‘花’ タグのついている投稿

神戸での展覧会に参加

2020 年 1 月 30 日 木曜日


昨年神戸に生まれたスペース”BIOME”での展覧会に参加。
花の絵2点と風景画1点、
神戸にインスパイアされた絵1点の4点を送りました。

19人合同展「たからものforおくりもの」
2/1(土)〜2/11(火) ​(休:水曜)
12時〜18時 *最終日~15:00まで

=参加作家=
・イラストレーション:岩瀬ゆか、尾崎仁美 、小池アミイゴ、
 こうのかなえ、寺田マユミ、坂内拓、藤井紗和、船津真琴
・版画:尾崎カズミ、正一
・切り絵:いわたまいこ
・磁器:種田真紀
・漆:八尾さつき、山口浩美
・ガラス:有永浩太、杉山利恵
・陶器:坂口健、中里花子、脇山さとみ

展覧会詳細> https://www.biome-kobe.com

BIOME(バイオーム)
〒650−0011
神戸市中央区下山手通5−7−15 グローリー山手ビル101
090−3945−2040
mail : artroom@biome-kobe.com

++

神戸は好きで何度も足を運んでいて、
ではこの街でどんな展覧会を開いたら良いのか?
なかなかフォーカスを絞りづらい街という印象でいます。

ともかく上質なものである必要はあるはず。
でもツンとすました表情のものは違うよな〜〜、
などなど。。

今回グループ展参加のお話をいただいた際、
テーマである「たからもの」「おくりもの」というワードに対し、
ボクの場合それはすべて人との出会いを表すワードだろうと。

「はじめまして」の神戸の方々と1枚の絵でどんな会話が出来るか?
まずは以前描いたシロツメクサの絵を描きなおすことから始めてみました。

東日本大震災直後、岩手県の平泉で見たシロツメクサの群生。
勢いに任せて描いた絵だったけど、
あれから9年の今、阪神淡路から25年の時が交差する地点で、
ボクがシロツメクサになにを見たのかがやっとわかってきたなあと、
過去に描いた絵から余計なものを削り落とすような絵の具の重ねをしてみました。

今回残念ながら神戸に行くことが出来ず、
1枚の絵を挟んであれやこれや語り合うことも出来ず、
しかし、
その分ユックリ絵を楽しんでいただけたら幸いに存じます。

そして、
神戸に生まれた新しき場所が神戸に愛される場所に育ちますよう、
皆様の美しきお気持ちを注いで頂けたらと願っております。

そのへんに咲いた

2019 年 12 月 31 日 火曜日


今年で5回目の開催となった年末の花の絵の展覧会「小池花店」
成城学園前のcafe Quo Vadis でハラリ会期を終えました。

年の瀬のとんでもない時期にお運びくださりました皆様、
ありがとうございました。


年の瀬のとんでもない時期に、
小さなカフェという限られた場所で開催する、
その辺に咲いているなんちゃない花の絵の展覧会です。

この時期だからこそ、心静かな時を求め足を運ばれる方も少なからずおられたり、
小さなお子さん連れでも安心して来て頂けるよう、
大声で皆さまをお誘いするようなことの出来ない難しさがあります。

ご案内のほとんどは直接お会いした方へ手渡ししてまいりましたので、
連絡不行き届きにて失礼をしてしまった方ばかりであったこと、
お詫びいたします。


会期を通しご来場くださった方とは、花の絵を見ていただく以上に、
なんちゃない花の絵の前であるからこそ穏やかな言葉でお話しが出来た。
花を描くことの意味はそんなことなんだろうと思います。

最終日は故郷群馬より先輩女子3名が駆けつけてくださり、
年に一度のファンミーティングで会うことの出来る郷ひろみさんの、
ウエストの細さにプロとしての素晴らしさを感じたことなど伺いました。

みんな生きていれば色んなことがあるよね。

それにしたって今の世の中、なんだか生きづらいよなあ〜。

年の瀬のとんでもない時期だし、
しみったれた花の絵ばかりだけれど、
来年も心穏やかに思うことを語りあえる場所を用意しお待ちしてますねー。

平岡さんはじめ現場を作り育ててくださったみなさん、
ありがとう。
おつかれさま。
また来年。


この絵は台湾の三湾という街で見たハイビスカスの花。
多くの出会いと頂いた情に対しなにができるのか、考えていてもわからないから、
朝早く1人で走って行ってみたら、とても良い顔して咲いていました。

台湾から帰ってしばらくすると四国から訃報が届く。
ボクよりずっと若い人だったけど、
そういえばこんな花のような人だったなと思い、
描いたものです。

世界の変化に更新させてゆかねばならないこともありますが、
変わらずやらねばならない事が、
さらに自分というものを確かなものにしてゆく2020であれば良いなと考えています。

みなさんにとって2020が実り多く、また心安らかなるものでありますよう、
お祈りしております。

アミイゴ
2019
to
2020
PEACE!!

