‘絵本’ タグのついている投稿

絵本「うーこのてがみ」

2018 年 11 月 28 日 水曜日

来週の水曜日、自作の絵本が刊行されます。

「水曜日郵便局 うーこのてがみ」
ある水曜日のお話です。うーこさんはうーたくんにお手紙を出しました。

文・絵 小池アミイゴ
定価:1,404円(本体1,300円+税)
発売日:2018年12月05日 判型:A4変形判
ページ数:32 ISBN:9784041073469

「わたしはとてもきれいなばしょでくらしていたんだ」
うーこさんはうーたくんからの手紙を読んで思うことがたくさんありました。
手紙を通して、身近にあるうつくしいものや、ことに、気づかせてくれるやさしい絵本。

2011年3月11日以降、東日本の地を歩き、風景や花の絵を描いてきました。

そんな先、2013年の1月に、塩釜港の復興市場の直売所で出会った女性から一通の手紙を頂きました。

そこに綴られた震災のこと、それ以前の大切にしてきた思い出、
空を見上げたらカモメが飛んでいたこと、初出勤の際に見たシロツメクサのこと、
愛するご主人さんのこと、ちょっと未来のこと。

生き生きとした筆致で綴られたごく個人的な物語に出会い、
ボクは「3・11」と呼ばれた悲劇に対して描くべきことの像がキリッと結んだように感じました。

そうして描いた塩釜の海の上を飛ぶカモメの絵は、
ボクをさらに次の場所へと導いていってくれ、そこから多くの作品が生まれました。

その中の仕事のひとつが「赤崎水曜日郵便局

この仕事はボクを熊本県の津奈木町に呼び寄せ、熊本の地震を我が事と思わせ、
天草へ誘い、羽田の空を彩り、

もしくは「とうだい」という絵本に結実し、

今年は宮城県の東松島の宮戸島へ、「鮫ヶ浦水曜日郵便局」に関わることになり、
そもそも「鮫ヶ浦水曜日郵便局」は「とうだい」にインスパイアされた企画でもあるそうで、
この絵本の制作の依頼を受け、宮戸島を歩き、自然の恵み深きこの場所を舞台に構想を練り、
そして、シロツメクサの記憶を頼りに松島湾をグルッと下り、塩釜に帰ってきました。

この制作の途中に、ボクに手紙を届けてくださった方の急逝に逢い、
そのことは未だ自分の中で咀嚼出来ずにいるのですが、
しかし、彼女が届けてくれたことは、この絵本の中に生かしてゆけるはずと、

「絵にできることってなんだろう?」との自問はあれから7年8ヶ月の今も変わらずありますが、
しかし、「絵にできること」はこれからが本番だという実感のもと、
今までだったらカッコつけてしまっていたであろう気持ちを蹴破り、
「かわいい」ってことに照れることなく、作画を進めてゆきました。

この物語が、お母さんとお子さんの日々の穏やかな会話を生んでくれたらいいな。
拙いところは多々あるかと思いますが、心からそう願っております。

気持ちの良い編集を注ぎ続けてくださった角川の加藤さん。
思いがけぬアイデアで物語をスムースに進めてくれた、やはり角川のデザイナー須田さん。
「水曜日」の発案者で、この企画を投げてくれた映画監督の遠山昌司さん。
企画を推進してくれたP3のみなさん。
東松島でお会いしたみなさん。
塩釜の共栄丸水産ご一同さん。
シロツメ草の思い出を届けてくれた水間さわ子さん。

ありがとうございます。

90ヶ月め

2018 年 9 月 11 日 火曜日


今日は2011年3月11日から2,741日め。
391週4日
7年6ヶ月
90回めの11日です。

8月のある日、
塩釜にゆきました。

東日本の悲劇ののち、
一番の友人になってくれた水間さわ子さんとのお別れの式に参列。

こんなことをここに記すのはとても嫌なことだし、悲しいことだし、
しかし、こうやって毎月の11日にブログを書き続けていたことは、
こんな時、東日本の方と悲しみを共にするためなんだよなと、、

大規模な自然災害に対して無力な存在でしかないボクに、
水間さんはその51年の人生をかけて教えてくれたようです。

ボクは遺されたご家族の悲しみの大きさを語ることの出来る言葉を待たず、
ただ自分のことを無責任に語るに終始するばかりですが、

ボクが好きになる方は、
頑張り屋で働き者で、自分のことより人のことに夢中になるような人ばかりだと。

そんな人柄がその人生を縮めてしまうこともあるんだろう。

が、今はボクこそ頑張って、その喪失をこれからの人生の隣に置きながらも、
そんなひとりが生きていた時間を受け継ぎ、前へ進んでゆこうと、
なんとかそう出来るよう目の前の一個一個をやってゆこうと思います。

宮城県東塩釜の水間さんご一家の共栄丸水産さん、
並びに、東北の太平洋沿岸部で養殖漁を営まれるみなさん、
水間さわ子さんという方が、ボクという1人に与えてくださった「海に生きること」
そこから得られる想像力を絶やすことなく、
みなさんが丹精込めて作られるワカメや昆布や牡蠣を食いにゆきますね!


