‘阪神淡路大震災’ タグのついている投稿

神戸での展覧会に参加

2020 年 1 月 30 日 木曜日


昨年神戸に生まれたスペース”BIOME”での展覧会に参加。
花の絵2点と風景画1点、
神戸にインスパイアされた絵1点の4点を送りました。

19人合同展「たからものforおくりもの」
2/1(土)〜2/11(火) ​(休:水曜)
12時〜18時 *最終日~15:00まで

=参加作家=
・イラストレーション:岩瀬ゆか、尾崎仁美 、小池アミイゴ、
 こうのかなえ、寺田マユミ、坂内拓、藤井紗和、船津真琴
・版画:尾崎カズミ、正一
・切り絵:いわたまいこ
・磁器:種田真紀
・漆:八尾さつき、山口浩美
・ガラス:有永浩太、杉山利恵
・陶器:坂口健、中里花子、脇山さとみ

展覧会詳細> https://www.biome-kobe.com

BIOME(バイオーム)
〒650−0011
神戸市中央区下山手通5−7−15 グローリー山手ビル101
090−3945−2040
mail : artroom@biome-kobe.com

++

神戸は好きで何度も足を運んでいて、
ではこの街でどんな展覧会を開いたら良いのか?
なかなかフォーカスを絞りづらい街という印象でいます。

ともかく上質なものである必要はあるはず。
でもツンとすました表情のものは違うよな〜〜、
などなど。。

今回グループ展参加のお話をいただいた際、
テーマである「たからもの」「おくりもの」というワードに対し、
ボクの場合それはすべて人との出会いを表すワードだろうと。

「はじめまして」の神戸の方々と1枚の絵でどんな会話が出来るか?
まずは以前描いたシロツメクサの絵を描きなおすことから始めてみました。

東日本大震災直後、岩手県の平泉で見たシロツメクサの群生。
勢いに任せて描いた絵だったけど、
あれから9年の今、阪神淡路から25年の時が交差する地点で、
ボクがシロツメクサになにを見たのかがやっとわかってきたなあと、
過去に描いた絵から余計なものを削り落とすような絵の具の重ねをしてみました。

今回残念ながら神戸に行くことが出来ず、
1枚の絵を挟んであれやこれや語り合うことも出来ず、
しかし、
その分ユックリ絵を楽しんでいただけたら幸いに存じます。

そして、
神戸に生まれた新しき場所が神戸に愛される場所に育ちますよう、
皆様の美しきお気持ちを注いで頂けたらと願っております。