‘花’ タグのついている投稿

5度めの「東日本」終了

2019 年 1 月 23 日 水曜日

青山のspace yuiで5度めの開催となったボクの個展「東日本」
1月19日に無事に会期10日間を終了することが出来ました。

年明けのゆったりした空気の残る1月10日に始まり、
足を運んでくださる方の口コミで、お客様が加速度的に増えてゆき、
最終日の賑わいはこれまでで一番ではなかったかと。

そんなワサワサした瞬間でも、しっかり作品や空間を楽しんでくださり、
ボクに温かな声をかけて下さったみなさんに感謝いたします。


最後のお客様は同業の方。

閉廊時間ギリギリのタイミングだったけれど、
それでも1点1点の絵にしっかり慈しみの視線を注いで下さる姿が、
なんだかとても美しく思えて、
今回の展覧会を記憶するものとして、1枚写真を撮らせてもらいました。

足を運んで下さった方お1人おひとりが、
それぞれの時を大切にされ、
1枚1枚の絵と語り合うようにして向き合って下さった展覧会。

震災から8年、5回続けてきたことでボクの中で像を結んでいった、
消費されてしまわない表現のあり方。

向き合う人の想像力を信じ、
心の奥に埋まっている「その人なりの美しさ」を掘り起こせるような
絵やイラストレーションのあり方を、さらに追求してゆける力を得られた、
青山での1枚の絵を介したみなさんとの語らいの10日間だったはずです。

これまで以上に東北の、いわゆる被災地と呼ばれる土地以外を描いた絵が多かった今回。

会期を通して自分の視点を振り返ってみると、
北海道の知床でも、熊本の天草でも、
そこに東北的な価値を見つけようとする目でいた自分に気がつきました。

生と死が隣り合わせの冬の厳しさを擁する知床では、東北で感じた温かさを、
とりあえず人が生きてゆけるであろう天草の温さの中で、東北で得た凛とした清涼感を、
それぞれの風景から削り出したような「ポスト3・11」の僕の視線。

もしくは水俣。

東北を描き続けた先で、熊本の津奈木町のつなぎ美術館にご縁が繋がり、
その隣、幼い時から見てきたニュース映像やユージン・スミスの写真で、
ボクの中ではモノクロの世界だった水俣が、絶対的な夕焼け色に染まり、
その豊かな色彩の変化の中で、東北の太平洋沿岸で失われたものを想像した時間。


これまでの5回を振り返ってみます。

2012年3月の1回めの「東日本」は、
2011年3月11日の時点で1歳3ヶ月だった息子に、
将来「震災」や「被災」を自分の言葉で語れるようにと、
ともかく弾かれるようにして巡った東北で、
思いがけず出会った美しさにクラクラしたまま、
思いつくままの言葉を絵にしていった展覧会でした。

2度めは2014年1月末
東北でのフィールドワークを重ねる中、
「確かなひとり」に出会い、言葉を交わす中、
それまでに出会ってきた東日本から、余計な言葉をそぎ落とし、
心に飛び込んできたシンプルな言葉にフォーカスし、絵を描き始めた展覧会。

3度めは2015年夏
過去2回の「東日本」を、主に西日本に巡回させていった中、
今まで以上に柔らかなの視線でローカルと向き合う術を手にし、
東日本から西日本へと漂白していった、ごく私的な東日本の記録。

4度めは2017年1月
東日本で手にした世界観や絵の技術を「とうだい」という絵本に結実させ、
これまで描いてきた絵を社会で活かす発想や、
今まで1人でやってきたことの隣に並走者を見つけられた頃。
会期を終えた時、少なからずの疲労感を感じ、
次は確かな並走者の必要を言葉にするも、展覧会は”つなぎ美術館”へ巡回。
今に繋がる人との確かな関係の構築が始まりました。

そして5回めの今回。
人との確かな関係は、作品からさらに余計な言葉をそぎ落とし、
絵がシンプルになった分、それを介して接する人との会話は、
よりスムースに饒舌に深めることが出来たかもしれません。

