‘東日本大震災’ タグのついている投稿

3/2~10塩竈市立杉村惇美術館で展覧会開催

2019 年 2 月 11 日 月曜日


あれから8年めの3月11日を前に個人的な必然のもと、
宮城県塩釜にある美しい美術館をお借りして展覧会を開催します。

東京から「わざわざ」足を運んで頂いても満足いただけるものにしてみます。
この季節の東北太平洋沿岸の空気に出会うついでにぜひ。
そんな願いも込めて準備を進めてまいります。

小池アミイゴ展覧会「東日本」
美しき人との出会いと風景や花の絵の展覧会。

2019年3月2日(土)~10日(日) *4日月曜日休館日
杉村惇美術館、市民ギャラリー1・2
10:00 ~ 17:00 最終日3月10日は~15:00まで

SHIOGAMA SUGIMURA JUN MUSEUM OF ART
〒985-0052 宮城県塩竈市本町8番1号
TEL: 022-362-2555
http://sugimurajun.shiomo.jp

=展示=
塩釜をはじめ東北太平洋沿岸、そして日本の各地を歩いて描いた風景や花の絵
羽田空港で小山薫堂氏と展開中の「旅する日本語」の原画
絵本「とうだい」や東松島の宮戸島を舞台とした絵本「うーこのてがみ」の原画
鉛筆で描いたスケッチによる映像作品

絵本「とうだい」や東松島が舞台となった絵本「うーこのてがみ」、絵葉書の販売

=イベント=
3月2日(土)だれでも絵が描けるワークショップ、大人編 @大講堂
だれにでも出来る表現で、絵やイラストレーションの楽しさに出会える時間。
「わたし絵が描けないから、」という人こそウエルカムです。
3月2日(土)14:00~ 2時間ほど
・参加費500円、画材等こちらで準備します。
・汚れてもよいオシャレでご参加ください。
申し込むフォーム> https://goo.gl/forms/HnN0Ek2B5pu3VZYw2

3月10日(土)だれでも絵が描けるワークショップ、親子編 @市民ギャラリー
表現の最初の一歩が幸せなものであるようにと、日本の各地で開催している絵の時間です。
絵本の読み語りなども交え、親子で楽しむアートのあり方をお持ち帰りいただけます。
3月10日(日)10時~ 1時間半ほど
・参加費500円、画材等こちらで準備します。
・年齢制限無し
・汚れてよいオシャレでご参加ください。
申し込むフォーム> https://goo.gl/forms/3ZI4tE5GO4NxxpCw1

2013年3月、ボクは一通の手紙を受け取りました。
松島湾で養殖漁を営むご一家の長女で、2月に塩釜港の復興市場で出会ったばかりの方からの手紙には、震災の直後、家族の仕事場である海から見上げた空にノホホンと飛んでいるカモメに、生きている実感を得たこと。初出勤の朝、ふと目にしたシロツメクサが不安な気持ちを和らげてくれたこと。養殖漁に尽力するご主人へのラブラブな思いや、ちょっと未来の夢などが、生き生きとした筆致で綴られていました。

そんなごく私的な物語と出会えたことで、ボクは「サン テン イチイチ」と呼ばれている悲劇の地に在っても、1人の大きさで見て感じることの尊さと、そこに美しさを見つけ描くことの意義に気づけたはずです。
そうして描いた塩釜の海の上を飛ぶカモメの絵は、多くの方の共感を得て、ボクをさらに次の場所へと導き、新たなる人との出会いと共に、絵を描く力を与え続けてくれるものになりました。

「絵にできることってなんだろう?」との自問はあれから8年の今も変わらず。しかし「絵にできることはこれからが本番」という実感は今こそ深まり、今回「約束の地」である塩釜での展覧会開催に思い当たりました。

この展覧会が、みなさんの穏やかなな語らいの場所となればいいなと願い、杉村惇美術館のギャラリースペースを気持ちの良い空間に仕上げて、お待ちしております。

95ヶ月め

2019 年 2 月 11 日 月曜日


今日は2011年3月11日から2,894日
413週3日
7年11ヶ月
95回めの11日です。

2月4日から7日までの4日間、
福島県奥会津の昭和村に滞在し、
公民館に置かれた学童保育(放課後クラブ)を利用する子どもたちと
ワークショップセッションを行いました。


