「はるのひ」原画展

2021年2月12日徳間書店より刊行される絵本『はるのひ』
ことくんが お父さんと声掛け合いながら春の野を駆ける小さな冒険物語。
その原画展を神保町の絵本専門店ブックハウスカフェ で開催します。
それにあわせて「はるのひ」をめぐる3つのイベントを用意しました。

小池アミイゴ 絵本『はるのひ』原画展
2021.2.10(水)- 3.2(火)
11:00~18:00
ブックハウスカフェ ギャラリー
入場無料、会期中無休

ブックハウスカフェ
〒101-0051
東京都千代田区 神田神保町2丁目5 北沢ビル1F
TEL:03-6261-6177
https://www.bookhousecafe.jp
都営三田線、新宿線、東京メトロ半蔵門線
神保町駅A1出口を出て右方向、徒歩1分

「はるのひ」の3つのイベント

1)はるのひオンラインギャラリー
2021.2.14 (日) 13:00~ (約60分)

『はるのひ』の原画展のようすをライブ配信します。
作者の解説とともにお楽しみください。

参加費無料、だれでも視聴できます!
ブックハウスカフェのインスタグラムにてご参加ください。
https://www.instagram.com/bookhousecafelove/

2)ギャラリートーク『はるのひ』が生まれるまで
小池アミイゴ×茅野由紀(ブックハウスカフェ店長)
2021.2.20 (土) 15:00~ (約60分)

『はるのひ』の制作秘話やこれまで制作してきた絵本について、
お客様を迎え、楽しく語ります。オンラインでの視聴も可能です。

*店舗参加:定員10名 *オンライン参加:定員50名
・店舗での参加:1,000円・店舗での参加絵本付き:2500円
・オンライン参加:1.000円 ・オンライン参加絵本付き:2.500円

*要予約: ブックハウスカフェのオンラインショップ
https://bookhousecafe.stores.jp/


リンク先に現れる以下の購入フォームから選択出来ます。

上記よりご希望のコースを選び、参加費をお支払いくださいませ。

オンライン参加の方はご予約の際に視聴に必要な情報をご確認ください。
社会情勢に寄っては店舗参加を見合わせる可能性がありますので、
事前の情報確認をよろしくお願いいたします


物語の舞台となった土地をzoomでつなぎ
小池アミイゴの地域愛をお裾分けする時間

3)”はるのひのある場所”
2021.2.28 (日) 14:00~ (約60分)

作画の背景にある風景や人との出会いを作者が語ります。
大分県の山香町や福島県の昭和村などを予定

*要予約 *参加費:無料 *オンライン参加:定員90名

参加希望の方はメール amigosairplane@icloud.comまで、
件名「228はるのひzoom」で、小池宛てにご送信ください。
参加用URLを送ります。定員に達し次第、締め切りになります。


ブックハウスカフェ
〒101-0051
東京都千代田区 神田神保町2丁目5 北沢ビル1F
TEL:03-6261-6177
https://www.bookhousecafe.jp
都営三田線、新宿線、東京メトロ半蔵門線
神保町駅A1出口を出て右方向、徒歩1分
『はるのひ』作/絵 小池アミイゴ
徳間書店刊:本体1,600円(税別)
ISBN 9784198651602

本文・カバーデザイン:城所潤・舘林三恵
編集:高尾健士
印刷:株式会社東京印書館








タグ: ,

コメントをどうぞ