもたちと畑をつなげるイベントがしたいという事。
福島の誇れる美味しい野菜の力強い生命力を、それを育てるまじめな農家さんがいることを知ってもらいたい。
福島の風土を肌で感じれるような畑とこどものワークショップをあたたかい季節にと、
喜多方の大江ファームの大江さんとアミイゴさんと企んでいます。

ふたつの夢が一緒に実現できる運びとなり、
まずはアミイゴさんの花の絵をヒトトの空間で楽しんでいただけたらと思います。

誰でも絵が描けるワークショップは、こどもから大人まで気軽に参加できます。
アミイゴさんと楽しく絵を描きましょう。きっと新しい発見があるはず!

いや、テレますね。
熱烈なラブレターをもらってしまって、
これは頑張るしかありません。

でも、ボクが3月11日の震災後にやってきたことを象徴することだなと。

3月11日の悲劇を目の前にし、自分の無力を確認し、
しかし、その中でもひとりで出来あろうことを見つけ、
10年、20年と続ける先で、それを必要とする人に出会ってゆく。

ボクは政治家でも大会社の経営者でも有名なスポーツ選手や芸能人では無く、
そういった方々がスーパーマンのようにしてやれることが出来るはずはなく、
ただ、やはり同じ立場であろう日本の1億人以上の人の1人ひとりが、
ひとりでも継続してやってゆくことで出来ることをやって見されれたらいいなと思い、
今に至っているはずです。

岩手や宮城では震災後の割と早い段階で、
現地の必要に答えることをやってこれましたが、
福島県は震災被害に加え原発事故があったこともあり、
ボク個人ではどうにもならないことが多く、
フィールドワークを重ね絵を描くようなことは継続しながらも、
注意深くボクの出来ることを本当に必要とする人との出会いを待っていました。

世の中にはどんどん進めちゃっても良いこともありますが、
じっくり待たなければ掴めないものもあります。

地味だけどそんな姿を見せてゆくのも、
2011年3月11日以降に必要とされるマインドであるはず。

そして、そう出来るためには、
震災前に出会った自分にとって豊かだなと思えたものの中から、
自分にとって本当に必要だと思う価値観(美しさ)を削りだし、
ポケットに突っ込んでおき、いつでも触れるようにしておく必要もありました。

そんな価値観のひとつが、
以前栃木県の那須黒磯のSHOZO COFFEE のアパレルの店で働いていた
『大橋さんという人の丁寧な仕事っぷりの記憶』であったということです。

*最近知ったけど、当時の大橋さんは働き始めのハタチそこそこ娘さんだったんだ、、
 いまだに綺麗に働く人全てがお兄さんお姉さんに見えてしまう俺っす、、

震災後にその店を退職された大橋さんですが、
彼女との再会には、やはりボクが大切に思っている価値観や美しさに彩られた人の存在があり、
そんな方々の顔を思い浮かべられるということは、
ボクのものづくりの大きな力になってくれています。

そんなわけで、ボクは今回ひとりで福島に向かいますが、
しかし、ボク1人だけのなにかでは無く、
これまで出会ってきた多くの方のマインドも背負って行くのだということです。

そんな意味において、
ボクには「東京でなにか素敵なことをやっている人」なんていう肩書きは必要なく、
今回の企画においては大橋さんの相談の上、特別広い余白をとったものとして準備し、
さらに現場でのコミュニケーションのもと、今必要とされているものを作ろうと思っています。

うん、答えはボクの中には無くて、
福島に暮らす人の中から見つけたいです。

そんな今回の試みは小さなものでしか無いはずです。

ただ、ボクの歩んだ小道が、後に続く人にとって気持ちの良いものであればなと。
多少の険しさはあっても心地よい。
目を転ずる余裕があれば、道端に咲く名も無き花くらいには出会える、
これから10年20年と歩いてみたいようなものであればと願っています。

そして1月20日と21日は福島の奥会津の柳津の子どもたちと
去年の11月に続いてのワークショップセッション@斎藤清美術館 シーズン2!!

11月のシーズン1は思いっきりぶっ飛んびドシンとした質感のセッションだったけど、
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=13426
今回はどうだろかね。

11月に浮上した幾人かのタレントちゃんたちと、
ガッツリ絵でコミュニケートするようなこともしたいなあ。

さらに、今一番大切に感じていること。

子ども達が本来持っている力をオトナが目撃し、
表現する子どもとのコミュニケーションを手にする。

そんなことが出来たらいいな。

しかし、そんなことは本当に必要とされているのだろうか?