こうしてブログを書いている間にも、
猛暑や水害、大きな地震と続いたこの夏の日本です。

命の喪失の前に、やはりただ自分の無力を知るばかり。

被災された方やその周辺に暮らす方々に対して、
絵なんてものが力になれるようなことはずっと先となるはずです。

ただそれでも、
もし小さなお子さんをお持ちの方で、
1日の中でちょっとでも余裕を見つけることが出来ましたら、
お子さんと絵本を読むようなことをされてみてください。

きれいな絵と言葉で優しい物語が綴られた1冊。

それがたとえば被災の現場ではなく、ごく当たり前の日常の中でも、
どうしても生活に追われてしまう中、
お子さんに対する言葉もきついものを並べてしまいがちになる。

そんなことはほとんどのご家族の当たり前であり、
そうした生活のリアリズムに対して一々目くじら立てるようなことやっていたら、
日々はとても息苦しいものになってしまうはずで、
ボクの立場でそういったことを否定するつもりはありません。

ただ、そんな中でもお子さんとの間に心を寄せ合える絵本という形であったら、
ちょっとだけ深呼吸し、
そこに綴られた物語をお子さんと会話するようにして読んでくれたらいいなと。

これは長野県茅野市の今井書店の高村さんの受け売りなんすけどね、、

美しい絵本に綴られた美しい言葉をお子さんと共有するちょっとの時間。

絵があることでお子さんが何かを語る。
それを説明する必要もなく物語を語ることだけで、
お子さんとの間に豊かなコミュニケーションが生まれるのが絵本だと思うのです。

教訓や教養を得るなんて立派な目的である必要は無く、
「読み」「聞かせる」のではなく「見て」「語りあう」

人の命が奪われてゆく事態の中に置かれても、
すぐれた絵本の中には普遍的な物語が流れています。

それをお子さんと語り合うようにして楽しむことで、
物語は生きたものに、そして親子の物語へと育ってゆくはずです。


厳しい現実を前に何を呑気な、
そんなお考えの方もあると思います。

ただ、厳しい現実を前に頑張る親に対して、
子どもたちもまた、親に迷惑かけまい、ワガママ言うまいと頑張りすぎている場合があります。

そんな時に心優しい物語を親と子で訳あうことが出来たらなあ〜
そんなちょっとの瞬間に豊かな笑顔や涙を共有することで、
救われることはたくさんあるんだってこと、
これまでの東日本や熊本などなどでの経験から実感しています。

そんなことを考えながら先日は九州へ。 

「うちはここまで水に浸かったよ」
なんて会話をあちこちで聞きながら、
絵本を読んだりみんなと絵を描きました。

子どもたちとの小さな会話を積み重ねていった先で、
とても勢いのある綺麗な絵に出会えた旅。

必要とされる現場があれば飛んでゆきますよ〜!

「とうだい」原画展 at 飛騨高山絵本美術館ポレポレハウス

2017 年 7 月 22 日 土曜日


絵本「とうだい」の原画の中から11点を厳選、
岐阜県飛騨高山の絵本美術館”ポレポレハウス”で
7月22日から8月31日まで展示いたします。

小池アミイゴ絵本原画展「とうだい」
7月22日(土)~8月31日(木)
飛騨高山ポレポレハウス
OPEN:10:00~17:00(入館-16:30)
大人:700円・中学生以下:300円 *3歳以下無料

岐阜県高山市清見町夏厩713-23
*東海北陸道 清美IC降りて高山方面へ約5分です
TEL&FAX(0577)67-3347
http://www.porepore-house.com

8月20日にはワークショップ開催。
午後は子供向け、夜は大人向けと予定。

会場は飛騨高山の別の場所になります。
詳細は後ほどお伝えいたしますね〜

飛騨高山に素晴らしい絵本美術館があることを、
先輩イラストレーターのみなさんからうかがっていましたが、
今回、館長さんからの熱烈なラブコールをいただき、
夏休み期間での「とうだい」原画展開催となりました。

暑い夏に飛騨高山で「とうだい」と
涼やかな時を過ごしていただけたら幸いであります。

はいいろのねずみ

2017 年 7 月 2 日 日曜日


「毎日こどもしんぶん」で本日7月2日から連載スタート。

9月までの13週間、
“はいいろのねずみ”の毎週日曜日のいろいろな色の冒険、
お楽しみに〜!