もっとも、
「人との確かな関係」の中には、
どうしようもない喪失がいくつも含まれています。

父の死や、古くからの友人、お世話になった先達、
震災があったからこそ友人になれた人、などなど。

「サンテンイチイチ」などと記号的な言葉で語られ、
放っておけば風化し、ある意味消費さえされてしまうことに対し、
ボクという人ひとり分の血肉を与え、考え、言葉にしてゆく作業には、
決定的な喪失が伴うことだと、想像はしていたけれどね、
現実はとてつもなく容赦無いものです。

それでもボクたちは、
足元に咲く名も無き花視線を投げかけ、
その美しさを記憶してゆかなくちゃならないんだ。

そう思える強さを、
やはり東日本を通して出会ってきた1人ひとりから学んできた8年です。

6回めの開催はあるのだろうか?

その答えを先回りせず考え続けるのは、
2011年3月11日の夜に直感したことに準ずるとして、

そもそもこんな展覧会の必要を感じられない世界であることが
一番なんだけどなあ。

5回めの今回、「東日本」というタイトルの必然についてずいぶん考えたけど、
会期を終えた今、まだ必要としている人ばかりであることを、
南青山のspace yui という美意識の現場で確認出来た2019年1月。

個人的には「イラストレーション」というものの日本語化みたいなことを、
漠然と考え始めています。

今の日本だからこそ生まれる美しい何か。

それも答えを焦ること無く、一歩一歩。

今は「東日本」という展覧会を3月の宮城県塩釜に持ってゆく準備を進めています。

2019花の絵のカレンダー

2019 年 1 月 1 日 火曜日

あけましておめでとうございます。
皆様の無病息災を祈念し、花の絵の仕事をアップしてみます。

SBIいきいき少額短期保険株式会社が採用してくれた
「その辺に咲いている花」を描いた花の絵のカレンダーです。

ほんとに地味な花の絵ばかりですが、こんな絵にも理解を注いで下さり、
こういったものを必要に思ってくれる人を想像し、繋いでくださる方のおかげで、
気持ちの良いカレンダーが生まれました。