折り重なるように連なる山間の地で、
山手線の内側ほどの広さを有する昭和村。

日本を、というか世界を代表する豪雪地帯で、
1927年、 昭和2年 野尻村・大芦村が合併、昭和村として誕生。

山を縫うように走る街道沿って集落が点在し、
人口は1.220名ほど。

人口密度は1平方キロに5.9名

村立昭和小学校のに児童数は28名。

そのうち放課後クラブの利用は
1年生から4年生までの10名前後。

放課後クラブには、まずは低学年がやって来て、
その1時間後くらいにお兄ちゃんお姉ちゃんちゃんたちが参加。

みんなそれぞれの個性を発揮しながらも、
兄弟のような関係性で放課後の時間を過ごしている印象。

支援員さんには4名の登録があって、
そのうちお2人がメインに活動。
子どもたちの宿題を見たり遊びの相手をしたりと
日々奮闘されています。

ざくっと紹介するとこんな現場。

いつものワーークショップのように、
みんな揃ったところで「せーの」で始めることが難しいなと、

この場所をボクのイラストレーションの仕事のアトリエとして、
そこにやって来た子どもたちが、プロの画材を使って絵を描いたりして遊ぶ。

そんな設定で進めてみることを思いつきました。

昭和村の特産物には”からむし”があります。

伝統的な織物、越後上布や小千谷縮の原材料として使用されている麻科の植物。
その本州唯一の生産が行われているのが昭和村で、
近年まで村に唯一の現金収入をもたらすものでもありました。

その伝統や技術が、村の人口減などにより後継者確保が難しくなってきた平成6年、
村役場は村外から後継者を募集。

10か月間村に滞在し、からむし栽培から織りまでの一連の作業を体験する、
“からむし織姫”のプロジェクトとして現在も行われていて、
これまでに70数名の方が”織姫”として参加、
その3分の1がその後も村に暮らし、
ボクが向き合う子どもたちも織姫さんのお子さんが少なからず混じっています。

人口分布が高齢者に偏った、
今の日本を象徴するような自治体の姿をしているけれど、

そこには”ものづくり”を大切に考える人がいて、
“ものづくり”の志を持った人が移り住んでくる。

そんな環境の中で生まれ育った子どもたち。

日々自然から多くを学ぶだろうし、

昭和村だからこそ身に付くデザイン感覚なんてものもあるだろう。

廃校となった小学校の古い校舎を遺し維持する。

そんなオトナたちのモノに対する矜持も、
彼らがしなやかに強く育つための力になるだろう。

地域のお年寄りから孫のように思われ育ち、
家族や兄弟のような関係で遊ぶ子どもたち。

そんな子どもたちが面白くないはずが無い。

さて、ボクはここでなにをすればいいだろうね?

気がつけば、放課後クラブを利用する子どものほとんどは、
東日本大震災発生前後に生まれなんだ。

ここ数年、子どもとのワークショップを通して感じてきた変化。
大人への気遣いをする子どもたちが増えてきたこと。

それは昭和村にも当てはまるんだろうか?

その辺焦ることなく1人ひとりを向き合ってゆきしかないなと、
まずは1人ひとりの顔を描くところはから始めてみました。

なるほど、なるほど、
みんな面白い!

シャイにしている子に限って、
繊細だけど、とてもシンプルで力強い表現をしたり。

噂を聞きつけて未就学の子どもが乱入してきたのも楽しい!

そして、
昭和の子どもたちは手を動かしながら良くしゃべる、しゃべる!