花の絵の展覧会「小池花店」2019

2019 年 12 月 10 日 火曜日


毎年恒例となりました年末の展覧会です。

成城の柔らかな光の注ぐカフェで、今年一年を振り返ったり、未来を想像したり、
ホッと一息の時間をお過ごしくださいませ。

小池アミイゴ花の絵の展覧会「小池花店」
12月17日(火)~12月29日(日)
cafe Quo Vadis 13:00-19:00
*月曜休み
157-0066 東京都世田谷区成城2−38−16
map> https://goo.gl/maps/dKkabxaNzQSTNDev9
電話:03-6874-7739
*クオバディスの飲み物やスイーツ、軽食と共にお楽しみ下さいませ。


今年のDMに選んだ花の絵は、
台湾の龍潭の福源茶廠の茶畑で見た黄色い花。

無農薬の茶畑の雑草は手で刈られるのだけど、
こんな外来種の花が刈られることなく残されていることに
小さな感動を覚えました。

そんなお茶屋さんのペットボトルお茶、
めちゃくちゃ美味しかったよ〜〜〜

福源茶廠
https://travel.tycg.gov.tw/ja/travel/attraction/1277

小池amigos花畫展“小池花店”
在Seijo柔和的燈光咖啡館裡,回顧過去,想像未來,
請花點時間。

我為今年的DM選擇的花朵圖片
在茶園看見的一朵黃色花在龍潭,台灣。

FANTASTIC DAYS 2019

2019 年 12 月 10 日 火曜日


神宮前のタンバリンギャラリーで開催の107名がタンバリンに絵を描いた展覧会
“FANTASTIC DAYS 2019″に参加します。
http://tambourin-gallery.com/tg/2019/12/fantastic-……-2019.html

TAMBOURIN GALLERY Final Presents
FANTASTIC DAYS 2019
2019年12月10日(火)〜12月22日(日)
11:00~19:00(12月16日月曜休廊)

今回で10回目の開催となるFANTASTIC DAYS。
タンバリンギャラリーはこの企画を最後に運営もギャラリー名も変わります。

2010年6月、永井宏さんによってスタートしたギャラリーは、
この界隈に群雄割拠でひしめくグラフィック系ギャラリーとは一線を画した
風通しの良さを感じさせてくれる場所でした。

それは永井さんのロマンティシズムが空間の隅々にまで感じられるってことなのかな。

いつかここでなにかやれたらいいななんて思っていると、
2011年3月11日があり、
永井さんは闘病の果てに旅立たれ、
*永井さんのこと> http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=10079

ボクは足元の雑草をたどって東北を目指し、
そろそろ10年。

結局個展という形でお世話になることは無かったけれど、
このギャラリーに榎本マリコさんを紹介出来たこと、
やまぐちめぐみ没後の展覧会のお手伝いを出来たことは、よかったなと思えています。
*やまぐちめぐみ「めぐみめぐる」> http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=11760
*やまぐちめぐみ「めぐみめぐって」> http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=11794

そもそも、2015年の初夏に生前のやまぐちめぐみの展覧会をここで見ることが出来たのは、
ボクの心の財産として今も確かに生きていることです。

そんな展覧会にスタッフの皆さんが確かな愛を注いでいることが壁面から感じられる、
やはり嬉しい場所なのです。
*やまぐちめぐみ2015年5月の展覧会> http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=11511

2016年6月からの運営は自身も作家である若い二宮佐和子さんが継いでこられたけれど、
そうしたことも含め、永井さんの魂が呼吸しているように感じていました。

今回のタンバリンには、初めてこの企画に参加した時と同じくタンポポの花を描いてみました。

名付けて「たんぽぽりん」

永井さんのこと、やまぐちめぐみのことなど、ここで出会ったことを振り返っていたら、
やはりこんなモチーフしか思いつかず、

ただ、初回は何時間もかけて描いたタンポポが、
*初回> http://www.yakuin-records.com/amigos/?p=5142

今回は20分ほどで描けてしまいましたよ、永井さん。

TAMBOURIN GALLERY Final Presents
FANTASTIC DAYS 2019
2019年12月10日(火)〜12月22日(日)
11:00~19:00(12月16日月曜休廊)