ごくごく私的な創作として描き続けている花の絵ですが、
これからもしっかり育ててゆこうと思います。


表紙:知床の野菊 野に咲く花はじっとしていてくれたりしません。
知床で出会った花は、知床の風に吹かれた姿が美しいのだと思いました。


1月:春の七草 栃木県の黒磯に大好きな珈琲屋があります。
そこの若くて働き者のスタッフたちのことを思い、描きました。


2月:紅梅 とても気持ちの良いご家族と時を過ごした後、渋谷で見た紅梅です。
ボクは人と出会うことで花を見つけることができるようです。


3月:サクラソウ 群馬で農家を営む伯父は、ボクの描いた花の名を次々に言い当て、
サクラソウは一株くらいがポツンと咲いてるのがいいと言いました。


4月:染井吉野 渋谷区近所の桜の老木が切られてしまうことを聞いて、
小学3年生の息子が泣きました。それを見てボクもちょっと泣きました。


5月:ポピー 天草を案内してもらっている時出合った花は、
天草で出会った人そのもののように、天草の海風に揺らめいていました。


6月:額紫陽花 大家さんの家の庭に咲く額紫陽花は、
その手入れに丹精込められていた奥様を忍ばせる姿で、雨の中にありました。


7月:ルドベキア 友人のお父さんが働いていた長崎県の炭鉱の島で出会った花は、
やはり出会った頃の友人のように見えたのです。


8月:朝顔 明け方近くの窓ガラスにシルエットで見えた朝顔。
窓を開け「おやすみ」をしてみてから、布団に潜り込んだボクです。


9月:コスモス 震災直後の熊本の益城町で出会った花が、あまりにも凛々しく見えたので、
その後ろ姿だけを記憶に留めることにしました。


10月:野菊 宮城の塩釜の復興市場で働いていた彼女は、 自分の事は二の次に、
その朗らかさでこの地の美しさを語ってくれました。


11月:山茶花 津波で多くが失われてしまった福島の豊間の海岸、そのキワに咲く花は、
ここが多くの人に愛された場所だってことを想像させるのでした。


12月:かすみ草 一年の終わりを静かに過ごしたいと思い、手にした花は、
それでも心に引っかかる焦る気持ちを見透かしたように、ただユラリふわふわ。


一昨年から去年の春と、父の闘病、そして死に至る時に立ち会い、
医療や介護の現場を利用する人にとって癒しになるものを作れたらいいなと思うようになりました。

今回、ご縁をいただいて作れた花の絵のカレンダーですが、
これをさらに発展させたものを企画し、
こんなものを必要とされる方に届ける仕事をしてゆきたい2019です。

82ヶ月め

2018 年 1 月 11 日 木曜日


今日は2011年3月11日から2,498日め
6年10ヶ月
82回目の11日です。

1月19日に福島市でオーガニックベースの食堂を営む「ヒトト」と
オトナに向けたワークショップを開催したり、花の絵の展示でご一緒させてもらいます。

ヒトト×小池アミイゴ 「春待ち人と」

ヒトトの大橋さんより、大江ファームでの子どもワークショップのアイデアを頂きました。
その前に福島のみなさんにボクを知っていただき、子どもと一緒に絵を描くことの意義を
共有しておけたらいいなと、今回のヒトトでの企画を考えてみました。

「だれでも絵が描けるワークショップ」
1月19日(金) 18:30受付開始 / 19:00スタート

表現の最初の一歩の幸せな記憶が楽しく蘇る絵の時間。
「わたし絵が描けないから」という人こそウエルカムです。

参加費:1000円/1drink付き
画材等こちらで用意いたします。
汚れても良いオシャレでご参加ください。

小池アミイゴの花の絵とヒトトの出会い
1月19日(金)-29日(月)11:30-17:00

これまで描きためた花の絵とヒトトの空間とのコラボレーション。
立春を前にした季節に、ヒトトのごはんと共に楽しんでいただけたらです。

アミイゴさんの絵は明かりがポッと灯ったように、あたたかく、繊細で力強い。
今回、念願叶ってアミイゴさんが福島市の土を踏む。
アミイゴさんと楽しく絵を描いて、ごはんを食べ語らいましょう!お待ちしております。
ヒトト 大橋祐香

食堂 ヒトト
福島県福島市大町9-21ニューヤブウチビル3F
アクセス/JR福島駅より徒歩13分
tel.024-573-0245
11:30~17:00(火定休)
http://www.organic-base.com/cafe/

小池アミイゴ作画の絵本「とうだい」や「peaceてぬぐい」などの販売も行います。

今回の発案者、ヒトトの店長の大橋さんから頂いたうれしくもくすぐったい言葉。

「ヒトト×小池アミイゴ 春待ち人と」が1月19日(金)からはじまります。
オープニングの19日はヒトトの夜営業に合わせて、
小池アミイゴさんの誰でも絵が描けるワークショップを隣のoomachigalleryで行います。
絶対楽しい夜になること間違いなしです!


もう10年近く前になるのかな、以前勤めていた服屋でアミイゴさんがTシャツを買ってくれたときのこと。
ラッピングを頼まれ、まだ勤めて間も無いわたしは慣れない手つきで服をたたみ、緊張しながらも一生懸命ラッピングをした。
アミイゴさんの視線がラッピングしているわたしの手元にあったことも、緊張感をより高めていたのかもしれない。
ラッピングをし、手渡したそれは不器用で決してきれいと言えるものではなかったかもしれない。
でも、それをアミイゴさんはとても喜んでくれ、どこでも買えるそのTシャツをここで買うことに決めていると、
人づてに聞いたのは少したってからのこと。

