本・つながる・未来


6月4日からスタートする
東日本大震災の被災者へのチャリティープロジェクトをお手伝いします

SWITCHという雑誌を出版しているスイッチ・パブリッシング
その地下にあるBOOKカフェ Rainy Dayが中心となったプロジェクト
「本・つながる・未来」
(詳細はこちらで> http://www.switch-pub.co.jp/events/143112320.php )

ボクは何度かこの場所で行われたLIVEに立ち合っていて、
それはボクが創るLIVEとは違った空気感、
とてもピリッとした静けさに支配されたものだったりして、
しかし、
この場所を満たしているマインドがなんとも愛おしくてね、
それはこの場所に立っている人の、表現に対する深いリスペクトが生むもので、
同じアーティストであればこの場所で出会いたいなんて
ボクに思わせる力を持っています。

この場所に立つHさんが創る時
それはとてもぶきっちょに見えたり、
実際に専門的な部分で「こうすればなあ〜」なんて気付くところもあるけど、
そんなこんなも含めて、
ヒトリの孤独な美意識とLOVEが、
やはり孤独なヒトリの表現と出会った時に生まれる圧倒的なLIVEを感じるから、
ボクはRiny Day のLIVEが好きなんだな。

だから、
個人的に継続して行くチャリティーとは別に、
誰かの意思で行われるアクションに関わってみようと考えた時、
Hさんが始められた「本・つなぐ・未来」は、
彼の美意識が信頼出来るものだから、
それがどんなに小さな試みであろうと
お手伝いしようと思ったのです。

その第1回目が6月4日に行われます

やはりこのプロジェクトの発起人であられる
ヴァイオリン奏者の金子飛鳥さんと
新進気鋭のシンガーソングライター青葉市子さんとのコラボレーション
http://www.switch-pub.co.jp/events/144110331.php

青葉さんがスゴいという噂を色んなところで聞いてきた中で
初めて出会うライブはやはりRainy Day をチョイス

それは間違いではなかったはずです。

そして6月4日
ハタチそこそこの娘さんのピュアネスの先にどんな景色が見えるのか

途方も無く広い水面に小石を1コ投げ込む程度のことかもしれないけど
そこから広がる波紋がより美しいものになるよう
関わるみなさんと深いコミュニケーションを重ねながら
ボクの経験を生きたものとしてRainy Dayに注いでみます。

Rainy Day Bookstore & Cafe「本・つながる・未来」プロジェクト Vol.1
金子飛鳥 × 青葉市子 ライブ「はじめて鳥が飛んだ日」

日時:2011年6月4日(土)
19:30~(受付開場19:00~)

出演:金子飛鳥(ヴァイオリンと歌)青葉市子(歌とギター)

入場料: 3,500円(税込・1ドリンク付・自由席)参加予約受付中

会場:Rainy Day Bookstore & Cafe
東京都港区西麻布2-21-28 スイッチ・パブリッシングB1F(最寄駅:表参道駅)

参加方法:参加予約はメールにてお願い致します
メール:ticket@switch-pub.co.jp

メールタイトル「6月4日イベント参加希望」としていただき、
メール文面に氏名、年齢、連絡先、参加人数(お連れ様の氏名)をお書き添え下さい。
追って、こちらからメールにて予約承りの返信を致します。

*メールができる環境にない方は電話予約も可
TEL.03-5485-2134(月~金の15:00~20:00/Rainy Day Bookstore & Cafe)

「本・つながる・未来」プロジェクト in Rainy Day Bookstore & Cafe
〒106-0031 東京都港区西麻布2-21-28 スイッチ・パブリッシングB1F
OPEN 12:00~21:00(土曜のみ18:00まで)日祝定休 
電話:03-5485-2134

タグ:

コメントをどうぞ