こういうことも1つ1つ現場で確認しながら進めてゆくつもり。

たとえば19日の「ヒトト」でのワークショップも、
春に子どもたちとワークショップを開催する以前で、
関わるみんなでなぜそういうことが必要なのか、
そして、そういう現場ではどんなコミュニケーションが必要なのか、
そんなことを事前に確認しあう現場を持つという裏テーマもあるわけです。

こちら、参加も見学もウエルカム。
雪の深い時期で大変かもだけど、ここはひとつエイっと柳津まで足を運んでみてくださいね〜

いや、雪深いからこそ出会える日本の原風景なんてものも魅力です、柳津。

*斎藤清美術館
https://www.town.yanaizu.fukushima.jp/bijutsu/

*斎藤清美術館のイベントページ(11月の情報ですんません、、)
https://www.town.yanaizu.fukushima.jp/bijutsu/even……/workshop/

81ヶ月め

2017 年 12 月 11 日 月曜日


今日は2011年3月11日から2,467日め
6年9ヶ月
81回目の11日です。

ボクは先ほどまで台湾にいました。

台北で開催された第二回Culture & Art Book Fair in Taipeiに参加。
東日本大震災発生後、国を挙げて義援の気持ちを届けてくださった台湾、
この国の方々の他者を思いやる心がどんなものなのか、
限られた条件の中ではありましたが、ちょっと触れられたように思います。

「とうだい」という絵本を通して多くの方と語り合い、
ワークショップでは「だれでも出来る」シンプルな表現の中で出会った台湾の若い人たち。

彼らは自分の内側で ”HAPPY” を創造する力がすごい!

極論で語ってしまうと、
日本人の ”HAPPY” とは「経験」や「関係」の中から手にするイメージなんだけど、
台湾の若い人たちは、「カルチャー」や「アート」という言葉の元に集っても、
そんな「なにか素敵なもの」をただコンプリートしてゆくだけじゃ無い、
自分から率先し動き楽しさを見つけ出し、自分ならではのHAPPYに変えてゆく、
そんな自家発電能力がとても高いように感じました。

その辺、あらためて言葉にしてゆこうと思いますが、
まずは台湾、LOVEです!ありがとう。

11月10~15日のスケジュールで、
福島県の奥会津、柳津という山間の美しい町に滞在し、
“ジャンプやないず”という柳津小学校に付随する学童保育を利用する子どもたち、
1年生から4先生まで38名と、街を歩いたり、只見線に乗ったり、絵を描いたり、
3日間に渡るセッションとして格闘してまいりました。

福島藝術化計画』の一貫として、福島県の事業で、福島県立博物館の学芸員の主導で開催。

こうやって書くと漢字ばかりの並ぶ難しいことみたく思われてしまいますが、
会津、中通り、浜通りと、ひとつの県であっても、生活習慣や文化の違う福島で、
なにも分かっちゃいないボクが突然現れて偉そうなこと言えるはずは無く、

『柳津で生まれ育った子どもたちから柳津の魅力を教えてもらおう!』
そんなコンセプトの元、子どもたちと向き合いました。


現場は斎藤清美術館

柳津を愛し描き続けた世界的な版画家の美意識の側で、
2011年3月11日前後に生まれたであろう子どもたちの価値観に触れる。

彼らは学校や学童保育の現場で顔馴染みであるグループです。

ボクにスキがあればすぐにナマイキ爆弾を投げてよこします。

学年が上がれば上がるほど、
コミュニティの中での自分をキャラ設定してしまい、
本来の個性とは異なる自分を演出して生きてしまうのは、
大量の情報にまみれて生きて行かねばならない日本中どこでも一緒の現象。

もしくは、
挨拶のひと言めからして「え〜、わたし絵かきたくな〜い、」
だもんね、、

でも、そういったある意味「馴れ合い」も含めて彼らの今。

それを決して否定すること無くマルッと受け止めた上で、
1人ひとりそれぞれの個性に出会って行かなきゃならないと、
これはボクの経験からそう思うことです。

学校での生活に近い現場に集う子どもたちには、
日々それなりに厳格なルールのもと生活をしなくちゃならないです。

子どもたちの紹介されるボクも、まず「先生」と呼ばれてしまいますし、
日頃彼らをケアされている方々からは「絵を描く上での注意」が語られもします。

でも、ボクも含めたオトナがどれだけアートを語れるのか?