不器用でも丁寧な仕事でひとを喜ばせることができることをアミイゴさんが教えてくれたんだと、その時気付いた。

この出来事が、生きていく上でわたしの大切な基準となった。
そのTシャツを6年たってボロボロになっても、着てくれているのを知ったのも後々のこと。

そんな1枚のTシャツのご縁から、ヒトトが福島へ移転してからも福島へ思いを寄せてくれ、
お店に何度も足を運んでくださいます。

お店がはじまる頃からのふたつの夢。

ひとつは、アミイゴさんと福島でワークショップをしたいという事。
アミイゴさんの描く絵は力強くてあたたかい。心に寄り添うようにそっとある、そんな絵だと思います。
それはアミイゴさんが愛に溢れた人だからで、人柄が滲み出ている。
誰でも絵が描けるワークショップと、アミイゴさんの描く花の絵がたくさんの人に届きますように。

もうひとつは、福島のこどもたちと畑をつなげるイベントがしたいという事。
福島の誇れる美味しい野菜の力強い生命力を、それを育てるまじめな農家さんがいることを知ってもらいたい。
福島の風土を肌で感じれるような畑とこどものワークショップをあたたかい季節にと、
喜多方の大江ファームの大江さんとアミイゴさんと企んでいます。

ふたつの夢が一緒に実現できる運びとなり、
まずはアミイゴさんの花の絵をヒトトの空間で楽しんでいただけたらと思います。

誰でも絵が描けるワークショップは、こどもから大人まで気軽に参加できます。
アミイゴさんと楽しく絵を描きましょう。きっと新しい発見があるはず!

いや、テレますね。
熱烈なラブレターをもらってしまって、
これは頑張るしかありません。

でも、ボクが3月11日の震災後にやってきたことを象徴することだなと。

3月11日の悲劇を目の前にし、自分の無力を確認し、
しかし、その中でもひとりで出来あろうことを見つけ、
10年、20年と続ける先で、それを必要とする人に出会ってゆく。

ボクは政治家でも大会社の経営者でも有名なスポーツ選手や芸能人では無く、
そういった方々がスーパーマンのようにしてやれることが出来るはずはなく、
ただ、やはり同じ立場であろう日本の1億人以上の人の1人ひとりが、
ひとりでも継続してやってゆくことで出来ることをやって見されれたらいいなと思い、
今に至っているはずです。

岩手や宮城では震災後の割と早い段階で、
現地の必要に答えることをやってこれましたが、
福島県は震災被害に加え原発事故があったこともあり、
ボク個人ではどうにもならないことが多く、
フィールドワークを重ね絵を描くようなことは継続しながらも、
注意深くボクの出来ることを本当に必要とする人との出会いを待っていました。

世の中にはどんどん進めちゃっても良いこともありますが、
じっくり待たなければ掴めないものもあります。

地味だけどそんな姿を見せてゆくのも、
2011年3月11日以降に必要とされるマインドであるはず。

そして、そう出来るためには、
震災前に出会った自分にとって豊かだなと思えたものの中から、
自分にとって本当に必要だと思う価値観(美しさ)を削りだし、
ポケットに突っ込んでおき、いつでも触れるようにしておく必要もありました。

そんな価値観のひとつが、
以前栃木県の那須黒磯のSHOZO COFFEE のアパレルの店で働いていた
『大橋さんという人の丁寧な仕事っぷりの記憶』であったということです。

*最近知ったけど、当時の大橋さんは働き始めのハタチそこそこ娘さんだったんだ、、
 いまだに綺麗に働く人全てがお兄さんお姉さんに見えてしまう俺っす、、

震災後にその店を退職された大橋さんですが、
彼女との再会には、やはりボクが大切に思っている価値観や美しさに彩られた人の存在があり、
そんな方々の顔を思い浮かべられるということは、
ボクのものづくりの大きな力になってくれています。