99ヶ月め

2019 年 6 月 11 日 火曜日

今日は2011年3月11日から3,014日
430週と4日
8年3ヶ月
99回めの11日です。

あの日から100ヶ月という時の前後で、
宮城県塩釜へ、岩手県岩手町へ、夏が終わったころには福島へと、
子どもたちと一緒に絵を描いたり、オトナとの気づきの時間を作りに行きます。

目指すのは、今触れ合う子どもたちの10年後、20年後、
彼らが自分の力や判断でもって生きられるようにすること。

それに気づかせてくれたのは、
やはり東日本での人との出会いであり、

それを実行するためには、
やはり人との確かなコミュニケーションが必要で、

インスタントに出来てしまうことは何も無いという実感の、
あれから99ヶ月めの今日です。

そして、
ここ数日はコスモスの花の絵を描いていました。

5月末に川崎の登戸で痛ましくも悲しい事件が起きました。

通り魔に襲われ失われた命、
傷つけられた幼き身体と心、

その事実を前に語れることは無く、
ただこうしたことが二度と起きなくなる世の中にしなくっちゃって、
自分が無責任な場所にいる者と自覚しながらも、
犠牲になってしまった命に報いる道を考えています。

こうした発想の背景には、
やはり東日本の各地で出会ってきた人の姿なり言葉なりから学んだことがあります。

未曾有と呼ばれた悲劇を目に前にし、しばし立ち尽くすも、
やはりそこから学び、より良きものを創造してゆかねばならないのは、
生きている自分の責任だと考えます。

そして、
刃物を振るった男の狂気の力を、人を救う力に変えられなかったのかと、
無力感に潰されながらも考えています。

そうした考えを綺麗事と思われる人もいるでしょう。

が!
たとえばボクが生業としているイラストレーションなんていう表現なり仕事が、
世の中の孤立ってものにちゃんと向き合ったことがあったのだろうか?
なんて思ってしまうのです。

たとえば、
登戸で多くの方が犠牲になった通りの風景は、
今日本の町の至る所で見られる「似たり寄ったりの殺風景な風景」です。

それは「人が興味を持たなくなってしまっている風景」ということでもあるはずです。
(実際にその地に暮らし、愛を持って街に人に向き合う人も必ずいるはずですが)

日々のルーティーンに機能的に答えるだけの町の風景は、
孤立しまっている男に「どうなってしまってもいいや」と思わせてしまう風景なんだと思いました。

この事件のあった次の日から数日、
息子の通う小学校の登校時間の見守りをしてみました。

普段暮らしていてとても愛しく感じる街ですが、
昨日の今日の視線で歩いてみると、
エアポケットに落ちたような感覚で出会う無造作な風景を目にすることがありました。

それは社会の合理主義で進められた開発の中で、
見捨てられたようにして存在する場所。

自分が自分勝手な理由で犯罪を犯すとしたら、
ここなら「どうなってもいいや」と思えてしまうんだろう。
そんな恐怖を宿す場所というのは確かにあります。

ではどうしたらいいのだろうか?

ボクは絵を描く仕事をしていますから、
「どうなってもいいや」の場所をいかに良い方に変えるのか、
どんな絵がここにあったら良いのだろうかって考え始めています。

答えはすぐに見つかるものでは無く、
とりあえず見送る子どもたちやすれ違う親御さんたちに
「おはよう」と声をかけることから始めています。

今までもそうやってきたつもりだけど、
もっと確かな意思を持ってやらねばです。

そして、
これから作るものはドヤ顔のなにか立派な物では無く、
より1人ひとりの存在に想像力を働かせたものにしてゆこうと考えています。

登戸の風景を見て、ボクは東日本の被災地と呼ばれている場所のいくつかの風景を思いました。

復興に向かう中、のっぺらぼうな表情を見せてしまっている街の景色。

いつも口にすることですが、
絵やイラストレーションに出来ることってこれからが本番。

それがそろそろ本気で急がなくちゃって感じになっているはず。

日本中で画一化された、もしくは、日本中で同様に寂れてゆく街の風景の中で、
ボクはひとりの存在と寄り添い、願わくばホッとひと息つけるようなものを作り、
それを必要とされる場所に置いてゆきたいと思っています。

それは雑誌の中の小さなカットを描く時でも、
ネット上の小さな画像ひとつでも、
働かせる想像力は同じでありたいです。