‘池袋セッション’ タグのついている投稿

池袋セッション・シーズン5

2017 年 3 月 16 日 木曜日


毎月第2第4木曜日に池袋コミュニティカレッジで開講の絵の時間
誰でも絵が描けるワークショップセッション
4月からシーズン5始まります。

4月はちょっとイレギュラーで
第1木曜の6日と第2木曜の13日開催です。

誰でも参加可能。
詳細はこちらをご確認ください。
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_701881.html

見学や体験受講も逐次受け付けますので、
まずは心のボタンをひとつ外して気楽に参加していただけたらです。

先日は初めての立体作品。
ともかく楽しく、しかし、途中からみんな無言でキラキラの作品を制作。
わずか2時間の制作時間でしたが、楽しい展覧会が生まれました。

その前は「躍動」
いろんなジャンルのダンスをテーマに、
自由で躍動感のある線を見つけ、美しい絵に昇華、
できてるかな?みんな。

ボクは教えるというより、
みんなと一緒に手を動かすことでお互い気がつき合う。

てか、みんなと朗らかに恥をかきあう。
ますますそんな現場になっています。

えれにしても毎回毎回「なんじゃこりゃ!?」な絵に出会える、
ほんと朗らかクリエイティブな時間。

毎回が愛しくてたまらんです。

ボクがなにか立派なことを語るより、
集まったみんながやんわやんわと語り合えることが、
なによりクリエイティブなことだなあ〜と。

みんな今ある姿のままで輝いてくれてます。

でも、ために今ある姿を超えて輝く瞬間がある。

それをボクが見つけるのもいいけど、
やっぱ一緒に描く仲間が見つけた時、
グループとしてグイッと次のステージに一歩踏み出せる。

そんな人間ドラマの現場でるのが、
うれしいなあ〜

イラストレーション池袋セッション

2016 年 7 月 5 日 火曜日

R0017889
池袋コミュニティーカレッジで開講の
イラストレーションのワークショップセッション
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_701881.html

スタートから1年3ヶ月の今、
参加者11名とボクとで第二第四木曜日の夜に
クリエイティブなセッションを重ねています。

イラストレーションの「講座」でも「教室」でもなく、
ボクも「先生」と呼ばれて良いはずもなく、
「ワークショップセッション」なんて呼んできましたが、
「池袋セッション」と呼ぶのがしっくりきてる今です。

今を生きているボクより若い人たちが参加してるわけだから、
ボクが持ち合わせていない新鮮な感性を解放し
絵に反映してゆく現場であればですね。

トップにあげた写真は最新のセッションのもの。

1枚の写真に出会ってなにを描くのか、
最初に心に響いた色彩なり大きな構図、そこに含まれる色彩や構図、
さらに気になる描くべきディテールなどを言葉にし、人に伝える。
そうすることで「確信」をもったシンプルな絵を導き出す作業。

みんなの会話が楽しく響き盛り上がったセッションでした。

で、これは「名画」と呼ばれる絵から
大きな構図を見つけ出す作業。
R0017722

大きな構図を見つけて2本の線で表現するだけなんだけど、
そんな「決まりごと」があるからこそ個性が迸るって感じが
面白い〜
R0017724

名画から発見したシンプルな2本の線だけど、
それを描いた人そのものって感じが面白くて、
これも盛り上がったね〜
R0017721

これは熊本をテーマにしたセッション
R0016894

地震発生直前に熊本に行っていたので、
その時撮りためた写真を資料に、
シンプルな美しさ、楽しさ、なんてものを見つけてみました。
R0016888

悲劇に対して真摯に受け止めなきゃならないことは多く、
しかし、アッケラァンとした感性で削り出すべき美や喜びもあるなと。
R0016892

シンプルな美しさを見つけられるよう、
いくつかの段階を踏んでセッションを重ねた夜でした。

R0016896

しかし、なんじゃこりゃ??
面白いなあ〜、おめーら。。

これはさらにシンプルな発見を形にしていったセッション
R0016094

なんでもない風景写真からシンプルな空間を見つけ、
シンプルな線で表現。
R0016099

だれでも出来る作業だからこそ、
その人の望むものが見えてくる。
R0016096

ある人はドッシリとした構図を手にするし、
ある人は不安定な浮遊感を快感とする。
R0016097

どちらも間違いではなく、その人の必然。
あとはそれを武器にどうやって世界と会話してゆくか?
クリエイティブな喜びの荒野が目の前に広がって見えるよね!

で、これは、
シャネル、イヴ・サンローラン、アズティン・アライア、コムデギャルソン、
それぞれの美意識のどの部分にアプローチするかってセッション。
R0015025

それぞれの服のどんな特徴が魅力的で、革命的だとさえ言われたのか、
一応ボクも説明は出来ちゃうんだけどね、

R0015023
もうちょっと無責任に、それぞれみんなが勝手に感じた面白さを言葉にし、
絵にしてみたらどうかなと。

R0015024
毎回2時間弱の時間の中で、
みんな見事に常識のリミッターを外してくれるんで、
楽しくて仕方ないね。

R0016891
もちろん、この時間の中で1人ひとりの作品が生まれるわけでも、
作家として確立するわけでもないけれど、
ここが『いつでも帰ってくることのできる表現の喜びの場所』であれば、
みんなそれぞれに必要とされる『孤独な創作の時』の、
踏ん張りの利く足場になってくれるんじゃないかな。

R0017723
イラストレーション池袋セッションは7月14日からの3ヶ月コース受付。
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_701881.html

興味ある人は体験や見学も可能です〜