‘装幀画’ タグのついている投稿

熊本県のつなぎ美術館で展覧会開催 4/29~7/17

2017 年 4 月 17 日 月曜日


人生初の美術館での展覧会です。

東日本から熊本へ 3月11日から始めたこと 小池アミイゴ展
2017年4月29日(土・祝) – 7月17日(月・祝)
水曜日休館日
熊本県津奈木町“つなぎ美術館”

入場料:一般300円、高・大生200円、小・中生100円
開館時間:10:00 ~ 17:00 (入館は16時30分まで)

=つなぎ美術館=
熊本県芦北郡津奈木町大字岩城494
電話:0966-61-2222
http://www.town.tsunagi.lg.jp/Museum/

東日本大震災の発生した2011年3月11日から考えてきたことは、
風景や花の絵、人の暮らしを描いたドローイング、
絵本「とうだい」の原画などに昇華しました。

今回はこれまで描いてきた作品や絵本の原画、
ドローイングによる映像作など、50点以上を展示いたします。

ボクが3月11日からはじめたこと、そのすべてを語れるわけではありませんが、
風通しの良い絵の空間を創ってお待ちしておりますので、
みなさまぜひ「1枚の絵があるからこその生まれる会話の現場」として、
つなぎ美術館を楽しんでいただけたら幸いに存じます。

アーティストトーク
「ボクが3月11日から始めたこと」

4月29日(土・祝) 13時30分~14時30分
つなぎ美術館1階展示室
定員:50名(事前申し込み不要)

ワークショップ
「小池アミイゴのだれでも絵が描けるワークショップ」

6月11日(日曜日) 13時30分~15時30分
会場:つなぎ美術館アトリエ
対象:小学生以上(小学生低学年は保護者同伴)
定員:10名(要事前申し込み・先着順)
参加費:無料

昨年発刊された”つなぎ美術館のアートプロジェクト”
「赤崎水曜日郵便局」のアートワークを担当したのがきっかけで、
今回のつなぎ美術館での展覧会のご縁が生まれました。

イラストレーターが美術館の壁面50メートルと格闘することは、
なかなか稀な出来事だったりします。

アップした写真は先日つなぎ美術館で撮影したもので、
壁面にかけられている絵はみんな100号くらいあるし、
そもそも壁面がこの倍くらいあるのです、、

そんなわけで、ものすごいプレッシャーを感じつつも、
昨年4月に初めてつなぎ美術館に行った直後に起きた熊本の震災のこと、
足繁く通っている東日本の各地のことなどを思うと、
この端正な空間で自分を表現することの責任や気持ちの高ぶりを
ありがたいこととして受け止めています。

ボクを知るほとんどの方にとっては、
熊本の津奈木町のつなぎ美術館は「わざわざ」あしを運ぶ場所なはずです。

ならばぜひ、つなぎ美術館でのボクの作品に触れていただくだけでなく、
自然豊かな津奈木町だったり、おだやかな不知火の海だったりを楽しまれてください。

もし、東日本の被災地なんて呼ばれているところを歩いた人であれば、
津奈木の漁港だったり水俣湾だったりも歩いてみて、
なにが失われ、なにが生き残り、ボクたちはなにを育ててゆけば良いのか?
そんな思いを巡らせていただけたらなあ、なんて思っています。

ともかくのどかで美しい場所です、熊本の津奈木町。

今年の初夏は熊本の南、津奈木町まで足を伸ばしてみてください。
不知火の海の自然の豊かさに抱かれた土地で、
ボクは2011年3月11日から始めたことを思いっきり表現しています。

「小さな赤いめんどり」

2017 年 2 月 28 日 火曜日


アリソン・アトリー原作の児童文学の傑作「小さな赤いめんどり」
こぐま社の”こぐまのどんどんぶんこ”シリーズの1冊として刊行されます。

アリソン・アトリー 作, 神宮輝夫 訳, 小池アミイゴ 絵
80ページ:214×152mm / 定価 1,296円(本体 1,200円)
小学校1,2年生から
ISBN 978-4-7721-9064-0
http://www.kogumasha.co.jp/product/568/

ボクは表紙とすべてのページでの挿絵を描いています。
情熱的な編集とデザインをいただき素晴らしい「本」になりました!

