「テラプト先生がいるから」

テラプト先生001
アメリカでベストセラーとなった児童文学「テラプト先生がいるから
その装丁画を担当しました。

原題:Because of Mr. Terupt
ロブ・ブイエー:作 西田 佳子:訳 装丁:松岡史恵 
静山社刊 四六判 288p 1,600円+税
ISBN:978-4-86389-216-3 Cコード:C0097

アメリカ・コネチカット州スノウヒルの小学校に通う
7名の小学5年生にフォーカスしたストーリー。

彼らのクラスに赴任して来たテラプト先生が
7人それぞれが抱える問題に向き合い
独特の授業や大らかなコミュニケーションでもって
1人ひとりの心を開いてゆく。が、、

原稿を渡され読み進めてゆくうちに
これはよくぞボクのところに巡ってきた仕事だな〜と、

7名1人ひとりのヒリヒリする愛しさに
どうしようもない感情移入してしまい、
もうこれしか無いというデコボコした表現で描きました。

が、ちょっと熱くなり過ぎたかもで、
この本を美しいと感じてくださるのであれば
それは、丁寧なブックデザインを施してくださった松岡さんのお力。

暴走気味のボクの絵から粗熱を取り去り、
この本を必要とするみなさんにとって1番に伝えるべき熱を
表紙に美しく込めてくれました。

そんな上で、
あらためてボクにとっては「描けた」仕事であります。

同世代のお子さんはもちろん、
大人のみなさんにこそ出会って頂きたい
テラプト先生のコドモたちとの向き合い方。

なにより、オトナのボクたちでもなにかしら憶えのある
7人のヒリヒリするココロの痛み!

ボクたちは痛みを持って生きている。
けれど、
ならば、

そんな考えを夏休みの間に深めてもらいたいな〜

タグ:

コメントをどうぞ