そもそも藝術って何?
アートって面白いの?

ボクと子どもたちの間でなにも共有できていないのに、
ルールを先に作るわけにはいかないので、

まず、彼らと電車に乗って地域を見て回り、
街を歩いて彼らの自慢話しを聞きまくって、
「もういい加減にしろ!」ってくらいの元気さを浴びた上で、
ワイルドに手を動かし絵を描く時間を設けました。

そうしたら、
四季によって豊かな色彩に溢れる柳津で生まれ育った子どもたち、
とても豊かな色彩を持っていました。

「図工」や「美術」で「描いちゃダメ!」と言われるキャラクターも、
実に生き生きとした色彩を放っています。

今まで色んな場所でこんなワークショップを開催してきましたが、
この山間の小さな町で今れ育った彼らの色が一番カラフルかもしれない。

こんな美しさが生まれる過程では、
普段生活を共にしている同士だからこそのコミュニケーションの事故みたいな現象が
キャンバスの各地で発生するのです。

ただ、事故も含めてコミュニケーション。

彼らは思いっきり絵を描きながらも、
お互いちょっとづつ気を配りながらコミュニケートしています。

その中で事故が起きても、それが暴力でない限り「表現の喜び」を優先させる。

彼らの表現の喜びをとことん守り、
ただ、暴力だけは見極める。

そんなオトナの仕事ということをこの現場で確信的に発見出来たように思います。

柳津の子どもたちの絵を描く姿を思い返しながらタイプしている、
台湾から戻ったばかりのボクは、

台湾の自己発電能力に優れた若い人たちと、
柳津で美しさを発揮しまくった子どもたちがガチッと結びついて感じられています。

柳津の子どもたちが、今の感性をそのままに、
自分から”HAPPY”を創造出来るオトナになった時、
柳津は、会津は、福島県は、日本は、どんな国になっているだろうか?

アートとか芸術を難しく考えることより以前に、
ボクはそんな想像が楽しくて仕方ないのです。

実際には、少なからずの子どもがオトナになる過程で、
この町から出てゆくんだと思います。

それでも、ある日変なおじさんと思いっきり絵を描いた記憶、
その楽しさが身体のどこかに残っていてくれたら、
それがこの土地の次の時代の宝を生んでくれるんじゃないか。
ぜひ、そうあってくれー!と願うのです。

彼らとのセッションは来年1月にあと2回。
次はぜひ彼らの素晴らしさを、
彼らの親御さんにも知ってもらえるようなやり方でやってみます。

まってろ!柳津っこ。

こんな試みを見にわざわざ尋ねてくれた人が、
福島市でもなにかやりたいと申し出てくれたり、

ワークショップに先駆け展示していた、
ボクが描いた福島県いわきの豊間の海岸の絵を見てくださった方が、
ご自身の、まさに現地での被災のお話を、まるで昨日のことのように語ってくださり、
あらためてそんなお話をうかがいうゆく約束をさせていただいたり、

宿の女将さんが、原発事故から避難してきた人たちをケアした話を、
やはり昨日か一昨日のことのように真摯に語ってくれたり。

あの日から7年なんて声が聞こえてくる手前で、
ボクの福島へのアプローチは、やっと始まったなあと。

それは、2011年3月11日に出会ったことに対して、
時間をかけてやってゆかねばならないことがあると思ったこと、
その時想像した時間の流れと一致するものだという実感でいます。

ともかく確かに一歩一歩。

80ヶ月め

2017 年 11 月 11 日 土曜日

今日は2011年3月11日から2,437日め
6年8ヶ月
80回目の11日です。

昨日から福島県の会津に来ています。
奥会津の柳津という山間の町の子どもたちと絵を描くセッション。

晩秋の美しい山里を歩きながら、
これからの時代を生きる力なんてものを見つけられたらいいなと思っています。

先日は日曜と月曜とで宮城の塩釜、福島市、群馬と巡ってきました。

福島市で1年の奮闘を経過した食堂「ヒトト」のパーティーへのお誘いを受け、
ならば塩釜まで行ってしまおうと。

震災後にお付き合いが始まった養殖漁を営む共栄丸さんの東塩釜の直売所へ。

東塩釜駅から塩釜港の港湾部の海べりを辿って
共栄丸さんのある千賀の浦市場まで歩いて行くってことやってみました。

気持ちの良い陽気の秋の日の午後、べた凪の港は穏やかで、
多くの釣り人がそれぞれの時間をのどかに過ごしているのが印象的でした。

中央市場のような施設も立派に再建され、
地域の新たなランドマークとして輝いて見えました。

東京で暮らし東北の太平洋沿岸部のことを思うと、
「被災」から「復興」という言葉ですべてを考えてしまいがちですし、
首都圏に向けたメディアの報道もそれに特化しているイメージです。