この『こどもの手に気持ちよく収まる一冊』を手にされ、
楽しくページをめくっていただけたら幸いであります。

作画の依頼を受けたのが去年の夏の始まるころ。

児童書のベテラン編集の方から「参考までに」と見せてもらった、
やはり神宮輝夫先生訳の1969年に刊行の「小さな赤いめんどり」

表紙と挿絵は油野誠一さんがご担当されていたのだけれど、
やはりそれが素晴らしすぎて、少なからずのプレッシャーを感じつつも、
今の時代に必要とされるものを考えなければと思いました。

さらには、
今の時代の中で「児童文学」の置かれた厳しい現状についても伺いました。

まず、子どもが「児童文学」というジャンルの本を読まなくなった。
(ゲームやアニメ、スマホなんてものの影響も少なからずありますが)

なので、本屋さんから児童文学のコーナーが失われてゆく。

その状況が続いてきた中、目利きのオトナも失われつつある。

児童文学は基本オトナが子どもに与えるものですが、
オトナが「分かる」本を選ぶ傾向になってしまっている。

もうちょっと言えば、
少子化の中、子育ての大変さにフォーカスされた、
親御さんが「共感」する本がチョイスされる傾向がある。

そうなると子どもの本はますます「赤ちゃん絵本」に特化され、
子どもの想像力を信じた余白のある本は片隅に追いやられ、
たとえば大きな商業施設の本屋さんの子供向けのコーナーは
アニメとゲームと赤ちゃん絵本で売り場を締められてしまう。

担当編集者からうかがった話に
ボクの実感を加えて言葉にするとこんな感じです。

それでも子ども達に素晴らしい児童文学に触れて育ってもらいたい!

そのために、初めて児童文学に触れる子どもでもスラスラ読めるよう、
文字の大きさや並びを考え(こくごの教科書で慣れ親しんだものに近づけたり)、
挿絵はストーリーを見失わぬよう説明的であり、
しかし、子どもも想像力に蓋をしない空気感のあるものにする。

この一冊に出合った子どもが、次の一冊に手が伸びる、
本を読む子どもに育ってもらいたい。

編集の現場の方の叫びのような心情に触れ、
ではこの名作と言われるストーリーにどんな絵を添えて行ったらいいのか?

ちょっとくらいの遠まりは恐れず、
コミュニケーションを密に絵の世界を深めてゆきました。

「小さな赤いめんどり」の主人公のおばあちゃんとめんどり、
2人は心を通じ合わせ、会話もします。

人間とニワトリがなぜ?

人間のする仕事にせっせと勤しむ”めんどり”などなど、
不思議なこと、不条理なことがたっぷり詰まったストーリーです。

こういったストーリーの細部に対して「なぜ?」と思い、
「わからない」と遠ざけてしまうのが、残念ながらオトナなのでしょう。

しかし子どもはそこを突き破り、ある意味自分勝手な想像の翼を広げ、
文章の山を飛び越えてファンタージーの世界に舞い降りることが出来るのです。

ただそこでなにを感じるのかは、
親御さんとの日々の会話の豊かさが決定づけるのではないでしょうか?