そんなわけで、ボクは今回ひとりで福島に向かいますが、
しかし、ボク1人だけのなにかでは無く、
これまで出会ってきた多くの方のマインドも背負って行くのだということです。

そんな意味において、
ボクには「東京でなにか素敵なことをやっている人」なんていう肩書きは必要なく、
今回の企画においては大橋さんの相談の上、特別広い余白をとったものとして準備し、
さらに現場でのコミュニケーションのもと、今必要とされているものを作ろうと思っています。

うん、答えはボクの中には無くて、
福島に暮らす人の中から見つけたいです。

そんな今回の試みは小さなものでしか無いはずです。

ただ、ボクの歩んだ小道が、後に続く人にとって気持ちの良いものであればなと。
多少の険しさはあっても心地よい。
目を転ずる余裕があれば、道端に咲く名も無き花くらいには出会える、
これから10年20年と歩いてみたいようなものであればと願っています。

そして1月20日と21日は福島の奥会津の柳津の子どもたちと
去年の11月に続いてのワークショップセッション@斎藤清美術館 シーズン2!!

11月のシーズン1は思いっきりぶっ飛びドシンとした質感のセッションだったけど、
http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=13426
今回はどうだろかね。

11月に浮上した幾人かのタレントちゃんたちと、
ガッツリ絵でコミュニケートするようなこともしたいなあ。

さらに、今一番大切に感じていること。

子ども達が本来持っている力をオトナが目撃し、
表現する子どもとのコミュニケーションを手にする。

そんなことが出来たらいいな。

しかし、そんなことは本当に必要とされているのだろうか?

こういうことも1つ1つ現場で確認しながら進めてゆくつもり。

たとえば19日の「ヒトト」でのワークショップも、
春に子どもたちとワークショップを開催する以前で、
関わるみんなでなぜそういうことが必要なのか、
そして、そういう現場ではどんなコミュニケーションが必要なのか、
そんなことを事前に確認しあう現場を持つという裏テーマもあるわけです。

こちら、参加も見学もウエルカム。
雪の深い時期で大変かもだけど、ここはひとつエイっと柳津まで足を運んでみてくださいね〜

いや、雪深いからこそ出会える日本の原風景なんてものも魅力です、柳津。

*斎藤清美術館
https://www.town.yanaizu.fukushima.jp/bijutsu/

*斎藤清美術館のイベントページ(11月の情報ですんません、、)
https://www.town.yanaizu.fukushima.jp/bijutsu/even……/workshop/

74ヶ月め

2017 年 5 月 11 日 木曜日


今日は2011年3月11日から2,253日め
6年2ヶ月
74回目の11日です。

アップした絵は、
現在熊本県葦北郡津奈木町のつなぎ美術館で開催中の展覧会に出品しているF40号の絵。

今年3月に津奈木町に行った帰りに見た
「3月21日17時37分の不知火の海」です。

去年の4月、今年の3月、展覧会開催の4月とボクはこの海に出会い、
その度その美しさに心を奪われるのですが、
今のところその視線はどうしようもなく観光客のものでしかありません。

今は『美しい熊本の風景との出会いに無垢に驚いている自分』を
面白がって筆を走らせているのだと思います。

熊本を描いた絵で構成された壁面の反対側には、
主に東北の沿岸部を描いた絵があります。

6年かけてジワリその土地に暮らす人を知っていった「東日本」

描いた絵の背景にはそんな人の暮らしや「生」が塗りこまれているはずだと、
ここ1年で描いた熊本の絵との対比の中で感じています。

熊本の南の町での展覧会の会期7月17日まで、
そこで出会う人との会話の先で、新たな視線を持って見える風景はあるかな?

ともかく答えを先回りすることなく、
1つひとつ確かめてゆこうと思っております。


つなぎ美術館での展覧会の設営から開催までの数日は、
津奈木町ととなりの水俣のホテルに滞在していました。

群馬で生まれ育ち、今は東京に暮らすボクにとって、
「水俣」を考えると必ず「病」という文字がセットになって浮上していました。

子どもの頃に白黒テレビの映像と一緒に耳にした「みなまた」という言葉。

『今ボクが生きている世界には痛みと共に生きている人がいる。』

それはどんな場所なのだろうか?