のどかに釣り糸を垂れている人たちの姿をわざわざ伝えるメディアは無い。

もちろん、今でも助けを必要としている人がいることは事実で、
ボクたちはそんな方々への想像力を失わず日々を生きて行かねばなりません。

が、そろそろ「復興」とは別の言葉を使って
ボクたちが必要とする未来の姿を語ることも始められたらいいなと思いました。

歩いてみて感じる塩釜港周辺の豊かさ。
「松島」という景勝地と分母を同じにする塩釜ですが、
漁業や養殖漁、水産加工業や観光業、寿司屋の密度日本一と言われる飲食業、
銘酒を醸す造り酒屋、古い神社やキュレーションの立派な美術館やギャラリーなど、
これまでの「観光」のあり方とちょっと違う、より文化的な発見の出来る町だなと。

共栄丸さんはきっとその辺のこともマルッと内包させ、
「松島」でも「塩釜港」でもなく万葉の昔から使われた「千賀の浦」という地名を、
あらたなアイデンティとして塩釜の湾岸エリアをブランディングしたいんだろうね。

そんなお考えに沿うデザインやイラストレーションを
この地域に使ってもらえることを考えています。

今回共栄丸さんに行ってみようと思ったもうひとつの理由は、
今年の春に出来たという防潮堤がどんな景観を生んでいるのかを確かめること。

意外やボクの身長よりも低かった防潮堤。

港湾部をここまで歩いてきて、
こんな防潮堤が造られていた漁港もあれば、建設中の場所もあり、
今後どうなってゆくのか分かりかねぬ場所もあって、
このエリアの未来の海の景観に想像出来なかったです。

こうしたことが「復興」という言葉で語るのであれば、
ボクたちはやはり新鮮な言語をもって、
「復興」に拮抗させる形で地域の美しさを育ててゆけばいいんだと思いました。

防潮堤を越えると、やはり美しいです、千賀の浦!

市場を訪れた人が、もっと自然とこの景観に触れられるような動線の構築とか、
デザインやイラストレーションの仕事の現場はいくらでも見つけられそうなのが、
今の東北太平洋沿岸部。

共栄丸さんでは相変わらず美味しい思いをさせてもらっちゃって、
ワカメや牡蠣やホタテの美味しさに、ちょっと飲みすぎ。

酩酊の隙間から覗く働くみなさんの明るく元気な姿。

いろいろ大変はあるだろうけど、明るく元気。

そうそう、2012年の冬にこの姿に出会って、
東京で暮らす自分に足りていないもの、
未来を生きてゆく上で失っちゃいならないものなんてのに気づいたんだ。

この姿、家族にも見せたいと思って、新幹線に乗って来たりもした。

あの日から80ヶ月たった今も、
みなさんはボクなんかよりちょっと先の未来を生きている。

次はまた家族と一緒に、
息子にいろんなもの見せながら来たいと思いました。

日曜の夕暮れ近くの港に沸き立つしなやかに力強い群像を背に福島へ。

開店から1年の奮闘の先で
やはり沸き立つしなやかに力強い群像を見せてくれた食堂「ヒトト」

福島の人に請われて開店にいたったオーガニックベースの小さな食堂にたくさんのお客様が、
福島市に限らず、日本の各地から集まってきたパーティー。

ひとつの店を1年の奮闘だけで語ってはいけないし、
「未来」などという言葉で分かった顔して語る気もなく、

明日が無事であること、
出来れば今日よりちょっとマシなものであるように願うことの先に、
この店をしっかりと視野の中に入れてゆきたいと思いました。

そう出来るために、
やはりボクたちは今まで使ってこなかった新鮮な言葉を見つけ、共有し、
語り合うことを続けてゆきたいな。

うん、2年目、3年目がさらに楽しみ!
個人的に福島県に関わる仕事が続くので、これからもよろしくお願いしますね〜!