日々なにげなく目にしたり感じる美しきものを、
自身の実感から湧いた言葉として子どもと交換しておくかぎり、
名作と言われる児童文学は無言で子どもの側にあれば良く、

文学の不条理の世界の中で、お子さんは親御さんとの豊かな経験を増幅させ、
親の思惑を超えた想像力を手にするはず。

それはとても豊かなことだなあ〜

などということを、
実は絵本「とうだい」の制作から「小さな赤いめんどり」の作画作業を通して手にしてきたボクです。

今の時代を生きる子どもが興味を持ってスラスラ読めるよう、
イラストレーターとして培ってきたアイデアを結集させ、

しかし、子どもたちの想像の余白をなるべく広く確保した、
ちょっとやそっとではヘタらない世界を描けた自慢の挿絵です。

なにより、
作画終わった後の編集からデザインの作業、
そして翻訳者である神宮輝夫さんまでが細部をカスタマイズして下さり、
今の時代から未来に向けてベストな本にして下さったこと、
この仕事に関わり誇りに思っております。

で、めんどりさん、
過去に色んな国で絵本にされてきましたが、
きっとボクが一番スタイル良く描いたはず。

赤じゃなくピンクだしね!

うん、長く可愛がってもらいたい「小さな赤いめんどり」なのです。

サイコーのあいつとロックレボリューション

2016 年 3 月 10 日 木曜日

サイコーのあいつと表1_585
サイコーにイキのいい青春小説の装丁画を描きました!
牧野節子さんがペンでROCKした「サイコーのあいつとロックレボリューション」
本日発刊です!

サイコーのあいつとロックレボリューション
国土社刊:牧野節子 作/小池アミイゴ 装画・イラスト
四六判160ページ:定価1,404円 (本体1,300円+税)
小学校高学年~中学生
978-4-337-18758-0
http://www.kokudosha.co.jp/search/info.php?isbn=97……4337187580

ロックバンドでメジャーデビューをねらうビートルズを愛する暁くん。
ある日、最上のボーカリストで楽器のテクも抜群の光くんと出会い、
しかし、それによってバンド内がゴタゴタしたり、家族の問題に悩まされたり、
そもそも光くんにも秘密があってなんやかんや、、それでもボクは!

マジでキュンキュンきてしまうストーリが、
ビートルズの名曲と並走して進んでゆきます。

牧野節子さんはボクより先輩世代の方。
ビートルズのデビューから来日の興奮を肌で感じた人ならではの筆致で、
青春のうずきも輝きもツイスト&シャウトさせてしまっています。

もちろんティーンズのみんなに読んでもらいたけれど、
ROCKがまだロックンロールであった時代を知る「アナタ」にも読んでもらいたい一冊です。

サイコーのトビラ049
去年の4月にオファーいただいたこの仕事のきっかけは、
国土社の編集Iさんがボクの絵を「東日本」の展覧会で知ってくれたこと。

震災後の東北を歩き美しい風景を採集して描いた絵。

それを10代の子たちに向けた小説の表紙に採用するという意味を
真摯な言葉でお伝えくださった上で、
この小説をどんなものにしてゆくのか、考えの交換を繰り返しました。

実は「サイコーのあいつとロックレボリューション」というタイトルの
言葉の響きや文字の並びの見え方は、ボクのアイデアだったりします。

そうした先で、ストーリーの舞台と想定されている5月の横浜を取材。
山下公園付近で出会った男の子の後ろ姿など、装丁画に反映させました。

そして夏に出版!

のはずが、
ちょっと紆余曲折あって発刊延期。

去年の夏のものすごい暑い日、
Iさんがわざわざ近所まで足を運んでくださり、
お詫びの言葉を届けてくれました。

そのどうにも残念そうな姿が切なくてね、、
無事の刊行を心待ちにしていた1冊であります。

サイコーのあいつと表4_585
で、半年以上を待ち、やっと発刊!!

それに合わせて先日牧野さんとIさんにお会いする機会を得ましたが、
ほんとみなさん晴れ晴れしくROCKなお顔だったなあ〜。

そんな先輩おふたりの姿が、
まるまるこの小説の主人公の姿に重なった仕事。

うん、
みなさん、これ読んで元気のROCKし続けていってくださいね〜!
PEACE!!