すべてがモノクロームの印象のまま「水俣病」の街を想像し続けて、
やっと、
やっとそこに立つことができました。


市街地から走ってゆくと、件の工場の敷地の広さを実感します。

その先でささやかなスケールの漁港に出会います。

丸島港

漁業が盛んであったであろう頃の残像を、
漁港を囲む街並みから感じながらも、
ただただ思うのは「いいところだなあ〜」ということ。


不知火からの海はどこまでも穏やかで、
すれ違う人はそんな海のリズムを纏っているのでしょう、
その姿をとても優雅なものに感じました。

そしてなにより、
もちろん水俣はモノクロームではなく、
豊かな色彩に彩られた場所だったという感動。

そんなの「当たり前」なのですが、
人の意識のほとんどは思い込みに支配されてしまっているんだということ、
あらためて確認しました。

そして、
先日行った岩手県宮古市の田老の漁港を思い返してもみました。

田老も丸島とで漁港としてのスケール感が重なります。

そこに多くの共通する美しさを感じながらも、
田老から失われてしまったものを丸島に見つけようとしたり、
水俣で起きたことがなんであったのか?
田老でお話をうかがった漁師のおっちゃんの言葉の寂しさを重ねて想像したり。

もちろん、なにかを分かるはずは無く、
分かったようなことも言えるはずなく、
そのどこまでものどかな風景に甘えさせてもらっただけの時間、
だったはず。

そんな風景との出会いがうれしくて、
結局つなぎ美術館まで13kmくらいを走ってしまったのですが、
その途中、水俣川で行われていた高校生のカナディアンカヤックの競技会が、
やはりどうにもエレガントに見えてね〜。

豊かさってなんだろう?

これまで何度も何度も繰り返して考えてきたことをあらためて考え、
それはその時設営中の展覧会のレイアウトに少なからずの影響を与えたはずです。

ボクは今回の水俣や津奈木に滞在中、
その直前にあった政府の復興相の東日本大震災に関する発言、
「また社会資本等の毀損も、いろんな勘定の仕方がございますが、25兆円という数字もあります。これはまだ東北でですね、あっちの方だったから良かった。これがもっと首都圏に近かったりすると、莫大なですね、甚大な被害があったというふうに思っております」
についても考え続けていました。

東北の太平洋沿岸部を巡ってきた自分。

東日本の東京に暮らす自分。

熊本県水俣市から津奈木町を往復して展覧会を作っている自分。

それぞれの自分が何を思うのか?
それぞれの自分で想像力の足りていないところは無いか?


昼間にカナディアンカヤックが滑り抜けていた水俣川は、
展覧会の設営の終えた夕暮れ時にはその姿もまったく変えていました。


沈みゆく夕日が演出する光の変化の中で、
数え切れぬほどの色彩を発見させてくれる風景。

その色彩の1つひとつを「何色」と語る語彙力を持たぬボクは、
バスを飛び降り、
ただ「わーー」と心で叫びながら水俣川の堤防を走ってゆきます。


夕闇迫る中、高校生のグループがカヌーを漕ぎだします。

不知火の海に穏やかに注ぐ水俣川。

カヌーの波紋は水面に現れると、
粘土に指で筋を入れたように、しばらくその姿を崩すことなく連なり、
さらなる色彩を魅せてくれた後、徐々に解けるようにして海に交わってゆきます。

ボクはこんな「質」の水に出会ったのは初めてだけど、
たとえば、気仙沼唐桑の入り江の奥の鮪立や小鯖なんて場所の海でも、
波の穏やかな時はこんな粘性の高い水に出会うことはあるのだろうか?