そんな旅の帰り道で寄った生まれ育った群馬の地。

あらためて多くのものが失われていることに、さすがに寂しくなった。

変わらずそこにあってくれる赤城山を見て、
少なからず気持ちを落ち着け、あらためて、
自分の足元はどうなっているのか考えました。

奥会津の柳津で子どもセッション

2017 年 11 月 5 日 日曜日

福島県の奥会津と呼ばれる地域の柳津という町で子どもたちと絵を描きます。

今年の熊本県のつなぎ美術館での展覧会からのご縁で、
ボクが6年8ヶ月続けてきたことに確かな理解者を得て実現。

11月と来年1月とで都合5回の子どもたちとの絵のセッションで、
なにが生まれるだろうか?とても楽しみ。

東京に暮らすボクがなにかを与えるのではなく、
柳津という土地に生まれ育ったみんなからボクが学ぶ、
そんな心算で臨んだら、きっと素晴らしいものに出会えるんじゃないかな。

子どもたちのセッションの現場となる やないず町立 斎藤清美術館 では、
ボクが何者であるのか知ってもらえるよう、
絵本「とうだい」の原画や福島県の風景を描いた作品を
11月1日から30日まで展示しております。

秋の深まりとともにその美しさを際立たせる奥会津へ、
足を運んでいただけたらいいなと思います。

世界的な版画家、斎藤清さんの作品を浴びるだけでも、
福の大き土地なのです、柳津。

斎藤清美術館
https://www.town.yanaizu.fukushima.jp/bijutsu/

11月11日は子どもたちとの只見線ピクニック

11月12日13:30〜14:30
ボクのアーティストトークを開催します。

11月13日と15日の14:00~16:00のセッションは
飛び入りもウエルカムです。

こんな試みを『やないずモデル』と呼べるように育て、
他の土地に持ってゆけるものに出来たらいいな。

79ヶ月め

2017 年 10 月 11 日 水曜日


今日は2011年3月11日から2,4006日め
6年7ヶ月
79回目の11日です。

ちょっと前、夏の終わりの頃の話です。
福島県の山都町の有機農家、大江ファームさんより野菜がひと箱とどきました。

福島市で美味しい野菜料理を提供している「食堂ヒトト」の大橋さんからの差し入れ。

お店でも使用している大江さんの野菜を「ぜひ食ってくれ」とのお心遣い。
端正込められ育てられた夏の名残の野菜を家族で食べたこと、
いつか2017年の夏を振り返った時、舌に心にと蘇るんじゃないかと、
そんな力強くも優しい味わいの「THE くいもの」でありました。


枝豆はペペロンチーノに。


モロヘイヤは山芋たっぷりのチジミに。


じゃがいもはごくシンプルにフレンチフライ。
このシンプルな美味さにわが家の小二男子くん
「どんなに食べても食べるのをやめられないよ〜」


だったらトマトはそのまま
やはり「食べるのをやめられない」とのこと。


2種類のじゃがいもを素揚げにし鶏肉のコンフィに添えたら、
皿の上でトリちゃんと主役を張り合っていました。


「生で美味しい」と書かれていた赤いオクラ、
すみません、加熱しちゃいました、、
が、やはりとても美味しかったです。

なんだか安っぽい食レポか「つながり自慢」になってるかもですが、
ボクはなんでこの野菜を食べているのか考えています。

大江さんはまだお会いしたことがありません。
この野菜を食ったら、うん、近々大江ファームに行ってみよう!
そう思っています。

大江さんの野菜を送って下さった「食堂ヒトト」の大橋さんは、
栃木県那須黒磯のSHOZO COFFEEのアパレル店「04 STORE」で働いているのに出会い、
その丁寧な仕事っぷりから感じる熱っぽさに惹かれた方。

震災以降のふるさと福島県でなにかできないかと思い、辿り着いたのが「ヒトト」であり、
ボクは「あの熱っぽい仕事をしていた人」のその後に興味を持ち続けているのです。

そんな出会いの現場SHOZOへは、
大阪の堀江で「ロカリテ」という喫茶店を営んでいたご夫婦さんと一緒に、
初めて足を運びました。

とてもとても美意識の高い、しかし敷居は高くない喫茶店だったロカリテ。

その店主ご夫婦と共にした時間、
ライブイベントだったりワークショップだったり、
いっそなんでもなく静かな語らいの時だったりは、
ボクのものづくりのクオリティーを見直すきっかけになり、
共に行った超有名店のSHOZOでも、自分ならではの発見ができました。

そんなロカリテに導いてくれたのは、
大阪の中津で中古レコード屋をやっていたHawaii record の店主。

好きなアーティストに対する思い入れの熱さがまさに「大阪」
その勢いで「今大阪で一番好きですわー!」とロカリテも紹介くださいました。

そんなハワイレコードは、
大阪の舟場で、ある意味日本のカフェカルチャーの西の先駆けとして牽引していた
コンテンツレーベルカフェの店主奥山さんから紹介を受けました。