子どもたちが絵を描くことは、そのまんまコミュニケーションなんだってこと、
色んな現場で語ってきたボクだけど、
ここの子どもたちが絵を描くことは、そのまま会話であり、
それがワイルドだけどとてもスムースに行われているのが素晴らしく、
そこには自然と1人ひとりの役割が派生し、それをお互い尊重し、
そんなみんなで描いて生まれる絵には、自然と強固な構図が構築されている。

ボクはここで子どもたちになにか与えるというより、
子どもたちの持っている力を楽しんじゃえばいい。
きっとそういうことなんだろう、昭和村。

4日間、色んなことを試してみて、
ここで今語れることは一部でしか無いのだけど、
そんなこんなの発表会は2月21日に昭和村で。

22日にもう一度彼らとセッションを行い、この企画は終了。

しかし、これからも彼らの成長にお付き合いしてみたいな。
彼らがその資質を失わずオトナになれる世界創りこそ、
「復興」だし、より好き東北だったりするはず。

なんだろ、
冬の間雪に閉ざされる過疎の土地が、
世界にグッと突き出た岬のように思えるんだよね。

その先端から見渡す世界の面白さ。

ちょっと気持ちがある限り、
手を伸ばせば捕まえられる場所にある世界。

人を金で換算するグローバルでは無く、
グローバルをローカルの集積であると考える人にとって、
世界の出発点は必ず昭和村のような場所であるんだと思った。

あの日から間も無く8年と言われる冬に、
ボクは実に自分らしい場所に立つことが出来たと思い、

ここに導いてくださったみなさんや、
お力添えをくださるみなさんに感謝。

全てが終わったら、あらためて詳細レポート作りますね〜

あ、滞在中ボクMお良い絵が2点描けましたよ〜

昭和村生まれの絵が羽田空港を飾る。
楽しみだな〜

5度めの「東日本」終了

2019 年 1 月 23 日 水曜日

青山のspace yuiで5度めの開催となったボクの個展「東日本」
1月19日に無事に会期10日間を終了することが出来ました。

年明けのゆったりした空気の残る1月10日に始まり、
足を運んでくださる方の口コミで、お客様が加速度的に増えてゆき、
最終日の賑わいはこれまでで一番ではなかったかと。

そんなワサワサした瞬間でも、しっかり作品や空間を楽しんでくださり、
ボクに温かな声をかけて下さったみなさんに感謝いたします。


最後のお客様は同業の方。

閉廊時間ギリギリのタイミングだったけれど、
それでも1点1点の絵にしっかり慈しみの視線を注いで下さる姿が、
なんだかとても美しく思えて、
今回の展覧会を記憶するものとして、1枚写真を撮らせてもらいました。

足を運んで下さった方お1人おひとりが、
それぞれの時を大切にされ、
1枚1枚の絵と語り合うようにして向き合って下さった展覧会。

震災から8年、5回続けてきたことでボクの中で像を結んでいった、
消費されてしまわない表現のあり方。

向き合う人の想像力を信じ、
心の奥に埋まっている「その人なりの美しさ」を掘り起こせるような
絵やイラストレーションのあり方を、さらに追求してゆける力を得られた、
青山での1枚の絵を介したみなさんとの語らいの10日間だったはずです。

これまで以上に東北の、いわゆる被災地と呼ばれる土地以外を描いた絵が多かった今回。

会期を通して自分の視点を振り返ってみると、
北海道の知床でも、熊本の天草でも、
そこに東北的な価値を見つけようとする目でいた自分に気がつきました。

生と死が隣り合わせの冬の厳しさを擁する知床では、東北で感じた温かさを、
とりあえず人が生きてゆけるであろう天草の温さの中で、東北で得た凛とした清涼感を、
それぞれの風景から削り出したような「ポスト3・11」の僕の視線。

もしくは水俣。

東北を描き続けた先で、熊本の津奈木町のつなぎ美術館にご縁が繋がり、
その隣、幼い時から見てきたニュース映像やユージン・スミスの写真で、
ボクの中ではモノクロの世界だった水俣が、絶対的な夕焼け色に染まり、
その豊かな色彩の変化の中で、東北の太平洋沿岸で失われたものを想像した時間。


これまでの5回を振り返ってみます。

2012年3月の1回めの「東日本」は、
2011年3月11日の時点で1歳3ヶ月だった息子に、
将来「震災」や「被災」を自分の言葉で語れるようにと、
ともかく弾かれるようにして巡った東北で、
思いがけず出会った美しさにクラクラしたまま、
思いつくままの言葉を絵にしていった展覧会でした。

2度めは2014年1月末
東北でのフィールドワークを重ねる中、
「確かなひとり」に出会い、言葉を交わす中、
それまでに出会ってきた東日本から、余計な言葉をそぎ落とし、
心に飛び込んできたシンプルな言葉にフォーカスし、絵を描き始めた展覧会。