熊本で出会うタンポポの花は白いです。

西日本で未だ生息している日本の在来種だそうで、
「黄色はタンポポ」で育ってきたボクにはとても新鮮に、
しかし、出会ったこと無いくせに懐かしく感じられる花でした。

こんなささやかな場所にも自分の無知に出会える、
無知なるが上の出会いの喜びはありますね。

そんなことを考えて、あらためて、
たとえば人の命に関わる深刻な公害があったとして、

「これはまだ水俣でですね、あっちの方だったから良かった。
これがもっと福岡に近かったりすると、莫大なですね、甚大な被害があったというふうに思っております。」

とは言えないだろう。

そんなこと言えないってわかっていても、
そんなボクこそ、実際に来るまで水俣はモノクロームの世界と認識していたわけで、

しかし、実際は想像力が追いつかないほど色彩が豊かで、
タンポポの花は白く、

つくずく想像力が働かない、
もしくは働かせないことは恐ろしいことだと思いました。

そんなことを東京の帰りまでに、
津奈木町で、熊本市内で、福岡で出会う人たちと話してみると、

九州の人にとっては「東北」は「FUKUSHAM」であることが多く、
それは
ボクが「水俣」と「病」をセットで考えていたことと重なり、

しかし今のボクは、
「東北」は「岩手県宮古市鍬ヶ崎」だったり「宮城県気仙沼市唐桑町鮪立」だったり
「福島県いわきし豊間」だったりがある場所であり、

「水俣」には「丸島」があって「水俣川河口」があって、
そこから8km走ってゆくと津奈木町で、
そこから坂を登ったり降りたりしてゆくと「赤碕」という場所がある。

そんな自分は「TOKYO」に暮らしているという以上に、
「東京都渋谷区の代々木あたりで、街のみなさんと声かけながら生きている」であるなと。

そのことを必死に伝えるボクです。

そうすると九州の友人はこう続けます。

「東北でよかった」とかじゃ無いよね、
「なんでそこに原発があり、なんでそこにチッソって会社の工場があるのか?」

東京という大都会に含まれて生きるボクが常に考えて置かなければいけないこと。
ボクは良い友人に恵まれています。

1997年に水俣湾は安全宣言がなされ、漁が再開されたそうです。

「奇病」と呼ばれるものが発生し、
しばらく経った1956年に水俣病が水俣市から公式発表され今日まで、
どれだけの尽力が重ねられてあのボクの出会った美しい海が帰ってきたのか。

水俣や津奈木町の方とお話すると、
みなさん「ここはいいところだよ〜」と語ってくれます。

ボクのようなものが「東北でよかった」なんて言葉を振り回してはいけないな。

たとえば、福島県双葉郡大熊町に生まれ育った人が、
たとえば、宮城県気仙沼唐桑町鮪立に生きる人が、
「ここはいいところだよ〜」と心から言える日が来ることを願い、

しかし自分は自分の無力を日々確かめ、足りない想像力を働かせ続け、
小さなものを創り続けてゆきます。


水俣の沿岸部を歩いていたら、
草に覆われた丘に見えたところが
実はそこそこ高さのある古い防潮堤でした。

なるほど、こんな巨大な建造物も、
時と共にこんなにも風景に馴染んでしまうんだ。

そしてもう一度、
岩手の田老の漁港のことを考えてみたけれど、

やはりまったく想像力が追いつてゆかない。

個展「東日本」青山-横浜の会期を終えました。

2017 年 2 月 7 日 火曜日


横浜仲町台 YUI GARDEN での個展「東日本」の巡回
3月4日立春の日、10日間の会期を無事に終えることができました。

足を運んでくださったみなさま、
ありがとうございました。

会場で流していた映像「立春より」は、
去年の立春の日から4月14日の熊本地震までの毎日で続けて、
言葉と絵の往復書簡で作ったもの。

1年後の立春の人に展覧会のひとつの区切りを得たこと、
不思議な縁を感じています。

最後のお客様は、昔からの友人からトランペットを習っているという方。

じっくり作品と向き合ってくださり、
絵について3つ4つと質問してくださったのですが、
イラストレーションやデザインの現場とは違った発想の質問は、
ボクにとって刺激的なもので、
あらためて自分の描いたものの意味を知ることに繋がりました。