「マラソン完走マニュアル 2015-16」

2015 年 9 月 25 日 金曜日

完走マニュアル2015-16_585
街を真新しいランニングウエアで駆ける人がにわかに増えてます。

9月半ばの週末の東京。
今年もTOKYOマラソンの抽選結果が出ましたね!

今年は個展の準備やらなんやらで
申し込みをまったく忘れていたし、
そもそも走る時間をほとんど作れないでいたボクですが、

ベースボールマガジン社の「マラソン完走マニュアル」
今年も表紙のビジュアルを担当しました。

ランニングマガジン「クリール」で
イラストレーションの仕事をするようになって10年ちょっと。

市民レースに参加するようになって6年。

「その辺の人が走る」というテーマ
やっと「絵」に出来るようになったかもです。

TOKYOマラソンに当選された方はもちろん、
レースの目的は「笑顔でフィニッシュ」
そんな方にこそ読んでもらいたい1冊。

「マラソン完走マニュアル」税込1550円
http://bookcart.sportsclick.jp/bbmshop01/7.1/BBM0681196/

この一冊で笑顔でフィニッシュしちまいましょうー!

ちなみに、
本誌中面でも絵を数点描いています。

たとえば、
『レースは実力に見合った距離のものを選んでエントリーしましょう』
みたいなテーマに対して、

『フルマラソンや長い距離はまだ無理だと思い、短い距離のレースを選んだら』
みたいな。
クリールビギナーG_H のコピー

ではみなさん、
どこかの路上で〜!!

A.C.P.C. navi

2014 年 11 月 2 日 日曜日

プリント
A.C.P.C (コンサートプロモ〜ション協会)の会報誌
季刊の「A.C.P.C. navi」の表紙を担当して2年

これまでに8作製作してきましたが、
ひとつの世界観が生まれてきたように思っています。
*作品はこちら↓にまとめてあります。
http://www.tis-home.com/amigos-koike/works/121

毎回音楽のコンサートにまつわるキーワードをいただき
それをビジュアル化してゆくのですが、

音楽にまつわることなので、
見る人のイマジネーションを限定し過ぎないよう、
また特定のアーティストの色が出てしまわないよう、
それこそ音楽を奏でるような感性を働かせて描いています。

8作目の今回は「フェスでの飲食ブース」

フェスでは主役である音楽に拮抗するくらい重要な飲食ブース。
多くの友人がこの分野で活躍しているので、
それをそのまま描けばいいじゃんと、
それを利用する人たちも、
普段接している人たちのエッセンスを生かして描きました。

ただ、変に説明的にならぬよう、
A4の仕上がりサイズに対して原画は400パーセントくらいのデカイ画面に、
下描きはせず、フリーハンドの水彩で描いてみました。

ACPC_COFFEE585

絵として弱いところもあるんだけれど、
時代の今は描けているかなと。

最近同時代性のあるファッションや風俗を描く人が
少なくなってしまった印象があって、
いやいや、これならオレがガツッと描いていってみようかなと、
「身近なオシャレさんを撮るためレンズ」を購入、
デジカメによる資料作成を始めています。

なんか時代の息苦しさがさらに進んでいるなあ〜と感じる今、
もっとノビノビとした絵を社会に提供してゆかねばです。

イラストレーションの仕事は、ますます人と会わず、
作品の受け渡しもデーターをメールで送信が当たり前なんて中、
バカみたいにデカイサイズで原画を製作できるってことに
ちょっと快感を感じています。

これはひとつ前の表紙。
プリント

建て替えが決まっている国立競技場に
たっぷりの偏愛を注いで描きました。

これも原画は400パーセントくらいのデカさ。
さらに板にアクリル絵の具で描くというアナログなもの。

描くまでのコミュニケーションや
締め切りを守るなんてことをしっかりやっている限り、
狂気とかユーモアとか生かした絵を提供したい仕事。

来季も続くといいなあ〜