3度めは2015年夏
過去2回の「東日本」を、主に西日本に巡回させていった中、
今まで以上に柔らかなの視線でローカルと向き合う術を手にし、
東日本から西日本へと漂白していった、ごく私的な東日本の記録。

4度めは2017年1月
東日本で手にした世界観や絵の技術を「とうだい」という絵本に結実させ、
これまで描いてきた絵を社会で活かす発想や、
今まで1人でやってきたことの隣に並走者を見つけられた頃。
会期を終えた時、少なからずの疲労感を感じ、
次は確かな並走者の必要を言葉にするも、展覧会は”つなぎ美術館”へ巡回。
今に繋がる人との確かな関係の構築が始まりました。

そして5回めの今回。
人との確かな関係は、作品からさらに余計な言葉をそぎ落とし、
絵がシンプルになった分、それを介して接する人との会話は、
よりスムースに饒舌に深めることが出来たかもしれません。

もっとも、
「人との確かな関係」の中には、
どうしようもない喪失がいくつも含まれています。

父の死や、古くからの友人、お世話になった先達、
震災があったからこそ友人になれた人、などなど。

「サンテンイチイチ」などと記号的な言葉で語られ、
放っておけば風化し、ある意味消費さえされてしまうことに対し、
ボクという人ひとり分の血肉を与え、考え、言葉にしてゆく作業には、
決定的な喪失が伴うことだと、想像はしていたけれどね、
現実はとてつもなく容赦無いものです。

それでもボクたちは、
足元に咲く名も無き花視線を投げかけ、
その美しさを記憶してゆかなくちゃならないんだ。

そう思える強さを、
やはり東日本を通して出会ってきた1人ひとりから学んできた8年です。

6回めの開催はあるのだろうか?

その答えを先回りせず考え続けるのは、
2011年3月11日の夜に直感したことに準ずるとして、

そもそもこんな展覧会の必要を感じられない世界であることが
一番なんだけどなあ。

5回めの今回、「東日本」というタイトルの必然についてずいぶん考えたけど、
会期を終えた今、まだ必要としている人ばかりであることを、
南青山のspace yui という美意識の現場で確認出来た2019年1月。

個人的には「イラストレーション」というものの日本語化みたいなことを、
漠然と考え始めています。

今の日本だからこそ生まれる美しい何か。

それも答えを焦ること無く、一歩一歩。

今は「東日本」という展覧会を3月の宮城県塩釜に持ってゆく準備を進めています。

94ヶ月め

2019 年 1 月 12 日 土曜日


今日は2011年3月11日から2,863日
409週
7年10ヶ月
94回めの11日です。

と毎月書いているブログ、
現在個展開催中で1日遅れてしました、、

東日本大震災発生後に開催を始めた個展「東日本」も今回で5回め。
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=13905

同じテーマで飽きられたりしないか心配もありますが、
それでも続ける意味を感じられる、ギャラリーでの人との語らいの時。

人との出会いから多くを学び、次への導きを得ているボクです。

今回の東京青山での展覧会を終えたら、
3月2日から10日まで、宮城県塩釜市の杉村惇美術館のギャラリーをお借りし、
「東日本」として描いてきた作品の展覧会を開催します。

まとまった作品の展覧会としては、
2年前の岩手県宮古に招待を受けた展覧会以来となりますが、
今回はボクの意思で開催を決めました。

3月11日に被災を受けた土地へ、
「東日本」と名付けた絵を持ってゆくことに、
おこがましさや恐れを感じてしまう部分もあるのですが、
それでも、今こそ見てみていただかなくちゃって理由が自分の中に芽生えた、
あれから8年の今です。