アップしたものはテキストの半分を削っています。
オリジナルストーリーで、ボクこそワクワクしているのです。

「小さな赤いめんどり」

2017 年 2 月 28 日 火曜日


アリソン・アトリー原作の児童文学の傑作「小さな赤いめんどり」
こぐま社の”こぐまのどんどんぶんこ”シリーズの1冊として刊行されます。

アリソン・アトリー 作, 神宮輝夫 訳, 小池アミイゴ 絵
80ページ:214×152mm / 定価 1,296円(本体 1,200円)
小学校1,2年生から
ISBN 978-4-7721-9064-0
http://www.kogumasha.co.jp/product/568/

ボクは表紙とすべてのページでの挿絵を描いています。
情熱的な編集とデザインをいただき素晴らしい「本」になりました!

この『こどもの手に気持ちよく収まる一冊』を手にされ、
楽しくページをめくっていただけたら幸いであります。

作画の依頼を受けたのが去年の夏の始まるころ。

児童書のベテラン編集の方から「参考までに」と見せてもらった、
やはり神宮輝夫先生訳の1969年に刊行の「小さな赤いめんどり」

表紙と挿絵は油野誠一さんがご担当されていたのだけれど、
やはりそれが素晴らしすぎて、少なからずのプレッシャーを感じつつも、
今の時代に必要とされるものを考えなければと思いました。

さらには、
今の時代の中で「児童文学」の置かれた厳しい現状についても伺いました。

まず、子どもが「児童文学」というジャンルの本を読まなくなった。
(ゲームやアニメ、スマホなんてものの影響も少なからずありますが)

なので、本屋さんから児童文学のコーナーが失われてゆく。

その状況が続いてきた中、目利きのオトナも失われつつある。

児童文学は基本オトナが子どもに与えるものですが、
オトナが「分かる」本を選ぶ傾向になってしまっている。

もうちょっと言えば、
少子化の中、子育ての大変さにフォーカスされた、
親御さんが「共感」する本がチョイスされる傾向がある。

そうなると子どもの本はますます「赤ちゃん絵本」に特化され、
子どもの想像力を信じた余白のある本は片隅に追いやられ、
たとえば大きな商業施設の本屋さんの子供向けのコーナーは
アニメとゲームと赤ちゃん絵本で売り場を締められてしまう。

担当編集者からうかがった話に
ボクの実感を加えて言葉にするとこんな感じです。

それでも子ども達に素晴らしい児童文学に触れて育ってもらいたい!

そのために、初めて児童文学に触れる子どもでもスラスラ読めるよう、
文字の大きさや並びを考え(こくごの教科書で慣れ親しんだものに近づけたり)、
挿絵はストーリーを見失わぬよう説明的であり、
しかし、子どもも想像力に蓋をしない空気感のあるものにする。

この一冊に出合った子どもが、次の一冊に手が伸びる、
本を読む子どもに育ってもらいたい。

編集の現場の方の叫びのような心情に触れ、
ではこの名作と言われるストーリーにどんな絵を添えて行ったらいいのか?

ちょっとくらいの遠まりは恐れず、
コミュニケーションを密に絵の世界を深めてゆきました。

「小さな赤いめんどり」の主人公のおばあちゃんとめんどり、
2人は心を通じ合わせ、会話もします。

人間とニワトリがなぜ?

人間のする仕事にせっせと勤しむ”めんどり”などなど、
不思議なこと、不条理なことがたっぷり詰まったストーリーです。

こういったストーリーの細部に対して「なぜ?」と思い、
「わからない」と遠ざけてしまうのが、残念ながらオトナなのでしょう。

しかし子どもはそこを突き破り、ある意味自分勝手な想像の翼を広げ、
文章の山を飛び越えてファンタージーの世界に舞い降りることが出来るのです。

ただそこでなにを感じるのかは、
親御さんとの日々の会話の豊かさが決定づけるのではないでしょうか?

日々なにげなく目にしたり感じる美しきものを、
自身の実感から湧いた言葉として子どもと交換しておくかぎり、
名作と言われる児童文学は無言で子どもの側にあれば良く、

文学の不条理の世界の中で、お子さんは親御さんとの豊かな経験を増幅させ、
親の思惑を超えた想像力を手にするはず。

それはとても豊かなことだなあ〜

などということを、
実は絵本「とうだい」の制作から「小さな赤いめんどり」の作画作業を通して手にしてきたボクです。

今の時代を生きる子どもが興味を持ってスラスラ読めるよう、
イラストレーターとして培ってきたアイデアを結集させ、

しかし、子どもたちの想像の余白をなるべく広く確保した、
ちょっとやそっとではヘタらない世界を描けた自慢の挿絵です。

なにより、
作画終わった後の編集からデザインの作業、
そして翻訳者である神宮輝夫さんまでが細部をカスタマイズして下さり、
今の時代から未来に向けてベストな本にして下さったこと、
この仕事に関わり誇りに思っております。

で、めんどりさん、
過去に色んな国で絵本にされてきましたが、
きっとボクが一番スタイル良く描いたはず。

赤じゃなくピンクだしね!

うん、長く可愛がってもらいたい「小さな赤いめんどり」なのです。