コンテンツレーベルカフェ、今から10年ちょっと前にもらい火で消失してしまいました。
それでも、それまでの数年のお付き合いの濃厚さは、
現在店名を「ミリバール」として再開した今も継続しています。

それもこれも店主奥山さんの「人好き」のなせる技。
ミリバールとして再開後、米つくりから関わっているごはんのことや、
独自の野菜の仕入れについて熱っぽく語り合った夜が懐かしいです。

そんなコンテンツレーベルを紹介くださったのは、
福岡出身のユニット”small circle of friends“のサツキさん。

small circle of friendsとの出会いは1994年7月30日。
ものすごく暑い夏の「わすれもしない」福岡西中洲のクロッシングホールでのライブイベント。

「渋谷系」の渦中にいたボクが、
福岡の人のあり方に感銘を受けたイベントの楽屋裏の風景。

人が「人が作りがちなボーダー」をいとも簡単に飛び越え交わってくる風景。
その中心で緩やかなグルーヴを叩き出していたsmall circle of friends

あ、ボクが必要なものはこんなグルーヴだなと直感し、
そんな人たちの作る風景を俯瞰しながら、
「東京でいきがってる場合じゃねえ」と思い、
「東京でこの風景を作らねば!」と思ったひと昔前の経験は、
巡り巡って那須黒磯のSHOZOへ、福島の「ヒトト」へと導いてくれたんだと、
野菜を食って確認した2017の夏でもあります。

ボクは「ひとり」と出会うことで新たな「ひとり」と出会うチャンスを得て、
今に至り、美味い野菜を食った。

ということです。

未だに「フクシマ」や「 FUKUSHIMA」として語られることの多い「福島県」

1人ひとりと丁寧に知り合ってゆけば、そりゃ良いも悪いも感じることが出来る。
でもそこには記号化した「FUKUSHIMA」は無く、
1人ひとりの立っている場所、足の下につけられた地名を知ることになる。

そんな1人の足元にたどりつくのは、ボクひとりでは不可能であり、
そう考えてボクは今在る場所で立ち止まってまわりを見回してみる。

そんなこと考えてたら、群馬のおじさんから野菜が届きました。

お礼の電話をいれると
「クズ野菜でわりやいね〜!」といつもの感じで。
「でも、ナスは近所の人が作ってるやつだから食ってみてくんねえかい」とかね。

もう30年ちかく前に脳梗塞で身体半分をうまく使えないでいるおじさんの野菜。
(「まさおおじさん」> http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=5930 )

美味い福島の野菜に出会った直後で食べたら、
ボクが生まれ育った群馬の土の味がグワッと口の中に広がってね。

なるほど野菜の味は土の味なんだとあらためて実感。
福島の美味しい土が群馬の土を際立たせてる感じさせてくれた、
「俺はこれを食って育ったんだ!」という喜び。

ボクが表現しなくちゃならないもの、
息子をはじめ下の世代に伝えたいことって、
こんなことなんだよな〜。

では、
野菜の味を絵にする?
土っぽい絵を描く?

う〜〜ん、、なんだろ。

答えはすぐには手にできないだろうけど、
ともかく手を動かしてゆかなくっちゃだ。

そんな思いのもと、
先日会津での仕事の打ち合わせの流れで福島市へ。
去年のオープンから2度目の「ヒトト」へ。

群馬、東京、福岡、大阪、那須黒磯、会津
そんな漂泊の先で、当たり前にこで食事をしている。

その当たり前がとびきり美味しい。

大橋さんはじめスタッフさんとお互いの息災を確かめ合う、
なんでもない会話がうれしい。

あとは福島の酒があればなあ〜〜〜〜〜〜〜、、

だが、
夕方には池袋で大切な用事があるんよ、、
と「またね」と店をあとにする。

美味い野菜を食った夏の終わり、
思い返したのは、これまで出会ってきた人のこと。

その1人ひとりを育んできた「土」のこと。

これからさらに日本の各地の人と関わる仕事が続きます。

今はそれが動きだす前の慌ただしさの中に身を置いていますが、
3月11日から6年7ヶ月めの日に、愛しき1人ひとりのことが浮かんできたこと、
次に足を運ぶ場所で生かしてゆこうと思いました。