東北の太平洋沿岸部をめぐり絵を描き続けたことで、
その他の土地で出会う「東北らしき風景」というものが、
とても新鮮に心に迫ってくるようになりました。

この歳になり、いまだ世界を新鮮なものとして感じられることの幸せ。

未曾有と言わる悲劇があり、
しかし、そこからも美しいものを削り出し、
未来をより良いものへと変えてゆく作業は、
ほんとこれからが本番だと思っています。


2019年3月2日(土)~10日(日)
杉村惇美術館、市民ギャラリー1・2
http://sugimurajun.shiomo.jp

・展示
塩釜をはじめ東北太平洋沿岸、そして日本の各地を歩いて描いた風景や花の絵
羽田空港で小山薫堂氏と展開中の「旅する日本語」の原画
絵本「とうだい」や東松島の宮戸島を舞台とした絵本「うーこのてがみ」の原画
モノクロの線画で描いたスケッチによる映像作品

・絵本や絵葉書の販売

・イベント
3月2日(土)だれでも絵が描けるワークショップ、大人編 @大講堂
だれにでも出来る表現で、絵やイラストレーションの楽しさに出会える時間。
「わたし絵が描けないから、」という人こそウエルカムです。
3月2日(土)14:00~ 2時間ほど
・参加費500円、画材等こちらで準備します。
・汚れてもよいオシャレで参加ください。

3月10日(土)だれでも絵が描けるワークショップ、親子編 @市民ギャラリー
表現の最初の一歩が幸せなものであるようにと、日本の各地で開催している絵の時間です。
絵本の読み語りなども交え、親子で楽しむアートのあり方をお持ち帰りいただけます。
3月10日(日)10時~ 1時間半ほど
・参加費500円、画材等こちらで準備します。
・年齢制限無し
・汚れてよいオシャレで参加ください。

詳細はあらためますね〜

個展「東日本」5回めの開催

2019 年 1 月 1 日 火曜日


2012年3月の開催から5回めとなる「東日本」と名付けた展覧会です。

小池アミイゴ個展「東日本」そして「旅する日本語」原画展
2019年1月10日(木)-19日(土)
・日曜日休廊
11:00~19:00・最終日~17:00マデ

SPACE YUI
〒107-0062 東京都港区南青山3-4-11
早川ビル1F
TEL.03-3479-5889
http://spaceyui.com/
会場の都合上、お花等のお心遣いは謝辞いたします。
前回までの横浜仲町台への巡回展は今回ございません。

「あの日から8年」の今、絵だからこそ出来ることはこれからが本番と確信し、
今回もこのタイトルで展覧会を開催することにしました。

=展示内容=
日本各地を巡り描いた風景や花、人の暮らしの絵
天草や知床を描いたスケッチによる映像作品
羽田空港第1ターミナル出発ロビーで展開中の「旅する日本語」の原画
近作の絵本の原画で今回のテーマに沿うものなど。

yuiでは絵の販売と共に、絵本「とうだい」や「うーこのてがみ」
yui企画によるジークレー版画や花の絵のポストカードセット
オリジナルTシャツの販売も行います。

東日本大震災を機に巡った東北の太平洋沿岸部、もしくは「東日本」と呼ばれた地。
そこでの人との出会いは、ボクに絵を描く大きなモチベーションを与えてくれ、
そうした人との繋がりやそこから生まれた作品は、ボクをさらなる土地へと向かわせ、
また1枚と絵を描くモチベーションを膨らませ続けてくれています。

今回5回めの開催となる「東日本」では、知床や天草など新たな土地での発見や、
個人的なモチベーションで描いてきた絵が、イラストレーションとして昇華したものなど、
同一のテーマで5回続けて来たからこその「今」を表現してみます。

特に小山薫堂氏と羽田空港第1ターミナル出発ロビーで展開中の「旅する日本語」では、
1辺4メートルほどのサイズにレイアウトされ展示されている絵の原画が、意外と小さいことなど、
イラストレーションという仕事の面白さにも触れてもらえるはずです。

「平成最後の」とか「TOKYO2020を前に」など、
世の中のザワザワと一線を画したところで、
ボクたちがこれからも大切にしてゆくべき美しさについて、
心穏やかに語り合えるような展覧会であろうと願っております。

寒さ厳しい時でありますが、
みなさんどうぞごゆるりと足を運ばれていただけますよう、
美しい空間を創ってお待ちしております。

なお、
今回の展覧会は内容を改め、3月2日~10日の期間で、
宮城県塩釜市の杉村惇美術館でも開催いたします。

東日本で受け取ったもの、
確かな形でお返ししてゆくあれから8年の春です。