足を運んでくださった多くの方が、
「気持ち良い空間だった」との言葉を残してくれた横浜での展覧会。

展示設営の際、美しく心地よい空間創りを一番に考えるボクにとって、
YUI GARDEN での開催3度目にして、
「ここに来ることが楽しみ」と言ってくださる方が少なからずいらっしゃったこと、
とても嬉しく感じております。

青山yuiと横浜仲町台YUI GARDENとで1セットになった展覧会の1ヶ月は、
ちょっと長い旅を経験したような気持ちになります。

ボクは家とギャラリーを往復し、現場に立ってるだけなのですが、
それでも旅をした気持ちになるのは、
ボクにとって旅とは人と出会い人を巡ることであるのでしょう。

灯台のようにそこに立っているだけでも、
足を運んでくださる方が多くをもたらしてくださる展覧会。

誰彼拒まず扉を開いているギャラリーという場所、
そこを風通しの良い会話の空間としておく限り、
ボクたちはひとつの絵の前で多くを語りあえることが出来る。

絵が主役なのではなく、
その前に立つ人、そこで交わされる会話こそがボクの展覧会の主役であると、
今回の横浜の時で確認しました。

あるお客様が絵本「とうだい」を3冊購入くださり、
そのうち1冊はその方から手渡されたハンカチの絵を描いた女の子のお父さんに届けるとうかがいました。

絵本「とうだい」の参考にした灯台のある土地で、
東日本大震災の津波被害に遭い、10歳で人生を終えざるを得なかった女の子

彼女の夢は「デザイナーになること」だったそうで、
それを知ったプロのデザイナーさんが彼女の絵を使い企画し製作したハンカチ。

「とうだい」を届けられたお父様はなにを思われるのか、
ボクは想像することは出来ないでいます。

ただ、ハンカチをボクに届けてくださった方も、
そうすることでなんらかの救いを手にされるんじゃないか?

ボクも、それは今のタイミングではないけれど、
いつかこうしたことの先に救いを手にするんだろう。

我々は「被災者」と呼ばれることのない者ですが、
我々の間にも救いの種を蒔き、丁寧に育ててゆくことで、
人ひとりを救えるようなことに繋がらないだろうか。

焦ることなく確かにやって行かなきゃだし、
描く絵もさらに鍛えてゆかねばならないと思いました。

青山での展覧会に比べると、
より考える時間を手にできた横浜での時。

会期中に5度も足を運んでくださった高校生の女の子がいました。

他のお客様がいなくなった際じっくりお話をうかがい、
「将来」や「表現」なんてものについてちょっと偉そうに語ってしまったり、、

でもそういうことだよな〜。

普段ならちょっと恥ずかしいような話でも、
絵の前だったら出来ちゃうし、
そうすることで彼女の未来が彼女の望むものにちょっとでも近けたら、
ボクが「被災地」と呼ばれる場所を歩き絵を描いた意味はあったなと。

そういうことが「復興」のひとつであればと願いながらも、
答えはずっと先でいいから、ともかく続けてゆこう。

そんなやはり普段なら恥ずかしいような話を、
30年ぶりくらいに再会したトランペットを吹く兄さんと、
かなりテレながらも話すことができました。

ということにおいても、
絵を描いてきてよかったなあ〜

下神くん、
おたがい変にシャイで、本格的に変だけど、
これからもおたがい頑張ろう!

この展覧会は、前回2015年の「東日本」の作品を交え、
2月18日から3月5日まで大阪池田のラルゴに巡回します。
http://ameblo.jp/artspace-largo/entry-12239019447.html

次の現場もあらゆる人に開かれた風通しの良い現場になりますよう、
やはり美しく心地よい空間を創ってみます。